ガソリンスタンドのM&A!売却方法や譲渡価格の相場は?

Medium
M&Aシニアマネージャー
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

ガソリンスタンドのM&A事情について気になる経営者の方もいることでしょう。現在のガソリンスタンド業界の動向をおさらいしながら、ガソリンスタンドのM&Aにおける売却方法、譲渡価格の相場情報、メリット、おすすめの相談先などについてレクチャーします。

目次

  1. ガソリンスタンドのM&A
  2. ガソリンスタンド業界の動向
  3. ガソリンスタンドのM&Aにおける売却方法
  4. ガソリンスタンドをM&Aする際の譲渡価格の相場
  5. ガソリンスタンドのM&Aをするメリット
  6. ガソリンスタンドのM&Aでおすすめの相談先
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. ガソリンスタンドのM&A

ガソリンスタンドのM&A

本記事を進めるにあたり、まずは、ガソリンスタンド業界の定義と概要について確認します。

ガソリンスタンド業界とは

ガソリンスタンド業界とは、揮発油脂や軽油、灯油といった石油製品を販売する事業者で形成される業界をさし、総務省の日本標準産業部類によれば燃料小売業に該当します。

ガソリンスタンドの事業者は、供給する油を計れるようポンプに計器をつけて、自動車用のガソリン・軽油・灯油・液化石油ガスを販売するのが決まりです。

帝国データバンクが2018(平成30)年9月に公表した「ガソリンスタンド経営業者の実態調査」によれば、年商1億~10億円未満の事業者が5,657社と最も多く、全体の6割強を占めています。

ガソリンスタンドのM&Aは可能?

ガソリンスタンドのM&Aは、今後増えていくと予想されます。その理由は倒産件数の増加です。東京商工リサーチの調査によると、2008(平成20)年度から減少傾向にあった倒産件数は、2018年では35件であり前年度より8件の増加が見られます。

これは、ハイブリッド車・電気自動車の普及や、高齢化の進行、車を不要とする都心部の人口増加などにより、ガソリンスタンドの需要が減っていることが要因です。

したがって、今後は経営維持が難しくなったガソリンスタンド事業者が、倒産を避けるために他社へ譲渡するケースが増えると考えられます。

【関連】LPガス業界のM&A・買収・売却!業界動向・相場・手法を解説!【事例10選】

2. ガソリンスタンド業界の動向

ガソリンスタンド業界の動向

近年のガソリンスタンド業界の動向としては、その特徴として以下4項目が挙げられます。

  • ガソリンスタンド数は年々減少傾向にある
  • プライベートブランドが店舗数を増やす
  • 大手企業の提携が盛ん
  • 多方面のエネルギー事業への参入が伺える
1つずつ内容を確認してみましょう。

ガソリンスタンド数は年々減少傾向にある

ガソリンスタンドの数は年々減少しており、資源エネルギー庁による2018年度末の揮発油販売業者数および給油所数の調査では、給油所の数は30,070所となっています。

前年度から677所の減少であり、2014(平成26)年度末からは3,440所も減っていることから、ここ数年間はガソリンスタンドの数が減少中なのは一目瞭然です。

また、揮発油販売事業者の数は14,160社であり、こちらも前年度から452社減少しています。2014年度末と比べると2,269社も減少しており、ガソリンスタンドを運営する事業者数も減少傾向にあるのです。

プライベートブランドが店舗数を増やす

近年、ガソリンスタンド業界では、プライベートブランドによる店舗数が増加しています。ここでいうプライベートブランドとは、石油の元請け以外の事業者・組合が運営するガソリンスタンドのことです。

元請けは原油を精製して石油を販売していますが、需給のバランスによっては供給量以上の石油を精製してしまうことも少なくありません。

プライベートブランドは、その余った石油を安く買い取ることで、低価格での石油の販売を可能にしています。

大手企業の提携が盛ん

昨今、ガソリンスタンド業界では、大手同士の提携が盛んに行われています。例えば、2017(平成29)年4月には、JXホールディングスと東燃ゼネラル石油が合併し、JXTGホールディングスと商号を改めました。

さらに、2019(平成31年)年4月には、出光興産と昭和シェル石油が株式交換を行い、昭和シェル石油の子会社化によって経営統合しています。

これらの大手企業は、同業者と経営統合することにより、輸送効率を高めてシナジー効果を得ることが主とした目的です。

多方面のエネルギー事業への参入が伺える

ガソリンスタンド業界では、多方面のエネルギー事業へ参入する動きも見られます。例えば、JXTGホールディングスは、国内の石油需要が減っているため、電気・ガス・新エネルギー事業へ注力することを発表しました。

また、出光興産と昭和シェル石油は、メガソーラーによる発電事業や地熱発電などの再生エネルギーを成長産業と捉えて海外展開を図るとしています。

このように、ガソリンスタンド業以外のエネルギー事業にも力を入れていく企業は増加傾向にあるのです。

【関連】太陽光発電のM&A(買収)・売買が急増の理由は?【事例あり】

3. ガソリンスタンドのM&Aにおける売却方法

ガソリンスタンドのM&Aにおける売却方法

ガソリンスタンドをM&Aで売却する際は、どのよう方法で行うのでしょうか。この項では、ガソリンスタンドをM&Aで売却する方法として、事業譲渡と株式譲渡の2つについて解説します。

事業譲渡

事業譲渡は、ガソリンスタンド事業に関する権利義務を譲渡する方法で、譲渡する資産や負債、営業権などを選んだうえで契約します。

ただし、揮発油販売業者(ガソリンスタンド事業者)が事業の全てを買い手に譲渡しなければ、揮発油販売業者の地位は承継されないため、給油所の一部を譲り渡す場合は事業者の交代手続きが必要です。

また、地位を承継した買い手は、経済産業大臣に事業譲渡による地位承継について、変更登録をしなければなりません。

事業譲渡によるM&Aを選択する場合は、譲渡する権利義務を定めるほか、譲渡に伴う手続きについても把握しておくようにしましょう。

【関連】事業譲渡とは?会社譲渡との違いや手続きの流れを分かりやすく解説!

株式譲渡

株式譲渡は、自社の株式を第三者に売却することで会社の経営権を譲り渡すことです。会社そのものを丸ごと譲り渡すことになるため、全ての権利義務が買い手に承継されます。

株式譲渡でガソリンスタンドを譲渡すると全ての権利義務が買い手に移るため、事業譲渡と違って揮発油販売業者の地位も承継されるのです。

しかし、株式譲渡によるM&Aでは法人の代表者が変わるため、経済産業大臣に変更届を出さなければならないので、この点には注意しておきましょう。

【関連】株式譲渡とは?手続きからメリット・デメリット、税金に関して解説【成功事例あり】

4. ガソリンスタンドをM&Aする際の譲渡価格の相場

ガソリンスタンドをM&Aする際の譲渡価格の相場

ガソリンスタンドのM&Aによる売却価格の相場は、ガソリンスタンドの財務状況・店舗数・従業員数などによって異なり、百万円未満~数億円といった具合に幅広い相場となっています。

では、M&Aによるガソリンスタンドの譲渡価格は、個人でも大よその金額を算出できるのでしょうか。この項では、M&Aでの譲渡価格の算出方法や譲渡価格を決める要素について解説します。

ガソリンスタンドの譲渡価格は個人で算出できる?

ガソリンスタンドをM&Aで譲渡する際の価格は、個人でも算出することは可能です。一般的に、譲渡価格の算出は、以下のような特別な計算手法を組み合わせて金額を導き出します。

  • 時価純資産法
  • 類似業種比準法
ただし、個人で算出することも可能ではありますが、より適正な相場を把握したい場合は、M&A仲介会社などの専門家に依頼するほうがよいでしょう。

計算手法の概要について、それぞれの概要を掲示します。

時価純資産法

時価純資産法では、ガソリンスタンド会社が保有する資産・負債を時価に置き換え、資産から負債を引いた時価純資産額を用いて譲渡価格を算出します。

資産から負債を引いた値を発行済みの全株式数で割って、1株あたりの株価を求める方法であるため、ガソリンスタンド会社の事業規模が小さい場合は、時価純資産法による評価が大きなウエイトを占めるのが特徴です。

類似業種比準法

類似業種比準法では、同じガソリンスタンド業を営んでいる上場企業の株価を元に、自社の株価を算出します。

株価の算出においては1株あたりの配当金・利益・純資産の要素が用いられ、3つの要素から上場会社と比較して自社の株価を求めるのです。

株価の評価では、事業規模の大きい会社ほど類似業種比準法が大きなウエイトを占めます。そのため、該当するガソリンスタンドの事業会社がM&Aの譲渡価格を算出する際は、時価純資産法よりも類似業種比準法による評価の比重が大きくなることを押さえておきましょう。

ガソリンスタンドの譲渡価格を決める要素

ガソリンスタンドの譲渡価格を決める要素には、以下の3つがあります。

  • 立地条件
  • 利用者の数
  • スタッフの充実

立地条件

1つ目の要素は、立地条件です。承継するガソリンスタンドが幹線道路に面している、近隣に競合店がないなど、良い立地で事業を運営していれば、譲渡価格が高くなる傾向にあります。

また、車以外の移動手段がない地域にある場合もガソリンスタンドの利用が見込めるため、譲渡価格が高くなりやすいでしょう。

利用者の数

2つ目の要素は、ガソリンスタンドの利用者数です。幹線道路や中心街に店舗を構えていても、利用者数が少なければ継続した経営は難しいといわざるを得ません。

ガソリンスタンドの利用者数が多ければ安定した経営も見込めるため、M&Aの譲渡価格に反映されて高い価格で売却することも可能です。

スタッフの充実

3つ目の要素は、ガソリンスタンドで働いているスタッフが充実していることです。ガソリンスタンドの会社・事業を承継するにあたり、新たにスタッフを雇えば、採用のための費用がかかるうえ業務指導も行わなければなりません。

M&Aで売り手側の従業員を引き継ぐことが可能であれば、雇用対策費もかからずすぐに業務を任せられます。

ガソリンスタンドのM&Aでは、営業に必要なスタッフを雇用できていることも譲渡価格を決める要素の1つです。

【関連】M&Aの譲渡価格の相場はいくら?決め方を解説!

5. ガソリンスタンドのM&Aをするメリット

ガソリンスタンドのM&Aをするメリット

ここでは、ガソリンスタンドのM&Aを行うメリットについて確認しましょう。ガソリンスタンドのM&Aを行うことにより、主に以下の5つのメリットを得ることが可能です。

  • 後継者問題の解決
  • 従業員の雇用確保
  • 地域利用客の利便性の確保
  • 個人保証・担保の解消
  • 競争によるストレスからの解放

後継者問題の解決

1つ目のメリットは、後継者問題の解決です。経営者の高齢化に伴い事業承継を考えても、親族や従業員に適任者がいなかったり、後継者候補側で株式の取得費用が用意できなかったりなどの理由により、事業承継ができないケースも少なくありません。

しかし、M&Aでガソリンスタンドの会社または事業を譲渡できれば、譲渡先が経営を引き継いでくれることとなり、後継者問題を解決できるのです。

従業員の雇用確保

2つ目のメリットは、従業員の雇用を確保できることです。仮に廃業を選択すれば、従業員は解雇しなければならないため、経営者としては心苦しいことでしょう。

M&Aを活用すれば、ガソリンスタンドの譲渡先に自社従業員の雇用を継続してもらうことが可能です。事業譲渡を選択した場合でも、雇用契約を結び直すことで雇用は継続されます。

地域利用客の利便性の確保

3つ目のメリットは、地域利用客の利便性の確保です。ガソリンスタンドが少ない地域では、1つ店舗がなくなれば利用者は遠方まで給油に行かなければならないケースも考えられます。

M&Aによってガソリンスタンドの譲渡を行えば、地域利用客の利便性を確保できるのです。また、買い手企業は一定数の地域利用者を確保できるため、承継後の事業計画が立てやすくなるメリットもあります。

個人保証・担保の解消

4つ目のメリットは、経営者の個人保証・担保の解消です。事業承継で親族や従業員へガソリンスタンドの経営を承継しても、負担の大きな個人保証・担保までは引き継いでもらえないケースもあります。

M&Aによる譲渡であれば、譲渡契約に個人保証・担保の解消を条件として盛り込み、金融機関と交渉したうえで買い手に移行されれば、売り手は個人保証・担保が解消されるため、大きなメリットといえるでしょう。

競争によるストレスからの解放

5つ目のメリットは、競争によるストレスから解放されることです。近隣店舗との価格競争、セルフスタンドとの差別化、燃費の向上による利用者の減少など、ガソリンスタンドを経営するうえでは常にさまざまなストレスがつきまといます。

M&Aでガソリンスタンドを譲渡すれば、それらの競争によるストレスから解放されますから、精神的な安らぎを得るという理由でM&Aに踏み切るケースもあるのです。

【関連】M&Aのメリット・デメリットを徹底解説!【大企業/中小企業事例あり】

6. ガソリンスタンドのM&Aでおすすめの相談先

ガソリンスタンドのM&Aでおすすめの相談先

ガソリンスタンドのM&Aを検討する場合には、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は、中堅・中小企業向けの案件を取り扱うM&A仲介会社であり、全国の中小企業のM&Aに数多く携わっております。

M&A総合研究所では、案件ごとに豊富な知識と経験を持つM&Aアドバイザーが専任でつき、クロージングまでのフルサポートを行う体制です。

国内最安値水準の完全成功報酬制により、M&Aが成約に至らなければ費用は一切かかりません

また、通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、平均3ヶ月のスピード成約を実現する機動力も併せ持っており、安心でリーズナブルかつスピーディーにM&Aの実現が目指せます。

随時、無料相談を受けつけておりますので、ガソリンスタンドのM&Aを検討なさる際には、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ

まとめ

ガソリンスタンド業界は事業環境の変化により廃業・倒産が増えていますが、このような事態を避けるべく今後はM&Aによる譲渡を選ぶ事業者が増加すると考えられます。

M&Aが成功すれば多くのメリットを得ることが可能ですが、そのためにはガソリンスタンドのM&Aに精通したM&A仲介会社など専門家のサポートが不可欠といえるでしょう。

ガソリンスタンドのM&Aを行う際は、M&A仲介会社などの専門家に相談し、計画的に進めていくことが大切です。

【ガソリンスタンド業界動向】

  • ガソリンスタンド数は年々減少傾向にある
  • プライベートブランドが店舗数を増やす
  • 大手企業の提携が盛ん
  • 多方面のエネルギー事業への参入が伺える

【ガソリンスタンドのM&Aをするメリット】
  • 後継者問題の解決
  • 従業員の雇用確保
  • 地域利用客の利便性の確保
  • 個人保証・担保の解消
  • 競争によるストレスからの解放

ガソリンスタンドのM&Aを検討されている方は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所では、ガソリンスタンド業界に精通した実績豊富なM&Aアドバイザーによるフルサポートを行っており、安心・スムーズなM&Aが可能です。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事