M&A仲介のビジネスモデルを解説!手数料が高い理由は?

Medium
取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

近年、M&Aが活発に行われるようになっています。M&A仲介会社にも注目が集まるようになってきているので、そのビジネスモデルに興味がある人もいるでしょう。本記事では、M&A仲介会社のビジネスモデルや仲介手数料が高い理由などについて解説します。

目次

  1. M&A仲介のビジネスモデルとは
  2. M&A仲介のビジネスモデルをくわしく解説!
  3. M&A仲介の手数料が高い理由
  4. M&A仲介のビジネスモデルのメリットとデメリット
  5. 手数料がかかっても専門家にM&A仲介を依頼すべき3つの理由
  6. M&Aにおすすめの仲介会社
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. M&A仲介のビジネスモデルとは

近年M&Aは大手企業のみならず、中小企業が事業承継目的などで行うケースも増えてきて、広く認知されるようになってきました。

それと同時にM&A仲介会社の数も増えていますが、M&A仲介のビジネスモデルとはどのようなものなのでしょうか。この記事では、M&A仲介のビジネスモデルや手数料が高い理由について解説します。

ビジネスモデルとは

ビジネスモデルにはっきりとした定義はありませんが、簡単にいえば「ビジネスの仕組み=儲けるための仕組み」です。

もう少し丁寧に定義づけるならば、事業に関する資源(ヒト・モノ・カネ)を活用して、顧客に価値を提供することで利益を獲得する仕組みと捉えることもできます。

M&A仲介のビジネスモデル

M&A仲介のビジネスモデルは、一般的に売り手企業と買い手企業をマッチングさせ、M&Aが成立したら双方の企業から手数料を受け取る仕組みです。

売り手企業と買い手企業をマッチングさせるためには、売り手企業や買い手企業の情報を蓄積することが重要であり、M&Aを成立させるために売り手企業・買い手企業双方にサポートの提供が必要です。

【関連】M&A仲介会社を比較!手数料・サービス・実績を徹底比較!

2. M&A仲介のビジネスモデルをくわしく解説!

M&A仲介のビジネスモデルはM&Aを成立させることで成り立っていますが、報酬体系などはどのようになっているのでしょうか。この章では、M&A仲介のビジネスモデルについて、3つの観点からくわしく解説します。

1.報酬体系

M&A仲介の報酬体系には、大きくわけて着手金型と完成成功報酬型との2種類があります。報酬体系によってビジネスモデルも異なるので、それぞれみていきましょう。

着手金型

「着手金型」は、M&Aのアドバイザリー契約を締結した時点で、着手金が発生する報酬体系です。

着手金型の報酬体系を採用しているケースでは、中間金や月額の定額報酬などを設定していることが多く、その場合はM&Aの進行状況に応じて各手数料を支払います。

着手金型の報酬体系の場合、仮にM&Aが成約しなかったとしても、仲介会社は手数料を受け取ることができるビジネスモデルになっています。

完全成功報酬型

「完全成功報酬型」の報酬体系とは、M&Aが成約するまで報酬が発生しない報酬体系です。

しかし、完全成功報酬となるのは売主企業だけである場合も多く、買主企業には成功報酬のほかに着手金や中間金などが設定しているM&A仲介会社もあります。

完全成功報酬型の場合、報酬が発生するのはあくまでもM&Aが成立した時なので、仲介会社はM&Aを成立させないと大きな収益は得られないビジネスモデルになっています。

2.サポートする人材

M&A仲介のビジネスモデルにおいて、当事者をサポートする人材には、M&Aアドバイザー・弁護士・公認会計士・税理士などがいます。

M&Aを成立させるためには、専門的な知識や特殊なノウハウ、M&Aを成立させた豊富な経験を備えた専門家のサポートは不可欠ともいえるものです。

M&Aアドバイザー

M&Aアドバイザーとは、売り手企業や買い手企業などの当事者に対して、M&Aを成立させるための助言やサポートをする専門家です。

M&Aアドバイザーは、弁護士や公認会計士などのように国家資格ではなく、個人事業として従事したりM&A仲介会社の社員として関わることもできます。

特段の資格は必要ありませんが、M&Aアドバイザーとして当事者をサポートするためには、M&Aに関連する幅広い知識だけでなく、実績で培ったノウハウや交渉力も豊富な経験が必要となってきます。

弁護士

M&Aにおいて、弁護士が果たす役割は法律面でのサポートをすることです。M&Aでは、秘密保持契約や最終契約などの各種契約締結において、書類の作成はもちろんのこと、適正な手続きのチェックや法的なリスクの洗い出し、問題点の有無の確認・指摘などを行います。

そのほかにも、M&Aを実施するうえでは金融証券取引法や労働法、独占禁止法など幅広い法規制への配慮が求められるので、弁護士のサポートが必要になります。

また、法務デューデリジェンス(法務監査)やM&Aスキームの立案、契約交渉などの業務を弁護士が担当することもあります。

公認会計士

M&Aにおいて、公認会計士が果たす役割は財務面でのサポートをすることです。M&Aに際しての企業価値評価に基づく価格算定や、譲渡企業の財務的なリスクや問題点の有無をチェックする財務デューデリジェンス(財務監査)も公認会計士が行います。

また、M&Aスキームに関して財務的にベストな選択をするために、必要な助言などを行うのも公認会計士の役割です。

税理士

M&Aにおいて、税理士が果たす役割は税務面でのサポートをすることです。M&Aにおける譲渡企業に内在する税務リスクや、税務上の問題点の有無をチェックするた税務デューデリジェンス(税務監査)も税理士が行います。

また、M&Aスキームに関して税務的にベストな選択をするため、助言などを行うのも税理士の役割です。

3.運営形態

M&A仲介のビジネスモデルにおいては、M&A仲介会社の運営形態にも違いがあります。M&A仲介会社の運営形態には、アドバイザリー型とマッチング型の2種類があり、サポート内容に大きな違いがあります。

アドバイザリー型

アドバイザリー型とは、M&A仲介会社が売り手企業と買い手企業をマッチングさせ、双方に対してM&Aを成立させるためのさまざまなサポートを提供することによって報酬を得られるビジネスモデルです。

当事企業は、M&Aアドバイザーや士業専門家などから、M&Aを成立させるために必要な専門的なサポートを直接受けられます。

マッチング型

マッチング型とは、WEBやアプリなどオンライン上のプラットフォームで、売り手企業情報と買い手企業情報を検索してマッチングさせることにより報酬が得られるビジネスモデルです。

当事企業は、自身でM&Aの相手方企業を探せる反面、原則として自身でM&Aを成立を目指して交渉や手続きを進めていきます。相手側企業と直接やり取りできるので、M&Aの早期成立が期待できるメリットがあります。

アドバイザリー型と違い、専門家によるサポートが受けられないので、M&Aの知識がある程度必要になる点がデメリットです。

マッチングプラットフォームによっては、運営元の仲介会社に別途サポートを依頼することもできるので、手続きや交渉に不安のある場合はそのようなサイトを利用するとよいでしょう。

【関連】M&Aの相談先はどこがおすすめ?【徹底解説】

3. M&A仲介の手数料が高い理由

M&A仲介の手数料は会社によって異なりますが、手数料が高いというイメージを持っている人も多いでしょう。

M&A仲介の手数料は高い理由は、M&A仲介のビジネスモデルとも関係しています。ここでは、M&A仲介の手数料が高い理由を探っていきます。

人件費が高いため

M&A仲介の手数料が高い理由は、人件費が高い専門家が関与するビジネスモデルだからです。

M&Aを成立させるためには、法律・財務会計・税務など専門的知識やノウハウが不可欠なので、M&Aアドバイザーや士業専門家などのサポートを受ける必要があります。

M&Aに関する専門家の人件費は高いため、必然的にM&A仲介の手数料も高くなってしまうことになります。

もちろん案件の規模やM&A仲介会社によっても変わってきますが、M&A仲介の手数料はM&Aに関与する専門家の人件費なので、手数料が高くなったとしてもM&Aを成立させるための必要経費と把握しておきましょう。

M&Aは成約までに一定期間がかかるため

M&Aの成約までには一定の時間がかかります。M&Aでは、当事企業による相手側の企業価値評価、価格算定、条件交渉や書類作成、契約手続き、各種シューデリジェンスなど、専門家がサポートしても時間がかかる作業工程があるためです。

人件費の高い専門家の行う作業も多く関与する時間も長くなるため、どうしても作M&A仲介の手数料が高くなってしまいます。

【関連】M&Aの手数料が高い理由は?相場や手数料の種類について解説!

4. M&A仲介のビジネスモデルのメリットとデメリット

M&A仲介のビジネスモデルには、メリットとデメリットがあります。メリットとデメリットを把握しておくと、依頼するM&A仲介会社を選択しやすくもなります。この章では、M&A仲介のビジネスモデルのメリットとデメリットについて解説します。

メリット

M&A仲介のビジネスモデルには、主に以下のようなメリットがあります。

【M&A仲介のビジネスモデルのメリット】

  • M&Aの成立に不可欠な専門的なサポートを受けられる
  • M&Aの成約率が高まる
  • M&Aの成立までのスピードが上がる
  • 本業を圧迫しないで済む
  • 希望していたM&Aが実現できる可能性が高くなる

M&A仲介会社に依頼すると、M&Aに精通した経験豊富なM&Aアドバイザーや提携の士業専門家などから、M&Aの成立に向けた専門的なサポートを受けることができます

専門的なサポート下で相手方企業と適正な調整や条件交渉が進められるので、独自のみで臨むよりもM&Aの成約率が上がります。

手続きや書類作成などのサポートも受けられるので、本業への影響を最小限にとどめて効率的に進めることができます。

また、譲渡企業においては、売却希望価格に近い価格で譲渡できたり、購入企業は希望条件でM&Aが実現できるなど、満足のいく形でM&Aが実現できる可能性が高まります。

デメリット

対して、M&A仲介のビジネスモデルのデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

【M&A仲介のビジネスモデルのデメリット】

  • M&A仲介会社に高い手数料を支払う必要がある
  • 売り手企業と買い手企業のM&Aアドバイザーが1社の場合、利益相反取引の可能性がある
  • 自社の顧問弁護士や顧問税理士とM&A仲介会社が対立する可能性がある

M&A仲介会社に支払う手数料は、取引額に応じて計算されるためそれなりに高額となります。また、仲介方式の場合は1つの仲介会社が当事者間に立つので、高く売りたい譲渡側と安く購入したい譲受側との利益が相反する可能性があります。

また、M&A仲介会社に依頼する場合、M&A仲介会社に在籍あるいは提携している士業専門家と当事企業の顧問士業専門家とで対立が起こることもあり得ます。M&Aを実施する際は、事前の調整をしておくと安心でしょう。

【関連】M&Aアドバイザーって?選び方と利用するメリットを解説!

5. 手数料がかかっても専門家にM&A仲介を依頼すべき3つの理由

ここまで述べたように、専門家にM&A仲介を依頼すると高額の手数料がかかります。しかし、手数料を支払ってでもM&A仲介を専門家に依頼すべき理由には、以下の3つが挙げられます。

【M&A仲介を専門家に依頼すべき理由】

  1. M&Aは専門性の高い分野
  2. 適正価格で譲渡・売却が成立しやすい
  3. 本業に集中しながらM&Aを進められる

1.M&Aは専門性の高い分野

M&Aは専門性の高い分野です。円滑に進めていくためには、法律・財務会計・税務・労務・許認可・特許などさまざまな専門的な知識やノウハウが必要になります。

また、リスクや問題点の洗い出しなどをするため、各種デューデリジェンスなども行う必要があります。

たとえ仲介会社に高い手数料を支払ったとしても、専門性の高い分野に精通したアドバイザーから適切なサポートを受けられるので、安心かつスムーズに手続きを進めて成約を目指すことができます。

2.適正価格で譲渡・売却が成立しやすい

もし、高く売りたい譲渡企業と安く買いたい譲受企業が専門家の仲介なしに交渉をすれば、なかなか折り合うがつかない可能性が高いです。

しかし、M&A仲介を専門家に依頼すれば、適正価格での譲渡や売却が成立するように、交渉を進めてくれます。

なぜなら、M&A仲介のビジネスモデルは、M&Aが成立しなければ成功報酬を獲得することができないためです。

そのため、M&A仲介会社はM&Aが成立するように当事企業双方に調整を図って条件交渉し、M&Aを成立するように働きかけます。

高い手数料を支払ってでも、経験豊富なM&A仲介会社に依頼することによって、適正価格で譲渡・売却が成立しやすくなります。

3.本業に集中しながらM&Aを進められる

前章でも少し触れましたが、高い手数料を支払ってもM&A仲介会社に依頼するメリットの1つに、M&A仲介会社に任せることで本業への影響を最小限に抑えながらM&Aを進められる点があります。

M&A仲介のビジネスモデルは、売り手企業と買い手企業をマッチングさせて、M&Aを成立させることにより高い成功報酬を獲得できる仕組みです。

もしM&Aを進めている間に本業に支障がでてしまっては交渉自体にも影響を及ぼしかねません

専門家にM&A仲介を依頼することで、会社手続きや書類作成などをM&Aアドバイザーなどのサポートが受けられるので、当事企業は本業に集中しながらM&Aを進めていくことができます。

【関連】M&Aするならスペシャリストに相談すべき!特徴、強み、違いを紹介

6. M&Aにおすすめの仲介会社

M&Aをご検討中でサポート先をお探しの経営者様は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所は、主に中小・中堅規模のM&A仲介を手掛けており、さまざまな業種で支援実績を有しています。

ご相談からクロージングまで、M&Aに精通した経験豊富な専門アドバイザーが親身になってフルサポートいたします。

料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」を採用しています。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります。)

無料相談はお電話またはWebより随時お受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ

今回は、M&A仲介会社のビジネスモデルと手数料が高い理由をみてきました。M&A仲介会社に支払う手数料は決して安いものではありませんが、トラブルやリスクを最小限に抑えつつ、本業に集中しながらM&A成約を目指せるという大きなメリットがあります。

M&A仲介をどの専門家に依頼するかによっても料金が変わってくるので、まずは無料相談などを利用して確認してみるとよいでしょう。

【M&A仲介のビジネスモデルとは】

  • 仕組み:売り手と買い手をマッチングさせ、M&Aが成立したら双方から手数料を受け取る
  • 報酬体系:着手金型、完全成功報酬型
  • サポートする人材:M&Aアドバイザー、弁護士、公認会計士、税理士
  • 運営形態:アドバイザリー型、マッチング型

【M&A仲介の手数料が高い理由】
  • 人件費が高いため
  • M&Aは成約までに一定期間がかかるため

【M&A仲介のビジネスモデルのメリット】
  • M&Aの成立に不可欠な専門的なサポートを受けられる
  • M&Aの成約率が高まる
  • M&Aの成立のスピードが上がる
  • 本業を圧迫しないで済む
  • 希望していたM&Aが実現できる可能性が高くなる

【M&A仲介のビジネスモデルのデメリット】
  • M&A仲介会社に高い手数料を支払う必要がある
  • 売り手企業と買い手企業のM&Aアドバイザーが1社の場合、利益相反取引の可能性があること
  • 自社の顧問弁護士や顧問税理士とM&A仲介会社が対立する可能性がある

【手数料がかかっても専門家にM&A仲介を依頼すべき3つの理由】
  1. M&Aは専門性の高い分野
  2. 適正価格で譲渡・売却が成立しやすい
  3. 本業に集中しながらM&Aを進められる

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事