旅行会社・旅行代理店のM&A・買収・売却!動向、相場、メリットを解説【成功事例あり】

企業情報第二部 部長
向井 崇

銀行系M&A仲介・アドバイザリー会社にて、上場企業から中小企業まで業種問わず20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、不動産業、建設・設備工事業、運送業を始め、幅広い業種のM&A・事業承継に対応。

この記事では、旅行会社・旅行代理店のM&A買収・売却に関して解説します。旅行会社のM&A動向や成功事例を調べたい方や、旅行会社・旅行代理店を買収・売却することで得られるメリットなどを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 旅行会社・旅行代理店の定義
  2. 旅行会社・旅行代理店業界のM&A動向
  3. 旅行会社・旅行代理店のM&Aを行うメリット
  4. 旅行会社・旅行代理店のM&A相場
  5. 旅行会社・旅行代理店のM&A成功事例
  6. 旅行会社・旅行代理店M&Aのまとめ
    • 旅行会社・旅行代理店のM&A・事業承継

    1. 旅行会社・旅行代理店の定義

    今回は、旅行会社・旅行代理店におけるM&A・企業の買収・売却を解説します。旅行会社・旅行代理店のM&A動向や事例も紹介します。まずは、旅行会社・旅行代理店の定義を解説します。

    旅行会社・旅行代理店とは、旅行者と事業者を仲介するサービスを提供する会社・店舗のことです。事業者とは、宿泊施設や交通機関などをさします。提供する業務内容には、ホテル・旅館・宿泊施設の予約や宿泊券の販売、旅行の企画・手配、交通機関の乗車券販売などがあります。

    旅行会社・旅行代理店業界の特徴

    旅行会社・旅行代理店業界は、ホテル・航空会社などから部屋・座席を仕入れてツアーの形にまとめて、自社店舗やインターネットサイト、旅行代理店業を通して商品を販売するのが一般的です。

    商品を開発する過程で、テーマパーク・レジャー施設・商店街・土産物店・地域の特産物を製造するメーカー・地方自治体など、幅広いネットワークで詳細な連携を求められることが多い特徴があります。

    旅行会社・旅行代理店業界の現在

    旅行会社・旅行代理店のM&A動向を理解するためにも、旅行会社・旅行代理店を取り巻く環境がどのように変化しているのか把握することが大切です。ここでは、旅行会社・旅行代理店業界の現状を説明します。

    インターネット販売の功罪

    旅行代理店を営む場合は登録が求められますが、基本的には参入障壁が低い業界です。

    旅行とインターネットの相性が良かったことから、「るるぶトラベル」や「楽天トラベル」「ホテル比較サイト」など、インターネット業界からの参入が勢いを増しています。インターネット販売の普及によって、旅行業界は価格競争に追い込まれてしまいました。

    時代とともに変化する旅行スタイル

    現在は旅行会社・旅行代理店が販売するパックを利用するだけでなく、旅行者自身がインターネットを使って自ら旅行をアレンジしています。旅行会社・旅行代理店を利用しない旅行者が増加しているでしょう。

    コミッション収益の減少

    旅行会社・旅行代理店における収入源の1つが、ホテル・旅館・航空会社からの委託手数料(コミッション)です。しかし、最近はこのコミッションが減少しています。

    ホテルや航空会社自体の収益が減少しているため、旅行会社や旅行代理店に支払うコミッションを減らす流れになったことが、主な要因です。

    旅行会社・旅行代理店業界の市場規模

    JTBの資料「2020年の旅行動向見通し」によると、2019年の旅行総消費額は14兆9,200億円でした。内訳は、国内旅行が10兆4,400億円、海外旅行が4兆4,800億円です。

    政府は、2011年の東日本大震災後、観光立国を成長戦略としてビザの発給条件を緩和するなどの対策を取りました。中国などアジア諸国の経済成長による所得水準が上がり中間層・富裕層の訪日旅行が増え、市場規模は拡大しました。

    参考:JTB「2020年の旅行動向見通し」

    新型コロナウイルスによる旅行・観光への影響

    日本を訪れる外国人は、2016年に2,400万人を超え、2020年は4,000万人を超えると予想されました。

    しかし、新型コロナウイルスによる感染増加は、2008年の新型インフルエンザを大幅に上回る旅行会社・旅行代理店業界への影響が不安視されています。

    旅行会社・旅行代理店業界の課題と展望

    旅行会社・旅行代理店業界は、同時多発テロなどの破壊行為・自然災害・新型の感染病など、予想しない事態によって多大な影響を被る業界です。格安航空会社(LCC)の登場により旅行代金の低下が中間所得層に与える影響も大きく、フルサービスキャリア(FSC)のエコノミークラス市場にも影響が及んでいます。

    新幹線を利用していた人が格安航空会社に流れるケースも多く、鉄道会社は高級寝台列車を運行するなど事業拡大を模索している状態です。旅行会社・旅行代理店業界を取り巻く環境は変化がめまぐるしく、今後の動向に注目が集まっています。

    【関連】ホテル・旅館の事業譲渡・事業売却の流れやチェック項目を解説!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

    2. 旅行会社・旅行代理店業界のM&A動向

    ここからは、旅行会社・旅行代理店におけるM&Aの動向を解説します。旅行会社の買収・売却を検討されている方は、旅行業界のM&A動向を知ることで、より適切なM&A戦略を行える可能性が高まります。

    大手旅行代理店同士の事業提携

    旅行業界のM&A動向として注目すべき点は、大手旅行代理店同士の事業提携が活発化していることです。旅行業界は市場参入しやすく、インターネット予約など、旅行者にとって便利なインフラが整備されています。

    これにより、旅行会社・旅行代理店のような仲介業務の需要が減少し、それに合わせて、旅行会社・旅行代理店の収益も減少している現状です。状況を打破するために、大手旅行代理店同士が事業提携する流れが増えています。

    大手旅行会社の年間取扱額ランキング 2020年度(2020年4月~2021年3月)
    JTB 4,215億円
    KNT-CT 998億円
    日本旅行 978億円
    阪急交通社 584億円
    JALパック 563億円
    (出典:観光庁「令和2年度主要旅行業者の旅行取扱状況年度総計(速報)」

    大手旅行会社による旅行代理店へのM&A

    旅行業界におけるM&A動向の1つが、大手旅行会社による旅行代理店の買収です。近年は、旅行者の旅先における需要に変化が生じています。

    大手旅行会社は、需要の変化に柔軟に対応することを目的に、独自のサービスを展開する旅行代理店をM&Aにより買収するケースが増えている状況です。

    旅行会社・旅行代理店のM&AならM&A総合研究所へ

    旅行会社・旅行代理店のM&Aをお考えの際は、ぜひM&A総合研究所にお任せください。M&Aの知識や経験が豊富なM&Aアドバイザーが案件をフルサポートします。

    料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談を受け付けますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

    【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
    電話で無料相談
    0120-401-970
    WEBから無料相談
    M&Aのプロに相談する

    3. 旅行会社・旅行代理店のM&Aを行うメリット

    旅行会社・旅行代理店がM&Aを実施して、旅行会社を買収したり売却したりする際のメリットを解説します。

    M&Aを実施して旅行会社の買収・売却を検討されている方は、どのようなメリットを得られるのか確認してください。

    売却側のメリット

    まずは、M&Aによって会社を売却する側のメリットを解説します。売却する側のメリットは、以下の4点です。

    • 資本力による安定経営
    • 後継者問題の解決
    • 従業員の雇用維持
    • M&Aによる売却益

    資本力による安定経営

    売却側は、M&Aによって自社を大手旅行会社に売却することで、大手旅行会社の資本力により安定した経営が実現するメリットがあります。

    参入障壁が低く競合他社が多数いる旅行業界で、中小企業にとって収益を伸ばすことは難しい状況です。M&Aで大手旅行会社の傘下に入れば、大手企業が持つ資本力により自社の収益拡大が期待できます。

    後継者問題の解決

    現在は、中堅・中小企業経営者の高齢化と人材不足が影響した後継者不足によって、事業承継問題が深刻化している状況です。M&Aによって会社を売却すれば、中堅・中小企業は自社の後継者問題を解決できます。

    従業員の雇用維持

    後継者不足や競合他社の増加が影響して、廃業を余儀なくされる中堅・中小企業が増えています。対策を講じないままでいると、会社で働く従業員は雇用を失ってしまう可能性があります。

    M&Aを実施して、自分の会社を大手企業に売却すれば、従業員の雇用を維持できます

    M&Aによる売却益

    売却側がM&Aで会社売却・事業譲渡するメリットの1つに、M&Aによる売却益を期待できる点が挙げられます。特に売却側企業の経営者には、創業者利益を獲得できるチャンスです。

    買収側のメリット

    続いて、M&Aによって会社を買収する側のメリットを3つ解説します。M&Aによる企業買収・事業譲受を検討されている方は、参考にしてください。

    • 優秀な人材の確保
    • スムーズな事業展開
    • 事業スケールの拡大

    優秀な人材の確保

    M&Aによって会社を買収すると、優秀な人材を確保できます。旅行業界は、競合他社の増加・旅行者の需要における変化などが影響しており、事業再編が必要な状況です。

    厳しい環境にある旅行会社は、優秀な人材を確保して自社の事業をよりスピーディに変化させるとよいでしょう。

    スムーズな事業展開

    旅行者の需要が変化しやすい昨今は、スムーズな事業展開が必要不可欠です。

    M&Aを実施して、他の旅行会社・旅行代理店を買収したり、海外の旅行会社を買収したり、旅行業界とは異なる業界の企業を買収したりすることで、スムーズな事業展開の実現が期待できます。

    特に異なる業界の企業を買収すると、旅行者へ新たな付加価値を提供できる可能性が高まります。

    事業スケールの拡大

    M&Aによって企業を買収したり事業譲受したりすると、事業スケールを拡大できるメリットがあります。海外の旅行会社や他業界の企業を買収できれば、自社の旅行事業をより幅広い顧客に提供できる機会が増えます。

    【関連】M&Aのメリット・デメリットを買い手・売り手にわけて徹底解説!【大企業/中小企業事例あり】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所
    • 旅行会社・旅行代理店のM&A・事業承継

    4. 旅行会社・旅行代理店のM&A相場

    ここでは、旅行会社・旅行代理店のM&A相場に関する情報をまとめます。ひとことにM&A相場といっても、買収される企業の大きさによって取得価格が異なるため、相場を明確にするのは難しいです。ただ、取得価格が1億円を超えることは珍しくありません。

    例えば、2018年にオンライン格安航空券予約のプラットフォームを提供する「アドベンチャー」が旅行代理店の「TET」を子会社化すると発表した事例では、取得価格が2億8,000万円と公表されています。TETにおける2018年3月期の経常利益は302万円でした。

    【関連】M&Aの手数料が高い理由は?相場や手数料の種類について解説!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

    5. 旅行会社・旅行代理店のM&A成功事例

    この章では、旅行会社・旅行代理店のM&A成功事例を紹介します。

    ①星野リゾートとKabuK Styleの資本業務提携

    2022年4月、星野リゾートはKabuK Styleとの間で資本業務提携を締結しました。星野リゾートは、本社を長野県北佐久郡軽井沢町に置く総合リゾート運営会社です。対するKabuK Styleは、毎月定額で世界中の宿泊施設に滞在できるサブスクリプションサービスを提供しています。

    本件M&Aの主な目的は、新たな旅行市場の創造です。星野リゾートは、KabuK Styleが取り組むビジネスモデルが新たな旅行市場を創造していることに共感し、提携の実施を決めています。

    ②IBJによるかもめの全株式譲渡

    2021年12月、IBJは自社の完全子会社であるかもめの株式すべてを旅行会社を経営する個人に譲渡しました。本件M&Aの取得価額は非公開です。

    売却側のIBJは、東京都新宿区に本社を置く、結婚相談所・婚活パーティー・婚活サイト・結婚相談所プラットフォームなどを運営する企業です。かもめは、大手旅行店がカバーしないエリアを中心とした海外旅行事業を展開しています。対する買収側は、風の旅行社・ピースインツアーを経営する個人です。

    本件M&Aにより、買収側では、コロナ禍が長引いて旅行事業の収益回復および中核事業である婚活事業とのシナジー創出が困難となる状況で、事業価値存続のために旅行産業で豊富なノウハウ・事業基盤を持つ経営者にかもめを委ねることに成功しています。

    ③令和トラベルによる第三者割当増資

    2021年6月、令和トラベルはベンチャーキャピタル数社などを引受先として第三者割当増資を実施しました。本件M&Aの取得価額はおよそ22.5億円です。

    令和トラベルは、海外旅行事業を展開するデジタルトラベルエージェンシーです。本件M&Aの引受先であるジャフコグループ、ANRI、グローバル・ブレイン、千葉道場ファンド、アカツキは、それぞれベンチャーキャピタルです。

    本件M&Aにより、令和トラベルでは、旅行業務プロセスのDX推進とエンジニアの採用強化、マーケティングの拡大などを図っています。

    ④KNT-CTホールディングスによる第三者割当増資

    2021年6月、KNT-CTホールディングスは、近鉄グループホールディングス、あかり、まつかぜなどを引受先とする第三者割当増資を実施しました。本件M&Aの取得価額はおよそ400億円です。KNT-CTホールディングスは、東京都新宿区に本社を置く日本の株式会社で、近鉄グループにおいて旅行業に係る企業を統括しています。

    対する近鉄グループホールディングスは、運輸事業、不動産分譲・流通事業、百貨店事業、ホテル事業などを展開する近鉄グループの持株会社で、譲渡側企業の親会社にあたります。

    あかりは、三菱UFJ銀行の資金拠出により、有価証券・債権・デリバティブ取引に関わる金融事業を展開している企業です。まつかぜは、三井住友銀行の資金拠出により、有価証券に関わる金融事業を展開しています。

    本件M&Aにより、KNT-CTホールディングスでは、コロナ禍により経営環境が大幅に悪化する状況において、債務超過解消と中長期的な事業構造改革を図っています。

    ⑤MILE SHAREによるPINKの完全子会社化

    2021年4月、MILE SHAREはPINKの株式すべてを取得し、完全子会社化しました。本件M&Aの取得価額は非公開です。

    買収側は、札幌市東区を拠点に、世界の航空会社の活用できるポイント・マイルのシェアリングサービスを展開している企業です。対する売却側は、東京都品川区を拠点に、オリジナルブランド「Love&Travel」の企画・販売をはじめ旅行業法にもとづく旅行業全般および、国内・海外の航空券販売、ホテルなどの地上手配、損害保険代理業などを手掛けています。

    本件M&Aにより、売却側では、コロナ禍の影響を乗り越えるための協業体制構築および親会社グループによる経営資源最適配置の実現を図っています。買収側では、国内線を中心に展開している「MileShare」のサービスを国際線エリアに拡大し、PINKとの連携を通して通常航空券・特典航空券を同一サービス内で提供する体制を構築すると発表しています。

    ⑥アソビューによるそとあそびの株式取得

    2021年1月、アソビューはアカツキよりそとあそびの株式をすべて取得することを決め、株式譲渡契約を締結しています。アソビューは総合型遊び予約サイトの「アソビュー!」を運営し、そとあそびはアウトドアレジャー専門予約サイトの「SOTOASOBI」を運営している会社です。

    サポート体制の共通化や一体的なシステム開発体制の構築などによるシナジーを見込んで、このM&Aが行われました。アクティビティ領域のコンテンツを広げるとともにユーザー基盤の拡大を狙います。

    ⑦エアトリによるFAST JAPANの訪日観光客向けアプリ「Tabiko」事業の承継

    2020年3月、エアトリはグループ会社のインバウンドプラットフォームがFAST JAPANから「Tabiko」の事業を承継してリニューアルリリースしたことを発表しています。Tabikoは、訪日外国人観光客向けのチャット型コンシェルジュアプリです。

    ユーザビリティーの改善によって充実したサービスの提供を目指し、インバウンドプラットフォーム社における既存サービスとの相互連携でサービスを強めることを狙います。

    ⑧第一交通産業による西日本日中旅行社の買収

    2020年1月、第一交通産業は日中間の旅行を主とした旅行業を行う西日本日中旅行社の株式取得を発表しました。買収により、第一交通産業はツアー業務の企画・募集が可能となるため、インバウンドの客層を取り込むことを図っています。第一交通産業における中国子会社との連携による相乗効果を高めることも可能になりました。

    ⑨バリューゴルフによる産経旅行の株式取得

    2018年6月、ゴルフ事業を展開するバリューゴルフは、産経旅行の全株式を取得して子会社化しました。産経旅行は、在日外国人向けの旅行手配を提供する旅行会社です。バリューゴルフは今回のM&Aによって、新たな事業開発・事業拡大を図っています。

    ⑩楽天によるVoyaginの株式取得

    2015年7月、楽天はシンガポールにあるVoyaginの株式過半数を取得しました。

    Voyaginは、旅行先のホストがアクティビティを企画して旅行者に販売する「アクティビティ予約サービス」を運営し、50以上の国や地域で事業を展開する会社です。

    M&Aによって楽天は、東南アジアを中心としたインバウンド事業の強化を図ります。

    【関連】ホテル・旅館業界のM&A事例39選!最新動向も解説【2022年最新版】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

    6. 旅行会社・旅行代理店M&Aのまとめ

    旅行会社・旅行代理店のM&A・買収・売却に関する情報をまとめました。旅行会社・旅行代理店の買収・売却を検討されている方や、業界の現状・M&A動向について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 譲渡企業様完全成功報酬!
    2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
    M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
    また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
    相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

    >>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

    関連する記事

    関連するキーワード

    新着一覧

    最近公開された記事
    旅行会社・旅行代理店のM&A・事業承継