婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収!動向や事例、価格相場を解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

本記事では、婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収について、近年の動向や主なM&A事例、価格相場を解説しています。また、婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収を成功させるポイントや、おすすめの仲介会社についても併せて紹介します。

目次

  1. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収
  2. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収動向
  3. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収事例
  4. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却理由
  5. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収価格相場
  6. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させるポイント
  7. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却時におすすめの相談先
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収

人々が幸せを感じる場に立ち会い、華やかなイメージの強い婚礼・ウエディング業界ですが、婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収動向にはどのような特徴があるのでしょうか。

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収動向や事例、価格相場を解説する前に、まずは婚礼・ウエディング業界の定義やM&Aについて簡単に紹介します。

婚礼・ウエディング業界とは

婚礼・ウエディング業界とは、結婚式場をはじめ挙式や披露宴などを行う施設やサービスを提供する業界を指し「ブライダル業界」とも呼ばれます。

90年代の結婚式はホテルで行うことが主流でしたが、近年ではゲストハウス・レストラン・リゾートなど多様化が進み、顧客のニーズに対応できるよう結婚式場も幅広い変化を見せています。

一方で、少子高齢化や晩婚化によって婚礼件数は減少傾向にあり、市場の縮小に伴い生存競争は激しくなっています

M&A・売却・買収とは

M&Aとは、二つの異なる企業が一つになる「合併」、他の企業を譲り受ける「買収」のことを表します。

以前はM&Aといえば、大企業が行うものというイメージが強かったですが、近年は中小企業の経営者が事業承継や成長戦略の選択肢として活用するケースも増えています。

婚礼・ウエディング業界では、収益や営業エリアの拡大を目指した同業の買収に加えて、婚礼用ドレスやジュエリーのレンタル・販売などの周辺事業を行う企業を買収する例も多く見られます。

【関連】ホテル・旅館の買収・売却・M&A!相場は?【売買事例あり】

2. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収動向

M&A・売却・買収の主な動向

この章では、婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収動向を、その背景とともに解説します。

【婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収動向】

  1. 少子化・晩婚化に伴い案件数の減少が経営に影響
  2. 婚式場を使用したブライダル離れによる収益源
  3. 収益の拡大・事業の変化をもたらすためのM&Aが増加

①少子化・晩婚化に伴い案件数の減少が経営に影響

内閣府「少子化社会対策白書」によれば、国内の婚姻件数は1972年の109万9,984組をピークに減少を続け、2017年には過去最低となる60万6,866組となりました。

これは、国内人口の減少や少子高齢化が進んでいることが主な要因して挙げられます。

同時に、晩婚化が進んだことによって、従来のような挙式は必ず行うものという価値観にも変化が見られています。

案件数の減少は、婚礼・ウエディング業界の企業経営にダイレクトに影響を与えるため、M&Aによる売却・買収を通じて企業の存続を図る経営者が増えています。

②結婚式場を使用したブライダル離れによる収益減

婚礼・ウエディング業界では、ニーズの多様化による結婚式場を使用したブライダル離れも深刻な問題になっています。

自社で結婚式場を所有しブライダルサービスを提供する企業は、結婚式場の建設費・維持費・人件費などの莫大な投資を、長期間をかけて回収していくビジネスモデルを採用しています。

しかし、近年はゲストハウスやレストランを会場に身近な人々だけを招待した挙式スタイルへとトレンドが変化し、それが結婚式場を運営する企業の収益を大きく悪化させています。

③収益の拡大・事業の変化をもたらすためのM&Aが増加

上記のような背景から、婚礼・ウエディング業界では、収益の拡大・事業の変化をもたらすためのM&Aが増加しています。

M&Aを通じて所有する結婚式場の増加やエリア拡大を図る戦略をはじめ、ドレスやジュエリーのレンタル・販売企業や、写真や動画撮影サービスを提供する企業とのM&Aも増えています。

このように、業界の厳しい先行きを見据えた経営戦略の一つとして、M&Aが活用されています。

3. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収事例

M&A・売却・買収の近年の事例

では、婚礼・ウエディング業界においては、どのようなM&A・譲渡・売却の事例があるのでしょうか。近年行われた9つの事例を以下で紹介します。

  1. くふうカンパニーによるフルスロットルズ、アールキューブのM&A
  2. パートナーエージェントによるメイションのM&A
  3. こころネットによる北関東互助センターのM&A
  4. カヤックによるサンネットのM&A
  5. ブラスがビーラインのブライダル事業を譲受
  6. テイクアンドギヴ・ニーズ<がマリーゴールドのドレスショップ事業を譲受
  7. ポラリス・キャピタル・グループによるノバレーゼの株式公開買い付け
  8. IBJによるウインドアンドサンのM&A
  9. エスクリによるフジ・メディアHD子会社ストーリアのM&A

①くふうカンパニーによるフルスロットルズ、アールキューブのM&A

2019年6月、株式会社くふうカンパニーは、ウェディングドレス販売や結婚式のプロデュースを事業とする株式会社フルスロットルズの株式を取得し、孫会社化しました。

くふうカンパニーは、2018年11月には結婚式のプロデュース事業を手がける株式会社アールキューブを傘下におさめています。

今回のM&Aにより、「みんなのウエディング」などのブライダル情報サイト運営から結婚式当日のサービスまで、トータルに手がけられる体制づくりを目指すとしています。

②パートナーエージェントによるメイションのM&A

結婚相談所運営の大手パートナーエージェントは2019年2月、格安婚サービス「スマ婚」を提供するメイションの全株式を取得し、100%子会社としました。

メンションは発表において、婚活支援とブライダル領域は相乗効果が高く、婚活から成婚後まで一気通貫したサービスを提供することで顧客利益の最大化が図れることなどを、株式取得の主な理由としています。

③こころネットによる北関東互助センターのM&A

福島県を拠点として、冠婚葬祭事業を行うこころネット株式会社は、栃木県の株式会社北関東互助センターの全株式を取得し子会社化しました。

近年、こころネットグループはM&Aを成長戦略の一つと位置付け、グループの規模拡大を積極的に進めています。

こころネットは、およそ半世紀にわたって栃木で冠婚葬祭事業を手がける北関東互助センターを買収することによって、営業エリアの拡大とシナジー創出を図るとしています。

④カヤックによるサンネットのM&A

Web制作会社のカヤックは、ブライダル事業を行う子会社プラコレを通じて、ブライダルメディアを運営するサンネットの株式を取得し、グループ会社化しました。

サンネットは、沖縄を拠点にブライダルメディアやマッチングメディアの運営を行う企業であり、近年の沖縄観光市場の拡大に伴い「沖縄リゾートウェディング」が注目を集めています

カヤックは、サンネットのグループ会社化を沖縄進出の足がかりにするとともに、グループ全体としての企業価値向上と、持続的な組織力の強化を目指しています

⑤ブラスがビーラインのブライダル事業を譲受

2017年、東海地方でブライダル事業を展開する株式会社ブラスは、静岡県でブライダルおよびレストラン事業を手がける株式会社ビーラインより、ブライダル事業「ヴィラエッフェ」を譲り受けました。

「ヴィラエッフェ」は、静岡県沼津市に位置するチャペルを備えたレストランです。

ブラスは、静岡県における営業基盤の強化につながるものとして、完全貸切のハウスウエディング会場としてリニューアルし、さらなる事業の成長発展を図るとしています。

⑥テイクアンドギヴ・ニーズがマリーゴールドのドレスショップ事業を譲受

2017年4月、ハウスウェディングのパイオニアとして知られるテイクアンドギヴ・ニーズは、ドレスショップや結婚式場を運営するマリーゴールドの一部ドレスショップ事業を、約1億5000万円で買収すると発表しました。

対象となるのは、マリーゴールドが運営する神戸・姫路・京都・大阪のドレスショップ4店舗です。

テイクアンドギヴ・ニーズは、外部に委託していたドレスショップ事業の内製化によって、収益力の向上を図るとしています。

⑦ポラリス・キャピタル・グループによるノバレーゼの株式公開買い付け

2016年9月、PEファンドのポラリス・キャピタル・グループは、当時東証一部上場企業であった結婚式場運営のノバレーゼを、株式公開買い付けによって買収すると発表しました。

ノバレーゼは、2003年より外資系高級ホテルを思わせる結婚式場を次々に展開し、2006年には東証マザーズに上場しています。

また、2010年には東証1部に市場変更を実施するなど、婚礼・ウエディング業界の有力企業として知られています。

その一方で、近年は結婚式場の建設費高騰や、レストラン事業の不振が事業拡大の足かせとなっており、株式譲渡に伴うポラリスの経営参画を通じて、新規出店の加速による事業成長や効率化およびコスト削減を行なうとしています。

⑧IBJによるウインドアンドサンのM&A

2016年6月、婚活・結婚支援サービスを事業とする株式会社IBJは、ウエディング事業への参入を企図して「ウェディングnavi」を運営する株式会社ウインドアンドサンを子会社化しました。

このM&Aによって、IBJのサービスにおける成婚カップルを「ウェディングnavi」にスムーズに送客することが可能となり、さらなる収益拡大が見込まれています

なお、ウインドアンドサンは2019年1月に「株式会社IBJウエディング」に社名を変更しており、従来のブライダル事業にIBJの婚活事業を組み入れた、新たなビジネスモデルへの挑戦を始めています。

⑨エスクリによるフジ・メディアHD子会社ストーリアのM&A

2015年9月株式会社エスクリは、株式会社フジ・メディア・ホールディングスから、婚礼プロデュースを手がける株式会社ストーリアの全株式を取得し、子会社化することを発表しました。

エスクリは、東京・名古屋・大阪を中心に17の結婚式場を運営しており、ストーリアが運営する「南青山サンタキアラ教会」「パラッツォ ドゥカーレ麻布」2つを譲受することで、ブライダル事業のシェア拡大を図ります。

4. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却理由

M&A・売却する理由

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却理由には、主に以下の5つが挙げられます。それぞれの理由について、くわしくみていきましょう。

【婚礼・ウエディング業界のM&A・売却理由】

  1. 後継者問題の解決
  2. 従業員の雇用先の確保
  3. 大手グループの傘下に入り経営を安定
  4. 個人保証・担保の解消
  5. 譲渡・売却益の獲得

①後継者問題の解決

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却理由として、1つ目に挙げるのは「後継者問題の解決」です。

他の業界と同様、婚礼・ウエディング業界でも事業承継問題の解決は課題となっており、子供がいない・業界の先行きを案じて継がせたくないという経営者も少なくありません。

そのようなケースでは、M&Aを通じて第三者に会社を譲るという選択は非常に有効です。

譲渡後は、ブライダル事業の運営ノウハウを有する人物が経営に参画するので、安心して会社を託すことができます。

②従業員の雇用先の確保

2つ目に挙げるのは「従業員の雇用先の確保」です。結婚式場の運営を行う企業には、サービスに関わる数多くの従業員が勤務しています。

業界の先行きが不安視されるなかで、従業員が働く環境をいかに維持していくかを考えるのも経営者の役目です。

M&Aでは、基本的に譲渡側の希望が優先されるため、従業員の雇用・待遇の維持を条件とすることで、従業員が勝手に解雇されたり、望まない形で待遇が変わったりすることはありません。

③大手グループの傘下に入り経営を安定

3つ目に挙げるのは「大手グループの傘下入りによる経営の安定化」です。一般的に、中小のブライダル企業は、業績が不安定になりがちです。

しかし、大手グループの傘下に入ることができれば、経営基盤が安定してより積極的な事業戦略を立てることが可能になります。

また、大手のブランドを生かして人材採用がスムーズに行えるようになったり、事業運営にかかるコストを削減できたりと、さまざまなグループメリットも享受することができます

④個人保証・担保の解消

4つ目に挙げるのは「個人保証・担保の解消」です。婚礼・ウエディング業界では、金融機関などから融資を受けて結婚式場を建設するのが一般的であり、経営者は個人保証や担保を提供しています。

そのため、万が一業績不振によって事業を廃業しようとした場合は、手数料や負債などは経営者が負担する必要があり、莫大な借金を抱えてしまうことになります。

しかし、M&Aによる会社の譲渡に成功すれば、事業に係る負債を譲受企業が引き継いでくれるだけでなく、経営者の個人保証問題も解消されます。

⑤譲渡・売却益の獲得

そして最後の5つ目にに挙げる婚礼・ウエディング業界のM&A・譲渡・売却理由は「譲渡・売却益の獲得」です。

株式譲渡や事業譲渡では、株主である経営者に対価が支払われるため、売却・譲渡益を得ることができます。

譲渡価額は、保有する資産や収益力、事業の将来性によって変わりますが、会社を譲渡・売却することで、老後の生活資金の確保や新事業の資金などを得ることができるのです。

【関連】経営者がM&A・会社売却・事業譲渡する理由15選!

5. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収価格相場

M&A・売却・買収価格の相場

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収において、実際にどのくらいの金額で取引が行われているのか、相場を知りたいと思う人も多いでしょう。

この章では、婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収の相場や、企業評価価値を算定する方法について、解説していきます。

企業評価価値を算定する方法

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収価格は、保有する結婚式場の規模や立地、収益力や将来性、市場動向によって大きく変動する、一概に「相場価格はこのくらい」と断言するのは困難です。

しかし、企業価値算定によって自社の企業価値を把握することで、実際にM&Aを行なった際にどのくらいの価値がつくのかを判断することは可能です。

婚礼・ウエディング業界において、特に結婚式場などの施設を保有している企業の場合、その企業評価価値はDCF法をベースにさまざまな算定方法を組み合わせて算出するのが一般的です。

DCF法とは、その事業が将来得られる利益(3〜5年分)を予測し、起こる可能性のあるリスク分を差し引いて企業価値を算出する方法です。

【関連】会社買収の価格(金額)の算定方法や相場を解説!事例10選!

企業評価価値の算定はプロに任せるほうが良い理由

上記のように、ある程度の企業評価価値を算出することは可能ですが、婚礼・ウエディング業界は時代とともにサービスの幅も広がっており、すべてが算出できるわけではありません

また、婚礼・ウエディング業界は他の業界に比べて、特にトレンドの移り変わりが激しく、将来の予測が立てづらい面もあり、正確な企業評価価値の算定は、業界に精通した専門家に任せるのが現実的といえるでしょう。

6. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させるポイント

成功させるポイント

この章では、婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させるには、どのような点を意識して行えばよいのかを解説します。

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させるポイントには、以下の5つが挙げられます。

【婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させるポイント】

  1. 計画的に準備を行う
  2. M&Aの目的を明確にする
  3. M&Aの際に譲れない条件を決める
  4. 立地や収益性などの強みをアピールする
  5. M&Aの専門家に相談する

①計画的に準備を行う

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させる1つ目のポイントは、計画的に準備を行うことです。

計画的に準備を行わないと、譲渡までの期間が長くなったり、市場の変化によってM&Aの機会を逃したり、理想の形でのM&A・売却が難しくなる可能性があります。

まずは、M&Aの目的を明確にしたうえで、自社の強みや市場における立ち位置を確認し、譲渡先の候補となる企業探しから成約に至るまで、しっかりとした道筋をつけるようにしましょう

②M&Aの目的を明確にする

2つ目に紹介する婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させるポイントは、目的を明確にすることです。

M&Aは、売り手側の目的に応じて、理想の買い手となる企業は異なります。そのため、目的が明確でないままでは、相手探しも交渉もうまくいかず、たとえ会社の譲渡が叶ったとしても、後悔する結果になることもあります。

まずは、目的を明確にすることが、M&Aを成功させる大前提とも言えるでしょう。

③M&Aの際に譲れない条件を決める

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させる3つ目のポイントは、M&Aの際に譲れない条件を決めることです。

M&Aは、双方の合意があってはじめて成立するものですが、売り手があまりに多くの条件を挙げてしまうと、大半の買い手は敬遠しマッチングの機会を逸してしまいます。

「これだけは絶対に譲れない」という条件を絞り込むことで、交渉の際にも心の余地が生まれ、話し合いもスムーズに進めることが可能です。

④立地や収益性などの強みをアピールする

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させる4つ目のポイントは、立地や収益性などの強みをアピールすることです。

所有する結婚式場のアクセスの良さ・規模・稼働率・優秀なウェディングプランナーの有無などは、買い手側が必ずチェックするポイントです。

加えて、現在の収益力がM&Aによってどれほど成長する余地があるのかという点は、譲渡価格にも直接関わってくる要素です。

そのため、自社の強みをしっかりとアピールしつつ、企業価値を高めるためのビジネスの磨き上げも必要だといえます。

⑤M&Aの専門家に相談する

最後に紹介する婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させるポイントは、M&Aの専門家に相談することです。

M&Aを進めるうえでは、ビジネスや財務・税務・法務など広範な知識と経験が必要です。

また、買い手企業はすでに複数の買収を経験していることも多いため、交渉ではどうしても売り手側が不利になってしまい、理想的なM&Aを実現させることは難しくなってしまうでしょう。

M&A仲介会社の役割は、売り手・買い手双方の利害を調整し、お互いにとって良い条件となるようM&Aの仲立ちをすることです。

専門家に相談してサポートを受けることで、理想とするM&A・売却を実現する可能性が大きく高めることができます

7. 婚礼・ウエディング業界のM&A・売却時におすすめの相談先

おすすめの相談先

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を検討される際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は、中堅・中小企業の案件を取り扱うM&A仲介会社です。

M&A総合研究所では、案件ごとにM&Aに精通した会計士と弁護士が就き、成約までの複雑なプロセスをフルサポートいたします。

料金体系は、着手金・中間手数料・月額報酬は無料の完全成果報酬型を採用しているため、成約に至らなければ費用は一切かかりません。

成約までの期間は平均3カ月、譲渡価格も希望額から平均20%アップという実績を残しています。

無料相談は24時間年中無休で受け付けておりますので、婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を検討される際は、どうぞお気軽にご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

まとめ

ここまで婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収について、業界の動向や近年の主な事例、企業評価価値の算出方法などを紹介してきました。

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収を成功させるためには、業界の動向や市場環境をきちんと見極め、ポイントを押さえて進めていくことが大切です。

【婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収動向】

  • 少子化・晩婚化に伴い案件数の減少が経営に影響
  • 婚式場を使用したブライダル離れによる収益源
  • 収益の拡大・事業の変化をもたらすためのM&Aが増加

【婚礼・ウエディング業界のM&A・売却理由】
  • 後継者問題の解決
  • 従業員の雇用先の確保
  • 大手グループの傘下に入り経営を安定
  • 個人保証・担保の解消
  • 譲渡・売却益の獲得

【婚礼・ウエディング業界のM&A・売却を成功させるポイント】
  • 計画的に準備を行う
  • M&Aの目的を明確にする
  • M&Aの際に譲れない条件を決める
  • 立地や収益性などの強みをアピールする
  • M&Aの専門家に相談する

婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収において、交渉をスムーズに進めて成功に導くためには、専門家のサポートが必要不可欠です。

専門知識と豊富な経験・実績を有するM&A仲介会社に相談することで、婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収が成功する確率は一気に高まります。

M&A総合研究所は、会計士・弁護士によるM&Aプロセスのフルサポート、完全成果報酬型の料金体系、圧倒的なスピード対応などにより、婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収を成功に導きます。

無料相談は24時間年中無休でお受けしていますので、婚礼・ウエディング業界のM&A・売却・買収をご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ