50代・40代・30代でセミリタイア!必要な資金・貯金額や方法・メリットを解説!

Medium
M&Aシニアアドバイザー
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

50代・40代・30代でセミリタイア(アーリーリタイア・早期リタイタ)する場合、気になるのは貯金(資産)などの生活資金でしょう。50代・40代・30代の年代別にセミリタイア後の生活に必要となる貯金・資金の内容を明らかにします。

目次

  1. 定年前にセミリタイアすることのメリット
  2. セミリタイアする方法
  3. 30代でセミリタイアするには
  4. 40代でセミリタイアするには
  5. 50代でセミリタイアするには
  6. セミリタイアのために事業を売買したい方へ
  7. セミリタイアするまでの準備
  8. セミリタイア後に必要な支払い
  9. セミリタイア後の計画
  10. 再就職することになった場合
  11. 年代別セミリタイアのまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 定年前にセミリタイアすることのメリット

定年前にセミリタイアすることのメリット

セミリタイア(アーリーリタイア・早期リタイア)に憧れがある人は多く、簡単なイメージでどのようなものなのか検討はつくでしょうが、ここではセミリタイアをしたときに得られるメリットを解説します。

まず、セミリタイアしたとき得られるメリットで一番大きいのは、「自由な時間」です。

セミリタイアは、30代、40代、50代など様々な世代において望まれていることだと思いますが、毎日仕事に通わなくてもよくなるのは、早期リタイアやアーリーリタイアをしようと考えている、誰しもが得たいメリットでしょう。

次のセミリタイアでのメリットは、「人間関係の向上」です。

30代、40代、50代などで会社勤め、つまり企業で働いている場合、ほとんどの人が社内での人間関係について不満やストレスを多く抱えています。

セミリタイアをすれば、そのような悪い要素を生活から取り除くことが可能です。親しい人たちと過ごす時間や自分1人の時間を多く持つことで、大切な人たちとの関係性が向上するでしょう。

【関連】サラリーマンがセミリタイアする方法!実例から5パターンを解説!

2. セミリタイアする方法

セミリタイアする方法

次項から、実際にセミリタイアをする方法を解説していきますが、30代、40代、50代とそれぞれ年代別に分け掲示します。

セミリタイアには、どのくらいの資金や貯金が必要なのか、資産はどのくらいあったほうがよいのかなどに着目してみましょう。

【関連】セミリタイアとは?アーリーリタイアとの意味の違いや条件を解説!

3. 30代でセミリタイアするには

30代でセミリタイアするには

まずは、30代でのセミリタイアの方法を解説します。

30代でセミリタイアするには、貯金や資金調達をかなり早い段階から準備しておかなければならないイメージがあるかもしれません。実際に30代でセミリタイアしている人たちは、どのくらいの貯金を用意し、どのようにして資金を回しているのか見ていきましょう。

資金・貯金はいくら必要?

誰もが気になるのが、貯金や資金がいくら必要なのかという点でしょう。

これはその人の生活や資金繰りによるので一概に断言できませんが、1,500万〜3,000万円の貯金があれば、それを資金としてセミリタイアは可能といわれています。

また、資金の額だけではなく、自身の生活費をしっかりと見直すことがセミリタイアには大切です。自分が毎月いくらあれば生活を送れるのか、しっかり把握しておかなければなりません。

資産形成方法

30代の平均年収は450万〜500万円ほどとされていますので、その場合、手取りでは340万円〜380万円程度になります。

この金額であるならば、年間の生活費を100万円に抑え、毎年240万〜280万円を貯金すれば6〜8年間で1,500万〜2,000万を貯めることが可能です。これを資金としてのセミリタイアであれば、現実的に不可能ではない方法でしょう。

また、30代でセミリタイアするうえで、不労所得は必須です。

株や不動産投資などでの不労所得で資金繰りをするなど、貯金では足りない部分を補って行くことが30代セミリタイアには大切になってきます。

【関連】20代でセミリタイアする方法・メリットを解説!500万円の資金でリタイアできる?

4. 40代でセミリタイアするには

40代でセミリタイアするには

次に、40代でセミリタイアをする方法を解説します。

40代となると、30代よりも体力的にも仕事がきつくなってくる人も多いでしょう。そこで、どうにかセミリタイアできる方法はないかと考えている方は少なくありません。

30代でセミリタイアする方法と同様に、40代でセミリタイアするための資金繰りや貯金がいくら必要なのか見ていきましょう。

資金・貯金はいくら必要?

40代でセミリタイアする場合も、30代でセミリタイアする場合と同様に、資金繰りのシミュレーションをすることは大切です。

特に、40代の方は家庭を持っていたり、支払うものが多くなっていたりするので、資金は多く必要なのではないかと予想されます。

40代でセミリタイアを志す場合も、30代の人同様に、生活費がどの程度かかるのかを想定して貯金や資金を貯めなければなりません。

40代でも、切り詰めた質素な生活にして12万円で1ヶ月を過ごせると仮定します。この場合、1年で144万円、年金などを含めると約180万円の出費予想です。

したがって、セミリタイア後のために3,000万〜5,000万は必要な計算となります。この3,000万〜5,000万は資産運用に使うための資金も含まれていますから、実際にかかる生活費に当てるお金をこの3,000万円でカバーしていくことになります。

資産形成方法

40代でセミリタイアをするための資金として3,000万〜5,000万円が必要だとすると、仮に5,000万円を実際に貯金する場合、30歳から貯め始めて毎年250万円で20年間かかります。

これは極めて現実的ではない方法と考えられるので、妥当な線として3,000万円を目標とし、資金運用などで資産を形成していきながら、40代でのセミリタイアを達成させるのが現実的だといえるでしょう。

3,000万円を目標に貯金しながら、隙間時間で資産運用の勉強をして、ある程度貯金が貯まったら実際に資産運用を行い、なおかつ生活費を12万円まで切り詰めていくのが理想です。もうそれで足りない場合には、アルバイトなどで副収入を得ることができれば、40代でのセミリタイアは3,000万円でも実現できます。

【関連】セミリタイア生活に密着!失敗・成功の事例5選!

5. 50代でセミリタイアするには

50代でセミリタイアするには

50代になると、サラリーマンであれば会社には若手も増えてきて、仮に役職などから外れた場合、仕事へのモチベーションも下がっている状態かもしれません。

特に、これまで仕事人間として生きてきた人ほど重要な仕事がなくなると、一気にやる気が失せてしまうことがあります。

そのようなケースや、体力的に余暇などを楽しめる最後の年代として、仕事だけではなく自由な時間を有意義に過ごしたいと考える人が少なくないのが現実です。

30代、40代と比べ、より現実的な50代でのセミリタイアでは、どのくらいの資金や貯金が必要なのか細かく確認していきましょう。

資金・貯金はいくら必要?

50代でセミリタイアするための資金や貯金を考える際の参考数値として、これまでの日本においては、60歳での定年後に必要な貯金として、3,000万円だといわれてきました。

しかし、これも30代、40代でセミリタイアする場合と同様で、それぞれ生活水準などが全く違うので全てにおいて当てはまるものではありません。

そこで、50代でセミリタイアする時の必要な貯金を式に表してみます。

  • 「1ヶ月の生活費×(70-セミリタイアの年齢)+1000万円」
上記の中の1,000万円は、もし老後に病気などにかかったときに必要な資金です。

生活費は、独身で贅沢をしないなら10万円程度で収まると考えられます。しかし、家庭がある場合は20万〜30万円くらいはかかってしまうのではないでしょうか。

それぞれの状況における生活費を算出後、この計算式に当てはめて、自身が50代でセミリタイアする際に必要な資金や貯金の金額を把握しましょう。

資産形成方法

50代のセミリタイアで、先ほどの計算式よりも貯金額が上回っていても安心はできません。

それは、50代のセミリタイアも30代・40代と同じで、貯金を切り崩していく生活だと、減っていく貯金との戦いになり、全くセミリタイアの自由な気持ちを味わえない可能性があるからです。

したがって、貯金を切り崩し、目減りしていく貯金に悩まされないように、50代でのセミリタイアでも投資などの知識は蓄えておくに越したことはありません。

50代である程度の資金を持っている場合、不動産投資でも、NISAなど簡単に始められる株の資産運用などでもいいでしょう。

そのような方法を使えば、50代でセミリタイアし、定年退職より少し早く自由を得られるようになり早期リタイアを可能にします。

【関連】【55歳・56歳・57歳】早期退職(リタイア)に必要な資金・貯蓄は?【実例まとめ】

6. セミリタイアのために事業を売買したい方へ

セミリタイアのために事業を売買したい方へ

資産に余裕がある場合は、セミリタイア後に会社のオーナーとなって不労所得を得ることも、セミリタイアの方法として有効です。

また、現在、個人事業を行なっているようなケースでは、その事業を売却し、それを資金としてセミリタイア生活に入るという方法もあります。

個人事業の売却もM&Aの一環ですから、その場合にはM&A仲介会社を起用しましょう。おすすめは、全国の中小企業のM&Aに携わっているM&A総合研究所です。M&A総合研究所では、実績、経験とも豊富なM&Aアドバイザーが担当となって、事業売却を徹底サポートします。

国内最安値水準の完全成功報酬制ですから成約するまで費用発生はなく、安心してリーズナブルな事業売却が実現できるシステムです。随時無料相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

7. セミリタイアするまでの準備

セミリタイアするまでの準備

セミリタイアは、30代・40代・50代など年代関係なく、準備が必要です。

この準備とは、貯金や資金などの資産だけではなく、会社関係のつき合いなどを綺麗に終わらせるようにする準備を指します。

特に、30代のアーリーリタイアなどの場合は、会社に上役も多いので、しっかりと関係を壊さぬように対処しておくことは貯金・資金の次に大事なことです。

また、早期リタイアによって得られる膨大な自由時間をどう使うかも考えておきましょう。

田舎に住むなら畑など農作業に徹するのもいいですし、趣味に没頭する時間にしてもいいかもしれません。時間が自由に使える生活を想像し、前もっていろいろと構想しておくのはとても楽しいはずです。

【関連】セミリタイア(早期リタイア)のブログ16選!何歳、資産など条件を解説!

8. セミリタイア後に必要な支払い

セミリタイア後に必要な支払い

セミリタイアをしたとき、30代でも40代でも50代でも変わらずにかかる支払いがあります。この支出を念頭にいれて、貯金や資金繰りの計画をしないと、早期リタイアやアーリーリタイアは失敗に終わってしまうでしょう。

ここでは、そのような30代・40代・50代のセミリタイア後に必要な支払いをまとめて掲示します。

年金や各種保険

これは、アーリーリタイアや早期リタイアに関わらず発生する支出です。

貯金を切りくづして生活するセミリタイアは、このような固定費が一番の問題となるでしょう。

年金はサラリーマンを辞めても納付義務があります。仮に、セミリタイア後に無職だからと減免できたとしても年金の受給額は減ってしまいますので、早期リタイアやアーリーリタイアした場合でも、年金は納付するに越したことはありません

概算では、ひと月あたり16,900円×0.975=16,490円ですから、年間約20万円程度は1人でも支払うことになります。

国民健康保険は30代で年収500万円の人がセミリタイアした場合、3万〜3万5,000円が目安になるので、会社の健康保険組合を継続できる場合は、納付額を比較して有利な方を選択しましょう。

自動車税や住民税

セミリタイアしたときの自動車税や住民税について考えてみましょう。まず、自動車税は所有してない場合は、もちろん発生しません。

自動車税は、1年に1度納税することになっていて、車の排気量によって金額が異なります。仮に、軽自動車に乗っていた場合は、年間10,800円です。

軽自動車ではない乗用車については排気量別に以下のようになっています。
1.0L以下、25,000円
1.0〜1.5L以下、30,500円
1.5〜2.0L以下、36,000円
2.0〜2.5L以下、43,500円
2.5〜3.0L以下、50,000円
3.0〜3.5L以下、57,000円
3.5〜4.0L以下、65,500円
4.0〜4.5L以下、75,500円
4.5〜6.0L以下、87,000円
6.0リッター超、110,000円
なお、上記は2020(令和2)年6月現在の税額です。

30代、40代、50代では、セミリタイアのタイミングによって必要な資金額が違うので、自分の状況に応じて自動車の所有やその種類について検討しておきましょう。

次に住民税ですが、住民税の課税ルールは以下のとおりです。

前年度の1月〜12月の所得に対して納税額が決められ、その翌年の6月〜次の年の5月までの1年間で支払う仕組みになっています。

12月以前に退職した場合は、1月から退職した月の所得に対して翌年に収める必要があり、サラリーマンだった人はやめてから課税がなくなるまでに2年間かかるので注意が必要です。

会社に勤めていれば給与からそのまま引かれていたのであまり気にならなかったかもしれませんが、セミリタイア後は自身で納付しなければなりません。

なお、セミリタイア後、不労所得も含め一切の所得を得ず、完全に貯金のみで暮らしていく場合は、無収入者として、住民税は免除されます。

住居費や光熱費

住居費や光熱費について、これは人によりさまざまですが、アーリーリタイアや早期リタイアをする多くの場合、都市部から地方に引っ越すことが多いようです。

地方で暮らす場合、地域にもよりますが1人暮らしなら5万円の家賃でも広めの部屋を借りるのは可能ですから、住居費は5万円程度に収まるでしょう。

家族などで住む場合は8〜10万円程度で2LDKなど借りるケースもありますが、そのような場合、貯金や資金が多く必要になるのは当然です。

また、1人暮らしの場合、光熱費は8,000〜9,000円程度で収まると考えられるので、年間でも10万弱でしょう。

30代でも40代でも50代でも、セミリタイアするときには、このような固定費を数年スパンで考えておくことが大切です。

その他

セミリタイアをしてからもかかるその他の費用としては、消耗品や日用品など消費税がかかるものや、病気になった際の治療費なども必要経費です。

30代でセミリタイアする場合にはあまりないかもしれませんが、40代・50代になると病気の面でも注意が必要で、治療費での思わぬ出費や、場合によっては入院しなければいけないこともあり得ます。

セミリタイア後でも住民税や年金、保険などの税金・社会保険、住居費や日用品、自動車税などさまざまな費用がかかりますので、生活費の計算では、とにかく固定費に抜けがないように算出しておきましょう。

【関連】セミリタイア後のアルバイトおすすめ11選!人気はリゾートバイト?

9. セミリタイア後の計画

セミリタイア後の計画

30代・40代・50代のセミリタイアでは、年代にかかわらずセミリタイア後の計画が人それぞれあります。

その計画に向けてセミリタイアを決心する人も多く、セミリタイアすることが目標ではなく、セミリタイア後に何をするかが目標といってもいいでしょう。

ここでは、自由を手にしたセミリタイア後の生活の計画をまとめます。

美しい田舎への移住

これは、40代や50代などのセミリタイア後の計画で多いと思われますが、サラリーマンなど都会でずっと働き詰めだった立場だと、田舎の自然溢れる土地に移住することを望む方が多いようです。

アーリーリタイア・早期リタイア後、仕事もなく田舎で落ち着いた暮らしというのは、1つの憧れなのかもしれません。

いずれにしても、自由な時間で移住先を決めて引越しの準備ものんびりできますし、自分の好きな土地に住めるのはかなり大きなメリットなので、生活のバランスを考えて住処を決めるのは良いことです。

物価の低い海外移住

40代の方などのケースでは、海外移住を検討する場合も多いようです。

物価の低い東南アジアなどに移住をして悠々自適な生活は、1つのライフスタイルともなりつつあります。現在、東南アジア諸国も治安問題の解決や、日本語・英語が話せる人口の増加で、日本人が住みやすい地域も多くなっており、海外移住計画の候補として有望です。

ただし、海外移住には、ビザの発行や制限があるため確認して計画的に行いましょう

趣味を活かした起業

セミリタイア後、30代・40代であれば、まだまだ体も動きやすく活発的に動けるので、趣味を活かした起業を考えるケースも多く、また、そのチャンスもあります。

特に、40代の場合は会社での繋がりや、コネクションを通じて事業を始めるケースもあり、自由な時間に飽きたり、自分のペースで何か始めたい場合にはおすすめです。

この起業も他に収入がない中で始めるので、マイナスにならない程度に計画をしっかりと立てて行わなければなりません。

のんびりとした生活

仕事がなくなることの一番のメリットは、自分の時間をしっかりと持てるところです。

40代の方でもそうですが、50代以降でリタイアした方はのんびりした生活は憧れでしょう。

40代・50代で資産を多く持っている場合は、のんびりと好きな時間に起きて好きな時間に好きなことをして過ごす生活を手にできるのもアーリーリタアイアや早期リタイアのメリットです。資産や貯金と相談して、のんびり過ごす生活も取り入れてみると良いでしょう。

その他

30代や40代など若くしてセミリタイアした方は、バックパッカーなど仕事があるとできないことも計画に入れておくといいかもしれません。

仕事があると体験できないことが、40代や50代になってできるのは、かなり大きな価値があります。

また、ひととおりやりたいことを終えたら、その間の経験を活かして何か新しい仕事を始めることも可能です。

【関連】セミリタイア(アーリーリタイア)に失敗!実例から成功する方法を解説!

10. 再就職することになった場合

再就職することになった場合

アーリーリタイアや早期リタイアに成功しても、時間が有り余って困ってしまった場合や、資金や資産がなくなってしまったために再就職を目指すこともあります。

そのような場合に、どのようにして再就職を果たしているのかを30代・40代・50代の年代別にまとめました。

スムーズに運べる30代の再就職

30代での再就職は、比較的スムーズに行えるでしょう。

理由として、現在、人手不足ともいわれる企業側としては、30代の需要は大いにあります。

もともと働いていた企業に戻ることも可能でしょう。

1度、再就職に向けて動けば、すぐに就職先は見つかるはずです。

経験を活かせる40代での再就職

40代の場合も過去の経験を活かし、再就職することは可能です。

40代となると、大きな企業では役職を持ちながら働いている場合も多く、40代でセミリタイアするまで部長などの役職者として働いていたケースもあります。

就職先としては、早期リタイア前と同じ業種がいいとされていて、経験があれば職場にも馴染みやすく40代でも就職機会はかなりあるでしょう。

したがって、早期リタイア・アーリーリタイア後の40代での再就職は、経験がある業種を選ぶべきです。

資格などにも頼る50代の再就職

50代での再就職は、30代・40代に比べれば正直にいって厳しい部分があります。

この場合、50代での再就職には資格などに頼って行うのがいいでしょう。

40代までに積んだ経験と自身の持っている資格を活かせるような業種に再就職できれば、40代に劣ることもありませんし、企業にも馴染みやすく、再就職も苦ではなくなるはずです。

【関連】アーリーリタイアできた独身男性の資金・貯金まとめ!【30代、40代、50代】

11. 年代別セミリタイアのまとめ

年代別セミリタイアのまとめ

30代・40代・50代のセミリタイア(アーリーリタイア・早期リタイア)のために必要な貯金や資金をまとめましたが、最近では多くの人が30代や40代など若くしてのセミリタイアを目標とするのが多くなっています。

アーリーリタイアや早期リタイアを目指す場合、他の人たちとは違う生活を送らなければならないため、計画的でなくては成功は難しいです。

つまり、30代・40代・50代でセミリタイアを考えている場合は、実際にセミリタイアした人をモデルケースにして目標設定を行い、自由な時間を手に入れましょう

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連する記事

新着一覧

最近公開された記事