ラーメン屋の事業承継マニュアル!相談先や成功事例を解説!

取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

本記事では、ラーメン屋における事業承継の流れや事業承継を成功させるためのポイントに関して、詳しく解説しています。また、ラーメン屋を事業承継する際におすすめの相談先や成功事例についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. ラーメン屋の事業承継
  2. ラーメン屋の事業承継の流れ
  3. ラーメン屋の事業承継を考える理由・メリット
  4. ラーメン屋の事業承継の相談先
  5. ラーメン屋を事業承継する際の相談先選びのコツ
  6. ラーメン屋の事業承継による成功事例
  7. ラーメン屋を売却する際のポイントとは
  8. ラーメン屋売却の際におすすめのM&A仲介会社
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. ラーメン屋の事業承継

本記事では、ラーメン屋の事業承継ついて、流れ・成功させるポイントを中心に徹底解説していきます。まずは、ラーメン屋の定義・事業承継などの用語について簡単に確認しておきましょう。

ラーメン屋とは

ラーメン屋とは、ラーメンの製造・販売を主事業とする飲食店のことです。現在、日本全国には25,000軒以上のラーメン屋が存在するとされています。新規参入業者も多く、競争が非常に激しい業界です。

国内にあるラーメン屋のうち約8割は、小規模・個人経営で運営されている店舗です。つまり、ラーメン屋業界は大手飲食チェーン店が市場シェアを独占しているわけではなく、多様なニーズに対応したラーメン屋が個々に人気を集めている傾向があります。

事業承継とは

事業承継とは、会社が運営している事業を後継者に引き継ぐ行為です。長期間にわたって事業を継続させるうえで、事業承継は必要不可欠だといえます。

事業承継の方法は、親族内承継・従業員などを後継者とする親族外承継・M&Aによる事業承継の3種類です。

このうちM&Aとは、M&Aは「Merger & Acquisition」の略称であり、企業の買収・合併などの手法を意味しています。株式取得を実施して対象企業を子会社化したり、2社以上が1つの法人格になる行為を総じて、M&Aと呼んでいます。

従来の事業承継は親族や従業員などに事業を引き継ぐケースが大半でしたが、近年はM&Aの実施により第三者に対して事業を売却・譲渡することで事業承継を達成するケースも増えてきています。

【関連】M&Aと事業承継の違いは?メリット・デメリットを解説!

親族内事業承継

事業承継を検討している経営者が自身の子供や親せきなどに事業を引き継ぐ行為を、親族内事業承継といいます。

従来は親族の誰かに事業承継するケースが主流でしたが、近年は数を減らしている状況です。

親族外事業承継

家族や親せきなどを後継者とする事業承継を親族内事業承継と呼ぶのに対して、親族以外の会社関係者を後継者とする事業承継のことを親族外事業承継といいます。

親族外事業承継にあたるのは、例えば、自社の従業員や役員などを後継者とするケースです。普段から会社と関わりがある人物を後継者として指名するため、事業承継後もスムーズに会社経営を進められます。

M&Aによる事業承継

親族内事業承継・親族外事業承継では以前から会社と関わりのある人物を後継者としますが、近年では中小企業を中心に後継者問題が深刻化しています。

経営者の高齢化などに伴い、事業承継を検討しているにも関わらず、適切な後継者が親族内および従業員・役員にいないために、事業承継が進められない状況が増えているのです。

こうした後継者問題を解決する方法として有効なのが、M&Aによる事業承継だといえます。M&Aにより第三者に対して事業を譲渡・売却すると、事業承継を実現させることが可能です。

【関連】事業承継に関する課題と現状を徹底解説!

2. ラーメン屋の事業承継の流れ

ここでは、ラーメン屋の事業承継を行う際の流れを具体的に解説していきます。事業承継の流れは後継者の種類によって異なるため、相違点を把握しておきましょう。

親族内事業承継(親族外事業承継)の流れ

ラーメン屋を親族内事業承継・親族外事業承継する場合、以下の流れで手続きが進められます。

【ラーメン屋を親族内事業承継・親族外事業承継する場合の流れ】

  1. 事業承継計画の策定
  2. 後継者の育成・教育
  3. 資産・株式・許認可などの承継
  4. 個人保証・負債の処理

それぞれの項目を順番に見ていきましょう。

①事業承継計画の策定

ラーメン屋を親族内事業承継・親族外事業承継する場合、まずは事業承継計画を立てる必要があります。

事業承継計画の策定では、財政状態・経営成績・経営者自身の資産などを把握したうえで、後継者候補の決定や事業承継戦略の策定などを行うという段取りです。

事業承継計画の策定により、事業承継をスムーズに進められるうえに、自社の現状を客観的に把握できます。

なお、親族外事業承継を実施する場合、親族に対して親族以外の人物を後継者とする旨を伝えて、あらかじめ了承を得る必要があるため注意しましょう。

親族への報告を疎かにすると、相続問題などにより予期せぬトラブルが起こりかねません。

事業承継で発生しがちなトラブルを未然に防ぐため、親族内事業承継・親族外事業承継を実施する際には、M&A仲介会社などの専門家に相談しながら進めると良いでしょう。

②後継者の育成・教育

事業承継計画が整ったら、後継者候補の育成・教育を進めていきます。後継者となる人物は、これまでラーメン屋経営の経験がなかったり、会社業務について詳しくなかったりするというケースも少なくありません。

後継者としての育成・教育を行わないまま事業承継してしまうと、経営が悪化したり従業員の不満が募ったりするトラブルが考えられます。

一般的に後継者の育成・教育には数年かかるため、スムーズな事業承継を行うには、早い段階から育成・教育の時間を十分に割いておくようにしましょう。

③資産・株式・許認可などの承継

事業承継を行うと、会社が保有する資産なども後継者に引き継がれます。特に経営権と保有資産の引き継ぎ相手が異なる場合は、慎重に手続きを進めなければなりません。

また、株式が役員・従業員などに分散している場合、後継者の経営権を確保するには、あらかじめ株式を集約させる必要があります。

事業承継を進めるうえで、資産・株式・許認可などの承継も必要となることを覚えておきましょう。

④個人保証・負債の処理

事業承継に際して、現経営者に個人保証や担保がある場合、後継者はこれらも引き継ぐことになります。

したがって、親族内事業承継・親族外事業承継を実施する際は、個人保証や負債などの処理・整理を念入りに検討しておかなければなりません。

M&Aによる事業承継

続いて、M&Aによる事業承継の流れについて解説します。

【ラーメン屋をM&Aによって事業承継する場合の流れ】

  1. 仲介会社などへの相談
  2. 事業承継先の選定
  3. 基本合意書の締結
  4. デューデリジェンスの実施
  5. 最終契約書の締結
  6. クロージング

それぞれの項目を順番に見ていきましょう。

①仲介会社などへの相談

M&Aによりラーメン屋を事業承継する場合、まずM&A仲介会社などの専門家へ相談することが一般的です。

事業承継のサポートをM&A仲介会社を依頼する場合、経営者の親族・会社関係者以外の第三者にラーメン屋の情報を教える必要があるため、情報漏洩を防ぐ目的で秘密保持契約書を締結します。

②事業承継先の選定

続いて、事業承継先の選定を行っていきます。全国各地にネットワーク網を構築していたり独自のM&Aマッチングプラットフォームを用意していたりする仲介会社を利用すれば、確実かつスムーズに事業承継先を探し出すことが可能です。

③基本合意書の締結

事業承継先候補と交渉を行い基本方針が決定したら、買い手と売り手の間で基本合意書を締結します。

基本合意書とは最終契約締結までの基本的事項を定めた書面であり、守秘義務・独占交渉権などの規定には法的拘束力が持たせられるケースが多いです。

また、このタイミングで意向表明書の提示が行われるケースもあります。意向表明書とは、事業承継において事業を譲り受ける企業(譲受企業)が事業譲受の意向を譲渡企業に示す書面です。

意向表明書の提示は必須ではありませんが、提示すると円滑なM&Aにつながります。

④デューデリジェンスの実施

基本合意書の締結が行われたら、買い手によりデューデリジェンスが実施されます。デューデリジェンスでは、財務・税務・法務・人事などの観点から、事業承継における譲渡企業の収益性・リスクなどが調査されます。

デューデリジェンスの実施により、M&A実施後のトラブルなどを事前に防げます。

⑤最終契約書の締結

デューデリジェンスの結果、事業承継を進めて問題ないと判断されると、最終契約書の締結を行います。

最終契約書はラーメン屋の事業承継の実施を確定させる書類です。法的拘束力を持つ契約であるため、締結時は内容を念入りにチェックしておきましょう。

⑥クロージング

最終契約書締結が済んだらクロージングとなり、M&Aによる事業承継が完了するという段取りです。

クロージングでは株式や事業などの引き渡し・M&A代金の支払いなどが行われ、経営権が実際に移転します。

【関連】【M&A完全攻略マニュアル】M&Aとは?流れ・成約期間、譲渡額の決め方まで徹底解説!

3. ラーメン屋の事業承継を考える理由・メリット

ラーメン屋を事業承継する理由および事業承継で得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。この章では、主な理由・メリットとして5項目を取り上げて解説します。

【ラーメン屋の事業承継を考える理由・メリット】

  1. 後継者問題の解決
  2. 競合が多く将来の不安解消
  3. 早期リタイアを考えている
  4. 事業承継先の資本力により事業拡大
  5. 創業者として利益を得る

それぞれの項目を順番に見ていきましょう。

①後継者問題の解決

ラーメン屋の事業承継を考える理由・メリットの1つ目は、後継者問題を解決できるという点です。

近年はラーメン屋業界に限らず、国内の中小企業の多くが後継者問題に直面しています。後継者がいないために事業承継できず、高齢の経営者がそのまま事業を継続するケース・廃業を余儀なくされるケースなどが増加中です。

ラーメン屋業界はおよそ8割が個人・小規模経営であり、後継者不足に直面しやすい環境にありますが、M&Aにより事業承継を実施するとこうした問題を解決できます。

【関連】後継者がいない!社長は事業承継で会社を引継ぎする必要がある?選択肢5選!

②競合が多く将来の不安解消

ラーメン屋業界は競争が激化しているほか、近年は関連する飲食業界からの新規参入者も増加しています。

顧客のニーズ変化も激しく、個人・小規模経営のラーメン屋からすると、将来の不安が大きいです。

そのため、将来の不安解消を目的に、ラーメン屋の事業承継を検討するケースも増えています。

③早期リタイアを考えている

もともと経営者が早期リタイアを考えているために、ラーメン屋を事業承継を行うケースもあります。早期リタイアとは、一般的なサラリーマンの退職年齢よりも前に引退する行為です。

個人経営・小規模経営でラーメン屋事業を運営している場合、その店舗をM&Aにより事業承継すれば譲渡・売却益が得られるため、早期リタイアを実現しやすくなります。

【関連】アーリーリタイアとは?成功するポイントや必要な資金・貯金はいくら?

④事業承継先の資本力により事業拡大

ラーメン屋を大手企業に事業承継できればグループの傘下となるため、親会社の資本力を活かした事業拡大が目指せます。

自社のみでの事業拡大が難しい場合には、事業承継先の資本力を利用した事業拡大を目指すべく、事業承継を考えるケースも見られるのです。

⑤創業者として利益を得る

M&Aによる事業承継では事業を第三者に売却・譲渡するため、経営者は譲渡・売却金額を受け取れます。

譲渡・売却した際に受け取るお金はある程度まとまった金額であり、「創業者利益」とも呼ばれます。

創業者利益を獲得すると、新しい事業の資金にしたり引退後の生活費として充当したりできるため、こうした点に魅力を感じて事業承継を検討するケースもあります。

【関連】経営者がM&A・会社売却・事業譲渡する理由15選!

4. ラーメン屋の事業承継の相談先

ラーメン屋の事業承継を成功させるには、M&A・事業承継に関する専門知識・ノウハウなどが必要となるため、M&Aの専門家に相談してサポートを受けることが必要不可欠です。この章では、ラーメン屋の事業承継における相談先を紹介します。

【ラーメン屋の事業承継における相談先】

  1. M&A仲介会社
  2. 地元の金融機関
  3. 地元の公的機関
  4. 地元の税理士・会計士・弁護士など
  5. マッチングサイト

それぞれの相談先を順番に見ていきましょう。

①M&A仲介会社

M&A仲介会社とは、M&Aによる会社売買・事業譲渡などについて、相談・交渉・クロージングまでの仲介業務を全般的にサポートする専門会社のことです。

M&Aを専業としており、知識やノウハウを持ち合わせているほか、案件も豊富に取り揃えていることが特徴といえます。

②地元の金融機関

ラーメン屋の事業承継に関する相談は、地元の金融機関でも行えます。銀行や証券会社のような金融機関の中には、M&A・事業承継に関する専門サポートを提供する部門を設置している機関も少なくありません。

特に地元の金融機関であれば、地域に根付いた幅広いネットワークを持っているため、適切な事業承継相手を見つけやすいです。

③地元の公的機関

地元の公的機関でも、ラーメン屋の事業承継について相談できます。中小企業の後継者不足などの問題解消を目的として、各地の商工会議所などには事業引継ぎ支援センターが設置されているのです。

公的機関であり安心して利用できる点はメリットですが、認知度はそれほど高くないため案件数が少ない点や実際の仲介は他の機関と提携して行う点などはデメリットともいえます。

④地元の税理士・会計士・弁護士など

地元の税理士・会計士・弁護士事務所でも、M&A・事業承継の仲介業務やコンサルティング業務を行っている機関があります。

M&A以外に会計や法務などの専門知識を有している点がメリットですが、すべての士業事務所がM&Aに精通しているわけではないため、相談する際は事前に実績などを確認すると良いでしょう。

⑤マッチングサイト

ラーメン屋の事業承継案件は、マッチングサイトを利用して相手先を探す方法も有効です。マッチングサイトは会社・事業を売りたい人と買いたい人のマッチングを目的としており、利用者が直接やりとりして取引を進められます。

M&Aマッチングサイトは手軽に利用でき、仲介を依頼する場合に比べて安い料金で事業承継を行える点がメリットです。

しかし、交渉などの手続きは基本的に自身で行わなければならないため、予期せぬトラブルが起こる可能性がある点を念頭に置いておく必要があります。

【関連】【中小企業】後継者不足の求人募集におすすめのマッチングサイト16選

5. ラーメン屋を事業承継する際の相談先選びのコツ

前章ではラーメン屋の事業承継でおすすめの相談先を紹介しましたが、M&A仲介会社をはじめとする相談先は非常に多いため、どの会社・機関を選べば良いのかわからないという経営者も多いはずです。

ここでは、ラーメン屋の事業承継における相談先を決める際に意識しておくべきポイント・選び方のコツについて解説します。

【ラーメン屋を事業承継する際の相談先選びのコツ】

  1. 事業承継に精通している
  2. 自店舗と同規模の事業承継実績がある
  3. 事業承継先の選定ができる
  4. 料金体系がわかりやすい
  5. 相性が良い

それぞれのポイントを順番に見ていきましょう。

①事業承継に精通している

ラーメン屋の事業承継を成功させるには、何よりも事業承継に精通している相談先を選ぶことが大切です。

そのため、利用を検討しているM&A仲介会社や公的機関などに、事業承継に精通しているスタッフが在籍しているかどうかを事前に確認しておきましょう。

事業承継に必要な専門的知識を有しているスタッフや、事業承継の仲介業務を行ったことがあるスタッフが在籍していれば、事業承継の成功確率を高められます。

②自店舗と同規模の事業承継実績がある

事業承継の相談先を選ぶ際は、自店舗と同規模の事業承継実績があるかどうかも確認しておくようにしましょう。

自分のラーメン屋と同規模の事業承継実績があれば、事業承継の成功につながるサポートを受けられる可能性が高まります。

③事業承継先の選定ができる

ラーメン屋の事業承継について相談する専門家を決める際は、事業承継先の選定ができる機関を選ぶようにしましょう。

事業承継を成功させるには、自店舗に適切な事業承継先を見つけなければなりません。

そのため、全国各地に幅広いネットワーク網を構築しているなど、スムーズに事業承継先をピックアップできる専門家を利用すると良いでしょう。

④料金体系がわかりやすい

ラーメン屋の事業承継の相談先を選ぶ際は、料金体系がわかりやすいという点も判断基準のひとつです。

料金体系がわかりにくく手数料が高い専門家を利用すると、事業承継を行う際に想定以上の費用がかかるケースもあります。

そのため、料金体系がわかりやすく、低コストでクロージングまでのサポートが受けられるM&A仲介会社や相談先を利用すると良いでしょう。

⑤相性が良い

ラーメン屋の事業承継の相談先を選ぶ際には、スタッフとの相性の良さも重視しましょう。

事業承継手続きをスタートさせてクロージングを迎えるまでには、短くても3か月程度、長い場合には1年ほどの期間が必要となります。

事業承継がクロージングするまでの間、一緒に手続きや交渉を進めるため、自分と相性の良いスタッフがいるM&A専門家を利用した方が成功につながりやすいです。

【関連】事業承継の相談相手・相談窓口20選!無料相談はできる?選び方も解説!

6. ラーメン屋の事業承継による成功事例

ここでは、ラーメン屋の事業承継による成功事例を4つ紹介します。実際にどのような方法・目的でラーメン屋の事業承継が行われているのか、詳しく見ていきましょう。

【ラーメン屋の事業承継による成功事例】

  1. ラーメン天華とケイアイケイフーズによる株式譲渡
  2. ラーメン屋「サバ6製麺所」による株式譲渡
  3. ラーメン屋「ずんどう屋」による株式譲渡
  4. トモスによる株式譲渡

それぞれの事例を順番に紹介します。

①ラーメン天華とケイアイケイフーズによる株式譲渡

ラーメン天華

ラーメン天華

出典:https://tenkagroup.com/

2019年7月、北関東を中心にラーメン屋を展開するラーメン天華および、中華麺の製造・販売を手掛けるケイアイケイフーズは、ギフトに株式譲渡しました。株式売却価額は非公表です。

買収側のギフトは、ラーメン屋事業の展開・顧客ニーズの充足を目的にM&Aを実施しました。

②ラーメン屋「サバ6製麺所」による株式譲渡

ラーメン屋「サバ6製麺所」

ラーメン屋「サバ6製麺所」

出典:https://www.saba6.com/

2018年7月、関西地区を中心に展開しているラーメン屋「サバ6製麺所」は、自社株式の90%をフジオフードシステムに譲渡しました。株式売却価額は非公表です。

売却側のサバ6製麺所は、フジオフードシステムの店舗開発ノウハウを活かしながら、全国・海外展開を図っています。

③ラーメン屋「ずんどう屋」による株式譲渡

ラーメン屋「ずんどう屋」

ラーメン屋「ずんどう屋」

出典:http://www.zundouya.com/index.html

2017年11月、関西・中国地方で人気の高いラーメン屋「ずんどう屋」を運営するZUNDは、丸亀製麺などを展開するトリドールホールディングスに株式譲渡しました。株式売却価額は非公表です。

買収側のトリドールホールディングスは、自社の資金力や店舗開発力を駆使しつつ、ずんどう屋の高速出店を目指してM&Aを実施しました。

④トモスによる株式譲渡

トモス

トモス

出典:http://tomos.co.jp/index.html

2013年10月、ラーメン屋「ちりめん亭」などを運営するトモスは、ケンコーに全株式を譲渡しました。

トモスの親会社であるモスフードサービスは、自社事業の選択・集中を進める目的のもと株式譲渡を実施しています。

【関連】M&A成功事例25選!【2020年最新版】

7. ラーメン屋を売却する際のポイントとは

最後に、M&Aによるラーメン屋の事業承継を成功させるポイントについて見ていきましょう。事業承継を行う上で意識すべきポイントはいくつかありますが、ここでは以下の5点について解説していきます。

【ラーメン屋を売却する際のポイント】

  1. 売却するタイミングを見極める
  2. 事業承継後のお店を考えた相手選び
  3. 譲れない条件をはっきりさせておく
  4. 売却が決まるまで周囲に情報を漏らさない
  5. 適切な相談相手を探す

それぞれのポイントを順番に見ていきましょう。

①売却するタイミングを見極める

ラーメン屋の事業承継を成功させるためにまず意識すべきポイントは、売却するタイミングを見極めることです。

M&A・事業承継は、実施するタイミングの市場動向に大きく影響されます。例えば、ラーメン屋業界の市況が悪いタイミングでM&Aによる売却を実施してしまうと、通常の相場価格よりも低い金額で取引されてしまったり、適切な買収側企業を見つけることができなかったりするおそれがあるのです。

ラーメン屋の売却を成功させたいのであれば、市場動向に注目しつつ、新規参入が活発・市場全体の業績が上昇中・M&Aが活発に行われているなどのタイミングで事業売却を実行しましょう。

②事業承継後のお店を考えた相手選び

ラーメン屋の売却を成功させたいなら、事業承継後のお店を考えて相手を選ぶことも大切です。事業承継は、手続きが完了したら終わりというわけではありません。

もちろん事業承継後もラーメン屋の運営は続くため、承継後に経営状態が悪化してしまい廃業を余儀なくされるといったトラブルは避けたいところです。

そのため、事業承継を実施した後のラーメン屋運営をしっかり行ってくれる相手先を選ぶようにしましょう。

③譲れない条件をはっきりさせておく

ラーメン屋の売却を決めたら、取引において自身が譲れない条件をはっきりさせましょう。

M&Aおよび事業承継の取引では、現経営者が提示した条件がすべて叶わないケースもあります。取引交渉において当事者がお互いに譲り合いながら、両者にとって良いビジネスを目指すことが大切です。

とはいえ、取引条件によりラーメン屋の経営が傾いてしまうおそれもあるため、ラーメン屋を存続させるには、譲れない条件を設定しておかなければなりません。

例えば、経営に欠かせない従業員を大切にしたいなら、「現在以上の給与を保証する」「昇給ルールを設けてもらう」といった条件を設定すると良いでしょう。

④売却が決まるまで周囲に情報を漏らさない

ラーメン屋の売却を進める際には、自店舗に関わる従業員などに売却に関する情報を漏らさないようにしましょう。

なぜなら、従業員の中には、現経営者である貴方のために働いている人もいる可能性があるためです。そこで経営者が変わるという場合、仕事に対するモチベーションが低下し退職につながる可能性があります。

もしも店舗を従業員に完全に任せてしまっている場合において退職されてしまえば、ラーメン屋の経営に大きな支障が及びかねません。

したがって、ラーメン屋を存続させるためにも、従業員から売却に対する理解を慎重に取り付けていく必要があるのです。

売却が確定した後は、上の立場にいる従業員から順番に説明を始めて、理解を得ていくと良いでしょう。

⑤適切な相談相手を探す

ラーメン屋の売却を成功させるには、戦略策定・交渉・手続きなどをサポートしてくれる適切な相談相手が必要不可欠です。

M&Aや事業承継をスムーズに進めるためにも、M&Aの専門家に相談してサポートを受けながら進めると良いでしょう。

ラーメン屋など飲食店業界のM&A実績・ノウハウを持つ専門家であれば、適切なサポートを受けられるため、事業承継・M&Aの成功確率が高まります。

【関連】M&A戦略の策定方法!目的や注意点も解説!事例あり

8. ラーメン屋売却の際におすすめのM&A仲介会社

ラーメン屋の事業承継をご検討の際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は、中小規模のM&A・事業承継案件を取り扱う仲介会社です。

M&A総合研究所では、飲食業界のM&A・事業承継に精通したアドバイザーが専任に就いて、ご相談からクロージングまでをフルサポートいたします。

また、独自のAIシステムを活用したマッチングシステムと培ったノウハウによって、ご希望に合った相手先をお探しし、ご満足のいく成約を目指します

M&A総合研究所は、完全成功報酬制(※譲渡企業様のみ)となっており、着手金は完全無料です。

ご相談は無料にてお受けしておりますので、ラーメン屋の事業承継をお考えの方はどうぞお気軽にご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

9. まとめ

今回は、ラーメン屋の事業承継について解説してきました。ラーメン屋の事業承継を成功させるには、業界動向をしっかりと見極めながら、適切なタイミングで行うことが大切です。

また、事業承継において意識すべきポイントをしっかりと押さえたうえで、専門家のサポートを受けながら手続きを進めていくことも大切だといえます。

【ラーメン屋の事業承継を考える理由・メリット】

  1. 後継者問題の解決
  2. 競合が多く将来の不安解消
  3. 早期リタイアを考えている
  4. 事業承継先の資本力により事業拡大
  5. 創業者として利益を得る

【ラーメン屋を事業承継する際の相談先選びのコツ】

  1. 事業承継に精通している
  2. 自店舗と同規模の事業承継実績がある
  3. 事業承継先の選定ができる
  4. 料金体系がわかりやすい
  5. 相性が良い

【ラーメン屋を売却する際のポイント】

  1. 売却するタイミングを見極める
  2. 事業承継後のお店を考えた相手選び
  3. 譲れない条件をはっきりさせておく
  4. 売却が決まるまで周囲に情報を漏らさない
  5. 適切な相談相手を探す

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事