アーリーリタイアできた独身男性の資金・貯金まとめ!【30代、40代、50代】

Medium
企業情報第三部 部長
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

独身男性がアーリーリタイア(早期リタイア)をする場合、どういったメリットやデメリットが存在するのでしょうか。ここでは独身男性を焦点にアーリーリタイア(早期リタイア)について、年代別に解説をしていきます。検討している方は参考にしてください。

目次

  1. 独身男性がアーリーリタイアするメリット
  2. アーリーリタイアとセミリタイア
  3. 独身男性がアーリーリタイアする際のリスク
  4. 30代独身男性がアーリーリタイアしたら?
  5. 40代独身男性がアーリーリタイアしたら?
  6. 50代独身男性がアーリーリタイアしたら?
  7. アーリーリタイア後に必要なコスト
  8. セミリタイアのすすめ
  9. 独身男性のアーリーリタイア資金のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 独身男性がアーリーリタイアするメリット

独身男性がアーリーリタイアするメリット

独身の男性の中には、アーリーリタイア(早期リタイア)を考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、実際にアーリーリタイアを考えていても、何をどうすればよいかわからないものです。

そこで、ここでは独身男性のアーリーリタイアについて、アーリーリタイアを成功した事例を基に解説していきます。自身のアーリーリタイアについて検討する際の参考にしてください。

自分の生活費だけを考えればよい

独身男性のアーリーリタイア(早期リタイア)について、一番不安がない部分は自分の生活だけを考えれば良いことです。結婚している場合は、アーリーリタイアのリスクは高くなってしまうからです。

貯金した資金を自分に使える独身男性だからこそ、アーリーリタイアを楽しめる可能性があるのです。アーリーリタイアをして会社を早期退職することで、自由な時間を過ごせます。

自分の目的に応じた生活ができる

独身男性の中には、自分の趣味に没頭したい方が多いのではないでしょう。そうした方も、現在の職場を早期退職してアーリーリタイア(早期リタイア)をすることで、自分の趣味の時間を持てる可能性があります。

また、本来は自分がやりたいことがあった場合などは、アーリーリタイアによって、自分の本当の目的にあった生きかたを過ごせる可能性もあります。アーリーリタイアは、自分に応じた生活を手に入れるために必要となる行為が多くあるのです。

仕事上でのストレスから解放

独身男性の中には、仕事上でのストレスによって心身をむしばまれてしまう人もいます。しかし、アーリーリタイアをしてからの生活では、つらい仕事や職場での対人から生じるストレスがなくなります。

フルタイムでの仕事はストレスが積み重なりやすく、心身ともに悪影響が与えられてしまうことが少なくないため、アーリーリタイアを実施すれば健康な心身を取り戻せるメリットがあるのです。

2. アーリーリタイアとセミリタイア

アーリーリタイアとセミリタイア

アーリーリタイア(早期リタイア)と似た言葉で「セミリタイア」という言葉があります。セミリタイアとアーリーリタイアは何が違うのでしょうか。

セミリタイアとは会社を早期退職した後に、定期的に収入を得ながら時間に余裕のある生活を送ることを表す言葉です。

アーリーリタイアは、会社を早期退職することを表す言葉ですから、セミリタイアはアーリーリタイア後の生活方法を意味することになります。収入を得ないアーリーリタイアは「完全リタイア」と呼ばれています。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

3. 独身男性がアーリーリタイアする際のリスク

独身男性がアーリーリタイアする際のリスク

それでは独身男性がアーリーリタイア(早期リタイア)を行うリスクはどういった所にあるのでしょうか。独身男性がアーリーリタイアするときのリスクは30代、40代、50代と年齢は関係がないものと、年齢に関係するものがあります。

ここでは、独身男性がアーリーリタイアする際に年齢にあまり左右されないデメリットを2点、解説します。
 

  1. 結婚など家族構成の変化の可能性
  2. 健康問題など不確定要素

①結婚など家族構成の変化の可能性

独身男性がアーリーリタイア(早期リタイア)をするリスクとしてまず考えられるのが、結婚などによる家族構成の変化です。30代の男性はもちろんのこと、40代、50代の独身男性でもリスクとして考えられます

人の出会いというのはどこにあるかわかりません。今は独身のままで良いと考えていた場合でも、アーリーリタイアをした後に結婚を考える女性が現れることもあるでしょう。

アーリーリタイアをした後に結婚をする場合、仕事を早期退職していますから、収入がままなりません。もちろん、セミリタイアであれば収入は定期的に得ている状態ではありますが、完全リタイアの場合は収入が全くない状態です。

こうしたアーリーリタイアの状態で結婚などに踏み切った場合は、それ相当のリスクが生じるというわけです。また、アーリーリタイア後の家族構成の変化は結婚だけではありません。

両親の健康問題から家庭を支える状況になることもあります。貯金が多くあれば安心ですが、それでも資金不足となる可能性もあります。このようなアーリーリタイアによるデメリットを理解しておく必要があります。

②健康問題など不確定要素

アーリーリタイアによる健康上の問題は、年配の方だけではありません。30代、40代、50代の独身男性でも起こりうることです。一度健康を損なってしまうと、慢性的に病気となってしまう場合もあります。そうなれば、自分自身の貯金を切り崩していくしかありません。

また、病気などではなくても、突然の事故など、どこでトラブルに巻き込まれるかわかりません。そのようなときに、早期退職によって安定的な収入が得られていない状態のアーリーリタイアはリスクを伴います。

4. 30代独身男性がアーリーリタイアしたら?

30代独身男性がアーリーリタイアしたら?

ここからは、年代別に見たアーリーリタイア(早期リタイア)を見ていきましょう。まずは30代に早期退職をしてアーリーリタイアを行った場合です。このような場合には、資金や貯金、そして資産形成方法はどのような形があるのでしょうか。

また、30代の早期退職で得たアーリーリタイアにはどのようなメリットが考えられるのでしょうか。ここでは30代のアーリーリタイアについて解説します。

資金・貯金はいくら必要?

30代のアーリーリタイアを考えるときに、一番大きな問題となるのが資金や貯金です。30代であれば資金や貯金はそれほど蓄えられていない可能性が高いからです。そして、年金受給までにかかる年数が長いという問題もあります。

そのため、30代でアーリーリタイアを行う場合は8,000万円から1億円を超える資金や貯金が必要といわれています。必要な資金が集められない場合は、アーリーリタイアの魅力である時間的余裕を得ることが難しくなるかもしれません。

資産形成方法

30代の独身男性がアーリーリタイアする場合は、貯金による資金形成は厳しいかもしれません。もちろん、切り詰めた生活を行っていれば貯金は積み上げられますが、それでもアーリーリタイアに足りる貯金を全て賄えるとは考えられません。

そこで、アーリーリタイアのための資産形成を行う方法の一つとして株式投資などの投資により資産を増やす方法が考えられます。自身の知恵と才能で資金を増やせる可能性があるからです。

また、遺産の相続などで現金や不動産などの資産を得る場合もあります。安定した資産となるため、金額と状況を考えてアーリーリタイアを踏み切ることもあり得ます。

メリット

それでは、30代の早期退職によるアーリーリタイアにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、以下の項目について解説します。
 

  • 再就職しやすい
  • 趣味や移住を実現する体力がある
  • 生活パターンの変更に対応できる余力がある

再就職しやすい

まず、定期的な収入を得るために就職を行う場合、30代という若い年齢はメリットに働きます。業種にもよりますが、若い年齢から経験を積むことでより収入が上がる可能性のある業種もあります。

30代という若い年齢であれば再就職がしやすいです。年金受給まで長い期間があるため、年金受給を受けるまで収入を得なければいけない場合が多くあります。

再就職先で生活に困らない程度の固定的な収入を得て、時間的余裕を持ちながら生活を大いに楽しめるというわけです。

趣味や移住を実現する体力がある

30代はまだまだ若い年齢です。年金受給をする年齢層とは違い体力や行動力が備わっています。そのため、30代という若い年代でアーリーリタイアをすることで、趣味や移住など自分が行いたかったことやかなえたかった夢を実現できます。

仕事をしていたときは時間的余裕がなかった生活でも、アーリーリタイアをすることで時間的余裕が生まれてくるのです。ただし、年金受給などの収入がない30代のアーリーリタイアにおいては収入を何らかの方法で得るほうが良いでしょう。

生活パターンの変更に対応できる余力がある

上記の項目と少し重なる部分もありますが、自分の生活を退職により大きく変えることができるのも、体力と柔軟性に長けている30代なので可能であるといえます。

生活パターンの変化は大きなストレスとなります。夢をかなえて海外に居住したとしても、生活パターンの変化からストレスを抱えて、「当初思っていたアーリーリタイアとは違った」といった人も多く見受けられます。

30代でアーリーリタイアを行い、海外などに居住した場合、生活パターンの変化などに対応していける体力があります。これだけでも40代や50代のアーリーリタイアや、年金受給をしてからのリタイアとは大きく異なるメリットといえるでしょう。

デメリット

続いて、30代の早期退職によるアーリーリタイアにはどのようなデメリットがあるのか見てみましょう。

完全リタイアするにはかなりの資金力が必要

デメリットで最も大きいのは、早期退職をして完全リタイアを行った場合です。

完全リタイアは早期退職後のアーリーリタイアにおいて、収入を全く得ないといった方法です。要するに、早期退職時の資金や貯金で、その後の年金受給を受けられるまでの期間を過ごすということです。

アーリーリタイアによる完全リタイアは、多くの資金と貯金が必要です。30代という年代では、まだ大きな資金を抱えていない場合が多く、アーリーリタイアによって完全リタイアすることは現実的ではないといえるでしょう。

5. 40代独身男性がアーリーリタイアしたら?

40代独身男性がアーリーリタイアしたら?

次に40代で早期退職などからアーリーリタイア(早期リタイア)をした場合について解説します。40代のアーリーリタイアは30代とどういった部分で違いがあるのでしょうか。そういった所にも重点を置いて解説していきます。

資金・貯金はいくら必要?

40代のアーリーリタイアに必要な資金や貯金はどのくらいなのでしょうか。一般的にいわれているのが年金受給までに必要とされる資金は5,000万円から1億円ぐらいです。

価格的には30代と同等です。それは生活環境によって必要になる資金に差が生まれるからです。都会と田舎では物価が違いますし、税金など生活に必要な支出の金額も変わります。

年金受給までに不安なく生活を送る場合は、やはり多くの資金が必要です。もちろん、セミリタイアにより月に20万円程度の収入が見込めるのであれば、貯金の必要がない場合もあります。

資産形成方法

40代がアーリーリタイアする場合の試算形成でおすすめなのが貯蓄です。30代とは違い、独身男性で40代半ばを過ぎていれば、それなりに貯蓄を積むことが可能です。もちろん、貯蓄を増やすためには節約が必要となります。

また、ある程度社会的知識も付いてきている段階なので、自身のコネクションや経験を活かした投資なども資産形成には向いているかもしれません。ただし、投資にはリスクが伴いますので注意が必要です。

メリット

それでは40代の独身男性がアーリーリタイアを行うメリットは、どのようなことが考えられるでしょうか。ここでは、以下のポイントについて解説します。
 

  • 会社の早期退職制度を利用できる可能性
  • 生きがいを実現する体力がある
  • 経験を活かした再就職も可能

会社の早期退職制度を利用できる可能性

会社によっては定期的にまたは突発的に早期退職制度の利用者を募集している場合があります。会社の早期退職制度を利用できる可能性が40代以降にはあります。

早期退職制度は、会社で定められている退職金に加えて退職金を受給できる制度です。一般的には定年退職を迎える手前の50代が多く利用する制度ですが、40代でも利用が可能です。退職金を少しでも多くもらえる早期退職制度はメリットといえます。

生きがいを実現する体力がある

30代と比べれば体力的には劣るものの、40代でのアーリーリタイアもまだまだ体力のある年代です。資金や環境にもよりますが、思い切った決断ができるのも独身男性だからこそです。

新たな人生に踏み出せるチャンスとしてアーリーリタイアを活用することはメリットといえます。

経験を活かした再就職も可能

アーリーリタイアを実行したものの、思いのほか資金が足らなくなってしまったという場合もあります。そうした場合には、アーリーリタイアからの社会復帰を考えても良いでしょう。

アーリーリタイアからの社会復帰を考えた場合、40代というのは社会において経験を活かせる年齢です。今まで培ってきた経験を活かせる業種であれば、再就職の場面においても苦労せずに採用されるでしょう。

また、アーリーリタイアを行ったとしても、以前に働いていた人たちのつながりがある場合もあります。そうしたつながりから再就職を目指すことができるメリットも見込まれます。

デメリット

40代におけるアーリーリタイアのデメリットは、今まで形成してきた給料や社会的地位を放棄することにあります。長い間かけて築き上げた社会的地位も、アーリーリタイアによって失われます。

6. 50代独身男性がアーリーリタイアしたら?

50代独身男性がアーリーリタイアしたら?

50代におけるアーリーリタイア(早期リタイア)は、どういったことが考えられるでしょうか。30代、40代とは違い、年金受給までの期間が短い50代のアーリーリタイアについて解説します。

資金・貯金はいくら必要?

年金受給が先に見えている50代におけるアーリーリタイアに必要な資金は、5,000万円程度といわれています。もちろん、これよりも少ない資金でもアーリーリタイア後に安定した生活を送ることも可能です。

50代後半であれば、数年後に年金受給が見えている状態です。アーリーリタイア後の生活設計も立てやすく、アーリーリタイアによるリスクも他の年代より低いといえるでしょう。

資産形成方法

50代におけるアーリーリタイアのための資金形成はさまざまな方法で対応できます。貯蓄についても十分可能な範囲となりますし、株式投資や不動産投資も若い年代から行っていれば、積み重ねた資産が構築されていることでしょう。

リスクなく資産を形成するのであれば貯蓄、リスクを抱えても将来の資金を増やしたいのであれば投資、といったところでしょう。

メリット

50代におけるアーリーリタイアのメリットは、どのようなことが考えられるのでしょうか。ここでは、2点に絞って解説します。
 

  • 会社の早期退職制度を利用できる可能性
  • ある程度の資産力がある

会社の早期退職制度を利用できる可能性

40代と同様に会社の早期退職制度を利用できる可能性があります。早期退職制度を利用すれば、リタイア後の貯蓄を増やせるため、大きなメリットとなります。

ある程度の資産力がある

30代や40代と違い、50代の独身男性は豊富な資金力があるケースが多く見られます。豊富な資金力は、そのままアーリーリタイア後の資産となります。今まで働いてきた結果が自身の資産として形成されるのです。

デメリット

50代におけるアーリーリタイアのデメリットについて、見てみましょう。

失敗した際に再就職が難しい

会社を早期退職してアーリーリタイアをしても、理想と違った生活だったり思わぬ出費で資金が底を尽きたりしてしまうこともあります。そのような場合に、再就職を考えたとしても年齢的に50代の再就職は他の年代と比べて非常に困難な場合が多い傾向にあります。

健康問題

また、他の年代と違うデメリットは健康問題です。年齢とともに体は弱っていきます。健康であればどうにかなるものも、体を壊してしまうと、資金調達もできないまま資金を浪費する場合もあります。こうしたデメリットが50代のアーリーリタイアにあります。

7. アーリーリタイア後に必要なコスト

アーリーリタイア後に必要なコスト

アーリーリタイアした後に必要になるコストには、どのような項目があるのでしょうか。以下の項目について簡単に説明していきます。
 

  1. 生活費
  2. 税金
  3. 年金と各種保険料
  4. 趣味や生きがいにかかる費用
  5. その他

①生活費

まず、必ずかかるコストとして挙げられるのが生活費です。食費や光熱費など生活に必要な費用となります。この費用は都心と田舎など環境によって大きく変わります。アーリーリタイア後に暮らす場所の物価などを良く調べておきましょう

②税金

必ず払わなければならないコストに税金があります。住民税などの他にも持ち家であれば固定資産税などが必要です。アーリーリタイア後に必要となる税金額をあらかじめ算出しておくと良いでしょう。

③年金と各種保険料

30代の場合は年金保険料の支払いが必要となります。また、40代以降の場合は介護保険料が必要となるなど、年齢によって年金や各種保険料の支払い額に変化があります。アーリーリタイアするときは、このようなコストも念頭に置いておきましょう。

④趣味や生きがいにかかる費用

せっかくのアーリーリタイアですから、趣味や旅行などの生きがいに費用をかけたいものです。このようなコストもアーリーリタイア前からしっかりと考えておくと、リスクが軽減されるのでおすすめです。

⑤その他

上記に挙げたほかにも、医療費や介護費用などの出費も考えられます。アーリーリタイア後に起こり得る、さまざまな状況の変化に対応できるような資産や資金が必要です。

8. セミリタイアのすすめ

セミリタイアのすすめ

アーリーリタイアをした後にいかなるトラブルが発生するかわかりません。そこで、アーリーリタイアをした後は完全リタイアではなくセミリタイアをおすすめします。

資金の不足でリタイアをあきらめなくてすむ

セミリタイアをおすすめる理由の一つに、資金不足への対応があります。アーリーリタイアをした後に資金が不足してしまい、職場に復帰する人も中にはいます。

せっかく決断したアーリーリタイアを失敗しないためにも、定期的に収入を得ることが可能なセミリタイアを念頭に置き、アーリーリタイアを考えるほうが良いでしょう。

働き方の見直しができる

アーリーリタイアをしてセミリタイアを選択した場合、今までの自分の働き方や今後の働き方を見つめなおすきっかけとなります。もしかしたら、アーリーリタイアをしなくても自分の時間が持てる可能性があるかもしれません。

また、現状の職場で仕事量を制限して時間を得られるといった方法もセミリタイアで実現できる可能性があります。収入を全くなくす完全リタイアのリスクを考えれば、セミリタイアをまずは検討してみるべきでしょう。

【関連】セミリタイア(早期リタイア)のブログ15選!何歳、資産など条件を解説!
【関連】50代・40代・30代でセミリタイア!必要な資金・貯金額や方法・メリットを解説!

9. 独身男性のアーリーリタイア資金のまとめ

独身男性のアーリーリタイア資金のまとめ

独身男性のアーリーリタイアについて解説しました。アーリーリタイアは自分の時間に余裕が持てるメリットがあるものの、資金不足になりかねないデメリットも存在します。

アーリーリタイアを行う際はまずセミリタイアを取り入れて、その後の完全リタイアなどに踏み切る方法がリスクなくリタイアするポイントになるといえるでしょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

新着一覧

最近公開された記事