カフェのM&A・売却・買収!業界動向、最新事例、成功のコツ、仲介会社の選び方も紹介

取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

この記事では、カフェのM&A・売却・買収について、カフェ事業の概要やM&A・売却・買収を成功させるコツ、カフェのM&A・売却に強い仲介会社と選び方を解説しています。そのほか、カフェを積極的に買収している企業に関して、事例を交えて紹介しています。

目次

  1. カフェのM&A・売却・買収・事業承継
  2. カフェのM&A・売却・買収が行われる理由
  3. カフェのM&A・売却・買収における仲介会社の選び方
  4. カフェのM&A・売却・買収相場
  5. カフェのM&A・売却・買収事例
  6. カフェのM&Aにおける積極買取企業は?
  7. カフェのM&A・売却を成功させるコツ
  8. カフェのM&A・売却・買収まとめ
  • 飲食店のM&A・事業承継

1. カフェのM&A・売却・買収・事業承継

この記事では、カフェのM&A・売却・買収について、カフェ事業の概要やM&A・売却・買収を成功させるコツ、カフェのM&A・売却に強い仲介会社とその選び方を紹介しましょう。

まずは、カフェ事業の概要と、M&Aの定義や株式譲渡事業譲渡など主要スキームを説明します。

カフェ事業とは

カフェ事業とは、コーヒーを主体とした飲料や軽食を提供する事業のことです。店舗は欧州の雰囲気を生かした造りが多く、利用客にくつろぎの場を提供しています。

個人店よりもチェーン店が多く、軽食などのサイドメニューに力を入れる・アルコールを提供するなど、他店との差別化を図る店舗もみられます。

カフェ事業の運営には、飲食店営業の許可が必要です。類似する喫茶店事業では、喫茶店営業の許可が必要になるなど、事業によって必要な許可が異なります。

カフェ事業は初期投資が大きい

カフェ事業は、業態の多様化が進んでいます。あらかじめコンセプトを決め、それによって店舗の仕様も変わります。

物件の費用だけでなく、内装などにこだわる場合はその工事費用、テーブルや椅子などの家具、コーヒーマシンなどの厨房機器など、こだわりが強いほど初期費用がかかるでしょう。

立地によって集客への影響が出やすい

カフェは、立地の良し悪しで集客や収益に大きく影響を与えます。人が多く集まる駅前、学校やオフィス、商業施設など、にぎわいのある場所で店舗を借りるのがほとんどです。

好立地であれば賃料も必然的に高めになります。逆に市街地から離れると賃料も安くできますが、集客は難しくなるでしょう

飲食業界の中でもカフェ事業は客単価が低い

カフェは基本的に客単価が低いです。コーヒーそのものの原価率が低く、コーヒー以外で扱う商品も低価格になるため、回転率を上げる必要があります。

カフェの事業形態に合わせて環境整備が必要

カフェの事業形態は、大きく2つに分けられます。1つ目の形態はチェーン店です。経営方針やサービスの内容、提供する商品、インテリアなどが統一された多店舗展開する方法です。

もう1つの形態は、個店です。独自の個性豊かな経営をしているカフェで、インテリアや内装、メニューなど、オリジナル要素が強く、他の店舗ではできないサービスを提供しているのが特徴です。

カフェのM&A・売却・買収とは

M&Aとは、日本語では「合併と買収」を意味し、2社以上の企業が1つになる合併、他の企業を買い散ることをいいます。

カフェの売却・買収は、第三者に自社のカフェ事業を譲り渡すことをさし、使用されるM&A手法には、株式譲渡事業譲渡があるでしょう。

株式譲渡

株式譲渡とは、自社の株式を譲渡し、会社の経営権を譲り渡す手法です。比較的簡便な手続きで経営権の譲渡ができるため、よく用いられる手法となります。

売り手側の所有する資産や負債・営業権・従業員などがそのまま引き継げるため、買い手は取得した事業を始められるのがメリットです。売り手側は創業者利益の獲得でき、従業員の雇用継続が可能なのがメリットでしょう。

事業譲渡

事業譲渡とは、自社が行う事業の一部や全てを第三者に譲り渡す手法です。対象事業のみを選択して譲渡できるため、複数の事業を行っておりカフェ事業以外に注力したい場合などに向いています。

買い手側にとっては、簿外債務などのリスクを避けられるのはメリットですが、事業譲渡の場合は許認可や契約を引き継げません。

取得後は許認可の取り直しや、契約の巻き直しを強いてしまうことを理解しましょう。

【関連】事業譲渡と株式譲渡の違いを解説!税務面などメリット・デメリットを徹底比較!

カフェの事業承継とは

事業承継とは、自社の経営を親族や従業員、第三者に引き継がせることです。事業譲渡とは異なり、カフェ事業を営む経営者が変更すると表現すれば、理解しやすいでしょう。

近年の中小企業は、親族・社内承継の割合が減少しており、後継者の希望や事業承継時の資金負担などの理由により、第三者の事業承継(M&A)が増えています。

かつて、M&Aは大手企業が用いる手法と捉えられてきましたが、近年では中小規模のM&Aを取り扱う仲介会社も増えており、カフェ事業など比較的小規模の事業でも、第三者への事業承継(M&A)は可能です。

【関連】事業承継とは?事業承継の方法・流れやポイントを徹底解説!

2. カフェのM&A・売却・買収が行われる理由

M&Aには、合併や買収、業務提携などさまざまな手法が存在します。小規模なカフェでは、経営者の親族や従業員に継がせる方法、あるいはM&Aによって第三者に事業承継するといった形が取れるでしょう。

M&Aには株式譲渡や事業譲渡もあり、カフェ事業の一部を売却できる方法もあるのです。カフェをはじめとする飲食店業界のM&Aは、昨今活発に行われています。

買い手は顧客やノウハウをそのまま受け継ぎ、売り手も廃業にかかるコストを削減できるなど、互いにメリットが享受できます。ここでは、カフェのM&A・売却・買収が行われる理由を紹介しましょう。

運営しやすいため

カフェ業界ははやりがあるものの、国内には多くのカフェや喫茶店の店舗があります。カフェには、おしゃれで明るいイメージがあり、コーヒーは常用性の高い飲み物であるため、幅広い世代からの支持が得られやすいでしょう。

人手不足が課題となる飲食業界では、今後も根強いカフェ人気は続くと見られ、それに伴い優秀な人材を集まりやすく、運営しやすいといった理由があります。

マーケティングの一環として活用できるため

他業種からの参入が多いのも、カフェにおけるM&Aの特徴です。カフェをマーケティングの一環として活用しようと、買収に乗り出す企業もみられます。

IT関連企業のほか、美容やアパレルなどさまざまな企業が本業のブランディングを図るため、カフェを活用しているのです。

好立地の物件を確保するため

飲食店業界は、店舗の立地や周辺環境が、集客要素の約半数を占めるといわれるほど、店舗運営や集客に大きな影響を及ぼします。

カフェはメニューやサービスの良さももちろん重要ですが、集客が見込まれる好立地に物件を確保するため、M&Aを実施するケースも多くあります。したがって、アクセスしやすいカフェは売却しやすく、価格が高くなる傾向があるでしょう。

3. カフェのM&A・売却・買収における仲介会社の選び方

ここでは、カフェのM&A・売却を行う際のM&A仲介会社の選び方を解説します。
 

  1. 過去にカフェのM&Aを行った実績がある
  2. 自店舗と同規模のM&Aを行った実績がある
  3. 飲食店の知識・M&Aの知識が豊富
  4. 費用が明確である
  5. 担当者との相性がよく相談しやすい

①過去にカフェのM&Aを行った実績がある

1つ目のポイントは、カフェ事業のM&A実績の有無です。実際にカフェのM&A仲介を行ったことのある会社なら、事業の特性を把握しているため、適格なサポートを行えます

カフェのM&A・売却に必要な手順や手続きなども熟知しているため、スムーズにカフェ事業の譲渡を進められるでしょう。

②自店舗と同規模のM&Aを行った実績がある

2つ目のポイントは、自店舗と同規模のM&Aを行った実績があるかどうかです。M&A仲介会社によって、得意とする事業規模は異なります。

依頼する仲介会社が自社の事業規模を取り扱った経験がなければ、買収先が見つからなかったり適正な譲渡価格で売却できなかったりする可能性もあります。

カフェのM&A・売却を検討するときは、仲介会社が取り扱う事業規模を確認するようにしましょう。

③飲食店の知識・M&Aの知識が豊富

3つ目のポイントは、飲食店・M&Aに関する豊富な知識を有していることです。飲食店業界に精通していれば、多くの交渉先を抱えている可能性が高いため、スムーズに買い手を探せます。

飲食店の知識・M&Aの知識が豊富にあれば、適切なスキームを選択し・訂正な譲渡価格で交渉を進めてくれまるでしょう。

交渉・手続きの支援はもちろん、事業・雇用・取引の継続や、賃貸借契約の引き継ぎなどのサポートにも期待できます。

④費用が明確である

4つ目のポイントは、費用が明確であることです。仲介会社によっては、ホームページ上に明確な費用を掲載していない場合があり、安易に依頼してしまうと予想を超える支払いが提示される可能性も考えられます。

このような事態を避けるためには、費用を明確に提示している仲介会社を選ぶのが重要です。仲介会社のホームページなどで料金体系・初期費用の有無・最低報酬額などを確認し、不明な点は質問してから依頼するようにしましょう。

⑤担当者との相性がよく相談しやすい

5つ目のポイントは、担当者との相性がよいことです。担当者との相性が悪ければ、自社の希望を聞き入れてくれなかったり、仲介会社・買収先の意見ばかりを押し通したりする可能性があります。

希望のするM&A・売却を行うためには、担当者との相性や相談しやすさも大切です。無料相談を利用して、担当者との相性などを見極めてから、仲介を依頼するかを判断するとよいでしょう。

  • 飲食店のM&A・事業承継

4. カフェのM&A・売却・買収相場

カフェのM&A・売却・買収を検討している場合、相場が気になるところでしょう。カフェのM&Aでは、個人経営の店舗を売却・買収をする場合、買収・売却価格は数百万円から一千万円程度になるのがほとんどです。ここでは、高値でM&A・売却できるカフェの特徴を解説します。

高値でM&A・売却できるカフェの特徴

カフェをM&A・売却する場合、できるだけ高値で売りたいのが本音です。一般的には、以下の特徴を持ったカフェであれば、高値で売却できる傾向があります。
 

不動産などの資産を保有している

カフェを経営する際は店舗を賃貸として借りるケースが多いかもしれません。しかし、もし店舗を所有しているのであれば、店舗の不動産価値が売却価格に上乗せされるため、高額になりやすいでしょう。

個性的でファンを抱えている

昨今のカフェは、それぞれメニューや店内の雰囲気づくりに個性があり、動物カフェやコンセプトカフェなどレパートリーが増えています。このような独自のカフェを運営していてファンがいる場合は、売却価格を高く見積もってもらえる可能性が高いでしょう。

アクセスしやすく好立地

カフェはメニューやサービスの良さなども重要ですが、アクセスしやすい立地であるのも売上に大きく影響するでしょう。

カフェのM&Aにあたっては、交通量や歩行者通行量、周辺店舗の状況に関して好立地にあるカフェであれば、高値で売却される可能性があります。

5. カフェのM&A・売却・買収事例

カフェのM&Aには、後継者がいない場合の事業承継や、大手の傘下に入って経営を安定させるなど、さまざまなメリットがあります。M&Aの事例を参考に、納得のいく条件で買収・売却できるように準備しておくのが大切でしょう。

ここでは実際に実施されたカフェのM&A・売却・買収事例をピックアップしてご紹介します。

ロート製薬とカフェ・カンパニーの資本業務提携

ロート製薬とカフェ・カンパニーは2021年08月、資本業務提携を行いました。ロート製薬は、カフェ・カンパニーの株式を取得し、主要な株主となり持分法適用会社になります。

ロート製薬は、医薬品・化粧品・機能性食品などの製造販売を展開する大手企業です。対象会社であるカフェ・カンパニーは、飲食店舗の企画運営事業、地域コミュニティ事業、海外店舗企画運営事業などを展開しています。

今回の資本提携により、ロート製薬の機能性素材・生産技術力とカフェ・カンパニーのコミュニティ企画・店舗運営・商品開発力、食産業のネットワークによる両社の事業成長を図ります

モブキャストHDがゆとりの空間を買収

モブキャストホールディングスは2019年9月に、ゆとりの空間の株式の約6割を取得して子会社化しました。

モブキャストホールディングスはエンターテインメント事業を行う会社です。対象会社であるゆとりの空間は、料理家の栗原はるみさんが経営し、生活雑貨ショップやレストランやカフェの運営などを展開する会社です。

今回のM&Aは、ゆとりの空間が保持するブランド資源を高く評価しており、モブキャストホールディングスの経営ノウハウと、ゆとりの空間のブランド力を融合した経営強化や中長期的な成長が目的となっています。

シダックスがB&Vと資本業務提携

シダックスは2018年6月、連結子会社であるシダックス・コミュニティーの持分をB&Vへ譲渡し、資本業務提携を締結すると発表しました。

シダックスはカラオケボックスやレストランなどの運営を行っている会社です。一方、B&Vはカラオケボックス「カラオケ館」やネットカフェなど展開する会社です。

カラオケなど消費者の市場ニーズが変化する中で、抜本的な改善には至りませんでした。今回の資本業務提携により互いの経営資源を共有し、店舗売上拡大および原価率の低下を図るなど、抜本的な改善を目指します

エディアがティームエンタテインメントを買収

エディアは2018年2月、ティームエンタテインメントの全ての株式を取得し、完全子会社化しました。

エディアはスマホゲームの運営会社で、モバイルコンテンツ、スマートフォンアプリ、ソーシャルアプリなどの企画・製作・運用を行っています。

対象会社であるティームエンタテインメントは、ゲームやアニメの販売およびコラボレーションカフェを展開する会社です。

今回のM&Aにより、新規事業への進出と、コラボレーションカフェなどを活用したクロスメディア展開など、ビジネス領域の拡大を目指します

Key Holderによるワイドレジャーへのアドアーズの株式譲渡

Key Holderは2018年1月、子会社であるアドアーズの全ての株式をワイドレジャーに株式譲渡を実施しました。

ワイドレジャーは、福岡に拠点を置き、九州を中心に「楽市楽座」や「楽市街道」、リラクゼーション施設など、さまざまなアミューズメント施設を運営している会社です。対象会社であるアドアーズは、カラオケやコラボカフェなどを運営している会社です。

今回のM&Aにより、首都圏における店舗の早期構築が可能であること、コンテンツを保有する企業とのリレーションを見込めると判断しました。双方は今後、事業再編やグループ全体の経営資源の最適配分を図ります

ダイヤモンドダイニングが商業藝術を買収

ダイヤモンドダイニングは2017年4月に、商業藝術の全ての株式を取得し、完全子会社化しました。ダイヤモンドダイニングは飲食やアミューズメント事業などを行っている会社で、M&Aにも積極的に取り組んでいます。

対象会社である商業藝術は、カフェ「chano-ma」や和食店「茶茶」、ゲストハウスウェディングなどを運営していました。

ダイヤモンドダイニングは、両社が持つブランドおよび業態開発ノウハウ、立地戦略、教育システム、管理システムなどを共有し活用できると判断しました。今回のM&Aにより、シナジーの創出および、事業領域の拡充とエリアの拡大を目指します

ランシステムがINCユナイテッドを買収

ランシステムは2017年4月にINCユナイテッドの全ての株式を取得し、完全子会社化しました。ランシステムは、全国に展開する複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」の運営会社です。

対象会社のINCユナイテッドは、「Moopa」など、インターネットカフェやボディケアサロンを運営している会社になります。

今回のM&Aにより、ランシステムは、グループのチェーンメリットを生かし、首都圏での店舗獲得および互いのノウハウを生かしたシナジー効果、さらなる企業価値の向上を目指します

コロワイドがフレッシュネスの「FRESHNESS BURGER」事業を買収

コロワイドの連結子会社であるレインズインターナショナルは2016年10月に、フレッシュネスの「FRESHNESS BURGER」事業を買収しました。

コロワイドは外食産業をメインとした持株会社です。フレッシュネスは、首都圏を中心としたカフェスタイルのハンバーガーチェーン「FRESHNESS BURGER」の事業を展開しています。

今回のM&Aにより、コロワイドはグループの経営資源を生かして、FRESHNESS BURGERのエリア展開・事業拡大を目指します

フジオフードシステムがはらドーナッツを買収

フジオフードシステムは2016年3月に、はらドーナッツの全ての株式を取得し、完全子会社化しました。フジオフードシステムは「まいどおおきに食堂」や「串家物語」をはじめとする飲食チェーンを運営する会社です。

対象会社のはらドーナッツは、全国で20店舗展開する豆乳とおからを使ったドーナツの販売を行っており、防腐剤や保存料を使わない「安全、安心」を売りにしているのが特徴です。

今回のM&Aは、フジオフードシステムが運営する「カフェデリス・デュ・パレ」「ハニーミツバチ珈琲」「ホノルルコーヒー」などの既存のカフェ事業との相乗効果が得られるとして買収を行いました

MCJがアイエスコーポレーションを買収

MCJは2013年8月に、アイエスコーポレーションの全ての株式を取得し、完全子会社化しました。MCJはパソコン関連企業の持株会社で、新規事業の育成としてインターネットカフェを首都圏で運営しています。

対象会社であるアイエスコーポレーションは、「アプレシオ」などの複合カフェの事業を行っています。東海地域を中心に直営店、全国にフランチャイズ店を展開していました。

今回のM&Aにより、MCJは複合カフェ事業への本格的な進出と、新たな収益機会の獲得を目指します

6. カフェのM&Aにおける積極買取企業は?

カフェやレストランなどの飲食店を営む企業の中には、カフェ事業を積極的に買収しているところもあります。ここでは、カフェを積極的に買収している企業を2社ご紹介します。
 

  1. フジオフードグループ本社
  2. クリエイト・レストランツ・ホールディングス

①フジオフードグループ本社

フジオフードグループ本社

フジオフードグループ本社

出典:http://www.fujiofood.com/

1社目は、フジオフードグループ本社です。フジオフードグループ本社は、ステーキ・カフェレストランの「SAM’S(サムズ)」を運営するグレートイースタンを、2019年4月に買収して子会社化しており、新しい業態を買収する方法によって顧客層の拡大を図っています。

2019年11月には、石臼挽き手打蕎麦専門店「土山人」を運営する暮布土屋の株式を取得し、子会社化しました。

フジオフードグループ本社は、カフェ事業を含むレストランを買収して、事業のフランチャイズ化や全国展開を計画しており、今後も積極的な買収を行うものと考えられます

②クリエイト・レストランツ・ホールディングス

クリエイト・レストランツ・ホールディングス

クリエイト・レストランツ・ホールディングス

出典:https://www.createrestaurants.com/

2社目は、クリエイト・レストランツ・ホールディングスです。1999年に創業した企業で、イタリアン・カフェ事業をはじめ多様な事業グループを形成し、グループ間での垣根を超えたノウハウの共有・シナジーの創出によって競争力を高めています。

クリエイト・レストランツ・ホールディングは積極的に飲食業を買収し、さまざまな企業文化を自社に取り込み、成長を続けています。

2015年の8月には、東京ディズニーリゾートの「レインフォレストカフェ」など飲食店を運営するアールシー・ジャパンの株式を全て取得しました。

2018年にはM&Aを3件実施しているほか、2019年にはM&Aを6件と積極的に買収を行っています。

今後も事業グループ間でのシナジー獲得を目指すとしているため、カフェなどの新しい業態に関して、ブランド力・集客力のある店舗を買収する可能性が高いといえるでしょう。

7. カフェのM&A・売却を成功させるコツ

カフェのM&A・売却を成功させるには、ポイントを押さえておく必要があります。ここでは、成功するためのコツを紹介します。
 

  1. M&A・売却の準備を計画的に行う
  2. 売却目的を明確にする
  3. 買収先との交渉により居抜きでの売却も検討する
  4. 立地条件・顧客など強みを伝える
  5. 機材などの契約内容を確認しておく
  6. M&A仲介会社に相談する

①M&A・売却の準備を計画的に行う

1つ目のポイントは、M&A・売却の準備を計画的に行うことです。M&A・売却を成功に導くためには、まず準備が必要です。

具体的には、M&A・売却を進める前に、事業価値の向上や事業の強みの把握からはじめるとよいでしょう。

次に、事業計画書の作成・不透明な資産や在庫の整理・社会保険への加入・残業代の支払いなどを済ませ、カフェ事業の売却を妨げる要因を減らせば、スムーズな交渉・成約が実現可能です。

②売却目的を明確にする

2つ目のポイントは、売却目的の明確化です。カフェ事業の売却では、目的に応じて選択するスキーム・譲渡価格の設定・交渉や成約の手続きなどが変わります。

カフェ事業を売却する場合には、事業や雇用の継続・創業者利益の獲得・経営資源の共有といった目的を明確にするのが大切です。

③買収先との交渉により居抜きでの売却も検討する

3つ目のポイントは、居抜きでの売却も検討しておくことです。カフェ事業の譲渡では、M&A・売却のほかに、居抜きによる譲渡も選択肢にあげられます。

居抜きとは、内装・設備・什器・家具などを残して賃貸借契約を引き継ぐことですが、M&A・売却(株式譲渡)とは異なり、取引先や従業員との契約や営業権は引き継がれません。

買収先によっては、まったく新しいカフェをはじめたいと希望する場合もあるため、M&A・売却のほかに、居抜きによる売却も検討してみましょう。

【関連】飲食店を売却・買取・譲渡する時は居抜き物件がオススメ!相場より安く買収できる?

④立地条件・顧客など強みを伝える

4つ目のポイントは、立地条件・顧客など強みを伝えることです。買収側は取得後の事業経営を検討するために、立地や顧客の規模などを把握したいと考えます。

繁華街・駅前に店舗を構える立地のよさや、人気メニューの提供による集客力などといった自社の強みを資料にまとめておき、相手先に伝えるようにするのが有効です。

⑤機材などの契約内容を確認しておく

5つ目のポイントは、機材などの契約内容を確認しておくことです。カフェの看板メニューであるコーヒーは、コーヒーマシンなどが必要です。

料理を提供するカフェであれば、厨房機器や食器なども必要でしょう。大手コーヒーメーカーからコーヒーを仕入れるといった条件で、業務用マシンのリース契約を締結している店舗もあります。

カフェは専門的な機器が多く、リース料金が高くなる傾向もあるため、M&Aを進める際は契約が継続できるのか、切り替えが必要なのかをしっかりと確認しておくようにしましょう。お店の家具やインテリアなども、リースやレンタル契約の有無の確認が必要です。

⑥M&A仲介会社に相談する

6つ目のポイントは、M&A仲介会社へ相談しましょう。自社のみでは、買収先を見つけられない・買収先との交渉がスムーズに進まないなどの可能性があり、カフェのM&A・売却が失敗に終わることも考えられます。

M&A仲介会社へ相談しサポートを依頼すれば、独自のネットワークや数多くの提携先から、自社に見合った買収先を紹介してくれるでしょう。

M&A・売却の専門家が、交渉・成約のアドバイスやサポートも行ってくれるため、交渉・成約をスムーズに進められ、カフェのM&A・売却が成功する確率も上がります。

カフェのM&A・売却の相談は、M&A総合研究所へ

カフェのM&A・売却の際は、M&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は、中堅・中小企業向けの案件を取り扱っており、案件ごとに飲食店専門のM&Aアドバイザーが、クロージングまでのフルサポートいたします

M&A総合研究所は、完全成功報酬制(※譲渡企業様のみ)の料金体系で、着手金は譲渡企業様・譲受企業様とも完全無料です。

カフェのM&A・売却を検討されている方は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。無料相談はお電話・Webよりお受けしています。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

8. カフェのM&A・売却・買収まとめ

当記事では、カフェのM&A・売却について、カフェ事業の概要や選択されているスキーム、M&A・売却を成功させるコツなどを紹介しました。

カフェ事業の売却には株式譲渡・事業譲渡が多く用いられます。しかし、M&Aのスキームを利用するには専門知識が必要であるため、知識と経験を備えたM&A仲介会社などの専門家にサポートを依頼するのがよいでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事
飲食店のM&A・事業承継