セミリタイア後のアルバイトおすすめ10選!人気はリゾートバイト?

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

セミリタイア生活では、短期高額バイトで短い期間にできるだけ多くの収入を得て、できるだけ労働をしない日を作ることが理想です。短期高額バイトとしては、リゾートバイトが最もおすすめです。その他、セミリタイアにおすすめのバイトを見ていきます。

目次

  1. セミリタイア後は高額短期バイトがおすすめ
  2. セミリタイア後におすすめのアルバイト10選
  3. セミリタイア後のアルバイトで注意したいこと
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. セミリタイア後は高額短期バイトがおすすめ

セミリタイア後は高額短期バイトがおすすめ

セミリタイア生活の収入源は、高額短期バイト、中でもリゾートバイトがおすすめです。その理由を見ていきます。

高額短期バイトがおすすめの理由

セミリタイアは、定年前に会社を退職(アーリーリタイア・早期リタイア)し、その後も働きますが、労働時間を抑えながら一定の収入を得るために働くことです。

一定の収入をできるだけ短時間で稼いで、労働以外の時間を作るのがセミリタイアの理想です。したがって、セミリタイア生活では高額短期バイトがおすすめになります。

リゾートバイトが人気の理由

アーリーリタイア・早期リタイアをしセミリタイア生活を送るにあたっては、高額短期バイトの中でもリゾートバイトが人気です。

まずリゾートバイトとは、正月やお盆などの超短期間の高額短期バイトや、1ヵ月もしくはワンシーズンなどを、リゾート地に住み込みながらそこで働く高額短期バイトのことです。

住む場所などは勤務先の指定ですので、住む環境が良くなかったりルームシェアの形になってしまうことはあります。しかし、通常は家賃も光熱費もかかりません。また食事も提供されます。

つまり、不自由さや環境さえ我慢できれば、極力支出をしなくて済むのです。この期間にお金を集中して稼げば、それ以外の期間は極力労働以外の時間に使えます。

また、環境といっても、自分の好きな分野のリゾートバイトができていれば、それほどデメリットにはならないことも考えられます。例えばスキーが大好きな人が、スキーリゾートでのリゾートバイトをするような場合です。

【関連】個人がM&Aで会社を買収する方法!個人事業をM&Aで事業承継する方法も紹介!

2. セミリタイア後におすすめのアルバイト10選

セミリタイア後におすすめのアルバイト10選

ここではアーリーリタイア・早期リタイアしてからのセミリタイア生活におすすめのアルバイトについて、その仕事の概要とおすすめの理由を挙げます。

挙げている仕事は以下の10点です。単純に比較可能な時給の相場も加えておきます。
 

セミリタイア生活におけるアルバイトの仕事 時給相場(円)
リゾートバイト 1,000~1,200
コンビニバイト 800~1,200
ガソリンスタンドスタッフ 900~1,100
家庭教師 1,200~
宅配・新聞配達スタッフ 1,000~1,200
在宅業務 スキルによる
ビルメンテナンス 900~1,000
介護スタッフ 900~1,000
派遣バイト 1,000~
居酒屋・カラオケ店スタッフ 900~1,000

リゾートバイト

リゾートバイトの時給の相場は1,000~1,200円くらいで、休日は少なく勤務時間も長いです。しかしながら、どの案件も1ヵ月~数ヵ月のみの短期集中で、寮や食事などについては基本無料です。

おすすめの理由

「セミリタイア後は高額短期バイトがおすすめ」の項目にも書きましたが、高額短期バイトの中でもリゾートバイトは集中して稼げる上に、極力支出を抑えることが可能です。

住居の環境や条件、またリゾート地の生活の利便性のなさによって不自由さはありますが、それさえ受け入れられればお金はとてもたまりやすいセミリタイアでの仕事になります。

また、アウトドアやレジャーがもともと好きな人は、自分の好きな対象に囲まれたところで働ける可能性もあります。そうであれば、あまり不自由さなどは気にならないでしょう。

コンビニバイト

コンビニバイトの時給の相場は800~1,200円くらいですが、上限は夜10時以降の深夜時間帯です。また、地域差がありますので、都市部ほど時給はやや高いです。

募集している時間は全時間帯が多く、しかしながら週2日程度でも可能と、かなり柔軟に働くことが可能です。

おすすめの理由

コンビニバイトでおすすめになるポイントは、働く場所がたくさんあることと、勤務時間もさまざまあって選べる可能性が高いことです。特に都市部でセミリタイア生活を送る人にはメリットが大きくなります。

まず働く場所については言わずもがなですが、コンビニエンスストアは日本全国にたくさんあります。たくさん人が集まっている都市に住んでいれば、自転車で行ける範囲に複数のコンビニがあることは当たり前になっています。東京23区などでは、近隣に10店舗くらいあっても珍しくありません。

つまり、近場で働ける可能性が高いのです。お金にならない通勤時間なども極力減らしてセミリタイア生活を送りたいと考えていれば、これは大きなメリットです。

また、勤務時間については、ほとんどのコンビニエンスストアは24時間営業です。深夜時間帯が最も高時給ではありますが、無理せず自分の都合に合わせてアルバイトができるコンビニは、近隣だけでも探せば出てくる可能性が高いです。

ガソリンスタンドスタッフ

ガソリンスタンドスタッフの募集時の時給は、大体900~1,100円ほどです。ただし、経験を積めば時給がアップすることも多いです。またガソリンスタンドはフルサービスとセルフの2形態がありますが、この2つで時給に差が出るのかというと、特にないと考えられます。

また、コンビニ同様、都市部ほど時給が高く地域差が大きいです。

おすすめの理由

ガソリンスタンドは、コンビニほど店舗施設は多くなく、基本は深夜時間帯に営業はしていませんが、コンビニよりは比較的時給が高いです。また、車に詳しくなれますし、ガソリンが社員割引で買えたりするところも多いです。車が必須な地方でセミリタイア生活を送る人のほうがメリットは大きいと言えます。

一方で、野外で働くことが多く夏や冬はコンディションが悪いことや、力仕事が要求される場面もあることはデメリットにもなります。ただしこれは、雪や寒さがあまり厳しくない地方でセミリタイア生活を送る人や、もともと力仕事が得意だったりスポーツをしていたセミリタイア生活を送る人にとっては、あまりデメリットにはならないかもしれません。

家庭教師

家庭教師の時給は、安くても大体1,200円以上と高めですが、勤務時間も最初から短く指定されていることが多いです。また、ほとんどは週1日から可能です。登録制で単発1回のみでも可能な場合もあります。

おすすめの理由

家庭教師は、セミリタイアしたといっても、やっぱり仕事をする以上やりがいを得たい人には特におすすめです。

家庭教師の仕事は当然ながら、勉強を教えることです。自分の教えたことを生徒が理解できたり、試験で合格できたりした際の喜びはとても大きいです。普段接している生徒の成長を見ることができる楽しみもあります。

また、家庭教師のアルバイトは時給がよく、基本的に勤務時間も短いです。勤務中は生徒と向き合っている時間が多いので、待機時間などは基本なく、勤務が始まれば短時間真剣に集中して終わるスタイルです。

短時間で高時給の仕事をしたい人にはとてもおすすめです。最初のうちは、自身の予習に勤務時間以外を使う必要も出てくるかもしれませんが、長くやって慣れてくればそれも不要になってきます。長く働くほどセミリタイア生活におけるメリットが大きくなってくるでしょう。

宅配・新聞配達スタッフ

新聞配達の仕事は正社員の場合が多いですが、アルバイトもなくはありません。アルバイトの場合の時給の相場は、1,000~1,200円くらいです。朝刊の配達が中心ですが、夕刊の配達もアルバイトの条件になっていることもあります。また、一回の勤務時間が長くない分、働く日数は多くなる傾向にあります。

宅配のアルバイトは、宅配便ではなくお弁当や食品などの、いわゆるデリバリーが中心です。

おすすめの理由

新聞配達のアルバイトは、続けている限り間違いなく規則正しい生活を送れるようになります。新聞配達は、朝刊配達の早朝明け方勤務が中心ですが、ここから逆算した起床時間は午前2時~2時半頃となります。

また、配達が終わる午前6時頃には勤務終了です。セミリタイア生活にしては勤務日数が多くなる仕事ですが、勤務をしたとしても早朝ですので、日中の時間は自由に使うことが可能です。ただし、夕刊配達も行う場合には、また夕方頃勤務が発生します。

朝刊配達のみの場合は、仕事の時間はなるだけ早く終わらせて、日中の時間を存分に自由に使いたい人には特におすすめです。

また新聞配達の仕事中は、黙々と自分のペースで仕事ができます。朝刊配達のみ、朝刊と夕刊配達両方かは関係なく、セミリタイア生活では一人でコツコツ働きたいという人にとっては、長く続けやすい仕事だといえます。

宅配アルバイトはお弁当や食品を配達する仕事が多いですが、基本は一人で黙々と仕事をしていく点は新聞配達と同じです。新聞配達より商品の手渡しで人と接する機会は多いですが、こちらも、セミリタイア生活では一人でコツコツ働きたいという人にとって良い仕事だといえます。

在宅業務

在宅業務と言っても、仕事の内容としては様々あります。簡単な梱包などの軽作業やデータ入力のみの仕事から、高度なスキルのある人向けのデザインの仕事などもあります。

もちろん、高度なスキルのある人向けの仕事のほうが、圧倒的に報酬は大きいです。短時間でサラリーマン以上の金額を稼ぐことのできる人もいます。

おすすめの理由

在宅業務という名の通り、家で仕事ができるのが在宅業務の何よりもの魅力です。最近では仕事によって、パソコン1台あれば、自分の住んでいるところに関係なく、全国どこからでも募集している仕事ができてしまいます。

仕事である以上は納期などは発生しますが、基本的には自分のスケジュールで自由に働けます。最低限の仕事をするにしても、あまり場所や時間に縛られたくないセミリタイア生活を送りたい人にとってはメリットが大きいです。

また、過去の経験などから、特にデザインやシステムに関するスキルのある人は、高い報酬で仕事を請け負えることも珍しくありません。このような場合に多いのは、時給ではなくプロジェクト単位の報酬です。

こうしたスキルのある人にとっては、もはやアルバイトではなく個人事業主で仕事をしているのと同じですが、ほかの仕事と比べても短時間働いただけで、ゆとりあるセミリタイア生活が送れる可能性が高い仕事だと言えます。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスのアルバイトには、ビルのボイラーや空調などの設備管理の仕事から、清掃や警備の仕事まであります。

ビルに入っている企業や店舗は日中のみの営業であっても、ビル自体は設備が稼働していますので、メンテナンスの仕事も年中無休・24時間の中でのシフト制のところが多いです。

また、ビルにはさまざまな設備があることから、それぞれの設備管理をするうえで必要な資格もあります。このため、有資格者を優遇したり、そもそも待遇の良い有資格者はアルバイトではなく正社員のみだったりすることがあります。

未経験でも可能なアルバイトの時給の相場としては、900~1,000円ほどです。こちらも地域差が多少あります。

おすすめの理由

ビルメンテナンスのアルバイトは、不測の事態が起こらなければ慌ただしく行動するような仕事を要求されることはありません。また、ビルの規模にもよりますが、一ヵ所の人員配置には多くて数人ですので、セミリタイア生活では静かに落ち着いて仕事をしたい人にはメリットが大きい仕事です。

また、ビルメンテナンスの仕事は中高年者が多く、業務に関する有資格者は優遇するところが多いです。体力面では若い人にはかなわなくても、少しは勉強して向上する意欲のある人であれば、成果が時給になって跳ね返ってきます。もちろんそれにより、よりゆとりあるセミリタイア後の生活が送れるようになります。

介護スタッフ

介護施設において、利用者を直接に介助するのは有資格者ですが、資格がなくてもできる仕事をアルバイトで募集しているところも多いです。例えば、施設の清掃、ベッドメイキングやディサービスの送迎車運転手などです。

介護施設は営業時間が決まっているわけではなく、必要に応じ利用者や患者を介護するため、24時間稼働しているのが普通です。このため夜勤を募集していることもありますし、シフト制であることが多いです。

時給は大体900~1,000が相場で、アルバイト全体の平均くらいです。

おすすめの理由

シフト勤務や夜勤があることなどは、コンビニのアルバイトと似たところがあります。勤務時間が幅広いので、セミリタイア生活を自分のペースで働きたい人にとっては選択肢が広い仕事といえます。

また、セミリタイア生活での仕事は最低限と考えていても、仕事中はなるだけ人と密に接していたい人にとってはやりがいのある仕事です。利用者を直接介助することがありませんが、極端な話、そこで働いているだけで利用者と会話することも仕事の一つと言ってもよいくらいです。

また、そうした環境を楽しめる人であれば、資格支援制度を取り入れている勤務先もありますので、向上心が芽生えたら働きながら資格取得を目指すことも可能です。

派遣バイト

派遣バイトは、登録制バイトと言うほうが一般的かもしれませんが、派遣会社に登録し、1日単位の派遣で働く、日雇い派遣のアルバイトのことです。仕事は派遣先でしますが、給料は派遣会社から支払われます。

ただしこの派遣バイトは、誰でも可能なわけではなく、以下のどれかに該当する人のみ可能です。
 

  • 60歳以上
  • 昼間の学生(高校卒業以上、雇用保険の適用を受けない)
  • 主たる業務の収入額が500万円以上で、単発で副業を希望していること
  • 世帯合計年収が500万円以上であり、自身の年間収入の額がその半分未満である、主たる生計者でないこと

仕事は色々あり、自分の希望する仕事を募集していたら申し込むことができます。オフィスや倉庫での軽作業からチラシ・サンプル配布、コンサート・スポーツ試合などのイベント設営など、仕事はそれこそ色々です。時給は仕事によって違いますが、とにかく人手を求めていることが多いので1,000円くらいは超えていることが多いです。

おすすめの理由

日雇いの単発の仕事になるので、特に仕事内容にはこだわりはなく、本当に好きな時だけ仕事をするセミリタイア生活を送りたい人にはメリットが大きいです。

また、登録したからと言って、このくらい働かなくてはいけないという義務もありません。ほかの仕事を中心にしながらとりあえず登録しておいて、急にお金が欲しい時などに臨時で仕事をするなど、柔軟な働き方をすることができます。日払い、週払いなどのサービスを提供している派遣会社も多いです。

居酒屋・カラオケ店スタッフ

居酒屋とカラオケでは多少異なるところはありますが、どちらもお客様を案内し、注文をとったりする接客がメインの仕事です。

居酒屋やカラオケ店はランチタイムから営業していることが多いですが、集客のメインは夕方から深夜です。よって募集しているアルバイトも、夕方から深夜の時間帯が多くなります。

時給は大体900~1,000円が相場ですが、お店によっては1,500円を超えるなど、お店による違いが大きいです。また居酒屋の場合、アルバイトの募集は大衆店から、やや高級店くらいまでが多いです。

おすすめの理由

居酒屋の場合は、賄いがあることが多いです。居酒屋の賄いは結構ボリュームがありますし、賄いで食事を済ませられれば、その分の食費はかかりません。セミリタイア生活では食事時の仕事でも全然かまわない人にとってはとても嬉しい仕事です。

また、居酒屋・カラオケ店スタッフのアルバイトは、接客がメインです。客への愛想の良い態度やコミュニケーションは言うまでもありませんが、繁盛しているお店であれば基本は慌ただしい仕事になりますので、店内の同僚とのコミュニケーションも重要になってきます。

したがって、居酒屋・カラオケ店スタッフの仕事を続けられるのは、基本的には元気で明るい人たちが多いです。セミリタイアしてもせっかくの仕事をしている間は、とにかく明るく元気よく過ごしたいと考える人であれば、この仕事はとても楽しいものになります

【関連】マイクロM&Aとは?流れや成功ポイント、注意点を解説【完全マニュアル】

3. セミリタイア後のアルバイトで注意したいこと

セミリタイア後のアルバイトで注意したいこと

収入を得るのが高額短期バイトであってもそうでなくても、セミリタイア生活におけるアルバイトで注意すべき点を挙げておきます。

総収入を100万円以下にする

アーリーリタイア・早期リタイア後のセミリタイア生活は、税金をいかに抑えるかも計算しているおく必要があります。税金は、アーリーリタイア・早期リタイア前は会社や役所で勝手に計算していたことなので、それまでは特に意識していなかった人が多いと思います。

所得税と住民税は年間所得により計算されますが、それぞれ全く税金がかからない上限ラインの年間所得(非課税ライン)というのがあって、そのラインを越えて所得を得てしまうと、税金を払って引いた手取り分が非課税ラインよりむしろ減ってしまうことがあるからです。それぞれの非課税ラインだけお伝えしますと以下の通りです。
 

  • 所得税の非課税ライン…103万円
  • 住民税の非課税ライン…100万円(自治体によっては93万円の場合あり)

つまり、最低限の仕事はするにしても年間所得が100万円以下であれば、所得税も住民税も支払わなくてよいわけです。

セミリタイア生活でも相当短時間でも高収入を得られる仕事が手に入り、軽く100万円は超えてしまうのであればあまり気にする必要はないですが、そうでない通常のアルバイトなどをする場合は、100万円をギリギリ超えないくらいにしておくのが理想です。

いつの間にか週5にしないこと

アーリーリタイア・早期リタイア後のセミリタイア生活の理想は、労働時間を抑えてできるだけ労働以外の時間を作ることです。高額短期バイトがお勧めの一方で、労働時間が少ないということは、時間もあって収入もないことになりますから、それならもっと稼ぎたいという思考になりがちです。

それで労働時間が増えていって、毎日働くような事態になれば、何のためのアーリーリタイア・早期リタイア後のセミリタイアだったのか分からなくなります。結局、アーリーリタイア・早期リタイア前の生活と変わらず、またアーリーリタイア・早期リタイア前の方が給与などの条件がはるかに良かったということにもなりかねません。

したがって、短時間でも毎日働くような事態にすることは避けましょう。短い期間でできるだけ多くの収入を得て、自由な時間と日数をできるだけ増やすのがセミリタイア生活のベストですので、毎週働くにしても1回働くにあたっての時間は多少長くても、働く日数を出来るだけ減らす方向にした方がセミリタイア生活には良いです。

無駄遣いしないこと

アーリーリタイア・早期リタイア後のセミリタイア生活は収入がかなり落ちますし、自由な時間も増えます。しかしそこで無駄遣いをしてしまっては、多少の貯金をしてからアーリーリタイア・早期リタイアをしセミリタイアの生活に入ったとしても、長い目で見たら必ず破綻します。

もちろん、好きなことを楽しんではいけないことはないですし、せっかくのセミリタイアですから好きなことはむしろ楽しみましょう。

ただし贅沢はできませんので、お金をかけてよい物事については、自分自身である程度絞っておく必要があります

まとめ

セミリタイアは、定年前に会社を退職(アーリーリタイア・早期リタイア)し、その後は一定の収入を得るための最低限度の労働のみ行う生活のことです。

この一定の収入は、できるだけ短時間・短期間に集中して仕事をし、まとまった金額を稼げるアルバイトが理想です。最もセミリタイア生活の理想の仕事に当てはまるのは、高額短期バイト、中でもリゾートバイトです。

アルバイトは世の中にたくさんありますので、その中から自分にとってメリットが大きかったり、あるいは向いている仕事をすればよいです。

ただし、収入を得る以上は税金の非課税ラインは意識しておく必要があります。また、いつの間にか毎日働いていたり、無駄遣いをしているようでは、セミリタイアの目的を果たしているとは言えませんので、注意する必要があります。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ