スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却!相場はいくら?【成功事例あり】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

スポーツクラブ・フィットネスクラブは、会員制サービスにより、運動のための施設と指導を提供するサービスです。スポーツクラブ・フィットネスクラブもM&Aによる売却・買収が行われています。最近の業界動向と、M&Aによる売却・買収の近況、相場についてまとめています。

目次

  1. スポーツクラブ・フィットネスクラブの定義
  2. スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の現状
  3. スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界M&A動向
  4. スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリット
  5. スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aの相場
  6. スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aの成功事例
  7. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A失敗事例の特徴
  8. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aは仲介会社に相談しよう
  9. スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. スポーツクラブ・フィットネスクラブの定義

スポーツクラブ・フィットネスクラブの定義

スポーツクラブ・フィットネスクラブとは、主に会員制サービスによって、健康維持や健康づくりのための運動施設と専門指導を提供する民間施設のことを指します。

公共の体育館などにも似た施設はよくありますが、一般的にスポーツクラブ・フィットネスクラブと呼ぶ場合は、民間施設のことを言い、施設を「スポーツジム」と呼んだり、業界を「フィットネス業界」と呼んだりすることもあります。

施設には、室内プール・トレーニングジム・スタジオなどが整備されているのが通常であり、1970年代に始まり、2000年代に入ってからは健康ブームの広がりとともに市場も大きくなっています。
 

【関連】マイクロM&Aとは?流れや成功ポイント、注意点を解説【完全マニュアル】

2. スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の現状

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界の現状

フィットネス業界における近年の動向を、代表的な数字で比較すると以下のようになります。

売上高、会員数、従業者数ともに、動向としては順調に伸びているとこがわかります
 

  売上高 会員数
(個人・法人会員計)
従業者数
(正社員・パート・アルバイト計)
2015年 約3,146億円 約301万人 約3万9千人
2016年 約3,282億円 約329万人 約4万1千人
2017年 約3,330億円 約336万人 約4万4千人

健康志向による市場拡大

近年も順調な伸びを見せているフィットネス業界ですが、大きな要因はシニア層の利用が増え続けていることです。企業を定年退職した人たちの中から相当数が、スポーツクラブ・フィットネスクラブの利用者へつながっています。

その理由としては、世の中の健康志向の増大が挙げられます。ただ、こうした需要を喚起したのは、そもそもフィットネス業界を含むスポーツに関係する業界の努力の賜物ということもできます。

会員獲得競争の激化

市場規模、会員数共に伸び続けているフィットネス業界ですが、かつては大型でたくさんの人数が利用できる施設が中心でした。

しかし最近の動向では、小規模ながら大型のスポーツクラブ・フィットネスクラブとは差別化されたサービスを展開する事業者が増えてきています

主に以下のようなサービスを提供している事業者が挙げられます。
 

  • ホットヨガスタジオやストレッチサービスを提供するクラブ
  • 女性専用クラブ
  • 24時間営業のセルフサービス型クラブ
  • 成果をコミットするタイプのクラブ

こうした様々なサービスを提供する小規模クラブが増えてきたこともあり、業界内では会員獲得競争が激化しています。

小規模経営の難しさ

最近の動向として小規模クラブが増えた点が挙げられますが、小規模クラブの運営には難しさもあるのも事実です。

小規模クラブは、大型クラブのように、設備・マシン機器自体の魅力やレッスン本数の多さや多彩なメニューを売りにすることは出来ません。また、当然ながら集客のキャパシティ自体がとても小さいです。

これを解決するための方法としては、主に以下の2通りが挙げられます。

  1. サービスを共通化した多店舗展開
  2. 客単価(会員1人当たりの単価)を上げる

①の方法では、「カーブス」や「エニタイムフィットネス」が好例です。②の方法は、小規模フィットネスがマンツーマン指導のみ行うような例です。

【関連】個人・中小企業向けのM&A案件情報を得るには?【売却・買収一覧あり】

3. スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界M&A動向

スポーツクラブ・フィットネスクラブ業界M&A動向

大手・中規模事業者によるM&A

過去3年ほどにおけるフィットネス業界におけるM&Aの事例を紹介します。

いずれも中規模事業者の売却例ですが、最大手の中ではこれより前の2014年に、飲料大手サントリーおよび商社丸紅が株主であったティップネスが、日本テレビホールディングスに売却されています。

 

売り手 買い手 スキーム 金額
2015 ユニチカ京都ファミリーセンター コパン 株式譲渡 非公表
2015 久ケ原スポーツクラブ 城南進学研究社 株式譲渡 7億4,000万円
2016 宮の森スポーツ フージャースホールディングス 株式譲渡 非公表
2016 SWPホールディングス 三越伊勢丹ホールディングス 株式譲渡 非公表
2017 クリスタルスポーツクラブ スポーツアカデミー 株式譲渡 非公表

M&Aによる他業種からの参入

フィットネス業界が関係するM&Aにおいては、顧客サービスの充実やスポーツ教育分野への参入を狙った、異業種からの買収も多く見られます

前項のM&A事例では、「城南進学研究社の久ケ原スポーツクラブ買収」「三越伊勢丹ホールディングスのSWPホールディングス買収」がこれに当てはまります。

城南進学研究社は学習塾や予備校が中心ですが、健康増進事業を含めた総合教育機関としての更なる発展を目指して、スポーツクラブ・フィットネスクラブの買収に至りました。

三越伊勢丹ホールディングスは百貨店が中心の小売店事業ですが、エステティックを始めとするトータル・ビューティ事業の取得で顧客サービスを向上させる目的で、SWPホールディングスを買収しています。

買収したSWPホールディングスの事業の一つにスポーツクラブ・フィットネスクラブの運営もありました。

【関連】M&Aによる巨額企業買収ランキング【2018年最新版】

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&AならM&A総合研究所へ

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&AならM&A総合研究所にお任せください。スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A知識豊富な会計士が担当させていただきます。まずはお気軽に無料相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

4. スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリット

スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのメリット

スポーツクラブ・フィットネスクラブをM&Aで売却・買収する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

この章では、売却側・買収側それぞれの立場からみるメリットについて解説します。

売却側のメリット

様々な業種のM&Aに共通するメリットが、スポーツクラブ・フィットネスクラブを売却する場合にも当てはまります。

売却側の主なメリットには以下の4つが挙げられます。

  1. 資本力による安定経営
  2. 後継者問題の解決
  3. 従業員の雇用維持
  4. M&Aによる売却益

①資本力による安定経営

小規模フィットネスクラブに特にメリットが大きいのが、売却により事業の経営が安定することが挙げられます。大手資本へ売却することができれば、倒産や廃業などのリスクは格段に少なくなります。

特に、現在の経営状況が芳しくないのであれば、M&Aによる売却は事業を好転させる大きな要素になり得ます

しかしこのような場合では、経営者はあまり売却価格については交渉力がないことを、あらかじめ理解しなければなりません。

②後継者問題の解決

特に小規模のスポーツクラブ・フィットネスクラブ事業者に当てはまることですが、後継者不在の問題を抱えている会社にとっては、M&Aによる会社売却が問題の解決手段になり得ます

経営者がオーナーの中小企業にとって後継者がいない場合、社内や外部の人間、あるいは他の会社に経営を引き継いで事業承継をするしか会社を存続させる方法はありません。

しかしながら、社内や外部の人間に、会社の所有まで求めるのは、資金面や連帯保証の点からも難しいのが実情です。M&Aによる売却では、それらが可能になります。

③従業員の雇用維持

M&Aによる事業・会社の売却では、通常は会社と従業員の雇用関係もそのまま引継がれます

事業や会社に貢献してくれた従業員に、会社都合による失業などの苦労をさせないようにするのは、会社や事業主の義務と責任でもあります。

中小企業の場合では、M&Aによる事業・会社売却の目的が雇用の維持に置かれていることも少なくありません。

④M&Aによる売却益

M&Aで会社や事業を売却すれば、廃業コストが省けるどころか、通常は売却益が得られます

売却益はどんなに小さくても、数百万~のまとまった金額になるのが一般的です。税金を払う必要はありますが、この売却で得た資金を新たな事業に振り向けることも可能です。

買収側のメリット

買収側の主なメリットには以下の4つが挙げられます。

  1. 優秀なトレーナーの確保
  2. 既存会員の一括獲得
  3. 立地条件や施設をまるごと取得
  4. 事業スケールの拡大

①優秀なトレーナーの確保

売却側のメリットでも述べたように、M&Aで事業や会社を買取る場合のメリットに、従業員をそのまま引き継げる点があります

特に、スポーツクラブ・フィットネスクラブにおいては、優秀なトレーナーに対して顧客がついていることも珍しくはありません。

トレーナーは直接雇用ではなく個別契約のケースが多いですが、会社が変わってもそのまま働いてもらえた場合には「腕のあるトレーナー」「顧客」を維持した状態で、買取後の事業をスタートさせることが可能です。

②既存会員の一括獲得

スポーツクラブ・フィットネスクラブは会員制をとっています。ある程度毎月解約する人はいますが、特別な事件などが起こらなければ、一気に利用客が減るようなことはありません。

この点では、運営するオーナーが変わっても同じ条件で同じサービスを続ける予定であれば、買収によって買収先の既存会員をそっくりそのまま引き継げる可能性が非常に高いといえます。

③立地条件や施設をまるごと取得

フィットネスクラブも、多くの飲食店や小売店などと同様、立地が非常に重要です。業界内で提供しているサービスには、同じようなサービスを同価格帯で提供しているライバルも多いため、利便性の高い立地に施設かあるか否かが顧客を囲い込む要素になってきます。

立地の良い場所にある施設は、買収にかかる費用が高くなりますが、既存会員に加え利便性の良い立地や施設も丸ごと取得できるのはM&Aにより買収するメリットといえるでしょう。

④事業スケールの拡大

多店舗展開の大手の場合に当てはまるメリットですが、店舗施設数が多いほど街中の看板も増え、宣伝力・ブランドが大きくなっていきます。店舗施設そのものが広告媒体になっていくともいえます。

店舗施設を買収していくことで広告宣伝効果が生まれ、事業スケールの拡大と強化につながります。

買収した場合は、一から店舗を立ち上げるのに比べ手間はかかりませんが、買収先の店舗と自社の既存店舗施設のイメージがズレている場合も考えられます。

そうした場合は、買収店舗施設を既存店舗施設のイメージに合わせるための投資は考えておく必要があり、既存顧客が離れていく可能性についても検討しなければなりません。

【関連】M&Aのメリット・デメリットを徹底解説!【大企業/中小企業事例あり】

5. スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aの相場

スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aの相場

スポーツクラブ・フィットネスクラブ、あるいはフィットネス業界で一括りにした場合、サービス内容や顧客層、強みなどが千差万別で相場を出すのは難しくなります

設備が充実している大型店舗施設が含まれるだけでなく、設備は必要最小限で良いパーソナルトレーニングスタジオやスタジオだけで行えるメニューをそろえる施設もあります。顧客もシニアや女性メインから、プロや富裕層向けと様々です。

このような理由から目線を揃えての評価は不可能であり、その相場にもあまり意味はありません。しかし、ニーズもあり工夫できる余地も大きいサービス事業であるため、他事業からの参入希望者は多いのが現状であり比較的売り手市場であると考えられます。

以下、インターネットでオープンになっている案件事例からいくつか抜粋してご紹介します。
 

  エリア 店舗数 スキーム 売却価格 その他
事例1 東京都 1 不明 指定なし パーソナルトレーニングスタジオ
事例2 東京都 1 不明 指定なし ホットヨガスタジオ
事例3 東京都 1 株式譲渡か事業譲渡 1億円 溶岩浴ホットヨガスタジオ
事例4 福岡県福岡市 1 不明 1,000万円 ヨガスタジオ
事例5 大阪府大阪市 1 事業譲渡 1,000万円 ボクシング・フィットネスジム

M&A総合研究所では、上記以外のスポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A案件も多数取り扱っています。近い規模の会社がどれくらいで売れたのか知りたい、売買の相場が上がる時期を知りたい、という方はぜひ相談してみてください。

M&A総合研究所なら、M&A専門の公認会計士が交渉からクロージングまで一括サポート、着手金・中間報酬は無料です。成功報酬は業界最安値水準となっていますので、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A・買収・売却をご検討の方は、お気軽に無料相談をご利用ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談
【関連】会社売却、M&Aの相場を解説!企業評価とは?

6. スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aの成功事例

スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aの成功事例

この章では、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A成功事例を、売却側・買収側それぞれの立場からご紹介します。

なかには一度経営に詰まったスポーツジムを買収し、経営を再生させた後に上手に売却できた事例もあるので、貴社のM&Aを検討するヒントとして活用してください。

売却側 スポーツクラブ・フィットネスクラブについて

売却側の企業は元々スポーツクラブ・フィットネスクラブを関東中心に、数店舗運営していました。

また、数年前に業績不振より民事再生に入っていたスポーツクラブ・フィットネスクラブを買収していました。その再建が進んだことから売却し、買収に要した資金の回収と売却益の獲得を図りました。

株式譲渡を希望していたスキームが事業譲渡になり、完全に希望する形にはなりませんでしたが、売却によって高利回りで当初投下した資金を回収するなど、目的を果たすことができました。

買収側 スポーツクラブ・フィットネスクラブについて

買収側企業は上場大手スポーツクラブ・フィットネスクラブです。全国に店舗網を持っています。

かねてからM&Aの手法も取り入れて、事業を拡大させてきました。この買収もその一環です。

売却側企業は当初、株式譲渡のスキームを希望していましたが、負債の引継ぎなどで買収側が譲らず、事業譲渡のスキームに決着しました。ただしそれでも売却側は目的を果たせましたし、買収側も短期間で店舗網を拡大することができました。

売却・買収のどちらの立場から見ても、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを成功させるためには、プロのサポートを受けながら進めていくことがからカギとなります。

M&A総合研究事務所では、M&A専門の会計士が貴社のM&Aをフルサポートいたします。着手金・中間報酬は無料、成功報酬は業界最安値水準となっていますので、コストは抑えつつ強力なサポートをご提供いたします。

無料相談を行っていますので、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aをご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談
【関連】M&A成功事例25選!【2018年最新版】

7. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A失敗事例の特徴

スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aは活発で、売買相場も高い状態にあり期待の大きい業界です。しかしM&Aについては、成功だけでなく失敗事例もあります。

スポーツクラブ・フィットネスクラブにおけるM&Aの失敗パターンは以下の通りです。

  1. 適切なM&A先が見つけられなかった
  2. 予想より税金がかかってしまった
  3. 事業の引き継ぎに関する話し合いが不十分だった
  4. 従業員がM&A後に離職してしまった
ここからは失敗事例の詳しい内容と原因、そしてM&Aでの失敗を防ぐ方法について解説していきます。スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aを検討している方はぜひ役立ててください。

失敗事例1.適切なM&A先が見つけられなかった

スポーツクラブ・フィットネスクラブでは人口減少を見越した業界再編が盛んになっています。また健康ブームを売り上げにつなげるため、異業種からスポーツクラブ・フィットネスクラブ事業に入ってくる企業も増加してきました。

一方で良いM&A案件が見つからず希望に合ったパートナーに出会えないというケースが、特に買い手側に起こることもあります。

業績が良く、今後の売上に期待ができる売り手はM&A市場において人気があるので、タイミングによっては希望地域での売却希望に出会えないことも考えられるでしょう。

また売り手側も信頼できる買い手をなかなか見つけられず、M&A成立までの時間的なコストが大きくなってしまうかもしれません。

適切なM&Aパートナーを見つけられるかどうかは運にもよりますが、より多くの案件を持つところに相談するのがおすすめです。

全国対応のM&A仲介会社なら、スポーツクラブ・フィットネスクラブ関連の案件を多く持っていると言えます。

失敗事例2.予想より税金がかかってしまった

M&Aの方法にもよりますが、会社や事業、株式を売却・譲渡するケースでは贈与税や相続税として多額の税金が発生してしまいます。

規模によっては売買費用の半分近くが税金になってしまうこともあるので、税務の基本的な知識は必須です。

「予想よりお金が入らず、経営に影響が出てしまった」という事態を防ぐため、M&Aに関する税金に詳しい税理士などに相談し適度な節税を行っておきましょう。

失敗事例3.事業の引き継ぎに関する話し合いが不十分だった

どの事業を渡して、どの事業を残すのか。売り手と買い手、そして従業員が理解していなければM&A後に大きな混乱が起こってしまいます。

特に短期間でM&Aを行う場合、双方の理解が不十分なまま話し合いだけが進んでしまうことがあるので会社の事情に合わせた対応が必要です。

会社の一部や、特定の事業のみを売却、譲渡する場合、M&A仲介会社などの信頼できる人を交えて話し合いを行いましょう。

引き継ぐ事業の範囲を関係者がきちんと理解することを重視して進めれば、トラブルや混乱は最低限に抑えられるはずです。

失敗事例4.従業員がM&A後に離職してしまった

会社の今後に不安を抱いた従業員が、M&A後に離職してしまい大きな混乱をもたらす事例も少なくありません。

特に従業員に対して十分な説明をしないままM&Aを進めてしまうと、「自分は何も聞いていない」と経営陣に不信感を抱き、会社から離れる事を選ぶ従業員が多くなってしまいます。

またM&Aに際して従業員の待遇を悪くしたり、希望を聞かず今までと全く違う仕事をさせたりすると従業員からの不満は大きくなるでしょう。

また会社ごとの個性が大きいスポーツクラブ・フィットネスクラブにおいては、会社文化の違いから従業員同士が馴染めずトラブルにつながることもあります。

M&Aでは会社の経営者同士の話し合いばかりが重視されがちですが、従業員や取引先への説明も大切です。

M&Aに詳しい専門家などを交えて、会社従業員や取引先への説明をなるべく早く行いましょう。

以上が、スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&A失敗事例とその要因でした。

M&Aの失敗原因は売買価格やM&A成立までの時間に気を取られ、細かい話し合いや説明がおろそかになってしまうことにあります。

M&Aを行う際は多数の実績と経験を持つM&A仲介会社に相談して、問題を未然に防ぎましょう。以下では、M&Aを成功に導くM&A仲介会社について解説していくので、ぜひ参考にしてください。

8. スポーツクラブ・フィットネスクラブのM&Aは仲介会社に相談しよう

M&Aを行いたいと考えるスポーツクラブ・フィットネスクラブはたくさんあります。しかし、買い手探しから契約まで全て自社で行うのは非常に難しいことです。

事業承継やM&Aを成功させるには、幅広い専門知識が必要となりますので、M&Aに興味があるならまずM&A仲介会社に相談するのが良いでしょう。

M&A仲介会社はM&Aの専門家で、売買相場や手続きに関する知識も豊富です。また買収価格がアップするよう経営に関するアドバイスも行ってくれるので、「少しでも高く自社を売りたい」という方は早めに相談しましょう。

相談は基本的に無料となっており、仲介会社によっては着手金なしで買い手探しを行ってくれるところもあります。自社の経営について不安のある方、M&Aに興味があるという方は仲介会社の利用を検討するのが良いです。

M&A仲介会社をお探しなら、M&A総合研究所にご依頼ください。M&A総合研究所は相談料、着手金、中間報酬無料となっており、少額のM&Aにも対応しています。

ぜひ以下のページでM&A総合研究所の実績をチェックしてください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

9. スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのまとめ

スポーツクラブ・フィットネスクラブM&Aのまとめ

最近の動向を見る限り、スポーツクラブ・フィットネスクラブ・スポーツジムは、売上高、会員数、従業者数ともに順調に伸びてきています。

スポーツクラブ・フィットネスクラブ・スポーツジムのM&Aは、良く知られているところでは中規模以上の事業や会社が、年に数回売却される例がある程度です。こうした例では、異業種がスポーツクラブ・フィットネスクラブ・スポーツジムを買収しフィットネス業界に参入する例も見受けられます。

しかし、スポーツクラブ・フィットネスクラブ・スポーツジムは小規模事業者も多く事業の展開やサービスの売りも様々です。このためフィットネス業界で一括りにすると、各案件の価格は千差万別で相場を出すのは難しくなります。

スポーツクラブ・フィットネスクラブ・スポーツジムは消費者のニーズも大きい業界ですので、参入希望者も多いため、比較的売り手市場であると言えます。

M&Aをお考えの方は専門家を多数有するM&A仲介会社に相談して、希望や今後の経営について話し合っていきましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ