内装・外装工事業界のM&A動向!会社売却のメリットや成功のポイント・事例14選を徹底解説【2024年最新】

執⾏役員 兼 企業情報部 本部⻑ 兼 企業情報第一本部 本部長
辻 亮人

大手M&A仲介会社にて、事業承継や戦略的な成長を目指すM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、経営者が抱える業界特有のお悩みに寄り添いながら、設備工事業や建設コンサルタント、製造業、医療法人など幅広い業種を担当。

本記事では、内装工事・外装工事業界の市場動向やM&A動向、M&Aによる買収・売却の成功ポイント、買収・売却相場などを解説します。内装工事・外装工事業界のM&Aによる買収・売却事例も掲示しますので、お役立てください。

目次

  1. 内装・外装工事業界とは
  2. 内装・外装工事業界の現状
  3. 内装・外装工事業界のM&A動向
  4. 内装・外装工事業界のM&Aメリット
  5. 内装・外装工事業界のM&Aの成功ポイント
  6. 内装・外装工事業界のM&Aを行う際の注意点
  7. 内装・外装工事業界のM&A相場
  8. 内装・外装工事関連業界のM&Aの流れ
  9. 内装・外装工事関連業界のM&Aの事例
  10. 内装・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡のメリット
  11. 内装・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡の案件例
  12. 内装・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡におすすめの仲介会社
  13. 内装・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡まとめ
  14. 内装・外装工事業界の成約事例一覧
  15. 内装・外装工事業界のM&A案件一覧
  • セミナー情報
  • セミナー情報
  • 内装・外装工事会社のM&A・事業承継

1. 内装・外装工事業界とは

内装工事・外装工事業界のM&A動向や相場を述べる前に、まずは内装工事・外装工事業界の定義や市場動向に関する情報を説明します。

内装・外装工事業界の定義

内装工事・外装工事業界とは、戸建て住宅・アパート・マンションなどの住宅施設などが新築される際、またはリフォームやリノベーションされる際などに、内装工事や外装工事を行う事業者の業界のことです。

内装工事・外装工事では、500万円以下の小規模工事の場合は許可が必要ないため、関連業界の事業者が内装工事・外装工事も行っているケースが多くあります。

内装・外装工事業界の特色

内装・外装工事は、建築工事の中でも最終工程に位置することから、建築市場の動向に大きく左右されます。具体例を挙げると、新築住宅の着工戸数が減少するにつれて、内装・外装工事業の仕事も減少します。こうした事情から、新築住宅建築に依存しないための手段として、リフォーム市場に進出している企業が増えている状況です。

リフォーム工事は、新築工事と同様に工事分野が多岐に渡っており、ここには内装・外装の改装工事も含まれています。以上のことから、内装・外装工事業者からすると、リフォーム市場は必要不可欠です。

2. 内装・外装工事業界の現状

近年の内装工事・外装工事業界では、以下のような動向が見られます。

内装・外装工事業界の市場規模

国土交通省による建設工事統計調査では2021年度の内装工事の完成工事高は 3兆8,925億円、外装工事の完成工事高は4兆5,841億円でした。

内装工事が近年大きく伸びた理由としては、新型コロナ蔓延によりリモートワークや在宅勤務が一般化され、自宅で過ごす時間が増えたことで住宅への関心が高まったことが言えます。生活スタイルが新しくなったことで、リフォームの市場が伸びています。

外装工事も2019年以前と比べると大きく伸びています。外装工事市場もリフォームの需要が増えており、特にマンションの大規模な改修工事が行われています。これはマンション管理適正法が2020年6月に成立し、マンション管理適正評価制度という修繕積立費用や管理組合活動を適切に行う制度が2022年4月から始まったからである。

今後も、空き家問題や老朽化対策として内装・外装工事業界は市場を拡大していくとされています。

業界全体で売上が徐々に減少している

新築住宅の着工数の減少に伴い、近年の内装工事・外装工事業界における売上が減少しています。内装工事・外装工事専業の会社は少なくなり、関連事業や他業界の事業を兼業している業者が増えている状況です。

今後リフォーム市場の活性化に期待

国土交通省「 建築物リフォーム・リニューアル調査報告(概要)」

出典:https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001614296.pdf

近年は新築住宅の内装工事・外装工事が減っていることから、業界全体でリフォーム市場での内装工事・外装工事に注力する傾向が見られます。リフォーム市場は今後も成長が見込めることから、内装工事・外装工事の事業者は、リフォーム事業者との協業や取引が盛んです。

経営者の高齢化が進む

内装工事・外装工事業界では、経営者の高齢化が著しく進んでいます。特に業界の小規模事業者は、経営者の高齢化と後継者不在によって事業承継を行えず、廃業を余儀なくされる事業者が多いのが現実です。

業者数はこの20年間の間で徐々に増えてきた

内装工事・外装工事業界は市場規模が縮小し続けていますが、昨今の20年間あまりは事業者数が増加し続けてきました。その理由としては、内装工事・外装工事は少人数かつ少ない設備で始められることや、小規模の工事であれば許認可が必要ないことなど、参入障壁の低さが挙げられます。

【関連】【2020年最新】住宅建設業界のM&A動向〜M&A事例20選【ハウスメーカー/ビルダー/工務店】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

3. 内装・外装工事業界のM&A動向

近年、内装・外装工事業界のM&A動向には、以下のような特徴が見られます。

後継者問題を解決するM&Aが増加

以前までの内装工事・外装工事業界では、経営者が高齢になって後継者がいなければ廃業を選択するケースが大半でした。しかし、近年ではM&Aによる第三者への事業承継が徐々に認知され、M&Aによって後継者問題を解決するケースが増えています。

元請け・下請けの業務を一貫するM&A

近年では、大手の元請け会社が、下請け会社をM&Aによって買収するケースも見られます。これは、下請け会社に発注していた業務を自社で一貫して取り扱えるようにすると、利益率の向上や業務の質を高められるためです。

大手グループによるM&A

大手建築会社・グループが、M&Aにより内装工事・外装工事会社を買収するケースも見られます。総合新築事業やトータルリフォーム事業を行っている大手グループ会社は、M&Aによって技術や人材の確保を行っているのです。

他業界の大手企業が、自社で展開している店舗などの維持・管理を全て任せるために子会社化するケースもあります。

【関連】建設業のM&A動向!売却事例30選【2022年最新版】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所
  • 内装・外装工事会社のM&A・事業承継

4. 内装・外装工事業界のM&Aメリット


ここでは、内装工事・外装工事業界のM&Aで得られるメリットを、売却側・買収側に分けて解説します。

売却側のメリット

内装工事・外装工事業界のM&Aで、売却・譲渡側は主に以下のメリットが得られます。

従業員の雇用確保

仮に内装工事・外装工事会社を廃業や解散する場合、年齢の高い職人が多い業界であるため、従業員が再雇用先を探すのは簡単ではありません。しかし、M&Aによる売却・譲渡で会社が存続すれば、従業員の雇用を継続できます。

後継者問題の解決

内装工事・外装工事でもM&Aによる第三者への承継が増えてきたとはいえ、依然として後継者不在による廃業が多くを占めている状況です。M&Aによる売却・譲渡が実現すれば、経営者の高齢化などによる廃業を回避できます。

売却・譲渡益の獲得

内装工事・外装工事会社の経営者は、廃業すると収入はなくなる一方で、M&Aによって売却・譲渡益を確保できれば、リタイア資金や他事業の資金などに充てられます。

大手グループ入りで安定した経営

内装工事・外装工事だけで事業を安定させることは、簡単ではありません。しかし、関連事業を行う大手企業にグループ入りするなどして事業を行えるようになれば、安定した経営も可能です。

債務・個人保証・担保などの解消

内装工事・外装工事の経営者は、会社が融資を受けるために個人保証や担保差し入れを行っているケースが多く見られます。M&Aで会社を売却(株式譲渡)すれば、基本的に債務は買い手に引き継がれるため、個人保証や差し入れた担保の解消が期待できます。

買収側のメリット

内装工事・外装工事業界のM&Aで、買収側は主に以下のメリットが得られます。

従業員の確保

内装工事・外装工事業界では、経験のある優秀な職人の確保が難しいです。M&Aによる買収で職人を確保できれば、他社との差別化につながります。

必要な事業を低コストで獲得

現代は、内装工事・外装工事事業だけで経営を続けていくことが難しい時代です。M&Aによる買収を実施すれば、関連事業を低コストで獲得することも可能です。

受注から施工までグループ内で請負

大手建設会社などは、受注から施工までを全てグループ内で行うことで、事業の効率化を図っています。M&Aによる買収を行えば、グループ体制の強化も可能です。

顧客・取引先・ノウハウなどの獲得

M&Aによって買収先の顧客・取引先・ノウハウなどを獲得できます。M&A仲介会社などの専門家によるサポートがあれば、スムーズな統合も可能です。

事業規模・エリアの拡大

内装工事・外装工事業界では、長年にわたり地域密着型で経営している企業に強みがあります。M&Aによる買収であれば、事業エリアの拡大とともに地域の信頼性も獲得できるのです。

【関連】M&Aの売り手側のメリット・デメリット!目的、被買収企業側のリスクや流れも解説
【関連】M&Aの買い手側のメリット・デメリット!買収元企業側の目的を解説

5. 内装・外装工事業界のM&Aの成功ポイント

内装工事・外装工事業界のM&Aを成功させるには、いくつかのポイントを押さえることが必要です。この章では、売却側と買収側、それぞれの成功ポイントを紹介します。

売却側

売却側の成功ポイントとしては、以下の5つが挙げられます。

アピールポイントを持つこと

近年は内装工事・外装工事業界でも、独自の技術やサービスが求められるようになっています。他社とは違うアピールポイントを持つことで、よい買い手が見つかりやすくなります。

売却のタイミングを見失わないこと

M&Aではタイミングも成否を分ける要素の1つとされており、自社や市場の状況などのタイミングを見極めることが重要です。タイミングの見極めが不安な場合は、M&A仲介会社などの専門家に相談すれば、売却戦略を練ってもらえます。

職人・従業員が現役年齢であること

内装工事・外装工事事業を買収する側は、中長期的な視点から検討します。「職人や従業員が、将来的にどれほどの年数働けるのか」は重要なポイントです。

健全な運営が行われていること

経営状態が健全であるほど、買い手もつきやすくなります。ただし、経営課題が明確である場合や将来性がある場合は、現時点で赤字だとしても買い手がつくケースも多くあるため、一概に断定できません。

M&Aの専門家に相談すること

M&Aでは、売却のタイミングや事前の売却戦略が重要です。M&Aの専門家に相談すると、不安や課題を解決でき、M&Aが成功する可能性が高まります。

買収側

買収側の成功ポイントは、主に以下の3つが挙げられます。

デューデリジェンスの徹底

内装工事・外装工事業界では小規模の事業者も多く、調査を省略しがちですが、買収後に思わぬリスクが発覚するケースもあります。成約前にM&Aの専門家にデューデリジェンス(売却側企業への精密調査)を徹底的に行わせることで、買収リスクを減らすことが可能です。

統合プロセスの実施

M&Aによる買収の成否を大きく分けるポイントが、デューデリジェンスと、M&A後の綿密な経営統合プロセス(PMI=Post Merger Integration)の実施です。

統合プロセスは綿密な計画と繊細な進行が必要であるため、M&A仲介会社などの専門家のサポートを受けるのも有効な手段の1つだといえます。

M&Aの専門家に相談すること

M&Aの専門家は、M&Aの手続きだけでなく、デューデリジェンス・経営統合プロセス・事前のM&A戦略もサポートできます。M&Aの専門家に相談すると、M&Aの成功率を上げることが可能です。

6. 内装・外装工事業界のM&Aを行う際の注意点

内装・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡を行う際は、注意しておきたいことが2点存在します。以下の説明をご覧ください。

目的の明確化

まずは「何のためにM&Aで買収・売却・譲渡するのか」を明確化しておきましょう。曖昧な理由や目的のままM&Aを進めようとすると、M&Aの実施自体が目的化してしまいかねません。

そのような状況に陥ると、交渉相手を妥協して選んだり、交渉条件を意味なく妥協してしまったりして、結果的にM&Aに後悔・失敗する可能性が高まってしまうのです。M&Aの検討初期段階に十分な検討を行い、明確な目的を定めておきましょう。

M&A対象の選定

M&Aの成約には、ある程度の妥協が必要な場合もあります。しかし、わずかでも不安や抵抗感を持ってしまうような交渉相手の場合は、条件面だけに注目せず「本当にこの交渉相手が自社のM&Aにふさわしいか」を十分に検討しましょう。

M&A仲介会社などの専門家であれば経験も豊富であり、良き相談相手です。M&Aの相手選びは慎重に行いましょう。

【関連】M&A戦略とは?策定の方法と手順、目的、注意点、成功のポイントも解説【事例あり】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

7. 内装・外装工事業界のM&A相場

内装工事・外装工事業界では、小人数かつ少ない設備で行っている企業が多いため、M&A相場は安価な傾向があります。しかし、地元密着の内装工事・外装工事会社は買い手からの需要が高く、短期間で買い手が見つかっているケースも多く見られます。

内装工事・外装工事会社は、職人の長年の経験による技術や地元顧客からの信頼性など、価値評価の難しい無形資産が多いことから、相場は当事者間の交渉次第で大きく変わることも多いです。

大まかな相場の計算方法

M&Aを進めていく際、あらかじめ売却相場を知っておくことが重要です。理由としては、安く買い叩かれたり、高値での打診によりM&Aの成約チャンスを逃す可能性があるためです。

大まかな内装・外装工事業界のM&A相場は
内装・外装工事業界の売却相場 = 時価純資産 + 営業利益 × 2~5年

で求めることができます。

【関連】会社売却、M&Aの相場を解説!企業評価とは?| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

8. 内装・外装工事関連業界のM&Aの流れ

M&Aの目的の明確化

有利にM&Aを進めるために、M&Aの目的や方向性を決めることは重要です。M&Aの目的や方向性が決まっていないと、重要な判断ができず条件の譲歩ができない状況になることも少なくありません。

M&Aの戦略としてM&Aの目的や方向性を決める際は、専門的な知識が必要になってきます。そのため、M&Aの専門家と現実的な戦略を策定するのがおすすめです。

M&Aの専門家に相談

M&Aでは専門的な知識が必要な場面も多くあります。また、準備や複雑な手続きも必要となります。通常業務に支障が出ないようにM&Aを進めていくには、M&A仲介会社など専門家にサポートを依頼するのがおすすめです。

会社あるいは事業の売却・買収などM&Aを検討し始めたらまず1度、専門家に相談して進めていくとよいでしょう。

M&A相手先の検討

次の段階ではM&A相手先の選定と打診を行います。M&Aの仲介会社に依頼する場合は自社の条件や希望をM&Aアドバイザーへ伝えることで、候補をピックアップしてくれます。そのピックアップされた中から交渉したい企業を絞り込みます。

詳細としては、ロングリストという数十社の候補企業の中からショートリストという数社までに絞ったリストを作成します。さらにショートリストから相手を選定し、匿名で事業内容などが書かれたノンネームシートという資料を提出します。その後、ノンネームシートを開示し、秘密保持契約を結んだ後に、企業概要書を開示します。

トップ面談

交渉相手先が決まったら、売却側・買収側双方のトップが直接顔を合わせる場が設けられます。

M&Aではこれまで面識がなかった企業同士が行うケースが多いので、経営理念など事前資料ではわからない部分を確認することが主な目的です。

トップ面談の目的は将来のビジョンや相性などを確認し、自社を任せられる相手先なのかを判断することであるため面談の場では金額や条件といった具体的な交渉をすることはほとんどありません。

互いがM&Aに前向きであれば細かな条件交渉を進めていき、次の基本合意締結へ移ります。

基本合意書の締結

基本合意書では、これまで交渉で決めた内容を記載します。しかし、それ自体には法的拘束力はありません。そのため、デューデリジェンスの内容によって条件が変更される可能性があります。


ただし、独占交渉権を付与する場合などはその部分に法的拘束力をつける場合が多いです。

デューデリジェンスの実施

基本合意書の締結後、買収側によって売却企業に対するデューデリジェンスが実施されます。デューデリジェンスとは財務・人事・法務・ITなどさまざまな面から買収リスクを洗い出す調査です。

買収側が主体となるため売却側がすべきことは特にありませんが、資料の提出など協力を求められた際は真摯に対応することが大切です。

また、デューデリジェンスの結果によっては条件や価格が変更される可能性があります。重大なリスクが見つかった場合はM&Aそのものが白紙になることもあります。

最終契約の締結

デューデリジェンスの結果、問題がない場合は最終交渉へ進みます。デューデリジェンスで発見されたリスクや問題の重要性によっては価格の引き下げや、最悪の場合交渉の決裂もあります。

M&Aの内容に対して、売却側・買収側双方が合意した後に最終契約の締結を行います。最終契約の締結内容には全て法的拘束力がありますので、しっかり確認することが重要です。

クロージング

クロージングでは株式(経営権)の引き渡し、対価の受け取りが行われます。クロージングには前提条件を満たす必要があるため、一般的に最終契約の締結から一定期間空けます。

クロージングを行いM&Aは完了となります。

9. 内装・外装工事関連業界のM&Aの事例

ここでは、内装工事・外装工事関連業界のM&A事例を11件掲示します。

アンビションDXホールディングスによるフレンドワークスのM&A

2024年2月、アンビションDXホールディングスはフレンドワークスの全株式を取得することを発表しました。

アンビションDXホールディングスは賃貸DXプロパティマネジメント事業を中心に、賃貸DX仲介、売買DXインベスト、インキュベーションなどの事業を展開しています。デジタルトランスフォーメーションにより自社と不動産業界全体の変革を目指しております。

フレンドワークス社は、内装・原状回復工事の専門家として、高品質なサービスを提供しています。豊富な経験と技術力を活かし、物件の価値を最大限に引き出し、内装工事から原状回復まで一貫してご提供しております。

アンビションDXホールディングスは今回のM&Aにより、フレンドワークスの技術力と当社のデジタル力を組み合わせ、不動産の管理・運用をより効率的かつ効果的に行う新たなサービスを開発します。また、当社のDXプロダクト「AMBITION Cloud」を活用して、内装・原状回復工事の進行状況や品質管理をリアルタイムで把握し、お客様に対する透明性と信頼性を高めていくとしています。

参考:フレンドワークスの全株式取得に関するお知らせ

ニッソウによるささきのM&A

2023年12月、ニッソウはきさきの全株式を取得し、子会社化することを発表しました。

ニッソウは日本で希少な賃貸不動産業界のリフォーム専門企業で、30年以上の歴史があります。主な事業は「原状回復工事」「空室対策リノベーション」「ハウスクリーニング」で、少数精鋭の部隊がニッチな市場を支えています。

ささきは、外装塗装工事を起源とし、その後総合リフォーム事業へと業容を拡大してまいりました。「安心の暮らしを、いつまでも」をモットーに、地元で確かな地位を築くために、長年にわたり培ってきた技術力を活かしています。

ニッソウは今回のM&Aで、首都圏でのリフォーム事業を拡大し、グループシナジーを追求して、持続的成長を目指すとしています。

参考:ささきの株式の取得(子会社化)

アール・エス・シーによる友和商工のM&A

2023年1月、アール・エス・シーは友和商工を子会社化することを発表しました。

アール・エス・シーは総合警備保障や人材サービスなど幅広く事業を展開しています。特にビルメンテナンス事業では、建物の維持管理に取り組み、お客さまのあらゆるニーズにお応えしています。

友和商工は内装仕上工事業として、オフィス内のレイアウト変更から大規模ビルのフロア工事を請負い、長年にわたり高品質なサービスでお客さまの信頼を築いてきました。

今回のM&Aにより、建物の維持管理における工事部門での協力により、事業領域の拡大が可能となります。また、技術者を中心とした人事交流により、技術力と品質の向上を図り、当社グループの競争力と企業価値の向上を目指すとしています。

参考:友和商工の株式の取得(子会社化)

OCHIホールディングスによるアイエムテックの買収

2020(令和2)年7月1日、福岡県のOCHIホールディングスは、広島県の内装工事会社であるアイエムテックの自己株式を除く発行済み全株式を取得し、連結子会社化すると発表しました。取得する株式比率は60%ですが、議決権比率は100%となります。

株式譲渡実行予定日は2020年7月9日、取得価額は12~13億円程度の予定です。OCHIホールディングスは、建材・住宅設備機器卸売が主事業で、それ以外に建材事業・加工事業・環境アメニティ事業などを行っています。

アイエムテックの子会社化により、中国地区での事業拡大と、既存事業とのシナジー効果を得るのが目的です。

参考:アイエムテックの株式取得(子会社化)に関するお知らせ

安江工務店によるトーヤハウスのM&A

2018(平成30)年5月、安江工務店は、熊本県を中心に建築・リフォーム・不動産業を行うトーヤハウスを、約2億5,000万円の株式譲渡により子会社化しました。このM&Aにより、安江工務店は熊本県へ事業エリアを拡大し、熊本地震による復興需要にも対応しています。

ヒノキヤグループによるハウジーホームズのM&A

2018年4月、注文住宅関連事業を営むヒノキヤグループ(当時は桧家ホールディングス)は、注文住宅請負事業などを行うハウジーホームズを、株式譲渡により子会社化しました。なお、譲渡価額は公開していません。

ヒノキヤグループは、ハウジーホームズの子会社化により、静岡県へ事業エリアを拡大しています。ハウジーホームズはヒノキヤグループの経営理念に共感したことから、グループ入りを決めていますが、同年6月に社名を桧家住宅東海に変えました。

ヤマダ電機によるナカヤマのM&A

2017(平成29)年11月、ヤマダ電機は、内装工事・外装工事を含むトータルリフォームを行うナカヤマを、株式譲渡により完全子会社化しました。譲渡価額は公開していません。

2018年4月、ヤマダ電機はナカヤマを吸収合併して一事業部門とし、注力しているスマートハウス・リフォーム事業への取り組みを強化しています。

参考:ナカヤマの株式取得(子会社化)に関するお知らせ

安江工務店によるN-BasicのM&A

2017年9月、愛知県でリフォーム事業などを行う安江工務店は、内装工事・外装工事を含むリフォーム・リノベーション事業を営むN-Basicを、株式譲渡により子会社化しました。

これにより安江工務店は、両社独自の強みを合わせることで事業の成長が見込めるとしています。なお、譲渡価額は、公開されていません。

ニトリホールディングスによるカチタスのM&A

2017年4月、家具・インテリアの製造・販売を行うニトリホールディングスは、リノベーション住宅事業などを行うカチタスの株式34%をファンドから取得し、持分法適用会社化しました。株式譲渡費用は約233億円との発表です。

このM&Aにより、ニトリホールディングスはカチタスの工務店ネットワークなどを活用し、内装工事・外装工事などのリフォーム事業を強化しています。

参考:カチタスの株式の取得及び業務提携契約締結に関するお知らせ

細田工務店と伯東の資本業務提携

2016(平成28)年7月、分譲住宅やリフォーム事業などを手掛ける細田工務店は、電子部品などの輸出入・卸を行う伯東に約3億6,000万円分の第三者割当増資を引き受けてもらう形で、資本業務提携を結びました。

このM&Aにより、両社はIT技術を生かしたリフォーム事業や、スマートハウス事業に取り組んでいます。

ヒノキヤグループによるレスコハウスのM&A

2016年3月、ヒノキヤグループ(当時は桧家ホールディングス)は、鉄筋コンクリート住宅の施工などを行うレスコハウスを、譲渡価額約7億円の株式譲渡により子会社化しました。このM&Aによりヒノキヤグループは、首都圏での注文住宅事業を強化しています。

ヒノキヤグループによるライフサポートのM&A

2014(平成26)年1月、ヒノキヤグループ(当時は桧家ホールディングス)は、介護事業や保育事業を運営するライフサポートを、譲渡価額約2億6,000万円の株式譲渡により子会社化しました。

ヒノキヤグループは、同業他社を子会社化するとともに他業種の事業買収を行い、グループの多角化を進めています。

エディオンとLIXILグループの資本業務提携

2013(平成25)年8月、エディオンは、LIXILグループに約50億円分の第三者割当増資を引き受けてもらい、資本業務提携を結びました。これにより、エディオンとLIXILグループは、内装工事・外装工事を含むリフォームの取扱商品拡大や、全国での工事体制網の確立を果たしています。

参考;LIXILグループとの資本業務提携ならびに第三者割当による新株式発行及び自己株式の処分に関するお知らせ

エスクリによる渋谷のM&A

2013年5月、ブライダル事業を営むエスクリは、内装業などを行う渋谷を、約8億円の株式譲渡により子会社化しました。

もともとは、エスクリが渋谷に内装工事を依頼したことから関係が始まりましたが、このM&Aで渋谷を子会社化することで、エスクリの店舗修繕・維持管理を効率的に行えるようになっています。

参考;渋谷の株式の取得(子会社化)による新たな事業の開始に関するお知らせ

【関連】建材・住宅設備機器の卸・問屋のM&A・売却・買収!業界動向・相場・手法を解説!【成功事例あり】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

10. 内装・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡のメリット

ここでは、内装工事・外装工事業界のM&Aで得られるメリットを、売却側・買収側に分けて解説します。

売却側

内装工事・外装工事業界のM&Aで、売却・譲渡側は主に以下のメリットが得られます。

  • 従業員の雇用確保
  • 後継者問題の解決
  • 売却・譲渡益の獲得
  • 大手グループ入りで安定した経営
  • 債務・個人保証・担保などの解消

従業員の雇用確保

仮に内装工事・外装工事会社を廃業や解散する場合、年齢の高い職人が多い業界であるため、従業員が再雇用先を探すのは簡単ではありません。しかし、M&Aによる売却・譲渡で会社が存続すれば、従業員の雇用を継続できます。

後継者問題の解決

内装工事・外装工事でもM&Aによる第三者への承継が増えてきたとはいえ、依然として後継者不在による廃業が多くを占めている状況です。M&Aによる売却・譲渡が実現すれば、経営者の高齢化などによる廃業を回避できます。

売却・譲渡益の獲得

内装工事・外装工事会社の経営者は、廃業すると収入はなくなる一方で、M&Aによって売却・譲渡益を確保できれば、リタイア資金や他事業の資金などに充てられます。

大手グループ入りで安定した経営

内装工事・外装工事だけで事業を安定させることは、簡単ではありません。しかし、関連事業を行う大手企業にグループ入りするなどして事業を行えるようになれば、安定した経営も可能です。

債務・個人保証・担保などの解消

内装工事・外装工事の経営者は、会社が融資を受けるために個人保証や担保差し入れを行っているケースが多く見られます。M&Aで会社を売却(株式譲渡)すれば、基本的に債務は買い手に引き継がれるため、個人保証や差し入れた担保の解消が期待できます。

買収側

内装工事・外装工事業界のM&Aで、買収側は主に以下のメリットが得られます。

  • 従業員の確保
  • 必要な事業を低コストで獲得
  • 受注から施工までグループ内で請負
  • 顧客・取引先・ノウハウなどの獲得
  • 事業規模・エリアの拡大

従業員の確保

内装工事・外装工事業界では、経験のある優秀な職人の確保が難しいです。M&Aによる買収で職人を確保できれば、他社との差別化につながります。

必要な事業を低コストで獲得

現代は、内装工事・外装工事事業だけで経営を続けていくことが難しい時代です。M&Aによる買収を実施すれば、関連事業を低コストで獲得することも可能です。

受注から施工までグループ内で請負

大手建設会社などは、受注から施工までを全てグループ内で行うことで、事業の効率化を図っています。M&Aによる買収を行えば、グループ体制の強化も可能です。

顧客・取引先・ノウハウなどの獲得

M&Aによって買収先の顧客・取引先・ノウハウなどを獲得できます。M&A仲介会社などの専門家によるサポートがあれば、スムーズな統合も可能です。

事業規模・エリアの拡大

内装工事・外装工事業界では、長年にわたり地域密着型で経営している企業に強みがあります。M&Aによる買収であれば、事業エリアの拡大とともに地域の信頼性も獲得できるのです。

【関連】M&Aの売り手側のメリット・デメリット!被買収企業側のリスクや流れを解説!| M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&Aの買い手側のメリット・デメリット!買収元企業側の目的とは?| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

11. 内装・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡の案件例

ここでは、M&A総合研所が取り扱っている内装・外装工事業界の売却・譲渡案件のうち、公開可能な2件を紹介します。

業歴30年超の注文住宅・リフォーム業

エリア 四国
従業員数 20人以下
売上高 2億5,000万円〜5億円
営業利益 1,000万円〜5,000万円
譲渡希望額 5,000万円〜1億円
譲渡方法 株式譲渡
譲渡理由 後継者不足
詳細内容 https://masouken.com/list/224

業績30年以上のリフォーム業

エリア 中国・四国
従業員数 50人以下
売上高 5億円〜10億円
営業利益 1,000万円〜5,000万円
譲渡希望額 1億円~2億5,000万円
譲渡方法 株式譲渡
譲渡理由 後継者不足
詳細内容 https://masouken.com/list/184

【関連】塗装工事会社のM&A・買収・売却!動向・手法・ポイントを解説【事例あり】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

12. 内装・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡におすすめの仲介会社

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A仲介会社を選ぶ際は、M&Aの手続きの代行業務だけでなく、M&Aの相手探し・事前戦略策定・デューデリジェンス・企業価値評価・統合プロセス策定などを、的確に行えるか確認することが大切です。

M&A総合研究所中小企業のM&Aを主に手掛けており、これまでの実績を活用して最適な相手先をお探しします。豊富な知識と経験を持つM&Aアドバイザーが専任でフルサポートいたしますので、スムーズなM&A進行が可能です。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談はお電話・Webより随時、お受けしておりますので、内装・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡をご検討の方は、お気軽にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

13. 内装・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡まとめ

内装工事・外装工事業界のM&A・買収・売却・譲渡を実施するには、その特徴を知っておくことが肝要です。ただし、M&Aには専門的な知識や経験を要するプロセス・手続きも多いため、スムーズにM&Aを行うには専門家のサポートを受けることをおすすめします。

14. 内装・外装工事業界の成約事例一覧

15. 内装・外装工事業界のM&A案件一覧

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 最短49日、平均6.6ヶ月のスピード成約(2022年9月期実績)
  3. 上場の信頼感と豊富な実績
  4. 譲受企業専門部署による強いマッチング力
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

関連する記事

新着一覧

最近公開された記事
内装・外装工事会社のM&A・事業承継