M&Aアドバイザーって?選び方と利用するメリットを解説!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

M&Aアドバイザーとはどのような仕事なのか、M&Aアドバイザーの仕事内容からアドバイザリー形式と仲介形式の違い、M&Aアドバイザーの選び方まで詳しく解説します。また、M&Aアドバイザーを理解するためにおすすめの本や、資格、年収についてもご紹介します。

目次

  1. M&Aアドバイザーとは
  2. M&Aアドバイザーの選び方
  3. M&Aアドバイザーを利用するメリット
  4. M&Aアドバイザーを利用するデメリット
  5. M&Aアドバイザーの業務を知るのにおすすめの本3選
  6. M&Aアドバイザーの資格
  7. M&Aアドバイザーの年収と報酬
  8. M&Aアドバイザーまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. M&Aアドバイザーとは

M&Aアドバイザーとは

M&Aアドバイザーとは、企業がM&Aによって買収したり売却したりする手続きをサポートする人のことです。M&Aを行う際は財務の知識や法務の知識、労務の知識など幅広い専門知識が必要なうえに、交渉を円滑に進める高度なコミュニケーション能力も必要になります。

そのような複雑な業務を、最初から最後まで全てに関わる高度な職業がM&Aアドバイザーです。M&Aアドバイザーは別名、M&Aコンサルタントやファイナンシャルアドバイザー(FA)とも呼ばれます。呼び方は違っていても、行っている業務は同じです。

M&Aアドバイザーの仕事内容には、契約の種類によってアドバイザリー形式と仲介形式があります。アドバイザリー形式と仲介形式の違いについて解説します。

アドバイザリー形式

アドバイザリー形式とは、買収側と売却側のそれぞれにM&Aアドバイザーが付く形式です。アドバイザリー形式の場合は、自社に有利な条件になるようにM&Aアドバイザーが動いてくれるというメリットがある反面、両社のM&Aアドバイザーが対立する形になるので、交渉が難航し長引きやすくなるというデメリットがあります。

また、月額報酬を設定している会社の場合は、アドバイザリー形式だと交渉が長引くほど報酬金額も高くなるというデメリットもあります。

仲介形式

仲介形式は、買収側と売却側の間にM&Aアドバイザーが仲介役として入る形式です。交渉がスムーズに進みやすいというメリットはありますが、両社の意見を取り入れながら妥協点を探る形になるので、アドバイザリー形式に比べると条件が不利になる場合があるというデメリットがあります。

また、売却側はその取引で終わりになりますが、買収側は再びアドバイザー契約をむすんでもらえる可能性があります。そのため、担当者によっては買収側が有利になるような働きかけをする意識が出てしまう場合もあります。

M&A仲介会社を選ぶ際は、会社の大きさではなく、所属するM&Aアドバイザーがどのような案件を担当してきたか、経験は豊富かどうかをしっかりと確認することが必須です。

M&A総合研究所であれば、アドバイザリー型・仲介型どちらでも対応いたします。お客様のニーズに合わせた形でM&A仲介を行いますのでご安心ください。

M&A総合研究所には公認会計士があなたのM&Aをサポート!着手金・中間報酬も不要の完全成功報酬型なので安心してご相談ください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

2. M&Aアドバイザーの選び方

M&Aアドバイザーの選び方

M&Aアドバイザーは、どこに所属しているかで特徴が違ってきます。また、担当するM&Aアドバイザーが、どのような経歴を持っていて、それまでどのような案件を担当してきたかでも業務の遂行能力が全く違ってきます。ここからはM&Aアドバイザーの選び方を解説します。

選ぶポイントは以下の通りです。

  1. 依頼先
  2. 優良である

2つについてくわしく確認していきましょう。

どこに依頼するか

まずはM&Aアドバイザーの所属先ごとに、得意分野や仕事をする際の特徴をご紹介します。

考えられる依頼先は以下の通りです。

  1. 金融機関
  2. M&Aアドバイザリー
  3. M&A仲介会社
  4. 会計・税理士事務所
  5. 弁護士事務所
  6. ファイナンシャルプランナー

6つの相談先の特徴について確認していきましょう。

金融機関

M&Aを検討し始めた時、最初にM&Aアドバイザーとして頭に浮かびやすいのが、取引のある銀行です。融資してもらっている銀行であれば、既に自社の情報は詳細に知っています。また、売却先を探している場合は、銀行の取引先から相手を探してもらえるというメリットもあります。

しかしデメリットとしては、取引のある企業以外の情報が弱いという点があります。また、銀行としてはあくまで融資することと、融資を回収することで利益を上げたいので、M&Aの結果よりも融資するチャンスがあるか、融資を回収することができるかに主眼が置かれがちだという点もデメリットになります。

他にも、地銀ではM&Aアドバイザー業務を行っていない場合も多いという難点もあります。

M&Aアドバイザリー

M&Aアドバイザリーは、前述したように買収側と売却側のそれぞれにM&Aアドバイザーが付きます。M&Aアドバイザリーの場合は好条件でM&Aが成立するように全力を尽くしますが、その分交渉が長引くことが難点です。

小規模のM&Aの場合、資金面で大きな負担となります。交渉が難航して期間が長引くと、M&A自体が流れてしまう可能性も出てきます。M&Aアドバイザリーは、主に大規模のM&A案件に向いています。

もしM&Aアドバイザリーに依頼する場合は、あらかじめ交渉が長引くことを想定して、報酬体系をよく確認することが重要です。

M&A仲介会社

M&A仲介会社は、買収企業と売却企業の間に入ってM&Aを仲介します。M&Aの全ての段階に関わるので、スムーズに交渉が進みやすくなります。手数料も両社からもらう形なので、公平に交渉が進みます。M&A仲介会社を利用したM&Aは、主に小規模から中規模までの案件に向いています。

ただし、小規模のM&Aの場合は、すべての過程をM&A仲介会社だけで行うことがほとんどです。M&Aアドバイザーが経験豊富かどうか、自社の業界案件を担当したことがあるかどうかなど、M&A仲介会社に依頼する際によく確認しておくと、スムーズに業務が進みます。

M&A仲介会社ならM&A総合研究所をご検討ください。会計・税務というバックグラウンドを持ちながら、M&Aの実績も豊富なアドバイザーが揃っています。着手金や中間報酬が無料、成功報酬は業界最安水準となっています。

M&A総合研究所はアドバイザリー形式と仲介形式の両方に対応しています。相談は無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

M&Aを検討しているのであれば、おすすめのM&A仲介会社はたくさんあります。もっと詳しくM&A仲介会社を知りたい人は『M&A仲介会社・企業ランキングTOP25!大手上場企業あり!』で詳しく解説しているので、参考にしてください。

たくさんのM&A仲介会社を比較し、自社に最適なM&A仲介会社を選びましょう。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

会計・税理士事務所

公認会計士や税理士は、既に懇意にしている事務所がある場合は、M&Aを利用する際に最も相談しやすい相手となります。特に事業承継の場合、既に自社の資産状況を詳細に知っている税理士であれば安心できます。

また、事業承継の際にオーナー社長が不安を感じる相続税などの税金関係も、税務のプロフェッショナルであれば安心して任せられます。

しかしM&Aの知識に関しては、事務所や担当者によって差があります。経験がモノを言うM&A業務で、公認会計士や税理士に全てを任せるのはリスクもあります。M&Aの経験や実績をしっかりと確認したうえで、選択肢のひとつとして考えるのが最適です。

弁護士事務所

弁護士は法律に強いので、法律的な実務やトラブルに迅速に対応してもらえる点がメリットです。しかし弁護士事務所でM&Aを本格的に扱っているのは、今のところ大手事務所ばかりです。扱っている案件も大規模のものがほとんどです。

小規模の案件で地元の弁護士事務所に依頼すると、スムーズにM&Aが進まない可能性があります。しかし今後は中小弁護士事務所もM&A仲介事業に続々と本格参入することが予想されます。実際に、事業承継をビジネスチャンスと捉えてM&Aに取り組む中小弁護士事務所も出てきています。

もし法律に強いというメリットを優先して弁護士事務所に依頼する場合は、M&A経験の有無も確認が必要です。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、日常のお金の問題に幅広く対応しています。しかしM&A業務を遂行できるファイナンシャルプランナーは稀なので、M&Aを依頼するというよりは、M&Aによって生じる個人資産についての相談に乗ってもらうという形になります。

また、ファイナンシャルプランナーに相談に乗ってもらうのではなく、自らファイナンシャルプランニング技能士の資格を取って、金融に関する幅広い知識を身に付けておくことも役に立ちます。3級であれば比較的優しい内容で、幅広い金融知識を得ることができます。

M&A総合研究所は、公認会計士がコンサルタントするM&A仲介会社です。専門家が直接あなたのM&Aをサポートするのでスピーディーに案件を進めることができます。

また、社内には弁護士が常駐しているので安心!M&Aに強い弁護士がトラブルを回避するために相談にのってくれますよ!

M&A総合研究所であれば、M&Aが成立するまで費用は一切発生いたしません。御気軽にご相談ください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

優良なM&Aアドバイザーとは

M&Aアドバイザーを選ぶ際は優良な人材に依頼したいものですが、どのようなM&Aアドバイザーを選べば良いのでしょうか。

優秀なM&Aアドバイザーであることを見極めるためのポイントは以下の通りです。

  1. M&Aの知識が豊富
  2. M&Aの実績が豊富
  3. 対応が誠実
  4. 専門分野を持っている

順番に確認していきましょう。

M&Aの知識が豊富

M&Aの業務を滞りなく遂行するには、さまざまな分野で広く深い知識が必要になります。財務、法務、労務に精通していることはもちろんのこと、今はIT関連の知識も重要視されています。

また、会社経営に関する知識も求められます。M&A以外の経営全般もコンサルティングできるレベルのM&Aアドバイザーであれば、M&A完了後の相談もすることができます。

M&Aの実績が豊富

M&Aアドバイザーは知識以上に、豊富な経験と実績が重要です。M&Aを行う会社の規模や会社の業種によっても対応は大きく変わってきます。M&Aに関わる人達に対して細やかな気配りも必要です。

M&Aアドバイザーには、数字には現れない部分にも気が付いて対応できる能力が求められます。それには、多くのM&A案件に携わってきた経験が必要となります。

大手のM&A仲介会社でも、担当するアドバイザーによってはまだ経験の浅い人が付く場合もあるので、M&A仲介会社に依頼する際は遠慮せずに確認することが大事です。

対応が誠実

M&Aアドバイザーの中には、所属する会社の利益を優先して行動する人もいます。また、契約以上のフォローはしないという考え方の人もいます。

M&Aを仲介する会社の風土や担当するアドバイザーの人柄によって対応が変わってくるので、優良なM&Aアドバイザーを見極めるためにも、最初に相談する段階でしっかりと話し合う必要があります。

専門分野を持っている

M&Aアドバイザーはそれまでの経歴や資格などによって得意分野が違います。幅広い分野の知識と経験、資格を持っていると同時に、ここが強いという専門分野の資格と経験を持っている人が優良なM&Aアドバイザーの条件となります。

M&A総合研究所は会計士が担当するため、会計という強い専門分野を持っています。また、優良なM&Aアドバイザーに必要な上記3つの条件も満たしています。難関資格である会計士資格を取得した上で、その知識をM&Aに活かしているスペシャリストが揃っています。

以上が、優秀なM&Aアドバイザーを見極めるポイントでした。多くのM&Aアドバイザーでは、初回は無料相談ができます。無料相談時に、これらのポイントをチェックしましょう。

3. M&Aアドバイザーを利用するメリット

M&Aアドバイザーを利用するメリット

小規模のM&Aであれば自分の力で進めようとしたり、付き合いのある税理士や弁護士に依頼するという人も中にはいます。M&Aアドバイザーに依頼するメリットとはどのような点にあるのでしょうか。

M&Aアドバイザーに相談するメリットは以下の通りです。

  1. リスク回避
  2. 最適なスキームの選択
  3. 取引企業の決定
  4. 価格交渉の円滑化

4つのメリットについて確認していきましょう。

リスク回避

M&Aアドバイザーの強みである、あらゆる分野に精通しているという強みは他の職業ではなかなかカバーできません。M&Aを行う際は、横断的なリスクが付いてきます。法務関係のリスクに対応できるだけだったり、税務関係のリスクに対応できるだけだったりするのでは不十分です。

複合的なリスクに備えることができる点がM&Aアドバイザーならではの強みです。

最適なスキームの選択

M&Aは、このパターンの案件にはこのパターンの方法で進める、というような決まった形で進めることはできません。状況に応じて常に対応の変化を求められます。案件に最適なスキームを選び出すには、豊富な経験が必要です。M&Aには複雑な利害関係が発生するため、誰もが満足するスキームはありません。

利害関係者全員に納得してもらいながら、時には妥協してもらいながらスキームを選択するには、高い交渉力と誠実さも必要です。最適なスキームを選択し、そのスキームを滞りなく実行するには、M&Aアドバイザーの力が必要です。

取引企業の決定

M&Aにおいて取引企業の決定は最重要であると共に、非常に難しい判断を迫られます。買収する企業にとっては、本当に事業シナジーを生み出せるのかが重要です。売却する企業にとっては、満足のいく売却益が得られるのか、売却後に会社や従業員がしっかりと守られるのかが優先されます。

これらの条件に合う企業を選ぶことは、経営者として非常に難題です。その際に、M&Aアドバイザーからアドバイスをもらえるのは大きなメリットとなります。M&Aの経験が豊富で経営に関する知識も持っているM&Aは、経営的にも精神的にも心強い相手となります。

価格交渉の円滑化

M&Aで交渉が難航する原因となるのが価格交渉です。特に中小企業がM&Aによって会社を売却する場合、その後のさまざまな支払いや生活のことも考えて、なるべく高く売りたいと考えます。しかし売却側は資産価値があると思っていたものが、資産価値を低く見積もられたり、資産価値が無いと判断されてしまうことがよくあります。

想定していた売却益よりも低い事で判断が遅れて、M&A自体が成立しなくなるということもよくある話です。価格交渉で相手に足元を見られてトラブルにならないようにするためには、知識と交渉力を持ったプロに依頼することが必要です。

4. M&Aアドバイザーを利用するデメリット

M&Aアドバイザーを利用するデメリット

M&Aアドバイザーに依頼するメリットをご紹介してきましたが、M&Aアドバイザーを利用するデメリットもあります。

M&Aアドバイザーに依頼するデメリットは以下のことが考えられます。

  • 責任の所在が不明確

たったこの1点だけです。くわしく確認しましょう。

責任の所在が不明確

M&Aアドバイザーに依頼する際は契約の段階で、M&AアドバイザーはM&Aの結果に対して責任を負わない旨に同意する必要があります。M&Aが途中で頓挫したり、M&A完了後にトラブルが起きたり当初想定していたような事業シナジーが得られなかったりしても、M&Aアドバイザーに責任はないということになっています。

もちろんM&Aアドバイザーは信用が大事な仕事なのでそうならないように全力を尽くしますが、結果的に失敗に終わることもあります。その場合、責任の所在が曖昧になるという問題点があります。

5. M&Aアドバイザーの業務を知るのにおすすめの本3選

M&Aアドバイザーの業務を知るのにおすすめの本3選

普段なかなか知ることのできないM&Aアドバイザーの仕事ですが、M&Aアドバイザーについて書かれている本は多数出ています。M&Aアドバイザーについて理解することのできるおすすめの本を3冊ご紹介します。

  1. M&Aアドバイザー 企業買収と事業承継の舞台裏
  2. ゴールドマン・サックスM&A戦記 伝説のアドバイザーが見た企業再編の舞台裏
  3. M&Aアドバイザーの秘密 トラブルと苦労の日々

どのような本なのか、具体的に紹介いたします。気になる本があれば、ぜひ読んでみましょう!M&Aアドバイザーについての知識をより深めることができますよ。

M&Aアドバイザー 企業買収と事業承継の舞台裏

M&Aアドバイザーの業務を知るのにおすすめの本3選①

「M&Aアドバイザー 企業買収と事業承継の舞台裏」は、M&Aでよくありがちな事例を、小説の物語を読むように追体験することができる本です。

この本では、事例ごとに一連の流れが理解できると同時に、M&Aアドバイザーがどのような心構えで仕事をしているのか、M&Aアドバイザーのあるべき姿とはどのようなものか、などがわかる本となっています。業界に詳しくない人でも理解しやすく読みやすい本です。

ゴールドマン・サックスM&A戦記 伝説のアドバイザーが見た企業再編の舞台裏

M&Aアドバイザーの業務を知るのにおすすめの本3選②

「ゴールドマン・サックスM&A戦記 伝説のアドバイザーが見た企業再編の舞台裏」は、ゴールドマン・サックスで長年M&Aアドバイザーとして活躍してきた著者のノンフィクション本です。

仕事の派手さや年収の高さが話題になるゴールドマン・サックスですが、この本では、大企業のM&Aの裏側で、M&Aアドバイザーがどのように動いているかがわかります。生々しい人間模様や著者の熱い思いも書かれているため、感情移入しながら読むことのできる本です。

M&Aアドバイザーの秘密 トラブルと苦労の日々

M&Aアドバイザーの業務を知るのにおすすめの本3選③

「M&Aアドバイザーの秘密 トラブルと苦労の日々」では、本のタイトルの通り、著者がM&Aアドバイザーとして出会ったトラブルや苦労が赤裸々に語られている本です。

高い年収とエリートサラリーマンの仕事ぶりばかりが注目されがちですが、この本では外資系のコンサルティング会社ならではの厳しさや、現実の壁、著者の不運などが面白く読むことができます。

実際のM&Aの事例と共に、M&Aアドバイザーの厳しい現実や外資系コンサルティング会社の厳しさを理解したい人におすすめの本です。

6. M&Aアドバイザーの資格

M&Aアドバイザーの資格

M&Aを検討する際に、自分でもM&Aの実務を学ぼうと考える経営者や、M&Aアドバイザーと仕事を進めるために企業担当者にM&Aアドバイザーの資格を取らせる会社があります。M&Aアドバイザーの資格の種類についてご紹介します。

M&Aアドバイザーに関する資格は以下の通りです。

  1. M&Aエキスパート認定制度
  2. M&Aスペシャリスト資格
  3. JMAA認定M&Aアドバイザー

3つの資格について、くわしく確認しましょう。

M&Aエキスパート認定制度

M&Aアドバイザーの資格①

M&Aエキスパート認定制度は、中小企業の事業承継について学ぶことができます。資格には3段階あり、1段階目の事業承継・M&Aエキスパートを取得すると、上位資格の事業承継シニアエキスパートやM&Aシニアエキスパートに進むことができます。

1段階目の事業承継・M&Aエキスパートは誰でも受験できてM&Aの基礎知識をひと通り学べるので、オーナー経営者や企業担当者、起業を考えている人から学生まで、さまざまな人が受験しています。通信講座にも対応している教材本や、主に銀行員が受験する時に使う対策本があります。

M&Aスペシャリスト資格

M&Aアドバイザーの資格②

M&Aスペシャリスト資格は、M&Aに関わる業務に携わっている人がさらなるステップアップを目指して取得する資格です。M&Aスペシャリスト資格を取得するには講座を受講する必要があります。

また、ある程度の実務経験も必要です。M&Aアドバイザー自体の国家資格はないので、実力を証明するために取得する人も多い資格です。

JMAA認定M&Aアドバイザー

M&Aアドバイザーの資格③

JMAA認定M&Aアドバイザーの取得には、試験を受ける必要はありません。講座を受講した後に申請すれば資格が取得できます。資格取得後は協会から各種サポートがあるので、コミュニティに入る目的や人脈目的で取得する人もいます。

M&A仲介とアドバイザーに資格は必要?

M&A仲介会社のコンサルタントやアドバイザーは、資格は必須ではありません。しかし、信頼度が高まりスキルの証明になります。

ご紹介したの資格も、現在M&Aサポートに関する資格を有しても業務を一貫して実行できる公的資格ではありません。ただし、プロである証明とも言えるものなので、M&Aに関する職種に就く方はもっておいて困ることはないでしょう。

また以下のような資格は持っておくとM&Aアドバイザーとして幅広く活動できるようになります。
 

  1. 弁護士
  2. 公認会計士
  3. 税理士
  4. 社会保険労務士
  5. ファイナンシャルプランナー

これら5つの資格を持っていると、M&A業界では重宝されます。実際にM&A総合研究所のM&Aアドバイザーは、全員公認会計士の資格を持っているのです。そのため、スピーディーにM&Aの案件を進めることができます。

このように、M&Aの資格は必ずしも必要ではありませんが、あると「プロ」としての信用度が上がります。他にも弁護士や公認会計士などの資格を持っていると、M&Aアドバイザーとしての幅が広がるでしょう。

7. M&Aアドバイザーの年収と報酬

M&Aアドバイザーの年収と報酬

M&Aアドバイザーは年収が高いことでも有名です。M&Aアドバイザーに依頼する際に報酬の値段が気になって躊躇してしまうという場合もあります。M&Aアドバイザーの年収や報酬についてご紹介します。

M&Aアドバイザーの年収

ビジネス誌などでよく話題になるのが、M&Aアドバイザーの年収です。M&Aアドバイザーの平均年収は1000万円を超え、大手のM&Aコンサルタント会社の平均年収は1500万円を超えていると言われています。若手のM&Aアドバイザーでも同年代の年収に比べて高額な年収をもらっています。

しかし逆に言えば、M&Aアドバイザーはその年収をもらうだけの、担当する企業の将来を決める責任ある仕事をしなければならないということです。M&Aアドバイザーの責任とプレッシャーはかなり重いです。百戦錬磨の経営者と対等に交渉を進めるには、常に勉強も欠かせません。

M&Aアドバイザーには、年収の多くを自己研鑽に投資する人も多くいます。年収の多くを自己成長のためにとうしすることで、また次のM&A案件へと還元しているのがM&Aアドバイザーという仕事です。

M&Aアドバイザーの報酬

M&Aアドバイザーの報酬には、着手金や中間報酬、成功報酬などがあります。着手金は100万円から500万円、中間報酬は数千万円取る大手の会社もあります。成功報酬は、大半の会社がレーマン方式という取引金額に応じた手数料を取っています。

大抵の会社は1つの案件に対して多くの人数を割きます。また、M&Aアドバイザーは業務の性質上、長時間労働になります。高い報酬額はほとんどが人件費に使われ、M&Aアドバイザーの高い年収も長い労働時間と自己成長の投資に消えていきます。それだけ意義の深い仕事でもあります。

M&Aの資格について、詳しく知りたいなら『【関連】M&Aの資格・種類まとめ!仲介とアドバイザーの資格って?』に詳しく解説しています。参考にしてくださいね。

8. M&Aアドバイザーまとめ

ここまでご紹介してきたように、M&Aアドバイザーは所属や経歴、経験によって特徴が違います。どのM&Aアドバイザーと組むかによって、M&Aの成否も大きく変わってきます。M&Aアドバイザーを選ぶ際は考え方や相性も含めて、本当に貢献してくれるかを見極めることが重要です。

また、M&Aアドバイザーと良い協力関係を築くためにも、依頼する側もM&AとM&Aアドバイザーについての知識を身に付けることが効果的です。

M&Aアドバイザーへの理解を深めて、M&Aを成功へと導きましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ