千葉県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社10選!動向と現状も紹介【案件一覧】

取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

近年はM&Aを活用した会社売却や事業承継が増えていますが、千葉県はどのような状況なのでしょうか。この記事では、千葉でM&A・会社売却・事業承継の動向や現状、M&Aを成功させるポイントなどを解説します。

目次

  1. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継
  2. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継動向
  3. 千葉県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント
  4. 千葉県近郊のM&A案件一覧
  5. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段
  6. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継事例
  7. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継を行うフロー
  8. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継ならM&A総合研究所へ
  9. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継まとめ

1. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継

日本全体において経営者の平均年齢は上昇傾向にありますが、千葉県の経営者の半数近くは事業承継対策を十分に着手できていない状況です。

帝国データバンクの「事業承継に関する千葉県内企業の意識調査(2017年)」によると、千葉県内企業の経営者のうち、約7割が事業承継を経営上の課題として認識していることがわかりました。

しかし、事業承継の計画に関しては「計画はない」と「計画はあるが、まだ進めていない」の回答を合計すると4割を超えているほか、すでに計画を進めている経営者の方が少ない状況にあります。

千葉県では、経営者の高齢化だけでなく、少子化も進行している状況です。レコフのレコフM&Aデータベースによると、千葉県の総人口は2010年をピークとして2017年には約625万人と報告されており、今後も減少していくものと見られています。

少子化による後継者不足に悩まされる中で、経営者としては迅速な対策を練っていく必要があります。

【関連】埼玉県のM&A・会社売却・事業承継【案件一覧】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

2. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継動向

事業承継にまつわる課題を解決するため、千葉県内の公的機関や金融機関は、事業承継に関するセミナーの開催や仲介会社・マッチングサービス運営会社との提携など、総力を挙げて支援体制の構築を進めている状況です。

上記の影響も相まって2016年以降、千葉県におけるM&Aの実施件数は増加傾向にあります。レコフのレコフM&Aデータベースによると、2018年における千葉県のM&A合計件数は67件でした。これは同じ関東地方に属する埼玉県(75件)に追随する数値です。

67件のうち買い手・売り手ともに千葉県内のM&A案件はわずか3件であり、「買い手が千葉県内・売手が千葉県外」のM&A案件は20件(うち5件は海外)、「買い手が千葉県外・売り手が千葉県内」のM&A案件は44件(うち2件は海外)と報告されています。

【関連】神奈川県・横浜市のM&A・会社売却・事業承継の動向や事例、案件紹介あり!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

3. 千葉県でM&Aをする際に仲介会社を選ぶポイント

千葉でM&A仲介会社を選ぶ際には、以下の点を押さえる必要があります。
 

  1. 該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている
  2. 案件規模・地元M&A実績などがある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている
  4. 手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい
  5. 担当スタッフの対応・相性が良い

それぞれのポイントを順番に見ていきましょう。

①該当する分野の専門的知識・M&A実績を持っている

千葉でM&A仲介会社を選ぶ際には、同業界の知識やM&A実績があるか確認するのが重要です。

仲介会社に依頼する前に、まずは事前相談をしっかりと行って同業界に精通しているかどうかを見極めましょう。

②案件規模・地元M&A実績などがある

M&A仲介会社に依頼する際には、業界知識だけでなく自社と同規模のM&A実績や千葉における実績などの確認も重要といえます。

なぜなら、千葉県で同規模の案件を繰り返し担当すると、仲介会社としては専門家との連携や相手企業との交渉などが円滑に進むようになるためです。

③M&Aに関する幅広い知識・経験を持っている

M&Aを円滑に進めるには、資格だけでなく豊富な実務経験から得られる知識も必要です。そのため、仲介会社や担当者の実務経験も、相談の段階で確認しておきたいポイントといえます。

④手数料・相談料・報酬体系がわかりやすい

手数料がどれほどかかるのかが不明確であると、M&Aを進めていくうえで不安が大きくなります。安心してサポートを任せるには、報酬体系がわかりやすい仲介会社を選ぶことが重要です。

⑤担当スタッフの対応・相性が良い

M&Aでは、担当者との信頼関係が必要不可欠です。M&Aは会社の行く末を左右する行為ですが、マニュアルどおりに進むことはありません。

そのため、事前に担当者候補と十分にコミュニケーションを取りながら、M&Aを任せられるのか念入りに見極める必要があります。

【関連】茨城県のM&A・会社売却・事業承継なら!マッチング促進事業や案件も紹介| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

4. 千葉県近郊のM&A案件一覧

ここでは、実際に公開されている千葉県近郊の案件一覧を紹介します。
 

  1. マツエク・ネイルサロンの営業権譲渡
  2. 幼児向けスポーツ教室の事業譲渡
  3. 電気設備工事・空調設備工事会社の譲渡
  4. リラクゼーションサロン店舗の事業譲渡
  5. 不動産管理・仲介・リフォーム

それぞれの案件を順番に見ていきましょう。

①マツエク・ネイルサロンの営業権譲渡

千葉県近郊の案件一覧1件目は、マツエク・ネイルサロンの営業権譲渡です。
 

業種 美容・健康食品
都道府県 千葉県
法人形態 株式会社
譲渡価格 〜1,000万円

②幼児向けスポーツ教室の事業譲渡

千葉県近郊の案件一覧2件目は、幼児向けスポーツ教室の事業譲渡です。
 

業種 教育
都道府県 千葉県
法人形態 株式会社
譲渡価格 1,000万円〜3,000万円

③電気設備工事・空調設備工事会社の譲渡

千葉県近郊の案件一覧3件目は、電気設備工事・空調設備工事会社の譲渡です。
 

業種 建築・リフォーム
都道府県 千葉県
法人形態 株式会社
譲渡価格 2億5,000万円〜5億円

④リラクゼーションサロン店舗の事業譲渡

千葉県近郊の案件一覧4件目は、リラクゼーションサロン店舗の事業譲渡です。
 

業種 美容・健康
都道府県 千葉県
法人形態 株式会社
譲渡価格 500万円〜750万円

⑤不動産管理・仲介・リフォーム

千葉県近郊の案件一覧5件目は、不動産管理・仲介・リフォームです。
 

業種 不動産・リフォーム
都道府県 千葉県
法人形態 株式会社
譲渡価格 1億円〜2億5,000万円

5. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継案件を探す手段

千葉のM&A・会社売却・事業承継案件を探すには、以下の方法があります。
 

  1. M&A仲介会社・専門家に相談する 
  2. 公的機関・地元の金融機関などに相談する 
  3. M&Aマッチングサイトなどを活用する

それぞれの方法を順番に見ていきましょう。

①M&A仲介会社・専門家に相談する

千葉のM&A・会社売却・事業承継案件を探す際、まずM&A仲介会社・専門家に相談する方法があります。

M&A仲介会社・専門家であれば多くの実績や経験に基づくアドバイス・サポートに期待でき、独自ネットワークによる案件紹介も受けられるのがメリットです。

②公的機関・地元の金融機関などに相談する

千葉のM&A・会社売却・事業承継案件を探す方法としては、千葉県内の企業と取引のある地元金融機関や公的機関などに相談する方法も有効策です。

千葉県事業承継・引継ぎ支援センター

千葉には、千葉市商工会議所内に千葉県事業承継・引継ぎ支援センターが設置されています。千葉県事業承継・引継ぎ支援センターとは、事業承継のアドバイス・後継者のマッチング・専門家への仲介などを行う公的機関のことです。

千葉銀行

千葉銀行では、経営承継サポートサービス・M&Aアドバイザリーサービスなどが展開されています。ビズリーチとの業務提携により、事業承継M&Aプラットフォームを活用した事業承継サービスの展開も推進中です。

千葉興業銀行

千葉興業銀行では、外部専門家と提携してM&A・事業承継サポートを行っています。なお、事業承継支援強化のため、2021年をめどに全店にM&Aアドバイザーの有資格者を配置する計画も進行中です。

③M&Aマッチングサイトなどを活用する

M&Aマッチングサイトなどを活用すると、千葉県だけでなく全国の豊富な案件一覧から相手先を探せます。

M&A総合研究所

M&A総合研究所ではM&Aマッチングプラットフォームを運用しており、高いマッチング精度を誇っています。

譲渡をご希望の場合にはプラットフォームを無料で利用可能です。そのほか、専門家による仲介が必要な場合には、実務経験豊富なアドバイザーによる専任サポートも受けられます。

Batonz(バトンズ)

Batonz(バトンズ)は、バトンズが運営するマッチングプラットフォームです。

豊富な専門家ネットワークを保有しているため、マッチング後のサポートも受けられます。

Tranbi(トランビ)

Tranbi(トランビ)は、昨今急成長中のマッチングプラットフォームです。全国各地の金融機関との提携や、M&A専門家へ定額で依頼できる小規模事業者向けプランの導入など、さまざまな側面からサービスの向上に取り組んでいます。

スピードM&A(アイデアルパートナーズ)

スピードM&Aはアイデアルパートナーズが運営しており、売り手と買い手がインターネット上で、会社や事業を譲渡、譲受できるM&Aマッチングプラットフォームです。

専門家による仲介が必要な場合は、アイデアルパートナーズのM&Aコンサルタントによるサポートが受けられるでしょう。

④自力で探す

M&Aを検討する際に、自力でM&Aを行うといった選択肢もあるでしょう。自力でM&Aを実施した場合は、M&A仲介会社や専門家へ依頼する費用はかからないため、費用がかかりません。

しかし、M&Aにはさまざまな専門知識が必要であり、M&A先候補の選定も必要です。手続きも多くあるため、自力で行うのは困難といえるでしょう。

6. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継事例

千葉県で行われたM&A・会社売却・事業承継事に関して、主な事例を紹介します。将来、M&Aを検討している経営者は、参考にしてみるといいかもしれません。

イオンによるビオセボン・ジャポンへの資本参加

イオン

イオン

出典:https://www.aeon.info/

イオンは2018年12月、ビオセボン・ジャポンへの出資を決定しました。イオンは千葉県千葉市に本社がある大手流通グループです。

対象会社であるビオセボン・ジャポンは、BCB社を傘下に有するMarne & Finance Europe社は、日本におけるオーガニック市場の開拓のため、2016年に設立されたのです。

今回のイオンからの出資により、ビオセボン・ジャポンは商品開発を推し進め、生鮮のバリューチェーン、在庫管理システム、IT・物流などのノウハウを積極的に活用し、成長を加速させます。

K&Oエナジーグループ によるWELMAのM&A

K&Oエナジーグループ

K&Oエナジーグループ

出典:http://www.k-and-o-energy.co.jp/

K&Oエナジーグループは2018年5月、WELMAの全ての株式を取得し、完全子会社化しました。K&Oエナジーグループは千葉県茂原市に本社を置き、ガス事業やヨード事業などを展開している会社です。

対象会社であるWELMAは、福岡県福岡市に拠点を置く地下資源開発に関わる掘削、トンネル・ダムなどの土木関連掘削工事、地震観測井の掘削などを行っています。

今回のM&AによりK&Oエナジーグループは、新規事業として再生可能エネルギーである地熱発電関連事業の進出を目指します

バインド・ギアコーポレーションによる熊谷製作所のM&A

バインド・ギアコーポレーション

バインド・ギアコーポレーション

出典:https://www.bindgear.co.jp/

バインド・ギアコーポレーションは2018年1月、現金対価による株式交換のスキームにより熊谷製作所を完全子会社化しました。

バインド・ギアコーポレーションは、千葉県松戸市にある会社で、国内唯一のリングバインダーやファイルなどに使用されているバインダー用金具の商社でありメーカーです。対象会社である熊谷製作所は、ファイル・バインダーの製造を行っています。

今回のM&Aによりバインド・ギアコーポレーションは、バインダー用金具製造を行う熊谷製作所を国内製造拠点として製品開発力の向上を目指します

ZOZOによるカラクルのM&A

ZOZO

ZOZO

出典:https://corp.zozo.com/

ZOZOは2017年12月、カラクルの全ての株式を取得し、子会社化しました。ZOZOは千葉市稲毛区を拠点としており、ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営する会社です。

カラクルは、九州のソフトウェア開発企業であり、機械学習アルゴリズム開発や大規模データ解析で高い専門性を持ち、ファッション業界でも業務システム構築やアプリ開発を手掛けています。

今回のM&Aにより、アルゴリズム開発やビッグデータ解析の分野における開発力・技術力などの強化を目指します

明治物産によるSailor Automation, Inc.のM&A

明治物産

明治物産

出典:http://www.meijibussan.co.jp/

明治物産は2017年5月、セーラー万年筆の連結子会社であるSailor Automation, Inc.の株式の一部を取得しました。明治物産は千葉県松戸市に拠点を持ち、産業用ロボットに関する事業を行っています。

Sailor Automation, Inc. はアメリカのカリフォルニア州に本社があり、北米市場における産業用ロボットの販売・メンテナンスがメインです。今回のM&Aは、セーラー万年筆が北米戦略の見直しとグループ内の事業再編を図る目的で実施されました。

7. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継を行うフロー

M&A・会社売却・事業承継を行うフローは、一般的に以下の順番で手続きが行われます。それぞれ詳しく見ていきましょう。
 

事前準備

M&A・会社売却・事業承継をするには、まず事前準備をしっかり行いましょう。事前準備は、M&Aの交渉などを行っていくうえで非常に重要です。

M&Aの目的や方向性などがしっかり行われていないと、M&Aのフローがスムーズに行えなくなったり、相手側が有利になるようなM&Aが実施されたりする可能性もあります。

事前準備には専門的な知識が必要になるため、M&A仲介会社などM&A専門家からアドバイスを受けながらM&Aを進めるようにしましょう。

M&A相手先とのマッチング

次に、M&A・会社売却・事業承継の相手先とのマッチングを行います。M&Aは売り手、買い手ともに積極的な姿勢で臨んでいるとはいえ、成功させる鍵は企業同士の相性です。

M&A相手先とマッチングをする初期段階で、最終的な結果は見えているといえるでしょう。つまり、マッチングのあり方がM&Aの結果を大きく左右するのです。

M&Aの現場で行われるマッチングの方法は、まず仲介方式のマッチングがあります。M&A仲介会社などが売り手と買い手の間に立ち、希望や条件に沿った企業のマッチングが可能です。

仲介会社を入れない場合は、自分でリサーチしたり、M&Aプラットフォームを利用したりなどが挙げられるでしょう。

秘密保持契約書(NDA)の締結

M&A・会社売却・事業承継の相手先が決定したら、秘密保持契約の締結です。

秘密保持契約とは、自社がM&Aの検討・交渉を行っている情報を漏洩(ろうえい)させない約束をする契約です。他社や自社の従業員にM&Aの内容が発覚してしまい、混乱してしまうおそれもあります。

安心して交渉を行うためにも情報は慎重に扱う必要があるため、M&A専門家や相談先と秘密保持契約を締結します。

企業概要書(IM)の提示

秘密保持契約を締結後に、企業概要書の提示を行います。企業概要書は、会社の情報のうち公開されていない情報などをまとめた資料です。

企業概要書は相手先に対して提出する資料であり、自社の事業内容や現状、財務状況などが記載されています。買い手は企業概要書に記載されている情報をもとに、売却価格や基本的な条件を決定するのです。

なお、秘密保持のため、企業名は伏せて提示されます。

トップ面談の実施

トップ面談では、売り手側と買い手側の経営者同士が面談を行い、企業文化や経営に対する考え方などの共有を行います。M&A・会社売却・事業承継のトップ面談は、企業の将来を左右する大きな判断といえるでしょう。

基本合意契約書の締結

最終契約に先立って取り交わされる合意書です。譲渡価額、譲渡日、スケジュールなどに関する事項を定めます。

基本合意契約書では、交渉で合意した内容を整理し、M&Aスキームの確認、取引価格の確認、デューデリジェンスの協力、独占交渉権など、M&Aの成立に向けて認識をそろえるのが目的です。

基本合意契約書は書面で行われるケースが多いでしょう。なお、基本合意書では想定価格や基本的な条件なども記載されていますが、法的な拘束力はありませんので注意が必要です。

デューデリジェンス(買収監査)の実施

買い手側によるデューデリジェンスが実施されます。例えば包括承継を前提としたM&Aの場合、相手企業が持っている資産、従業員を全て受け入れることとなり、それには負債なども含まれるのです。

売り手側の申告どおりであれば、負債も考慮のうえでM&Aを実行するかどうかを判断できます。しかし簿外債務など申告されていないトラブルがある場合、買い手がM&A後に経営難に陥るおそれもあるでしょう。

デューデリジェンスは、売り手の企業価値やリスクなどを正確に把握するため、専門家へ調査を依頼するのがベストです。デューデリジェンス実施後に、買い手側が買取額などを提示する流れとなります。

条件交渉

ここまでの交渉と基本合意、デューデリジェンスをふまえ、最終契約に盛り込むための条件交渉が行われます。

買い手はデューデリジェンスでのリスク項目にもとづいて買収価格やM&Aスキームを見直し、リスクを減らすための施策や補償の設定などを行います。

売り手は承認すべき事実や譲歩すべき事項の範囲を検討しつつ、価格や会社・事業の継続性なども交渉する内容となるでしょう。

最終契約書の締結

条件交渉が終了し、買い手側・売り手側との最終交渉がまとまると、最終契約を締結します。最終契約書で契約される内容は法的拘束力があるので注意しましょう。

クリーニング・経営統合

最終契約書が締結された後は、M&A・会社売却・事業承継が実行されるのです。契約書に記載されたとおり、M&Aスキームや契約内容に応じてクリーニング・経営統合に向けた準備を行います

クリーニング・経営統合をもってM&Aの手続き自体は完了になり、M&Aの成約となるでしょう。

8. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継ならM&A総合研究所へ

千葉県のM&A・会社売却・事業承継をご検討の際は、ぜひ一度M&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所では、経験豊富なM&Aアドバイザーが専任で手続きをフルサポートしており、迅速・丁寧な対応に強みがあります。本社は東京にありますが、千葉のM&A・会社売却・事業承継への対応も可能です。

当社は完全成功報酬制(※譲渡企業のみ)となっており、着手金は完全無料です。無料相談はお電話・Webより随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお気軽にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

9. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継まとめ

本記事では、千葉県のM&A・会社売却・事業承継におすすめの仲介会社や、千葉の案件一覧などを紹介しました。

M&Aの手続きは、M&Aの手法などによって具体的な手続きは異なるうえ、法務、会計、税務など幅広い専門知識が必要です。そのため、不明点などがある場合は、M&A仲介会社などの専門家に相談するのがベストでしましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事