機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継!おすすめ仲介会社は?【売却相場/譲渡事例あり】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

本記事では、機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継・譲渡・売却について解説します。機械設計・機械設計技術者派遣の売却相場や譲渡事例、M&A・事業承継を成功させるポイント、そしておすすめの仲介会社などもご紹介します。

目次

  1. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継・譲渡・売却
  2. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を行う際におすすめの仲介会社
  3. M&A仲介会社の主な役割
  4. 機械設計・機械設計技術者派遣の業界動向
  5. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継時の売却相場
  6. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継・譲渡・売却事例
  7. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を成功させるポイント
  8. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継にお悩みなら
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継・譲渡・売却

機械設計技術者派遣のM&A

まず、この章では、機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継・譲渡・売却について、基本的な用語の意味を解説します。

機械設計技術者派遣や、M&Aに関する基本的な意味を押さえてから読み進めると理解しやすいでしょう。

機械設計・機械設計技術者派遣とは

機械設計とは、自動車や家電、精密機械や重工業機械などの機械を設計することです。そして、日本機械設計工業会(JMDIA)が実施する機械設計技術者試験に合格した人のことを、機械設計技術者と呼びます

機械設計技術者派遣とは、機械設計技術者を派遣すること及びその事業をいいます。自動車から精密機械、そして航空機まで、さまざまな機械を設計する企業に技術者を派遣しています。

M&Aとは

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「合併と買収」となります。

会社や事業の買収・合併・分割などを表す言葉で、事業譲渡・株式譲渡・吸収合併・会社分割など、さまざまな手法があります。

M&Aといえば、昔は海外企業や大企業を中心に行われていましたが、近年は中小企業でも活発に行われるようになっています

【関連】MアンドAとは?流れや成功ポイントをわかりやすく解説【案件あり】

事業譲渡・売却とは

事業譲渡または事業売却とは、会社の事業を他の企業に譲り渡し、その対価として現金などを受け取るM&A手法のことです。

事業そのものを譲渡するという点で、株式を売買する株式譲渡とは異なります。手続きは株式譲渡より煩雑ですが、不必要な事業だけ譲渡して必要な事業は残すことができるのがメリットです。

【関連】事業譲渡とは?会社譲渡との違いや手続きの流れを分かりやすく解説!

事業承継とは

事業承継とは、会社の現経営者が引退し、経営を後継者に譲り渡すことを指します。

前節で解説した事業譲渡はM&A手法の名前ですが、事業承継はM&A手法の名前ではなく、単に事業を承継すること自体を指す言葉です。

事業承継は誰に事業を引き継ぐかによって、以下の3種類に分けることができます

【事業承継の種類】

  1. 親族内事業承継
  2. 親族外事業承継
  3. M&Aによる事業承継

親族内事業承継

親族内事業承継とは、現経営者の子供を始めとする親族に事業を承継する方法をいいます。

事業承継してくれる親族がいるか、経営者としての資質があるかなどが注意点ですが、そこをクリアして適切な後継者を据えることができれば、親族という安心感は大きなメリットになります

事業承継では、会社の資産も後継者に引き継ぐので、他の親族と相続でトラブルにならないように考慮する必要があります

親族外事業承継

親族内に承継候補が見つからない場合は、親族以外の人に事業承継してもらわなければなりません。そこで会社の従業員や役員など、社内の人間を後継者に据えるのが親族外事業承継です

社員は親族ほどの親密さはないかもしれませんが、それでも長年会社に勤めている人間なら信頼関係もありますし、経営者としての資質も見極めやすいでしょう。

M&Aによる事業承継

社内の人間にも承継候補が見つからない場合は、M&Aで第三者への事業承継を模索することになります。

M&Aによる事業承継では、M&A仲介会社などを通して承継先候補を探し、お互いが納得いく条件を交渉して成約を目指します。

M&Aでは、幅広い候補から最適な承継先を選ぶことができる現経営者が創業者利益を得られるなどのメリットがあります。

【関連】事業承継とは?事業承継の方法・流れやポイントを徹底解説!

2. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を行う際におすすめの仲介会社

おすすめの仲介会社

M&A仲介会社の数は非常に多いので、どこを選ぶべきか分からないこともあるでしょう。この章では、機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を行う際におすすめの仲介会社を5つご紹介します。

【機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を行う際におすすめの仲介会社】

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社中小企業M&Aサポート
  3. つばさM&Aパートナーズ
  4. キャピタル・エヴォルヴァー株式会社
  5. 株式会社レコフ

①株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所は、M&A専門の会計士による専任フルサポートが受けられるM&A仲介会社です。

大手調査会社が実施した完全成功報酬制のM&A仲介会社のリサーチでは、月間相談数・仲介手数料・相談したい会社の3部門で1位を獲得しています。

M&A総合研究所は売り手と専属契約を結ばないので、他のM&A仲介会社のセカンドオピニオンとして利用することもできます
 

サイトURL https://masouken.com/lp01
手数料 完全成功報酬制
お問合せ先 0120-401-970

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②株式会社中小企業M&Aサポート

株式会社中小企業M&Aサポートは、中小企業のM&Aに特化したM&A仲介会社です。1社1社を大切にする対応がモットーで、約80%という高い成約率を実現しています

成功報酬の最低額が150万円と安く設定されているのが特徴で、中小企業のM&A・事業承継で手数料が負担にならないように配慮されています。
 

サイトURL https://www.chusho-ma-support.com/
手数料 売却側:中間金・成功報酬
買収側:着手金・中間金・成功報酬
お問合せ先 03-6860-8272

③つばさM&Aパートナーズ

つばさM&Aパートナーズは、新潟県を拠点とするM&A仲介会社です。甲信越地方のM&Aを中心に取り扱う地域密着型のサービスが特徴で、地元のM&A動向に精通する税理士や金融機関経験者の手厚いサポートを受けることができます。
 

サイトURL http://ma-partner.jp/
手数料 要問合せ
お問合せ先 0256-61-5810

④キャピタル・エヴォルヴァー株式会社

キャピタル・エヴォルヴァー株式会社は、M&A・事業承継に関するアドバイスを行うM&Aアドバイザリー会社です。

M&Aアドバイザリー以外にも、経営支援や資金調達支援など、会社経営に関するあらゆるアドバイス業務を行っています
 

サイトURL http://www.c-evolver.com/
手数料 完全成功報酬制
お問合せ先 サイトのメールフォームより

⑤株式会社レコフ

株式会社レコフは、まだM&Aが一般的でなかった1987年に創業した老舗のM&Aアドバイザリー会社です。

M&A・事業承継以外にも、グループ再編や成長戦略、海外企業を合併・買収するクロスボーダーM&Aなども手がけています
 

サイトURL https://www.recof.co.jp/
手数料 要問合せ
お問合せ先 03-3221-4945

3. M&A仲介会社の主な役割

M&A仲介会社の主な役割

機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継では、M&A仲介会社を利用するのが一般的ですが、M&A仲介会社にはどのような役割があるのでしょうか。

M&A仲介会社の主な役割には、以下の5つがあります。ここでは、それぞれについて解説していきます。

【M&A仲介会社の主な役割】

  1. M&A案件の紹介や相手探し
  2. M&Aの際の交渉
  3. M&A先企業のデューデリジェンス
  4. 契約書類の作成
  5. 統合プロセスの調整

①M&A案件の紹介や相手探し

M&A仲介会社の最も重要な役割といえるのが、M&A案件を紹介したり、M&A・事業承継の相手を探すことです。

M&A仲介会社は、独自のネットワークで多くの買い手・売り手候補を保有しており、その中から条件に合う相手を選定します。

保有している案件はM&A仲介会社によって異なり、特定の業種に強いM&A仲介会社や、中小企業に強いM&A仲介会社などがあります

②M&Aの際の交渉

M&A仲介会社の紹介で気に入った相手が見つかれば、次はその相手と具体的な交渉に入ります。

M&A仲介会社は、買い手と売り手の間に立ち、双方の意見を尊重して成約を目指します

対して、M&Aアドバイザリーは、依頼を受けた売り手側または買い手側の立場に立ち、より良い条件で売買できるように相手と交渉します

M&A仲介会社とM&Aアドバイザリーはどちらも同じように見えますが、交渉の際の立場・立ち位置が異なります

③M&A先企業のデューデリジェンス

相手と交渉して基本的な合意を得ると、次は会社の内容を詳細に調べるデューデリジェンスを実施します。

M&Aによる事業承継では、面識のない第三者へ会社を引き継ぐので、デューデリジェンスは非常に重要なプロセスになります。

デューデリジェンスは調べる内容によって、財務を調べるファイナンシャルデューデリジェンス・事業内容を調べるビジネスデューデリジェンスなどの種類に分かれます。

全てを実施するのはコスト・時間の面で困難なので、一般的には厳選した1~2つくらいのデューデリジェンスを実施します

④契約書類の作成

M&A・事業承継では、そのプロセスでいくつかの書類を作成する必要があります。中には法的効力を持つ書類もあるので、専門知識のある会計士や税理士に作成してもらうことになります。

M&A・事業承継で必要な書類は事例によって異なりますが、基本合意書・最終契約書はどのスキームでも必要になります。

基本合意書はデューデリジェンス実施前に締結される書類で、最終契約書は契約を確定させる法的効力を持った書類になります。

⑤統合プロセスの調整

最終契約書を締結して契約が確定すると、最後に具体的な譲渡手続きを実施してクロージングとなります。

契約締結後のプロセスは「統合プロセス」または「PMI」と呼ばれます。たとえ譲渡金額などの契約条件が納得いくものだったとしても、最後の統合プロセスがうまく進められなければM&Aが成功したとは言えません

統合プロセスはM&A仲介会社の役割の1つではありますが、当事者である買い手・売り手双方の努力も重要になります

4. 機械設計・機械設計技術者派遣の業界動向

業界動向

この章では、機械設計・機械設計技術者派遣の業界動向を紹介します。

【機械設計・機械設計技術者派遣の業界動向】

  1. 業界再編の動きがある
  2. 大手企業は海外の派遣会社を買収するケースもある
  3. 人材を確保できない小規模企業は将来性に不安

①業界再編の動きがある

機械設計・機械設計技術者派遣業界では、夢真ホールディングスやヘリオステクノホールディングといった持株会社が積極的にM&Aを実施しており、業界再編に向けた動きが見られます。

②大手企業は海外の派遣会社を買収するケースもある

機械設計・機械設計技術者派遣では、大手企業が海外の派遣会社を買収するケースも見られます。例えば夢真ホールディングスは、2017年に台湾の派遣会社「一起吧生活科技有限公司」を子会社化しました。

③人材を確保できない小規模企業は将来性に不安

機械設計は高度な技術と経験を必要とするため、優秀な機械設計技術者を確保できるかどうかが重要になります。

小規模な機械設計・機械設計技術者派遣会社の中には十分な人材を確保できないところもあり、将来性に不安がある企業が増えています。

5. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継時の売却相場

売却相場

機械設計・機械設計技術者派遣では、高度な技術と経験を持つ機械設計技術者の有無、買い手のニーズと売り手企業の強みが合致して、高いシナジー効果を獲得できるかどうかなどが重要になります。

これらの条件を満たすM&A・事業承継を実現することができれば、相場より高く売却できる可能性も十分あるといえるでしょう。

売却価格の算定方法

M&A・事業承継での売却価格の算定方法は、純資産をもとに算定する方法似た事業を営む上場企業の株価を参考にする方法割引キャッシュフローをもとに算定するDCF法などがあります。

【関連】M&Aの企業価値評価(バリュエーション)とは?算定方法を解説【事例あり】

6. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継・譲渡・売却事例

譲渡・売却事例

この章では、機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継・譲渡・売却事例について、最近のものから6例ご紹介します。

【機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継・譲渡・売却事例】

  1. 夢真ホールディングスが三立機械設計を子会社化
  2. ヘリオステクノHDがテクノリンクを完全子会社化
  3. TBKがサンテックを完全子会社化
  4. ポエックがミモトを完全子会社化
  5. 関東地方の機械設計技術者派遣会社の株式譲渡
  6. 近畿地方の機械設計技術者派遣会社の会社譲渡

①夢真ホールディングスが三立機械設計を完全子会社化

2018年に、株式会社夢真ホールディングスが三立機械設計株式会社の全株式を取得し、完全子会社化しました。

建機や液晶分野の技術者を擁する三立機械設計を子会社化することで、機械設計技術者派遣事業を拡大することが今回の買収の目的となっています。

②ヘリオステクノホールディングがテクノリンクを完全子会社化

2018年に、ヘリオステクノホールディングが株式会社テクノリンクの全株式を取得し、完全子会社化しました。

半導体や医療機器の製造・販売を営むテクノリンクを子会社化することで、ヘリオステクノホールディングの機械設計技術者派遣事業を拡大することが、今回の買収の目的となっています。

③TBKがサンテックを完全子会社化

2018年に、株式会社TBKが株式会社サンテックの全株式を取得し、完全子会社化しました。

自動車や建設機械などを手がけるサンテックを子会社化することで、シナジー効果を獲得するのが今回の買収の目的となっています。

④ポエックがミモトを完全子会社化

2019年に、ポエック株式会社が株式会社ミモトの全株式を取得し、完全子会社化しました。

以前から、ポエックの子会社である三和テスコがミモトに船舶用機器などを外注していましたが、今回の子会社化で内製化することにより利益率を向上させ、さらにミモトの取引先との販路拡大を目指します。

⑤関東地方の機械設計技術者派遣会社の株式譲渡

関東地方の機械設計技術者派遣会社の株式譲渡事例です。譲渡企業は自動車・航空機・産業機械・家電などの設計を手がける会社で、譲受企業はITソフトウェア会社です。当事例は、人材不足の解消と雇用の安定が譲渡理由で行われました。

⑥近畿地方の機械設計技術者派遣会社の事業譲渡

近畿地方の機械設計技術者派遣会社の事業譲渡事例です。譲渡企業は設立20年以上の機械設計技術者派遣会社ですが、近年は赤字が続き債務超過に陥っていました。

加えて後継者不在の問題も抱えていましたが、経営戦略を見直し業績改善が見込める状態になったため、このタイミングでの事業譲渡を決断しました

7. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を成功させるポイント

成功させるポイント

この章では、機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を成功させるポイントについて解説します。

【機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を成功させるポイント】

  1. 事前の準備・計画を練る
  2. 契約成立までは従業員・取引先などに情報を漏らさない
  3. 自社の強み・有資格者の人数などを提供資料用にまとめる
  4. M&A・事業承継の目的を明確にする
  5. 専門家に相談する

①事前の準備・計画を練る

機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継では、事前の準備・計画をしっかり練ることが重要です。

スムーズに手続きが進むように事業承継計画書を作成するほか、できるだけ高い価格で売却できるように企業価値を高める努力をしておきましょう

②契約成立までは従業員・取引先などに情報を漏らさない

M&A・事業承継を検討していることが従業員や取引先に漏れると、不安を感じた従業員が辞めてしまったり、取引先が撤退してしまうことがあります

機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継をする時は、契約成立までは従業員・取引先などに情報を漏らさないようにしましょう。

③自社の強み・有資格者の人数などを提供資料用にまとめる

機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継では、自社の強みや有資格者の人数を買い手にアピールすることが重要になります。

しかし、口で伝えるだけではあいまいにしか伝わらなかったり、相手が内容を忘れてしまったりすることもあるでしょう。

そこで、自社の強み・有資格者の人数などを事前に提供資料用としてまとめておけば、買い手にはっきりと自社の強みをアピールすることができます。

④M&A・事業承継の目的を明確にする

M&A・事業承継の目的が明確でなければ、買い手との交渉をスムーズに進めることは困難です。

親族や社員に適切な後継者がいない、選択と集中でコア事業に資源を集中したいなど、M&A・事業承継の目的を買い手にはっきり述べられるようにしておきましょう

⑤専門家に相談する

M&A・事業承継は専門的な知識や経験を必要とするので、M&A仲介会社など専門家に相談し、サポートを受けることは不可欠であるともいえます。

M&A仲介会社以外にも、銀行や信用金庫などの金融機関・事業引継ぎ支援センターなどの公的機関に相談することもできます。

8. 機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継にお悩みなら

M&A・事業承継にお悩みなら

機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継にお悩みなら、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所では、機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継に精通したM&A専門の会計士が、クロージングまでフルサポートを行います。

また、独自AIによるマッチングシステムを有しており幅広い選択肢から最適な売買相手を見つけることができます

料金体系は完全成功報酬制を採用しており、手数料は業界最安値水準に設定しています。着手金・中間金・月額報酬は無料なので、万一交渉が長引いても安心です。

無料相談はメールまたは電話で随時お受けしておりますので、機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継をお考えの方は気軽にお問合せください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

9. まとめ

まとめ

本記事では、機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継について解説しました。機械設計は専門性の高い業種なので、自社の強みを生かしたシナジー効果の高いM&A・事業承継が可能です。

M&A・事業承継の流れやポイントなどを理解して、より良い条件でのM&A・事業承継ができるように準備しておくことが大切です。

【事業承継の種類】

  1. 親族内事業承継
  2. 親族外事業承継
  3. M&Aによる事業承継

【機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を行う際におすすめの仲介会社】
  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社中小企業M&Aサポート
  3. つばさM&Aパートナーズ
  4. キャピタル・エヴォルヴァー株式会社
  5. 株式会社レコフ

【M&A仲介会社の主な役割】
  1. M&A案件の紹介や相手探し
  2. M&Aの際の交渉
  3. M&A先企業のデューデリジェンス
  4. 契約書類の作成
  5. 統合プロセスの調整

【機械設計・機械設計技術者派遣の業界動向】
  1. 業界再編の動きがある
  2. 大手企業は海外の派遣会社を買収するケースもある
  3. 人材を確保できない小規模企業は将来性に不安

【機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継・譲渡・売却事例】
  1. 夢真ホールディングスが三立機械設計を子会社化
  2. ヘリオステクノHDがテクノリンクを完全子会社化
  3. TBKがサンテックを完全子会社化
  4. ポエックがミモトを完全子会社化
  5. 関東地方の機械設計技術者派遣会社の株式譲渡
  6. 近畿地方の機械設計技術者派遣会社の会社譲渡

【機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を成功させるポイント】
  1. 事前の準備・計画を練る
  2. 契約成立までは従業員・取引先などに情報を漏らさない
  3. 自社の強み・有資格者の人数などを提供資料用にまとめる
  4. M&A・事業承継の目的を明確にする
  5. 専門家に相談する

機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継を成功させるためには、M&A仲介会社など専門家のサポートが不可欠です。

M&A総合研究所では、機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継に精通した会計士による、専任フルサポートを行っています

報酬は成功報酬のみの完全成功報酬制で、報酬額もレーマン方式マイナス1%と業界最安値水準となっています。

無料相談を随時お受けしておりますので、機械設計・機械設計技術者派遣のM&A・事業承継をご検討の際は、電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ