事業譲渡とは?メリット、手続きの方法・流れ、株式譲渡との違いを解説

企業情報第二部 部長
向井 崇

銀行系M&A仲介・アドバイザリー会社にて、上場企業から中小企業まで業種問わず20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、不動産業、建設・設備工事業、運送業を始め、幅広い業種のM&A・事業承継に対応。

事業譲渡とは会社譲渡とは異なり、特定の事業売買を行う方法です。事業売買を検討している際は、事業譲渡の基本や手続きの流れをあらかじめ把握しておくと計画的に進められます。この記事では、会社譲渡と事業譲渡の違い、必要な手続きなど事業譲渡の基本を解説します。

目次

  1. 事業譲渡とは?概要・定義を紹介
  2. 事業譲渡を選ぶメリット
  3. 事業譲渡を選ぶデメリット
  4. 事業譲渡と株式譲渡、会社分割の違い
  5. 事業譲渡の手続きを行う方法・流れ
  6. 事業譲渡の費用・税金
  7. 事業譲渡における会計処理
  8. 事業譲渡の契約書作成に関する注意点
  9. 事業譲渡の成功事例3選【2021年最新】
  10. 事業譲渡に関するおすすめの相談先
  11. 事業譲渡のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 事業譲渡とは?概要・定義を紹介

事業譲渡とは、企業が運営している事業を対象に、範囲を指定して売買するM&A手法です。株式譲渡とは違い企業をまるごと売買するわけではありません。そのため経営権は保有したままとなります。

事業譲渡の対価は多くのケースで現金ですが、受け取るのは経営者ではなく会社である点には注意してください。

事業譲渡を行う際の注意ポイント

事業譲渡は資産や負債、雇用などの移転をするために、1つずつ手続きを行います。そのため手続きが複雑になり、コストが大きくなりやすいです。

従業員との雇用契約を改めて結び直したり、債務を継続させる場合は、債務者からの個別の承諾が必要になったりします。不動産が含まれる場合は登記手続きも必要になるため注意しましょう。

事業譲渡を行う手法・種類

事業譲渡の手法は以下の2通りです。

  • 全部譲渡
  • 一部譲渡

全部譲渡の場合は、売り手側の事業を全て譲渡します。一方の一部譲渡は、売り手側の事業から一部門だけを譲渡する手法です。

以上の通り、事業譲渡では売り出したい特定の事業だけを、売り手側が選択できます。そのため事業改革の一環として、事業の絞り込みをする場合にも有効です。

事業だけを譲渡するため、引き続き会社経営もできます。

2. 事業譲渡を選ぶメリット

事業譲渡を選ぶメリットについて、売り手側と買い手側のそれぞれの立場から検証します。

売り手側のメリット

ここからは、事業譲渡の売り手側(譲渡側)のメリットを詳しく説明します。

後継者問題を解決できる

事業譲渡では、後継者問題を解決できます。事業譲渡をすれば事業の持ち主が変わるのみで、事業を存続させられるためです。

もし社長の引退で会社を清算する場合、これまで雇っていた従業員・商品を販売していた顧客・取引先などに迷惑がかかります。「将来性のある事業は継続させたい」といったときに、事業譲渡は適した手法です。

法人格を継続して使える

事業譲渡をした場合、法人格を継続して使えます。そのため、「A事業は売却したいけどB事業は同名の法人格として継続させたい」といった場合に適した手法です。

既存の事業を全て売却したうえで、同名の法人格で新しい事業を始められます。現在保有する会社の法人格を継続して使いたいときには、事業譲渡を選びましょう。

会社経営における選択と集中ができる

事業譲渡を行うことで、会社経営における選択と集中ができます。事業譲渡は株式譲渡と異なり、事業を切り出して売却できるためです。

事業譲渡で得た利益を会社の資金として、残した事業に注力もできます。不採算事業やメインでない事業を切り離し、採算のある事業に集中できる体制を構築できます。

負債があっても譲渡先が見つかりやすい

会社全体を譲渡する場合は、負債まで引き継ぐことになります。しかし買い手としてはできるだけ負債を引き継ぎたくはありません。

事業譲渡では、売りたい事業だけを譲渡し、残したい資産や事業は手元に残せます。そのため会社全体で見たら負債を抱えている場合でも、譲渡先の見つけやすい事業だけを選別して譲渡が可能です。

【関連】中小企業の後継者問題とは?原因や解決策・対策を徹底解説!

買い手側のメリット

一方、事業を譲り受ける買い手側(譲受側)にもメリットはあります。事業を譲り受けたときの買い手側のメリットは、主に以下の2つです。

取得したい資産を選べる

買い手にとって最大のメリットは、取得したい資産を選べることです。事業譲渡の場合、契約時に買い手と売り手で何を承継するのか選別できます。そのため、会社にとって必要な資産だけを承継できるのです。

これにより、事業譲渡の実行時点では予見できない簿外債務や偶発債務などの承継も回避できます。承継したくない資産や負債があれば、売り手との協議で承継しないようにしましょう。

節税効果がある

買い手は、事業譲渡を選択することで節税効果が期待できます。譲受した償却資産やのれんを償却することで、資金流出のない損失が計上されるため、他の手法と比べると節税効果があるのです。

のれんや償却は、後の会計処理の章で詳しく説明します。

【関連】会社売却・M&Aで問題になる簿外債務とは?粉飾発見方法と対処方法

3. 事業譲渡を選ぶデメリット

事業譲渡を選ぶとデメリットもあります。デメリットについて、売り手側と買い手側のそれぞれの立場から検証します。

売り手側のデメリット

ここではまず、事業譲渡のおける売り手側(譲渡側)のデメリットを説明しましょう。メリットだけでなく、デメリットも理解できれば、事業譲渡の効果をより高められるはずです。

手続きが複雑になる

事業譲渡の手続きは、複雑かつ手間がかかります。事業をそのまま承継させるわけではないため、買い手からすると取引先や従業員との契約も1つずつ契約し直さなければなりません

例えば、事業譲渡をすると従業員の雇用契約は全て白紙です。そのため、買い手企業は改めて雇用契約を結ぶ必要があります。

一方の売り手からすると、債権者保護手続きは不要ですが、個別で債権者の同意が必要です。このように、一つひとつ契約を巻き直す必要があるため、手続きが複雑になります。

譲渡範囲の決定が難しい

事業譲渡では、譲渡範囲の決定が困難とされています。理由は「何を承継させて、何を承継させないか」細かく決める必要があるためです。

売り手は負債も承継してほしいと考えます。しかし買い手側は、負債や不要な資産は承継したくないと考えるのが当然です。

このように、双方の意見が食い違う可能性が高いため、譲渡範囲の決定が難しくなります。

競業避止義務を負う(売り手会社)

事業譲渡した会社は、20年間にわたって同一の区域内や隣接する市町村の区域内において、譲渡事業と同一の事業を行うことが禁止されます。そのため、事業譲渡後も同じ事業を行う予定がある会社は注意が必要です。

譲渡利益に法人税が課される

事業譲渡で譲渡代金を受け取ると、売り手の企業には法人税や住民税などの税金が課されます。課税対象はあくまで譲渡により発生した利益に対してです。売り手に多額の繰越欠損金がある場合や、役員の退職金を損金計上できる場合があります。

そのためケースによっては譲渡の対価を受け取ることで、課税金額が減って手取りが増える可能性があります。

【関連】事業譲渡をする際の会社法上の注意点は?定義・手続きから特別決議・競業避止義務も解説!

買い手側のデメリット

事業譲渡のおける売り手側(譲渡側)のデメリットは前述したので、次に買い手側(譲受側)のデメリットを説明しましょう。

デメリットは譲受側の企業にとってリスクとなるので、デメリットを理解するのはリスク管理にもつながります。事業を引き受ける譲受側にとっては、特に3つのデメリットを認識する必要があります。

譲受完了までの手間が大きい

事業譲渡では、譲受対象となる資産・負債について、それぞれの契約を結び直さなければなりません。譲渡側の企業が所有する資産に抵当権が付されていたり、担保になっていたりするようなケースでは、特に契約の結び直しに時間が必要です。したがって、事業譲渡が完了するまでに大きな手間がかかります。

譲渡対価の支払いに消費税が課される

事業譲渡では、譲渡対価の支払いに消費税が課されます。消費税の負担は買い手が、税務署への納付は売り手が行います。消費税は譲渡資産に対して課される税金です。仮に法人税でいう譲渡益がマイナスでも、消費税はかかるため注意しましょう。

ただし消費税には課税になる資産と、非課税になる資産があります。例えば有価証券や債権は非課税です。そのため株式譲渡の場合は消費税がかかりません。

資金調達する必要がある

買い手会社は、ほしい事業を買うための資金を調達する必要があります。事業譲渡の買収資金だけでなくその後の運用資金も当然に必要となるため、先を見据えた資金調達が必要になるでしょう。

事業譲渡の実施後には人件費や運営費など継続した資金調達が必要となる可能性もあるため、計画的な事業譲渡の実施が重要です。

4. 事業譲渡と株式譲渡、会社分割の違い

事業譲渡には似たような言葉として、株式譲渡や会社分割があります。しかしいずれも事業譲渡とは異なる性質を持つ手法です。

事業譲渡は、会社法上の組織再編行為に該当しません。合併や会社分割などの他の組織再編行為と比較して債権者保護手続きが不要となるケースや、資産・負債を個別の契約によって移転させるので、簿外債務について買い手は承継する義務を負わないなどの特徴があります。

ここでは、事業譲渡とその他の手法の違いや、事業譲渡を選ぶべきケースを解説します。

事業譲渡と株式譲渡の違い

株式譲渡とは、会社を売買する際に使われるM&A手法の1つです。

事業譲渡とよく混同されるケースが多いものの、事業譲渡と株式譲渡では、譲渡先に譲渡する対象が全く異なるので注意が必要です。株式譲渡は会社の所有権を譲渡しますが、事業譲渡は会社が保有する個別の財産を譲渡する違いがあります。

事業譲渡では、会社が展開している事業を切り離して譲渡先に売却します。そのため、事業を構成している財産について個別の契約を譲渡先と結ばなければなりません。その結果、譲渡のための手続きが煩雑になり、コストがかかりやすいデメリットがあります。事業譲渡は、その分、譲渡側の業績が悪い場合でも、譲渡が成立しやすいのが最大のメリットです。

一方、株式譲渡は会社全体を売買します。株式の移転が基本となる手続きであるため、事業譲渡と比べると簡単かつコストがかかりません。しかし、会社の所有権を移譲しているので、株式譲渡手続き完了後は基本的に会社のオーナーが変わります。

基本的には株式譲渡での売買が難しい場合に、事業譲渡を用いることが多いです。

事業譲渡が選ばれやすい場合

事業譲渡は会社法上の組織再編行為に当たりません。したがって、会社法で規定されている債権者保護手続きを行わずに済みます。この意味で、事業承継は会社法上は簡易的な手続きで事業を譲渡できるのです。

経営破たん寸前の企業や負債超過状態となった企業ほど、事業譲渡を選ぶのはこのためです。つまり、経営状態が悪い会社ほど、機動的な資金確保のために事業譲渡を選択する傾向にあります。

株式譲渡が選ばれやすい場合

譲渡先がプライベート・エクイティファンドといったファンドである場合、その会社の株式を取得して会社の意思決定機関である株主総会における過半数以上を確保して経営権を獲得します。その後、会社を成長させて、上場を目指したり、株価の向上を目指したりするわけです。

したがって、このような場合には、会社全体の経営権を取得すべく、株式譲渡という形態の組織再編行為が行われます。

事業譲渡と会社分割の違い

会社分割とは、会社内の事業を整理したり事業を独立させたりするために使われる手法です。事業譲渡と性質は似ていますが、会社分割は自社のみでも行えます。

会社分割は自社の事業の全部、あるいは一部を他社へ吸収させる吸収分割と、新設の会社に承継させる新設分割に分かれます。

事業譲渡は譲渡対象の契約に対して、承継には個別の同意が必要です。会社分割の場合は契約も全て引き継がれるため、個別の同意は必要ありません。

事業譲渡と営業譲渡の違い

営業譲渡は、旧会社法の元で使用されていた言葉です。現在は会社法の改正によって呼称が事業譲渡に改められたため、営業譲渡と事業譲渡は本質的に同義といえます

基本的には営業譲渡ではなく事業譲渡という言葉を用いますが、商法が適用されるケースでは現在でも営業譲渡と呼称することが多いでしょう。

事業譲渡と事業承継の違い

事業承継も事業譲渡と類似する言葉ですが、両者の意味は大きく異なります。事業承継は後継者を見つけて新たな経営者に据える行為です。一方で、事業譲渡は会社が営む事業の一部または全部を売り渡す行為です。

つまり、すでに後継者が決まっているケースや会社をまるごと売却したいケースでは事業承継が、後継者が決まっていないケースや会社の外枠は残しておきたいケースでは事業譲渡がそれぞれ採用されます。

事業譲渡をするならM&A総合研究所へ!

事業譲渡を検討している場合は、M&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所は、アドバイザーが事業譲渡をフルサポートしているM&A仲介会社です。専門家による手厚いコンサルタントが受けられるため、安心してお任せいただけます。

M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。 会社売却・事業譲渡に関して、無料相談をお受けしていますのでお気軽にお問い合わせください。

事業譲渡を選ぶべきケース

事業譲渡と株式譲渡、会社分割の違いを説明してきました。しかし、どのようなときに事業譲渡を選ぶ必要があるかわからない人もいるはずです。

以下のケースでは、事業譲渡を選ぶとメリットが大きくなるため検討の参考にしてください。
 

  • 売り手企業が法人を継続したいとき
  • 会社の全ての資産・債務を譲渡したくないとき

上記2つに当てはまる場合には、事業譲渡を選ぶことで解決します。他のM&Aの手法では、上記のような希望はかなわないため注意しましょう。

【関連】会社譲渡とは?手続きやメリット、リスクを解説!相場や案件一覧あり

5. 事業譲渡の手続きを行う方法・流れ

ここでは実際に事業譲渡するときの流れを確認しましょう。事業譲渡をする手続きは、大きく10のステップに分けられます。
 

  1. M&Aアドバイザーとの契約
  2. 買い手企業探し
  3. 意向表明・基本合意
  4. デューデリジェンス
  5. 事業譲渡契約の締結
  6. 臨時報告書の提出
  7. 公正取引委員会への届出
  8. 株主への通知・公告と株主総会の特別決議
  9. 監督官庁による許認可
  10. 名義変更の手続き

順番に事業譲渡の流れを確認しましょう。

①M&Aアドバイザーとの契約

まずはM&Aアドバイザーとアドバイザリー契約を結びましょう。

M&Aアドバイザーは、総合的にサポート・アドバイスを担当してくれるコンサルタントです。複雑な手続きを請け負うほか、事業譲渡のリスクまで丁寧に調べてくれます。そのため、安全に事業譲渡を進めるためにも依頼しておきましょう。

M&Aアドバイザーは具体的な戦略・スケジュールを策定してくれるため、情報漏えいによるトラブルの防止も可能です

M&Aアドバイザーに心当たりがない、相談機関がわからないのであれば、M&A総合研究所の無料相談をご利用ください。

M&A総合研究所にはM&Aアドバイザーが在籍しており、ご相談からクロージングまでをサポートいたします。無料相談を随時お受けしておりますので、お気軽にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

②買い手企業探し

M&Aアドバイザーから買い手となる企業をいくつか紹介してもらった後は、自社にとって最適な相手先を探してみましょう。

M&Aを検討している場合、明確な目的が定まっているはずです。買い手となる企業として自社の目的を達成できる会社を選ぶ必要があるため、アドバイザーに対して意見を伝えましょう。

最適な相手を見つけられれば、必要な書類を作成して打診します。打診はアドバイザーが主軸となって動くため、手続きは難しくはありません。

売買相手が今後も話し合いをして前向きに検討したい旨の意思が届いたら、重要な情報のやり取りも含めた交渉に進みます。

機密情報をやり取りするため、秘密保持契約を締結して外部へ情報が漏えいしないようにしましょう。

③意向表明・基本合意

秘密保持契約を問題なく締結したら、社名から内部情報までを取り交わしつつ詳細に話し合いをします。

まず行うのは、お互いが今後も話し合いを進めたい意向を表明していくプロセスです。基本的には意向表明後は、経営者同士がトップ面談を行います。アドバイザーに依頼していれば、立ち合ってもらうことも可能です。

トップ面談では、売買の理由から方針に至るまで幅広く話して交流を深めます。お互いが意気投合すれば、ある程度の売買内容をまとめて基本合意契約を結びます。

この後の手順からは、本格的に調査や手続きが進んでいくため、念入りに確認しましょう。

④デューデリジェンス

基本合意契約を結んだ後は、非常に重要な手続きの1つであるデューデリジェンスがあります。

デューデリジェンスでは、買い手が売り手企業を調べることで、簿外債務の存在から財務状況までを幅広く確認します。このとき、買い手は失敗しないようにリスクも念入りに調査するのです。

正しく行われることでお互いが納得して進められるため、資料提出などの場面で協力して進めるようにしてください。

ここで問題が起きなければ、調査内容を精査して売買条件に盛り込みます。

⑤事業譲渡契約の締結

それぞれの会社の取締役会決議で事業譲渡の承認が下りた後は、事業譲渡契約を締結します。事業譲渡契約書には、以下の内容が必要です。

  • 効力発生日(事業譲渡する日)
  • 買い手企業が売り手企業の株主に対して交付する対価
  • 対価の算出方法

その他、新役員の選任や株主総会の日時など、双方において必要と判断される内容を盛り込むこともあります。

⑥臨時報告書の提出

有価証券報告書を提出している企業の場合、臨時報告書の提出が必要となる場合があります。以下の条件に当てはまる場合は、臨時報告書の作成と提出が必要であるため注意しましょう。

  • 事業譲渡によって、純資産額が30%以上増減する場合 
  • 事業譲渡によって、売上高が前年比で10%以上増減することが予想される場合

いずれかの条件に当てはまる場合は、臨時報告書を国に提出してください。

⑦公正取引委員会への届出

国内売上高の合計額が200億円を超えている買い手企業は、公正取引委員会への届出が必要となる場合があります。以下の条件に当てはまる場合には、公正取引委員会への届出が必要であるため注意しましょう。

  • 国内での売上が30億円を超えている企業の買収
  • 売り手事業の重要な部分を含み、また上記の売上に該当する企業の買収
  • 固定資産の全て・売り手事業の重要な部分を含み、固定資産による売上が30億円を超える企業の買収

届出の受理後30日間は、事業譲渡を行ってはいけない決まりがあります。ただし、公正取引委員会が認めた場合に限り、禁止期間を短縮することも可能です。

⑧株主への通知・公告と株主総会の特別決議

株主に対しては、事業譲渡に関する通知・公告をする必要があります。通知・公告は、事業譲渡をする20日前までに必要です。

事業譲渡に反対する株主に対しては、株主買取請求を行う機会を与えるために通知・公告を行います。売り手企業および買い手企業双方の株主総会で、事業譲渡契約の承認を得るプロセスが必要です。

株主総会による承認は、事業譲渡をする前日までに受けます。この承認では、議決権の3分の2以上の確保が必要です。反対した株主から株式の買い取り請求があったときには、応じる必要があるため注意してください。

⑨監督官庁による許認可

事業内容によっては監督官庁による許認可がなければ、買い手企業が営業できない事業もあります。許認可が必要な事業を譲り受ける場合には、買い手企業が許認可を再度取得しましょう。

⑩名義変更の手続き

最後に、財産・債務・権利・契約などを移転するための名義変更手続きを行います。

登記が必要な財産や従業員の雇用契約手続きは買い手企業が行いますが、売り手企業でも必要な情報の開示や資料作成が必要です。できるだけスムーズに承継できるよう、準備を進めておきましょう。

【関連】事業譲渡の手続き・流れやスケジュールを徹底解説!期間はどれぐらい?

6. 事業譲渡の費用・税金

ここからは事業譲渡の際にかかる費用と税金を説明します。以下では、まず事業の売り手側(譲渡側)にかかる税金として消費税と法人税をまとめました。事業の買い手側(譲受側)にかかる税金としては消費税がかかり、必要に応じて不動産取得税・登録免許税がかかります。

譲渡金額の算出方法

事業譲渡の譲渡金額を算定する際には、一般的に「譲渡資産時価+営業権」という計算式が用いられます。この計算式で導き出される金額は、「事業譲渡における適正価格」と考えられるのです。

譲渡する事業の「時価純資産」に、その事業の収益力を反映する「営業権(のれん代)」を加算します。これにより「コストアプローチからなるバリュエーション」と「インカムアプローチからなるバリュエーション」をうまく合わせて算出できます。

営業権は、事業が生み出す正常利益の2年~3年分の金額を用いるのが一般的です。ただし、対象事業の業界・買い手のニーズ・事業規模・事業の安定性などにより営業権の算定方式は異なります。

具体例を挙げると、競争環境が厳しく市場が不安定とされる外食業界・建設業界では1.5年分で計算されるケースが多いでしょう。その一方で、参入障壁が高い病院・クリニックや、最先端技術を扱える人材を持ったソフトウエア業界では5年分で評価されるケースが多くあります。

【関連】事業譲渡の金額・価格の算定方法を解説【事例あり】

売り手側の税金

売り手側が支払う税金は、消費税と法人税です。それぞれの特徴を見ましょう。

消費税

事業譲渡で売り手側が支払う税金の1つ目が、消費税です。

消費税とは、譲渡する資産に対して発生する税金です。事業譲渡では事業に必要なさまざまなものを売却します。売却する中に課税対象の資産が含まれているときに消費税が発生します。

事業譲渡で渡したものの中に消費税法で定められている課税資産が入っているなら、消費税の支払いを行いましょう。ここでは、課税資産と非課税資産を分けてから計算することがポイントです。

消費税は、事業譲渡による利益がプラスの場合にだけ発生するわけではありません。事業譲渡の利益がマイナスの場合でも消費税の支払いが発生する可能性があるため、気をつけましょう。

法人税

事業譲渡で売り手側が支払う税金の2つ目が、法人税です。

法人税とは、事業譲渡で手に入れた利益に対して発生する税金です。事業を売った側の企業は、事業譲渡した分の対価を受け取っているため法人税を支払う必要があります。

事業譲渡で得た利益は、事業譲渡の対象となった当該事業の資産と負債の差額を超えている部分の売却金額です。つまり、「事業譲渡で得た利益=売却金額−譲渡資産の簿価」という関係になっています。

売却金額がそのまま事業譲渡で手に入れた譲渡益となるわけではない点に注意しましょう。

法人税には法人住民税・地方法人税・事業税といった種類がありますが、実際にはそれぞれの税率を合計した額の割合となる実効税率を使って計算します。

買い手側の税金

買い手側が支払う税金は、消費税・不動産取得税・登録免許税です。こちらもそれぞれ見ましょう。

消費税

事業譲渡で買い手側が支払う税金の1つ目が、消費税です。

売り手側のときと同様、消費税は譲り渡してもらう資産に対してかかります。買い手側の場合でも、買収する資産の中にある課税資産に対して消費税は発生するのです。事業譲渡で支払うことになる消費税は、納税について注意しましょう。

消費税は事業の買い手側が消費税を売り手側に渡して、売り手側が申告と納税を行う仕組みです。事業を売却する企業から買い手側は消費税を請求されますが、支払う前に金額を確認してください。基本的に、事業を買うための金額と一緒に請求されるケースが多いです。

不動産取得税・登録免許税

事業譲渡で買い手側が支払う税金の2つ目が、不動産取得税と登録免許税です。

不動産取得税は、不動産を手に入れたときに支払うことになる税金です。不動産とは、土地や建物を意味します。事業譲渡で不動産を手に入れることになったら、不動産取得税を支払う準備しましょう。

不動産取得税では、手に入れた不動産の固定資産税評価額の4/100の部分に税金が課されます。

登録免許税とは、登記手続きを行うときに支払うことになる税金です。事業譲渡に限りませんが、不動産を手に入れたら所有権を登記する必要があります。

事業譲渡によって不動産を手に入れた場合には、不動産取得税だけではなく登録免許税の支払いも必要なので忘れないようにしましょう。

【関連】事業譲渡・事業売却でかかる税金の種類や相場!節税方法も解説!

7. 事業譲渡における会計処理

事業譲渡をした場合、譲渡した事業は資産として扱うため、会計処理も適切に行う必要があります。売り手企業と買い手企業に分けて、会計処理を確認しましょう。

売り手企業の会計処理

最初に、売り手企業の会計処理方法を確認しましょう。

事業の株主資本相当額と実際の売却対価との間で差額が発生した場合には、移転損益として扱います。つまり、譲渡益=移転損益となるのです。

事業譲渡によって支出が発生した場合は、その事業年度の費用で処理する必要があります。ここからは、具体的な仕訳の例を確認しましょう。
 

  • 譲渡資産の帳簿価格:500万円
  • 譲渡負債の帳簿価格:200万円
  • 付随費用:50万円
  • 譲渡価格:400万円
 
借方 貸方
譲渡資産 500万円 譲渡負債 200万円
移転損益 100万円 現預金 400万円
現預金 50万円 付随費用 50万円

上記のように、譲渡益は移転損益として会計処理をします。

買い手企業の会計処理

続いて、買い手企業の会計処理方法を確認しましょう。

買い手企業の会計処理では、のれんを加味しましょう。買い手企業の個別財務諸表に、買収した事業の純資産(資産・負債)を時価で入れたうえで、のれんを計上する必要があります。

のれんとは、買収した事業の純資産の時価と取得原価の差額のことです。基本的に買収した事業の資産と負債の時価よりも、取得原価の方が高い価格となります。なぜなら、買収した事業のブランド力・ノウハウ・従業員の能力・特許などは純資産に反映されておらず、その分を上乗せして取得原価を決めているためです。

のれんは、無形固定資産として計上します。ここからは、具体的な仕訳の例を確認しましょう。

  • 譲受資産の時価:400万円
  • 譲受負債の時価:100万円
  • 取得原価:500万円 
 
借方 貸方
譲受資産 400万円 譲受負債 100万円
のれん 200万円 取得原価 500万円

このように、譲受資産から譲受負債・取得原価の差額をのれん代として会計処理します。

事業譲渡のご相談ならM&A総合研究所にお任せください

事業譲渡を検討しているのであれば、M&A総合研究所へ相談しましょう。

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーが事業譲渡をフルサポートしているM&A仲介会社です。

M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。会社譲渡・事業譲渡に関して、無料相談をお受けしていますのでお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する
【関連】事業譲渡の税務仕訳(会計処理)とのれんの税効果・償却期間まとめ!

8. 事業譲渡の契約書作成に関する注意点

事業譲渡の契約書の作成時に注意しなければ、後々トラブルに発展するおそれがあります。注意点は、以下の3つです。
 

  1. 譲渡範囲
  2. 従業員の転籍
  3. 免責登記

①譲渡範囲

事業譲渡の契約書にサインする前には、譲渡範囲が明確であるか確認しましょう。譲渡するのかしないのか不明確な資産・負債があると、トラブルになりかねません。

事業譲渡をする場合、対象となる財産には資産・債権・債務が挙げられます。事業譲渡契約書には、買い手企業に承継する資産・債権・債務を特定する目録を作成することが一般的です。

例えば、不動産であれば、住所地まで特定します。第三者が見ても「あの不動産のことだ」とわかるような目録を作りましょう。

取引先の契約は原則として引き継がれません。引き継ぐためには、取引先の同意が必要ですので合わせて注意しましょう。

②従業員の転籍

従業員をどのように扱うのか、事業譲渡契約書で決定しましょう。

譲渡する事業で働く従業員との雇用契約は、従業員の同意がない限り承継させられません。そのため、従業員の処遇は2つのパターンが取られます。

  • 一人ひとりから同意を得て、買い手企業へ転籍させる
  • 転籍させずに、違う事業部で継続して雇用する

基本的には、事業を運営するためにも買い手企業へ転籍させるケースが多いでしょう。その場合には、転籍後の処遇をしっかりと定める必要があります

以上のことから、事業譲渡契約書に処遇を明記しましょう。

③免責登記

事業譲渡では、商号継続時の免責登記をするのかしないのかも明確にしましょう。商号継続時の免責登記は、売り手企業の持つ未払い債務の責任を免除するときに必要です。

原則として買い手企業が商号や屋号を承継する場合には、事業譲渡前の未払い債務の責任を負うことが会社法上で定められています。なぜなら、事業譲渡がされたことで、取引先に不利益が被らないようにするためです。そのため、買い手企業には事業譲渡前に発生した債務の弁済責任が発生します。

しかし、商号続用時に免責登記をすれば、買い手企業は事業譲渡前に発生した債務の弁済責任は必要ありません。事業譲渡契約に免責登記が記載されている場合、しっかりと検討しましょう。

【関連】事業譲渡・事業売却の際の社員・従業員の待遇まとめ!退職金や給与はどうなる?

9. 事業譲渡の成功事例3選【2021年最新】

事業譲渡に関して解説してきましたが、実際にはどのような事例があるのでしょうか。本章では、2021年にあった事業譲渡の成功事例を3つ紹介します。

①宮崎交通による宮崎トヨタ自動車への事業譲渡

宮崎トヨタ自動車

出典:https://www.miyazakitoyota.jp/

宮崎交通は、オーシャンブルースマートと共同で運営するシェアサイクル「PiPPA」の事業を、宮崎トヨタ自動車に譲渡しました。

宮崎交通はコア事業に経営資源を集中させる事業改革に取り組んでおり、その改革の1つが「PiPPA」事業の売却です。宮崎トヨタ自動車がすでにカーシェア事業を行っていることや、MaaS実証実験で宮崎交通と連携していたことなどを理由に譲渡を決めます。

事業譲渡は2021年7月に成立しました。

②M&Aファーストによるauc-oneへの事業譲渡

auc-one

出典:https://kuchikomi-cashing.net/company/

M&Aファーストが運営するVODメディア「バラエティ&ドラマ見逃し動画辞典」の事業を、auc-oneに譲渡しました。

買収の経緯としてはauc-oneが新型コロナウイルスの流行による外出自粛の長期化から、auc-oneが今後動画配信の需要が増えることを見越したためです。

事業譲渡は2021年2月に成立しました。

③peekabooによるアイラッシュガレージへの事業譲渡

アイラッシュガレージ

出典:https://www.eyelashgarage.jp/

peekabooが、アイラッシュ専門メディア「Beaute(ボーテ)」の事業を、アイラッシュガレージに譲渡しました。

アイラッシュガレージは、「Beaute」の専門性はそのままに、自社や親会社のビューティガレージの顧客基盤を生かした、相乗効果を期待して買収します。事業譲渡は2021年1月に成立しました。

10. 事業譲渡に関するおすすめの相談先

事業譲渡でお悩みならM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所は、これまでスピーディーなM&A成立を手掛けてきた実績と経験を持ったアドバイザーが多数在籍する仲介会社です。

多くのリスクを抑えつつ、事業譲渡で得られるメリットを大きくするようにM&Aアドバイザーがフルサポートいたします

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。まずはご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

11. 事業譲渡のまとめ

事業譲渡とは、会社全体ではなく特定の事業のみを売買する行為です。事業全てを移譲する必要はなく、目的に合わせて事業の全てや事業の一部を売買する行為を、事業譲渡と呼んでいます。

メリットや手続きの流れ、注意点を把握したうえで、事業譲渡する必要があるか十分に検討しましょう。

事業譲渡すると決断した場合には、M&Aアドバイザーに相談してください。上手にM&Aアドバイザーを頼りながら、自社の成長に向けて事業譲渡を成功させましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事