M&Aアドバイザーのランキングおすすめ一覧【2018年最新版】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

M&Aを行う際には、失敗がないように慎重にM&Aアドバイザーを選ぶ必要があります。しかし、数多くのM&AアドバイザーはM&A業界で活躍しています。そこでこの記事ではM&Aアドバイザーのランキングを一覧にして紹介していきます。


目次

  1. M&Aアドバイザーのランキング紹介
  2. M&Aアドバイザーとは
  3. M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧
  4. M&Aアドバイザーを選ぶポイント
  5. M&Aアドバイザーランキングまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. M&Aアドバイザーのランキング紹介

会社の今後の成長のためにM&Aを行おうと考えている経営者の方はいらっしゃると思います。当然ですが、M&Aを行うときには、M&AアドバイザーというM&Aについての専門家に相談する必要があります。

しかし、M&Aアドバイザー業務を行っている会社はたくさん存在しています。そのため、どの会社が自社の相談に親身になってくれるかわからないと思います。そこで、この記事ではおすすめのM&Aアドバイザーをランキングの一覧形式で紹介します。

  • M&Aアドバイザーについての説明
  • M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧について
  • M&Aアドバイザーを選ぶポイントについて

この記事を読んでいただけると選ぶべきM&Aアドバイザーがいる会社がどこなのか理解していただけると思います。ぜひ、最後までご覧ください。

2. M&Aアドバイザーとは

M&Aアドバイザーとは

おすすめのM&Aアドバイザーのランキングを紹介する前にM&Aアドバイザーについて解説をします。この記事では、おすすめのM&Aアドバイザーのランキングを紹介することがメインとなります。そのため、M&Aアドバイザーに関する解説は簡単にします。

M&Aアドバイザーについて詳しく知りたい方は、それぞれの各項目にリンクを貼っていますのでこちらをご覧ください。

概要

M&Aアドバイザーとは、M&Aについて専門的な知識を持った専門家のことであり、M&Aについて考えている経営者にアドバイスを行っています。

M&Aを行うためには、自社や買収予定の会社の財務状況や法務状況、経営の外部要因などを分析します。そして、M&Aを行っても大丈夫か、また、M&A後、問題なく経営していけるか判断する必要があります。しかし、これらの分析を経営者のみで行っていくことは、経営者としての本業も行う必要があるため不可能です。

そのため、M&Aアドバイザーに依頼してM&Aについて相談をする必要があります。この記事では、M&Aアドバイザーについての業態、種類、仕事内容について紹介します。

業態

M&Aアドバイザー業務を行っている業態は大きく8種類に分けることができます。

  1. M&A仲介会社
  2. M&Aアドバイザリー(FA)
  3. 銀行
  4. 証券会社
  5. コンサルティングファーム
  6. 会計・税理士事務所
  7. 法律事務所
  8. ファイナンシャルプランナー
これらの8種類のM&Aアドバイザーの業態について、それぞれの特徴について紹介していきます。

M&A仲介会社

M&A仲介会社は、買収したい会社と売却したい会社を募集し、それぞれの会社の希望するM&A条件に合うようにM&Aの仲介を行っている形態の会社です。このサイトを運営しているM&A総合研究所もこの業態に当てはまります。

特徴としては、あまり規模の大きくないM&Aを取り扱っていることが特徴です。特に、中小企業を対象としたM&Aを行うことがM&A仲介会社の特徴となっています。

M&Aアドバイザリー(FA)

M&Aアドバイザリー(FA)も、M&A仲介会社と同様にM&Aについての業務全般を引き受けることができます。しかし、M&A仲介会社と異なっている点は、買収する会社もしくは売却する会社のどちらか一方に専属契約をしてM&Aに関するアドバイス、交渉・契約を行うことです。

M&Aアドバイザリーの形態では、M&Aアドバイザリー同士がそれぞれの会社の代表として、M&A契約のための交渉やトップ面談の日程調整などを行います。

M&A仲介会社が中小企業を対象としているのに対して、M&Aアドバイザリーは大企業を中心とした比較的規模の大きいM&Aを対象としています。M&Aアドバイザリーについて詳しく知りたい方はリンクを貼っていますのでぜひご覧ください。

【関連】M&Aアドバイザリーとは?業務内容を徹底解説!

銀行

銀行の一例

銀行でもM&Aアドバイザー業を行っているところはあります。M&Aアドバイザー業を行う銀行では、通常の資金融資の業務以外にM&Aアドバイザー業に特化した部署を有しています

メガバンクといわれる大手の銀行では、全ての銀行でM&Aアドバイザー業に特化した部署があります。例を挙げると三井住友フィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループなどがあります。

また、地方銀行にもM&Aアドバイザー業に特化した部署があるところもあります。地方銀行では、融資先である中小企業を対象にM&Aアドバイザー業を行っており、M&Aの仲介なども行っています。

また、外資系の銀行もM&Aアドバイザー業を行ってます。代表例としてはゴールドマン・サックスやJPモルガンなどがあります。

証券会社

証券会社でもM&Aアドバイザー業を行っているところはあります。M&Aアドバイザー業を行う証券会社も、銀行と同様にM&Aアドバイザー業に特化した部署を有しています。例として、野村證券、大和証券グループなどがあります。

証券会社は、株式を用いたM&Aを行うことができるという点が強みであり、上場株式の公開買い付け(TOB)など株式を用いた戦略を立てることができます。M&Aアドバイザー業を行っている銀行、証券会社について詳しくは以下のリンクからご覧ください。

【関連】M&Aコンサル会社のランキングTOP20【徹底比較】

コンサルティングファーム

コンサルティングファームは、経営に関するコンサルティングを行う会社です。コンサルティングファームでは経営に関する相談について全般を引き受けることができます。その理由は、コンサルティングファーム内でも、経営の中でも経営戦略系や人事系、法務系などの専門領域に分類されており、必要に応じてその分野で相談をすることができるからです。

専門領域の1つとして、M&Aの専門領域があるというのがコンサルティングファームでのM&Aの位置づけになります。そのため、コンサルティングファームでは会社のあらゆる分析を行った結果、M&Aの経営戦略をとるというパターンが多いです。しかし、M&Aを行う目的でコンサルティングファームに相談に行っても特に問題はありません。

会計・税理士事務所

今まで紹介してきた5つの業態は、M&Aについて総合的に相談を受けてもらえるものばかりでした。しかし、会計・税理士事務所や次に紹介する法律事務所はM&Aについて総合的な相談を引き受けてもらうことは基本的にできません。M&Aの中でも得意とする分野についてのみ相談を引き受けてもらえます。

会計・税理士事務所では、会社の財務や税務面に特化しているため、M&Aアドバイザー業務の中でも財務や税務関係に強みがあります。また、単独の会計・税理士事務所では、M&Aの相談について断られることが多いですが、M&A関連のグループに入っている会計・税理士事務所の場合は、M&A相談を受けてもらえます。

法律事務所

法律事務所

法律事務所は、経営法務やコンプライアンスなどの法律の面で特化しています。法律事務所は会計・税理士事務所と同様にM&Aの総合的なアドバイスを行うよりも法務デューデリジェンスを行うといった法務関連の業務を行うことができる点が強みです。

M&Aについて、コンサルティング会社と連携をしている事務所もしくはM&Aの業務経験がある弁護士が所属している法律事務所に依頼するようにします。
 

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは経営の中でも事業承継や税金対策などお金の分野について幅広い知識を持っています。そのため、ファイナンシャルプランナーがいれば、M&Aにおけるお金の流れなど全体を把握することができ、それを踏まえたうえでアドバイスを受けることができます。

また、ファイナンシャルプランナーは個人のお金についての知識を持っているため、M&Aによる事業承継後の生活についてアドバイスを受けることができます。

種類

次はM&Aアドバイザーの種類について紹介します。M&Aアドバイザーには、大きく分けると以下の3つに分類することができます。

  1. 財務アドバイザー
  2. 法務アドバイザー
  3. 税務アドバイザー
これら3種類のM&Aアドバイザーについて紹介していきます。

財務アドバイザー

財務アドバイザーは、決算報告書などから会社の財務状況を分析するといった財務面からM&Aについてのアドバイスをします。また、M&Aの時の会社の価格交渉や契約条件のアドバイスも行います。

3種類のM&Aアドバイザーの中で財務アドバイザーが最も多いため、M&Aについてコンサルティングを行う会社には基本的に1人以上います。たくさんいる財務アドバイザーの中で、財務関係の助言・交渉を代理で行う人のことを特にM&Aアドバイザリーと呼んでいます。
 

法務アドバイザー

法務アドバイザーは、M&Aを行う際の法律面からアドバイスを行う人のことを言います。法務アドバイザーは、基本的に弁護士資格を取得しています。

M&A交渉時の業務内容としては、契約書の作成・確認などを行います。また、M&A後は、その会社の社内規定の整備、コンプライアンスの整備など法律に対応した社内整備の業務を行っています。

税務アドバイザー

税務アドバイザーは、M&Aにかかわる税金の面からアドバイスを行う人のことを指します。M&Aによって会社の規模が多くなると、納めるべき税金の額が変わってきます。

例えば、法人税の場合、資本金1億円以下の中小企業では軽減税率が適用されており、年間所得800万円以下の部分は税率15%、それよりも多い部分は23.2%の税率が課されています。

しかし、M&Aによりその会社の資本金が1億円以上となると税法上では大企業に分類されることになります。そのため、年間所得の全額に対して23.2%の税率が課されるようになります。

このようなM&A後の増税に対して、財務アドバイザーは会社の経営が変化しないのか事前に想定しておき、経営者にアドバイスをします。また、M&Aによって自社の納税額がどのように変わり、キャッシュフローがどのように変化するのかを経営者に説明・アドバイスする業務もあります。

仕事内容

最後にM&Aアドバイザーの仕事内容について紹介します。M&Aアドバイザーは、M&Aの交渉の段階からM&A後の統合作業まで全般のアドバイスをすることができます。

  1. 交渉~基本合意
  2. デューデリジェンス
  3. 契約書の作成
  4. クロージング
  5. PMI(統合作業)
これらについて簡単に紹介していきます。なお、M&Aアドバイザー・M&Aアドバイザリーの詳しい仕事内容については以下の記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

【関連】M&Aのスケジュールを解説!【買収までの流れ・手順】

交渉~基本合意

交渉から基本合意に至るまでは、M&Aアドバイザーからのアドバイスをもらって進めていくことになります。この段階では、財務アドバイザーと法務アドバイザーが活躍することになります。

秘密保持契約やネームクリア、基本合意書の作成・確認を行うのは基本的に法務アドバイザーが行うことになります。また、M&Aを行う際に、買収する側の会社からの提示資料については、財務アドバイザーの助言をもらいながら作成することになります。M&Aの際に被買収会社に提示する資料にはM&Aの方針・流れ以外にも、M&A後のシナジー効果・メリット・買収価格など財務面からの提示が必要となるからです。

デューデリジェンス

デューデリジェンスとは企業監査のことです。M&Aでは、候補としている会社を買収しても問題はないかを確認するために被買収会社の監査を行います。

M&Aでのデューデリジェンスでは、会社の財務面や法務面などあらゆる方向からの分析を行うため、すべての分野のアドバイザーに依頼をしてデューデリジェンスを行います。

契約書作成

契約書にサイン

ここまでにM&Aについて交渉した内容や両社ともに合意した基本合意書の内容をもとに契約書を作成していきます。M&Aの契約の際には、一般的に買収する側の会社が契約書の作成を行います。この業務は主に法務アドバイザーが行います。

クロージング

クロージングとは、M&Aの実行を行うことです。具体的にはM&A契約による資金の移動や人の移動などを指します。資金の移動に関しては、現金だけでなく株式の移動の場合もあります。そのため、財務アドバイザーのアドバイスをもらってM&Aを実行します。

PMI

PMIとは、M&A後の統合作業のことです。合併など会社が1つになるときは、その会社のシステム統合や企業風土の統合を行う必要があります。そのため、PMIという作業が完了するまでに相当の時間がかかり、M&Aの中で一番時間がかかる作業と言われています。

PMIに関してもあらゆる分野のM&Aアドバイザーのアドバイスをもらって、時間をかけてPMIを行っていきます。ここの作業については、法律事務所のようなM&Aや経営に関して得意分野が1つだけの業態に依頼するよりも、M&A仲介会社などのように総合的にアドバイスができる業態の会社に依頼することをおすすめします。

3. M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧

たくさんのM&Aアドバイザー

ここからはおすすめのM&Aアドバイザーランキング一覧を紹介します。財務アドバイザー、法務アドバイザー、税務アドバイザーの順にそれぞれのおすすめのM&Aアドバイザーを紹介していきます。

財務アドバイザー

財務アドバイザーは、財務に特化している専門家のことです。先ほども紹介した通り、M&Aアドバイザーの中で一番多いのが財務アドバイザーです。そのため、財務アドバイザー業務に強みを持っている会社は、総合的にM&Aのアドバイスを行う会社だけでなく、個人で運営している会計士事務所や銀行、証券会社などがあります

会計事務所のような財務に特化している会社は、財務アドバイザーを行うためにさらにM&Aの知識が必要となります。そのため、総合的にM&Aのアドバイスを行う会社に所属している財務アドバイザーのほうが比率として多いです。

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第1位.M&A総合研究所

M&A総合研究所のHP

M&A総合研究所では、M&Aの相談に関しては必ず会計士が担当することになっています。一般的に会計士は、会計や決算など経営における数字関係には非常に強いです。そのため、M&Aアドバイザー業務のなかでも特に財務を得意としています。M&Aについて興味のある方はM&A総合研究所のホームページをご覧になるか、気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第2位.日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、日本で設立されたM&A仲介会社の一つです。会計士と税理士による共同出資により設立されました。そのため、財務関係には非常に強い会社です。

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第3位.公認会計士塚本憲司事務所

会計事務所のホームページ

公認会計士塚本憲司事務所は、個人が経営している会計士事務所です。東海地域のみでしか業務が行えないほど規模は小さいです。しかし、財務デューデリジェンスを行うことができる数少ない会計事務所です。

財務関係に特化しているため、総合的にM&Aアドバイザーの業務を行っている会社よりも信頼性は高いと考えられます。

公認会計士塚本憲司事務所

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第4位.みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループは、日本のメガバンクの1つです。みずほフィナンシャルグループの中でもM&Aアドバイザリー業務を行う部署があり、M&Aに関して総合的にアドバイスを行うことができます。

みずほフィナンシャルグループの母体は銀行であるため、アドバイザリー業務の中でもお金に関する財務アドバイザー業務に関して強みを持っています。

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第5位.大和証券グループ

大和証券グループは、証券会社を母体としてM&Aアドバイザー業務を行っている会社です。大和証券グループもM&Aについて総合的なアドバイスを行うことができます。しかし、金融系の会社であるため特に財務関係のアドバイス業務を強みとしています。

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第6位.山田コンサルティンググループ

山田コンサルティンググループは、日本のM&Aアドバイザリーに特化した会社です。このグループ会社はグループ一丸となって、M&Aに取り組んでいることが特徴です。M&Aについて深い知識を持った会計士や税理士が在籍しているため、財務関係には強いといえます。

法務アドバイザー

法務アドバイザーは、M&Aに関しての法律についてアドバイスを行います。一般的に法務アドバイザーといわれる人は、弁護士の資格を持っています。そのため、M&Aの総合的なアドバイスを行う会社に法務アドバイザーがいない場合もあり、その場合は法律事務所にその案件を依頼しています。

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第1位.M&A総合研究所

M&A総合研究所は会計・税務知識に重きをおいたM&Aサポートを得意分野です。M&A総合研究所では、M&A専門の弁護士とのネットワークも持っているため、財務面だけでなく法律面も網羅的にサポートすることができます。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第2位.弁護士法人クラフトマン

弁護士事務所のホームページ

弁護士法人クラフトマンは、M&Aについて専門的に業務を行っているわけではありませんが、M&Aの法務デューデリジェンスの業務を引き受けることができます。法律の専門家である弁護士がデューデリジェンスを行うため、信頼性は高いといえます。

M&A 法務デューデリジェンスの概要 - 弁護士法人クラフトマン IT・技術・特許・商標に強い法律事務所(東京丸の内・横浜) 

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第3位.山田コンサルティンググループ

山田コンサルティンググループは、M&Aについての相談・アドバイスの業務を35年行っているため、長年の実績とノウハウがあります。そのため、M&Aにおける法律関係についてもアドバイスできます。

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第4位.M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、M&Aにおける法務関係の業務についても注意深く行っています。特にM&Aキャピタルパートナーズは、中小企業に特化したM&A仲介会社であるため、会社法などの法律に抵触しないか注意しながらM&Aに関する業務を行っています。

税務アドバイザー

税務アドバイザーは、M&Aの時の税務関係についてアドバイスを行っています。一般的に会計士や税理士の資格を持っている人が税務アドバイザーとしての業務を行っています。M&Aについての知識が必要であるため、税務アドバイザーはそれらの資格を取得してからコンサルティングファームなどで働いている人が多いです。

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第1位.M&A総合研究所

先ほども述べたようにM&A総合研究所でのM&Aについての相談はすべて会計士が担当しています。そのため、当然税務関係もプロとして業務を行うことができます。会計士の場合、会計+税務を担当できるため、税理士よりも幅広く業務を行えることがメリットです。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第2位.SKC会計グループ

税理士事務所のホームページ

SKC会計グループは、九州に拠点を置く税理士法人を擁するグループ会社です。グループ会社には税理士法人があるため、税務に関するアドバイスに関するアドバイスを行っています。また、このグループ会社は経営コンサルティングを行っている株式会社さかい経営センターもあるため経営に関する相談も併せて行うことができます。

福岡県北九州市の税理士法人 | 税理士法人SKC

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第3位.日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、先ほども紹介した通り、会計士と税理士との共同出資から設立された会社です。そのため、財務関係だけでなく、税務関係も非常に強いです。

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第4位.山田コンサルティンググループ

山田コンサルティンググループのグループ会社には、山田ファイナンシャルサービス株式会社があります。この会社は、税務関係のコンサルティングを行っています。山田コンサルティンググループの特徴は、グループ一丸となってM&Aに取り組んでいるため、税務関係も強いと考えられます。

M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧第5位.M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、税理士事務所との協業を行っています。そのため、M&Aにおける税務関係の相談にもきちんと対応することができます。

4. M&Aアドバイザーを選ぶポイント

M&Aアドバイザーを選ぶポイント

3種類のアドバイザーについてそれぞれおすすめしたい会社を紹介してきました。紹介した基準として、サービスの良さやその会社の強みの観点から選びました。しかし、M&Aアドバイザー選びにおいて、その選択が自社にとって最良の選択になるか同課はこの観点だけでは判断できないと思います。

そこでここからは、M&Aアドバイザーを選ぶポイントについて以下の3点を紹介していきます。

  1. 報酬体系について
  2. 機関について
  3. 実績について

報酬体系

まずは報酬体系についてです。一般的にその会社のM&Aのためにかけている時間が長いほど報酬は高くなります。つまり、M&AアドバイザリーのようにM&Aについて初めから統合作業まで自社のために仕事をしてもらう場合は報酬は高くなります。

一方、M&Aについてある分野に特化している業態(法律事務所、会計・税理士事務所など)はM&Aにおいて一部分しか仕事ができないため、それらの業態に会社に支払う報酬は低くなります。なお、M&A仲介会社はこの記事で紹介した業態の中では報酬額は中程度となります。

しかし、このサイトを運営しているM&A総合研究所の報酬単価は質の高い仕事をしているにもかかわらず、M&A仲介会社の中では、業界最安値となっています。M&Aについてご相談してみたい方はぜひ気軽にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

業態

次は、コンサルティングを行っている業態です。M&Aアドバイザー業務を行っている会社の中でも業態によって、得意としている分野のM&Aは異なっています

M&Aアドバイザリーの場合は、主に大会社のM&Aや大規模のM&Aを得意としています。一方で、M&A仲介会社は中小企業同士のM&Aや規模の小さいM&Aに多くの実績を持っています。中小企業でM&Aを考えている経営者の方はM&A仲介会社に相談されることをおすすめします。

実績

当然ですが、実績を積んでいる会社のほどM&Aの成功の信頼度は高くなります。信頼度が高いとその会社への仕事の依頼数が増加するため、報酬単価は高くなります。しかし、M&Aに失敗したときの損失に比べると安いと思われます。報酬単価のことは気にせずに、積極的に実績のあるM&Aアドバイザーに依頼するようにしましょう。

5. M&Aアドバイザーランキングまとめ

おすすめのM&Aアドバイザーについて紹介してきましたが、いかがでしょうか?この記事をまとめると以下のようになります。

  • M&Aアドバイザーについての説明
  • M&Aアドバイザーランキングおすすめ一覧について
  • M&Aアドバイザーを選ぶポイントについて

この記事で紹介したM&Aアドバイザーが在籍している会社はどこの会社も信頼することができる会社ばかりです。そのため、自社が行おうとしているM&Aの実績を持っているか、または信頼できるM&Aアドバイザーかなどで依頼する会社を選ぶ必要があります。

M&Aアドバイザー選びに迷うことがあると思いますが、その時にはぜひこの記事を参考にしてみてください。最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ