カフェのM&A・売却に強い仲介会社と選び方を解説!買収積極企業は?

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

この記事では、カフェのM&A・売却・買収について、カフェ事業の概要やM&A・売却・買収を成功させるコツ、カフェのM&A・売却に強い仲介会社と選び方を解説しています。そのほか、カフェを積極的に買収している企業について、事例を交えて紹介しています。

目次

  1. カフェのM&A・売却・買収・事業承継
  2. カフェのM&A・売却に強い仲介会社とは?
  3. カフェのM&A・売却の際に相談する仲介会社の選び方
  4. 他にもあるカフェのM&A・売却の相談できるところ
  5. カフェのM&A・売却先として検討できる買取積極企業は?
  6. カフェのM&A・売却を成功させるコツ
  7. まとめ
  • 飲食店のM&A・事業承継

1. カフェのM&A・売却・買収・事業承継

カフェのM&A

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC-%E4%BD%9C%E3%82%8B-%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-984328/

この記事では、カフェのM&A・売却・買収について、カフェ事業の概要やM&A・売却・買収を成功させるコツ、カフェのM&A・売却に強い仲介会社とその選び方を解説します。

まずは、カフェ事業の概要と、M&Aの定義や株式譲渡・事業譲渡など主要スキームについて説明します。

カフェ事業とは

カフェ事業とは、コーヒーを主体とした飲料や軽食を提供する事業のことです。店舗は欧州の雰囲気を活かした造りが多く、利用客にくつろぎの場を提供しています。

個人店よりもチェーン店が多く、軽食などのサイドメニューに力を入れる・アルコールを提供するなど、他店との差別化を図る店舗もみられます。

また、カフェ事業の運営には、飲食店営業の許可が必要です。類似する喫茶店事業では、喫茶店営業の許可が必要になるなど、事業によって必要な許可が異なります。

M&A・売却・買収とは

M&Aとは、日本語では「合併と買収」を意味し、2社以上の企業が1つになる合併、他の企業を買い散ることをいいます。

カフェの売却・買収という場合は、第三者に自社のカフェ事業を譲り渡すことを指し、使用されるM&A手法には、株式譲渡や事業譲渡があります。

株式譲渡

株式譲渡とは、自社の株式を譲渡し、会社の経営権を譲り渡す手法です。比較的簡便な手続きで経営権の譲渡ができるため、よく用いられる手法です。

売り手側の所有する資産や負債・営業権・従業員などがそのまま引き継げるため、買い手は取得した事業を始められることがメリットです。

また、売り手側は創業者利益の獲得でき、従業員の雇用継続が可能なことがメリットです。

事業譲渡

事業譲渡とは、自社が行う事業の一部やすべてを第三者に譲り渡す手法です。対象事業のみを選択して譲渡できるため、複数の事業を行っておりカフェ事業以外に注力したい場合などに向いています。

買い手側にとっては、簿外債務などのリスクを避けられることがメリットですが、事業譲渡の場合は許認可や契約を引き継ぐことはできません。

そのため、取得後は許認可の取り直しや、契約の巻き直しを強いてしまうことを理解しておきましょう。

【関連】事業譲渡と株式譲渡の違いを解説!税務面などメリット・デメリットを徹底比較!

事業承継とは

事業承継とは、自社の経営を親族や従業員、第三者に引き継がせることです。事業譲渡とは異なり、カフェ事業を営む経営者が変更すると表現すれば、理解しやすいでしょう。

近年の中小企業においては、親族・社内承継の割合が減少しており、後継者の希望や事業承継時の資金負担などの理由により、第三者の事業承継(M&A)が増えています。

かつて、M&Aは大手企業が用いる手法と捉えられてきましたが、近年では中小規模のM&Aを取り扱う仲介会社も増えており、カフェ事業など比較的小規模の事業でも、第三者への事業承継(M&A)は可能です。

【関連】事業承継とは?事業承継の方法・流れやポイントを徹底解説!

2. カフェのM&A・売却に強い仲介会社とは?

カフェのM&Aと売却に強い仲介会社

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-3560929/

カフェのM&A・売却では、どのような仲介会社に事業承継の相談を持ち掛ければよいのでしょうか。ここでは、カフェのM&A・売却に強い仲介会社を5社ご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社シンクロ・フード
  3. 株式会社ウィット
  4. 株式会社中小企業M&Aサポート
  5. フードスタジアム株式会社

①株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/lp01

1社目は、株式会社M&A総合研究所です。M&A総合研究所は、中堅・中小企業向けの仲介会社で、カフェなどの飲食店をはじめ多様な業種を取り扱っています。

案件ごとに、実績・経験豊富なアドバイザー・M&Aに精通した会計士・弁護士が3名体制で就き、クロージングまでのフルサポートを行っており、M&A成約率は70%を誇ります。
 

株式会社M&A総合研究所
特徴
  • 飲食店専門のアドバイザー・会計士・弁護士によるフルサポート
  • 年間の相談件数は3,600件、M&Aの成約率は70%
  • 料金体系は完全成功報酬型を採用(レーマン方式)
  • 着手金・中間金・月額費用は無料
  • 平均3カ月でのクロージング
  • 希望額を上回る譲渡額の提示(希望額より平均124%のアップ)
問い合わせ先 0120-401-970
サイトURL https://masouken.com/lp01

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②株式会社シンクロ・フード

株式会社シンクロ・フード

出典:https://www.inshokuten.com/ma/?ref=home

2社目は、株式会社シンクロ・フードです。シンクロ・フードは飲食店のM&Aに特化しており、自社サイト「飲食店.com」で飲食店のM&A仲介を支援しています。
 

株式会社シンクロ・フード
特徴
  • 飲食店のM&Aに特化
  • 専門性の高い支援を行う
  • 事業承継は1店舗から可能
  • 2つのサポートプランを用意
  • フルサポートプランは交渉先の紹介から成約までを支援する
  • 料金体系は完全成功報酬型で、初期費用は無料(最低報酬額は150万円)
  • セルフプランは自身で交渉・成約を行う(成約手数料は無料)
  • ウエブ上で店舗の査定も行う
問い合わせ先 03-5768-9522
サイトURL https://www.inshokuten.com/ma/?ref=home

③株式会社ウィット

株式会社ウィット

出典:https://food-ma.jp/

3社目は、株式会社ウィットです。サービス開始から11年目を迎える飲食店向けのM&A仲介を専門とする会社で、カフェを含む飲食店の案件を取り扱っています。
 

株式会社ウィット
特徴
  • 飲食店のM&Aに特化
  • 日本M&Aアドバイザー協会の正会員
  • 飲食店のM&A経験と知識を有したスタッフが対応にあたる
  • 豊富な交渉先・ネットワークを持つ
  • 会社の情報を非公開にしたまま手続きを進められる
  • 料金体系には成功報酬型を採用(最低報酬額は150万円)
  • 初期相談・サイトへの掲載・アドバイザリー契約金は無料
問い合わせ先 03-6452-2190
サイトURL https://food-ma.jp/

④株式会社中小企業M&Aサポート

株式会社中小企業M&Aサポート

出典:https://www.chusho-ma-support.com/

4社目は、株式会社中小企業M&Aサポートです。中小企業向けの仲介会社で、飲食店などの多様な業種に対応しており、親身な対応による高い成約率が強みです。
 

株式会社中小企業M&Aサポート
特徴
  • 中小企業向けのM&A仲介に特化
  • M&Aの成約実績は78.3%(2018年11月末)
  • 会社経営の経歴を活かした親身な対応
  • 数千社を超える交渉先と各士業とのネットワークから対象企業を紹介
  • 対応エリアは全国
  • 独自のM&A成約率向上システムによる企業分析を実施
  • 直接仲介の利点を活かした短期・低価格での仲介
  • 売却側の料金体系は成功報酬型を採用(最低成功報酬は150万円)
  • 中間金は100万円、着手金・月額費用・企業価値算定は無料
問い合わせ先 03-6860-8272
サイトURL https://www.chusho-ma-support.com/

⑤フードスタジアム株式会社

フードスタジアム株式会社

出典:http://foosta-ma.com/

5社目は、フードスタジアム株式会社です。飲食店向けのサイト「フースタM&A」を通じ、カフェなどの飲食店についてM&Aの仲介を支援しています。
 

フードスタジアム株式会社
特徴
  • 飲食に特化したM&A仲介を行う
  • 外食を営む企業・飲食業者との豊富なネットワーク
  • 中小企業のM&A・コンサルティングを行う株式会社イングロウと提携
  • 料金体系には完全成果報酬型を採用
  • 着手金・中間金は無料
  • 交渉先が決まっている場合でも支援は可能
問い合わせ先 03-6264-9522
サイトURL http://foosta-ma.com/

3. カフェのM&A・売却の際に相談する仲介会社の選び方

カフェのM&Aと売却の際に相談する仲介会社の選び方

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E6%B1%BA%E5%AE%9A-%E9%81%B8%E6%8A%9E-%E3%83%91%E3%82%B9-%E9%81%93%E8%B7%AF-%E5%96%84%E6%82%AA-1697537/

カフェのM&A・売却では、どのような仲介会社に相談すればよいのでしょうか。ここでは、カフェのM&A・売却を行う際のM&A仲介会社の選び方について解説します。

【カフェのM&A・売却の際に相談する仲介会社の選び方】

  1. 過去にカフェのM&Aを行ったことがある
  2. 自店舗と同規模のM&Aを行ったことがある
  3. 飲食店の知識・M&Aの知識が豊富
  4. 費用が明確である
  5. 担当者との相性がよく相談しやすい

①過去にカフェのM&Aを行ったことがある

1つ目のポイントは、カフェ事業のM&A実績の有無です。実際にカフェのM&A仲介を行ったことのある会社なら、事業の特性を把握しているため、適格なサポートを行うことができます。

また、カフェのM&A・売却に必要な手順や手続きなども熟知しているため、スムーズにカフェ事業の譲渡を進めることができます。

②自店舗と同規模のM&Aを行ったことがある

2つ目のポイントは、自店舗と同規模のM&Aを行った実績があることです。M&A仲介会社によって、得意とする事業規模は異なります。

そのため、依頼する仲介会社が自社の事業規模を取り扱った経験がなければ、買収先が見つからなかったり適正な譲渡価格で売却できなかったりする可能性もあります。

カフェのM&A・売却を検討するときは、仲介会社が取り扱う事業規模を確認するようにしましょう。

③飲食店の知識・M&Aの知識が豊富

3つ目のポイントは、飲食店・M&Aに関する豊富な知識を有していることです。飲食店業界に精通していれば、多くの交渉先を抱えている可能性が高いため、スムーズに買い手を探すことができます。

また、飲食店の知識・M&Aの知識が豊富にあれば、適切なスキームを選択し・訂正な譲渡価格で交渉を進めてくれます。

交渉・手続きについての支援はもちろん、事業・雇用・取引の継続や、賃貸借契約の引き継ぎなどのサポートにも期待できます。

④費用が明確である

4つ目のポイントは、費用が明確であることです。仲介会社によっては、ホームページ上に明確な費用を掲載していないことがあり、安易に依頼してしまうと予想を超える支払いが提示されることも考えられます。

このような事態を避けるためには、費用を明確に提示している仲介会社を選ぶことが重要です。仲介会社のホームページなどで料金体系・初期費用の有無・最低報酬額などを確認し、不明な点は質問してから依頼するようにしましょう。

⑤担当者との相性がよく相談しやすい

5つ目のポイントは、担当者との相性がよいことです。担当者との相性が悪ければ、自社の希望を聞き入れてくれなかったり、仲介会社・買収先の意見ばかりを押し通したりする可能性があります。

希望のするM&A・売却を行うためには、担当者との相性や相談しやすさも大切です。無料相談を利用して、担当者との相性などを見極めてから、仲介を依頼するかを判断するとよいでしょう。

4. 他にもあるカフェのM&A・売却の相談できるところ

その他のカフェのM&Aと売却についての相談先

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF-2697949/

カフェのM&A・売却の相談先には、仲介会社以外にどのようなところがあるのでしょうか。ここでは、仲介会社以外の相談先を紹介します。

  1. 地元の金融機関
  2. 地元の公的機関
  3. 地元の弁護士・会計士・税理士など
  4. マッチングサイト

①地元の金融機関

1つ目の相談先は、地元の金融機関です。地銀や信用金庫といった地元の金融機関に相談すると、取引先の中から自社に見合った買収先を紹介してくれます。

また、資金調達・融資といった面も相談できるので、M&Aの資金が不足している場合には有効な相談先といえるでしょう。ただし、金融機関は債権回収を目的とすることも多く、買収側よりの仲介を行うケースもあります。

②地元の公的機関

2つ目の相談先は、地元の公的機関です。各都道府県には、中小企業基盤整備機構が設置する事業引継ぎセンターや後継者人材バンクが事業の引き継ぎを支援しています。

公的機関であるためM&Aや事業承継に関する相談は無料で受け付けており、利用しやすく安心感がある点がメリットです。

しかし、実際の仲介業務や交渉サポートは行なっていないため、委託先のM&A仲介会社などに改めて依頼しなければなりません。また、取り扱う案件数がまだ少ないため、最適な買収先がすぐにみつからない可能性もあります。

【関連】事業引継ぎ支援センターとは?費用や実績を解説【評判/口コミあり】

③地元の弁護士・会計士・税理士など

3つ目の相談先は、地元の弁護士・会計士・税理士などです。地元の士業を相談すれば、顧問先などから自社の希望に沿った買収先を紹介してくれます。

また、各士業は法務・会計・税務といった専門的なサポートに期待できますが、M&Aの一貫サポートまでは行っていないところもあります。

実際に相談・依頼するときは、どのようなサポートが受けられるのかを事前に確認しておきましょう。

④マッチングサイト

4つ目の相談先は、マッチングサイトです。マッチングサイトでは、インターネット上で対象企業の情報を閲覧できたり、交渉・成約などの手続きを進められたりと、時間と場所を問わず手軽に利用できる点がメリットです。

マッチングサイトのなかには、カフェ・飲食事業に特化したサイトもあるので、そのようなサイトを利用すれば希望条件に合った相手先がみつかる可能性も高いでしょう。

しかし、自社の情報が不特定多数の目に触れる可能性があることや、自身で交渉・手続きを行うためスムーズに進まないケースも考えられます。

自身で交渉・手続きを進めるのに不安がある場合、マッチングサイトによってはM&Aの専門家による仲介サポートが可能なところもあります。

5. カフェのM&A・売却先として検討できる買取積極企業は?

カフェのM&A先や売却先として検討できる買取積極企業

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%BD%B2%E5%90%8D-%E5%A5%91%E7%B4%84-%E6%8F%A1%E6%89%8B-3113182/

カフェやレストランなどの飲食店を営む企業のなかには、カフェ事業を積極的に買収しているところもあります。ここでは、カフェを積極的に買収している企業を2社ご紹介します。

  1. 株式会社フジオフードシステム
  2. 株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス

①株式会社フジオフードシステム

株式会社フジオフードシステム

出典:http://www.fujiofood.com/

1社目は、株式会社フジオフードシステムです。フジオフードシステムは、ステーキ・カフェレストランの「SAM’S(サムズ)」を運営する株式会社グレートイースタンを、2019年に買収して子会社化しており、新しい業態を買収することで顧客層の拡大を図っています。

また、2019年の12月期には、朝食・ランチ・ディナーメニューの豊富なローズガーデンとアメリカンスタイルのレストラン・アメリカンキッチンの事業を譲受しています。

フジオフードシステムは、カフェ事業を含むレストランを買収して、事業のフランチャイズ化や全国展開を計画しており、今後も積極的な買収を行うものと考えられます

②株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス

株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス

2社目は、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスです。1999年に創業した企業で、イタリアン・カフェ事業をはじめ多様な事業グループを形成し、グループ間でのノウハウの共有・シナジーの創出によって競争力を高めています。

クリエイト・レストランツ・ホールディングは、積極的に飲食業を買収することでさまざまな企業文化を自社に取り込み、成長を続けています。

2015年の8月には、東京ディズニーリゾートの「レインフォレストカフェ」など飲食店を運営する株式会社アールシー・ジャパンの株式をすべて取得しています。

それ以前の2012年3月~2015年6月までに4件のM&Aを実施しているほか、2016年以降も積極的に買収を行っています。

今後も事業グループ間でのシナジー獲得を目指すとしているため、カフェなどの新しい業態について、ブランド力・集客力のある店舗を買収する可能性が高いといえるでしょう。

6. カフェのM&A・売却を成功させるコツ

カフェのM&Aと売却を成功させるコツ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E8%A6%AA%E6%8C%87-%E5%A4%A7%E4%B8%88%E5%A4%AB-%E8%89%AF%E3%81%84-2056022/

カフェのM&A・売却を成功させるには、どのような点を押さえておけばよいのでしょうか。ここでは、成功すためのポイントを5つ紹介します。

  1. M&A・売却の準備を計画的に行う
  2. 売却目的を明確にする
  3. 買収先との交渉により居抜きでの売却も検討する
  4. 立地条件・顧客など強みを伝える
  5. M&A仲介会社に相談する

①M&A・売却の準備を計画的に行う

1つ目のポイントは、M&A・売却の準備を計画的に行うことです。M&A・売却を成功に導くためには、まず準備が必要です。

具体的には、M&A・売却を進める前に、事業価値の向上や事業の強みを把握することをはじめるとよいでしょう。

次に、事業計画書の作成・不透明な資産や在庫の整理・社会保険への加入・残業代の支払いなどを済ませ、カフェ事業の売却を妨げる要因を減らせば、スムーズな交渉・成約が実現可能です。

②売却目的を明確にする

2つ目のポイントは、売却目的の明確化です。カフェ事業の売却では、目的に応じて選択するスキーム・譲渡価格の設定・交渉や成約の手続きなどが変わります。

そのため、カフェ事業を売却する場合には、事業や雇用の継続・創業者利益の獲得・経営資源の共有といった目的を明確にすることが大切です。

③買収先との交渉により居抜きでの売却も検討する

3つ目のポイントは、居抜きでの売却も検討しておくことです。カフェ事業の譲渡では、M&A・売却のほかに、居抜きによる譲渡も選択肢にあげられます。

居抜きとは、内装・設備・什器・家具などを残して賃貸借契約を引き継ぐことですが、M&A・売却(株式譲渡)とは異なり、取引先や従業員との契約や営業権は引き継がれません。

買収先によっては、まったく新しいカフェをはじめたいと希望する場合もあるため、M&A・売却のほかに、居抜きによる売却も検討してみましょう。

【関連】飲食店を売却・買取・譲渡する時は居抜き物件がオススメ!相場より安く買収できる?

④立地条件・顧客など強みを伝える

4つ目のポイントは、立地条件・顧客など強みを伝えることです。買収側は取得後の事業経営を検討するためめに、立地や顧客の規模などを把握したいと考えます。

そのため、繁華街・駅前に店舗を構える立地のよさや、人気メニューの提供による集客力などといった自社の強みを資料にまとめておき、相手先に伝えるようにするのが有効です。

⑤M&A仲介会社に相談する

5つ目のポイントは、M&A仲介会社へ相談することです。自社のみでは、買収先を見つけられない・買収先との交渉がスムーズに進まないなどの可能性があり、カフェのM&A・売却が失敗に終わることも考えられます。

M&A仲介会社へ相談しサポートを依頼すれば、独自のネットワークや数多くの提携先から、自社に見合った買収先を紹介してくれます。

また、M&A・売却の専門家が、交渉・成約のアドバイスやサポートも行ってくれるため、交渉・成約をスムーズに進めることができ、カフェのM&A・売却が成功する確率も上がります。

カフェのM&A・売却の相談は、株式会社M&A総合研究所へ

カフェのM&A・売却の際は、株式会社M&A総合研究所へご相談ください。株式会社M&A総合研究所は、中堅・中小企業向けの案件を取り扱う仲介会社で、カフェを含む飲食業の案件も取り扱っています。

案件ごとに飲食店専門のM&Aアドバイザー・会計士・弁護士が就き、クロージングまでのフルサポートを提供しています。料金体系には完全成功報酬型(レーマン方式)を採用し、着手金・中間金・月額費用は無料です。

さらに、平均3カ月でのクロージングや、希望額を上回る譲渡額の提示(希望額より平均124%のアップ)などを実現しており、年間の相談件数は3,600件で、M&Aの成約率は70%を誇ります。

カフェのM&A・売却を検討されている方は、ぜひ株式会社M&A総合研究所へご相談ください。無料相談は24時間年中無休でお受けしています。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

7. まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%95-%E5%B8%82-4472312/

当記事では、カフェのM&A・売却について、カフェ事業の概要や、選択されているスキーム、M&A・売却を成功させるコツなどを紹介しました。

カフェ事業をの売却には株式譲渡・事業譲渡が多く用いられますが、これらのスキームを利用するには専門知識が必要であるため、知識と経験を備えたM&A仲介会社などの専門家にサポートを依頼するのがよいでしょう。

【カフェのM&A・売却を成功させるコツ】

  • M&A・売却の準備を計画的に行う
  • 売却目的を明確にする
  • 買収先との交渉により居抜きでの売却も検討する
  • 立地条件・顧客など強みを伝える
  • M&A仲介会社に相談する

【カフェのM&A・売却に強い仲介会社とは?】
  • 株式会社M&A総合研究所
  • 株式会社シンクロ・フード
  • 株式会社ウィット
  • 株式会社中小企業M&Aサポート
  • フードスタジアム株式会社

【カフェのM&A・売却の際に相談する仲介会社の選び方】
  • 過去にカフェのM&Aを行ったことがある
  • 自店舗と同規模のM&Aを行ったことがある
  • 飲食店の知識・M&Aの知識が豊富
  • 費用が明確である
  • 担当者との相性がよく相談しやすい

【カフェのM&A・売却先として検討できる買取積極企業は?】
  • 株式会社フジオフードシステム
  • 株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス

カフェ事業のM&A・売却を検討されている方は、ぜひ株式会社M&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所では、専門家3名によるフルサポートを行っており、スムーズなM&A・売却が可能です。

料金体系は、着手金・中間報酬は無料の完全成功報酬制を採用しているので、初期費用を抑えたい場合も安心してご利用いただけます。

無料相談は24時間年中無休でお受けしていますので、カフェ事業のM&A・売却を検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
飲食店のM&A・事業承継