CRO・SMO業界のM&A・買収・売却!業界動向・相場・手法を解説!【成功事例一覧】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

CRO・SMO業界ではM&Aによる買収や売却が数多く存在します。CRO・SMO業界のM&Aの事例は規模が大きな物が多いのも特徴です。ここではCRO・SMO業界ではM&Aによる買収や売却について解説しますので参考にしてください。

目次

  1. CRO・SMO業界
  2. CRO・SMO業界業界の現状
  3. CRO・SMO業界業界M&A動向
  4. CRO・SMO業界M&Aのメリット
  5. CRO・SMO業界M&Aの手法
  6. CRO・SMO業界M&Aの相場
  7. CRO・SMO業界M&Aの成功事例
  8. CRO・SMO業界と関係のある製薬業界のM&A
  9. CRO・SMO業界M&Aのまとめ
  • SMOのM&A・事業承継

1. CRO・SMO業界

CRO・SMO業界

CRO・SMO業界ではM&Aによる買収や譲渡が活発に行われています。CRO・SMO業界のM&Aは大型の事例が多いのも特徴です。ここではCRO・SMO業界におけるM&Aのメリットや事例を一覧で紹介します。CRO・SMO業界のM&Aの現状を知る参考にしてください。

CROとは?

ところでCROとは、どういった業種なのでしょうか。CROは「Contract Research Organization」の略称で、日本語で言う所の「医薬品開発業務受託機関」を表しています。

CROの歴史はそれほど古くありません。CROが企業として見られるようになったのは1990年代頃と言われています。その後は製薬会社などの売り上げ拡大に引っ張られる形で業務の増加や企業間競争が激しくなっているようです。

CROにはCRAと呼ばれる臨床開発モニターが在籍しているのも特徴です。CROの主な業務内容は、臨床試験などを行いながら医療品の開発を行います。発注元は主に製薬会社などとなっています。

SMOとは?

一方で、SMOとはどういった業種なのでしょうか。SMOは「Site Management Organization」の略称で、日本語で言う所の「治験施設支援機関」を表しています。


CROにはCRCと呼ばれる治験コーディネーターが在籍しているのが特徴です。CROの主な業務内容は、医師や看護師など医療に係る業務を支援する事です。支援の範囲は事務にまで及びます。発注元は主に医療機関となります。

2. CRO・SMO業界業界の現状

CRO・SMO業界業界の現状

医療品のスペシャリストと言われているCRO・SMO業界ですが、業界の動向はどのような傾向があるのでしょうか。以下の一覧について解説します。

  • 製薬会社からの業務委託
  • 売上は増加傾向
  • 今後は発展・競争の激化が予想される

製薬会社からの業務委託

CRO・SMO業界、特にCRO業界においては製薬会社からの業務委託が主な事業です。製薬会社は新薬の開発に力を入れている所も多く、新薬開発には大きな投資が行われています。そうした多くの資金がCRO・SMO業界に流入している状況です。

また、政府などの働きかけによりジェネリック医薬品の需要が拡大しています。ジェネリック医薬品の拡大はCRO・SMO業界にも恩恵をもたらしている動向が見て取れます。

売上は増加傾向

医療分野は現在でも日進月歩で成長を続けています。また、少子高齢化により医療に係る消費が増加している動向が見えます。そのため、医療分野の成長は著しく需要の増加も大きく見込まれています。CRO・SMO業界においても売り上げは増加傾向が見られます。

2016年度におけるCRO業界35社の総売上は352億1,445万円だといいます。一方のCRO業界は全26社で1,723億円でした。この数字は2013年からの比較で約26%もの増加だといいます。今後も売り上げの増加は確実だと言われている業界です。

今後は発展・競争の激化が予想される

日本国内においてCROは30社程度、SMOは40社程度存在します。他産業から見るとこの社数は非常に少ない企業数です。この企業数で国内の医療機関からの仕事を全て賄っています。そのため、今後はCRO・SMO業界の競争の激化が予想されている動向があります。

CRO・SMO業界内での競争もそうですが、他産業からの参入の可能性もあります。CRO・SMO業界の今後は発展と共に競争の激化が予想されているのです。そうした分野であるからこそ、CRO・SMO業界のM&Aに注目が集まっているという事になるのです。

CRO・SMO業界のM&AならM&A総合研究所へ

CRO・SMO業界のM&AならM&A総合研究所にお任せください。CRO・SMO業界のM&A経験・知識豊富な会計士が担当させていただきます。まずはお気軽に無料相談ください。

電話で無料相談WEBから無料相談
【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

3. CRO・SMO業界業界M&A動向

CRO・SMO業界業界M&A動向

ここでCRO・SMO業界のM&Aにおける動向について一覧にして紹介します。CRO・SMO業界のM&Aは大型であり、買収価格も相場以上に高いものも少なくありません。

エムスリーによる買収

CRO・SMO業界のM&Aにおいて忘れてはいけないのがエムスリー社です。エムスリーは2000年に創業してか僅か4年間でマザーズに上場を果たしています。また、創業から7年後となった2007年には東証一部にも上場をするなど目覚ましい成長を遂げている企業です。

インターネットなどで医療事業に変革をもたらし経営基盤を盤石にしたエムスリーは、M&Aによる事業買収を繰り返し売り上げが増大、CRO・SMO業界では上位クラスの企業へと成長を遂げました。

エムスリーのM&Aは最近では海外を中心とした動きが多く、大型事業の買収が行われるなどの動向がみられ、買収価格も大型化しているようです。

買収や合併により業界再編は進む傾向

エムスリーだけではなく、CRO・SMO業界などを取り巻く医療業界では、買収による合併などが活発に行われている傾向にあります。中には世界的にも有名な製薬会社同士のM&Aが行われるなど、その動向は活発になる一方です。

そうした動向から、業界の再編は今後も進んでいくと見られています。事業価格が伸びている今だからこそ、今後のCRO・SMO業界もM&Aも活発になっていくのではないでしょうか。

大手は海外へのM&Aを進める

大手のCRO・SMO業界は国内での需要を確保しながら、さらなるマーケットの拡大を目指し海外に進出し始めています。海外でのシェア拡大は企業価格を上げると同時に、売り上げの価格を一気に伸ばす可能性を秘めているからです。

今後もCRO・SMO業界の海外へのM&Aであるin-outの動向は多く見られると予想され、国内のみならず海外をも巻き込んだ大型なM&Aや大きな価格が動くM&Aが数多く見られるかもしれません。

4. CRO・SMO業界M&Aのメリット

CRO・SMO業界M&Aのメリット

ここまでCRO・SMO業界における動向や現状について簡単に解説してきました。CRO・SMO業界はM&Aが多く見る事ができます。それではM&Aにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは売却側と買収側それぞれのメリットについて一覧で紹介します。

売却側のメリット

CRO・SMO業界においてM&Aにより事業譲渡を行うと、売却側にどういったメリットをもたらす可能性があるのでしょうか。一般的に考えられるメリットの中で以下の一覧について解説します。

  • 会社・研究所の存続
  • 大手による売却で海外が視野に
  • 後継者問題の解決
  • 研究者・従業員の雇用維持
  • 負債や保証などからの解放
  • M&Aによる売却益を得る

会社・研究所の存続

会社を継続させることは、どの産業の経営者にとっても大きな課題です。CRO・SMO業界においても、会社や研究所を存続する事は意味があるのです。もしも経営が困難だった場合には、事業譲渡により会社再建に舵取りができます。

大手による売却で海外が視野に

CRO・SMO業界におけるM&Aの売却側のメリットとしてとらえられているのが、大手にM&Aにより事業譲渡を行えた場合、事業提携などが行われ販路が拡大する可能性があります。

また、国内シェアのみであった状況を海外までシェアを広げられる可能性もあるなど、自社だけではたどり着けなかった地域にまで、販路を拡大できる可能性が生まれてきます。

後継者問題の解決

昨今の担い手不足は深刻な状況です。少子高齢化の時代的動向や人材不足など、後継者問題に対する会社が抱えている問題はいろいろです。こうした後継者問題に対応する一つとして、M&Aによる事業譲渡で事業承継を行っている事例も数多く見られます

他の業界と同様に、CRO・SMO業界でも後継者問題の解決方法としてM&Aを取り入れる事例も見ることができます。売却された会社に買収した側の経営陣などが事業に参画する事で後継者問題に対応尾していきます。

研究者・従業員の雇用維持

M&Aの事業譲渡による売却側のメリットの一つに、研究者や従業員の雇用維持があります。経営が不安定であれば雇用を継続する事は難しくなってしまう可能性があります。そうした時にM&Aを活用し事業譲渡を行う事で事業を継続させ雇用を維持するというわけです。

負債や保証などからの解放

M&Aによる事業譲渡が行われると、売却側の売却対象となった事業や資産は全て買収側の企業に引き継がれるのが一般的です。それは負債や保障などといった分野までに及びます。経営者は事業を譲渡する事で負債や保証から解放されるメリットが考えれます。

M&Aによる売却益を得る

M&Aにより事業を譲渡する事で、対価として現金などの売却益を売却側の企業は得る事ができます。売却益はそのまま法人の収入となるため、新たな事業への投資や得意分野への資産増額など、さらなる経営基盤の強化としての資金にも活用できます。

買収側のメリット

ここまでCRO・SMO業界におけるM&Aの売却側のメリットについて紹介しました。それではCRO・SMO業界のM&Aにおいて、買収側のメリットはどういったポイントがるのでしょうか。一般的に言われているメリットの中から以下の一覧に焦点をあてて解説します。

  • 有能な研究者の確保
  • 新規顧客・新規取引先の獲得
  • 低コストでの設備投資
  • 新規事業への参入
  • 経営基盤の充実による事業拡大
  • 外注コストの削減
  • 買収先のブランド力を活用

有能な研究者の確保

CRO・SMO業界のM&Aにおいて買収側の目的の一つとして、有能な研究者の確保があります。研究者を育てていくという事はCRO・SMO業界において重要な課題です。しかし、有能な研究者を育て上げるには多くのコストと時間がかかります。

M&Aにより事業を買収する事で、人材を育てるコストと時間を大幅に節約できる可能性があります。また、自社では保有をしていなかったノウハウをもっている研究者を確保できる可能性もメリットとなります。

新規顧客・新規取引先の獲得

M&Aによる事業譲渡は販路拡大のメリットをもたらす事があります。特に、自社が得意としていないエリアの企業を買収する事で、新規の顧客や新規取引先を一気に獲得できる可能性があるのです。

低コストでの設備投資

CRO・SMO業界の設備は非常に高額な物が多くあります。中には機材として希少価値があるものもあるようです。そうした設備への投資をM&Aを行う事により、購入やリースで賄うよりも低コストで獲得する事ができる可能性があるのです。

新規事業への参入

増益を目指している場合、事業の拡大は重要な要素となります。M&Aにより事業を買収する事で新規事業への進出をスムーズに行える可能性があります。自社にはないノウハウを買収した企業が保有していた場合は、新分野において非常に大きな財産になるのです。

経営基盤の充実による事業拡大

事業を買収する事により、経営基盤が充実する可能性があります。経営基盤が充実すれば事業拡大のチャンスです。大きな事業展開を図る前にM&Aを行い経営基盤の構築を図るといった方法もありでしょう。

外注コストの削減

自社では賄えない技術や人員的な問題で外注に発注していた業務を、自社で行える可能性があります。自社で開発などが行えれば大きなコスト削減となります。M&Aによる事業買収は色々なメリットがあるのです。

買収先のブランド力を活用

買収先に業界でメジャーとなっているブランドを抱えていた場合、ブランド力を獲得する事ができます。M&Aの事例の中には、ブランドの獲得を目指して買収を行う事例が数多く存在します。ブランドを手に入れれば、その後の事業展開の大きなメリットとなるのです。

5. CRO・SMO業界M&Aの手法

CRO・SMO業界M&Aの手法

CRO・SMO業界におけるM&Aの手法とはどういった内容が多いのでしょうか。以下の一覧について簡単にですが解説させて頂きます。

  • 株式譲渡による完全子会社化
  • 株式交換による完全子会社化
  • 会社分割による組織再編
  • 合併や業務提携

株式譲渡による完全子会社化

まずCRO・SMO業界におけるM&Aの手法として見られるのは、株式譲渡による完全子会社化です。完全子会社化を行う事で、事業の全てを掌握する事が可能となっています。株式譲渡にあたっては、買収企業は現金を準備する必要があります。

株式交換による完全子会社化

完全子会社化のもう一つの手段として、株式交換による手続きが存在します。株式交換により買収する側が売却側の株式を100%保有し子会社化するという手法です。この場合、買収側の企業は現金を調達する必要はありません

株式譲渡と株式交換の違い

株式譲渡と株式交換の違いは資金を調達する方法にあります。株式譲渡であれば現金が必要になるため、買収価格が増大すると困難な場合があります。一方で株式交換であれば現金を調達する必要性がなく、買収価格が増大したとしても株式で補える場合がほとんどです。

会社分割による組織再編

売却側の一部事業を分社化して、その事業を買収して引き渡すという方法があります。この手法であれば、買収側も売却側も組織の再編を行えるメリットがあります。

特に売却側はM&Aの対価として多くの現金を手にしている場合もあり、そうした場合は事業の再編に対して資金を充当する事も可能です。

合併や業務提携

CRO・SMO業界がM&Aを行う手法の動向として見られる一つに、合併や業務提携があります。合併や業務提携によるメリットは、それぞれの会社の独自性を活かしながらシナジー効果が期待できる所です。

吸収合併の場合は、吸収された企業は消滅してしまいますが、それに伴う資産は引き継いでいかれます。業務提携の場合は、ノウハウや技術者の交流が盛んになる事で企業の価格もあがり、大きなメリットをもたらす可能性を秘めています。

買収後に統合するケースも

エムスリーが行ったM&Aのように、買収により一度子会社化を行った後に、吸収合併などで統合を行うケースもあります。どの手法においてもシェアの拡大やノウハウの吸収が行われていく事となります。

6. CRO・SMO業界M&Aの相場

CRO・SMO業界M&Aの相場

CRO・SMO業界のM&Aの相場についてですが、結論から申し上げると決まった相場はありません。ただし、CRO・SMO業界のM&Aの動向を見ると、他業界よりは売却価格が高値に設定されている場合が多く、他業界よりは相場価格が高く設定されているようです。

それは、業界内で動く資金の額の大きさや、今後の業界が発展する動向を多いに秘めているために相場価格が高騰していると見られています。

7. CRO・SMO業界M&Aの成功事例

CRO・SMO業界M&Aの成功事例

CRO・SMO業界のM&Aの事例2点を一覧で紹介します。ここで紹介した以外の事例については、インターネットなどで検索しても数多くの事例が一覧で見る事ができます。興味があれば事例一覧を探してみると良いでしょう。

事例1:エムスリーのM&A

M&Aによる事業拡大を展開しているエムスリーは、アメリカのカリフォルニアで事業を展開しているPRI社の全事業を買収しました。PRI社はカリフォルニアで治療施設を3つ抱えている医療機関です。特に新薬の分野において評判で患者の数は5万人を超えているそうです。

エムスリーはこのM&Aにより、アメリカにおける自社販路のネットワークの拠点を確保した形になります。海外に展開を目指した事例と言えるでしょう。

事例2:シーエーシーのM&A

シーエーシーは東京都にあるCRO事業を展開していたモスインスティテュートからCRO事業を取得しました。シーエーシーはこの事例により医薬品開発の分野において事業強化とサービスの向上を目指したとしています。

8. CRO・SMO業界と関係のある製薬業界のM&A

CRO・SMO業界と関係のある製薬業界のM&A

CRO・SMO業界と関連がある業界に製薬業界があります。実は製薬業界もCRO・SMO業界と同様に成長を見せている分野です。その理由もCRO・SMO業界と同様で、少子高齢化などの時代背景やジェネリック医薬品の需要などがあげられています。

また、製薬会社は他業種に比べるとM&Aが盛んに行われている業界です。新薬開発などで大きな売り上げた見込める分野だけに、今後も市場は安定的に伸びると見られています。

【関連】製薬会社の買収・M&A!売却の理由は?業界動向・相場・手法を解説!【成功事例一覧】

9. CRO・SMO業界M&Aのまとめ

CRO・SMO業界M&Aのまとめ

CRO・SMO業界におけるM&Aについて解説しました。CRO・SMO業界のM&Aは価格相場が他業界より高騰している事がわかりました。これは医療業界が少子高齢化により発展を遂げていることに寄与しています。今後もM&Aの相場は変動していくと見られます。

CRO・SMO業界は今後もさらなる成長を続ける事が見込まれる分野です。他の医療分野と合わせて発展を遂げていくと見られています。今後はCRO・SMO業界の在り方や業務の見直しなど、業界再編の動きも活発化すると予想されています。

また、CRO・SMO業界のM&Aにおけるメリットも一覧で紹介しました。一方で一覧からは見て取れないデメリットも数多く存在します。M&Aの手法や相場など不明な点が多い場合は専門家に相談すると良いでしょう。

M&A総合研究所の会計士であれば多くの実績と経験から価格相場や業界相場などを把握できますし、色々な提案を受ける事ができます。もしM&Aでお悩みであれば、まずはM&A総合研究所の会計士に相談してみてください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
SMOのM&A・事業承継