仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収!業界動向・相場・ポイントを解説【成功事例あり】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

当記事では、仮設足場工事・足場施工会社のM&A・買収・売却・事業譲渡についてまとめています。仮設足場工事・足場施工会社のM&A動向やM&A事例、買収・売却・事業譲渡にかかる売買価格、M&A成功のポイントなどについて、成功事例を交えて詳しく解説しています。


目次

  1. 仮設足場工事・足場施工会社の定義
  2. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の業界動向
  3. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の相場
  4. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡のポイント
  5. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の成功事例
  6. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡のメリット
  7. 仮設足場工事・足場施工会社がM&Aをするときの流れ
  8. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡におすすめの仲介会社
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 仮設足場工事・足場施工会社の定義

仮設足場工事・足場施工会社の定義

今回は、仮設足場工事・足場施工会社のM&A・買収・売却・譲渡について解説していきます。「仮設足場工事」とは、外壁や屋根など、手が届かない場所の工事・作業を行う際に利用する足場を設置する工事のことで、その事業を提供するのが仮設足場工事会社です。

そして「足場施工会社」は、仮設の足場を設置するための工事がスムーズに進められるように、工事をマネジメントする会社です。具体的には、工事の見積もりや工程表の作成、資材の手配や現場の管理などを行います。

2. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の業界動向

仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の業界動向

仮設足場工事・足場施工会社のM&Aの件数は増加傾向にあります。実際に、建設関連業界のM&Aの件数は、過去最高の件数を記録しているのです。

もし、M&Aの実施を検討しているのであれば、事前に対象業界の動向を確認しておく必要があります。業界の現状・動向を知らずに、市況が悪いタイミングでM&Aを実施してしまうと、なかなか買い手が見つからなかったり、本来の価値よりも過小評価される可能性があるからです。

仮設足場工事・足場施工会社を含めた「建設関連業界」の現状・動向を以下で解説するので、M&A手続きを進める前に確認しておきましょう。

【業界の現状・動向】

  1. 建設関連業界のM&Aは活発
  2. 中小企業全体にM&Aは増加傾向
  3. 建設関連業界は人材不足が深刻
  4. 後継者問題を抱える企業も多い
  5. 周辺事業によるM&Aも増加

①建設関連業界のM&Aは活発

仮設足場工事・足場施工会社を含む「建設関連業界」では、M&Aが活発化しています。近年は、大手企業による中小企業の買収などが積極的になっており、業界再編が進んでいます。建設関連業界でみると、過去最高のM&A件数を更新しています。

M&Aにおいて、需要も供給もある状況となっているのです。

【関連】仮設足場工事・足場施工会社の事業譲渡・事業売却とは?業界動向や事例を紹介!

②中小企業全体のM&Aは増加傾向

業界全体が抱える「人材不足」の解消や業界再編などの目的で、中小企業全体のM&A件数が増加傾向にあります。企業を成長させるためにM&Aという選択をする大企業も多いです。そのため、今後も、M&Aによる中小企業の売却が進んでいくと見られています。

③建設関連業界は人材不足が深刻

建設関連業界は「人材不足」が深刻化しています。労働環境に対する負のイメージなどによって、地方の中小企業では特に人材不足が進んでいます。

仮設足場工事・足場施工会社には若い世代が少なく、なかなか労働人口が増えません。そのため、人材不足を解消することを目的にM&Aを実施するケースも増加しています。

④後継者問題を抱える企業も多い

人材不足に加え、建設関連業界では「経営者の高年齢化」も進んでいます。その結果、「後継者問題」を抱える企業が増えてきています。後継者問題が影響して、スムーズに事業承継することができず、廃業を余儀なくされる中小企業が多くあります。

「廃業するくらいならM&Aを利用して、第三者の企業へ事業を引き継ぎたい」と考える経営者は多いです。小さな会社であっても特定のエリアをカバーしていたり、扱っているサービス・機材をアピールして高値で売却できるケースも増えています。

【関連】仮設足場工事・足場施工会社の事業承継の流れや成功させる方法を解説

⑤周辺事業によるM&Aも増加

仮設足場工事・足場施工会社を含めた建設関連業界では、周辺事業によるM&Aも増加しています。近年の建設事業の需要の確保や、業界ごとの強みを活かした「シナジー効果の創出」を目的に行われるM&Aが多いです。

シナジー効果とは、1+1以上の効果を発揮することを指します。たとえば、関西エリアをカバーしているA社が周辺事業を営む首都圏のB社を買収したとしましょう。

このとき、B社は関西エリアのA社の顧客にB社のサービスを提供することができます。それだけでなく、A社のサービスを首都圏で展開することも可能なのです。

A社とB社の持つサービスや顧客を掛け合わせることで、高い収益を見込むことができます。このような理由から、周辺事業による仮設足場工事・足場施工会社のM&Aも増加しているのです。

【関連】建設・土木業界、施工管理会社のM&A・買収・売却!業界動向・相場・ポイントを解説【成功事例あり】

3. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の相場

仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の相場

仮設足場工事・足場施工会社のM&Aを検討されている方が気になるのが、「買収・売却の相場価格」ではないでしょうか。

あるM&Aマッチングサイトを確認してみると、「売上高:およそ1億円~2億円 / 営業利益:1,000万円~5,000万円」の仮設足場工事・足場施工会社が、「売却希望価格:およそ1億円~2億円」でM&Aを希望していることが確認できます。

ただし、M&Aの売買価格は、「対象企業の規模・保有する経営資源」などの企業価値によって、各会社ごとに違いがでてきます。そのため、一概に「相場価格はいくら」と断言することは難しいといえます。

自社がM&Aで売却する場合に「どのくらいの価格になるのか」気になる会社経営者の方は、「企業価値評価を算定」して、適正価格を判断するようにしてみましょう。

【関連】M&Aの企業価値評価とは?算出方法を詳しく解説!
電話で無料相談WEBから無料相談

4. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡のポイント

仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡のポイント

仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡を検討されている方は、M&A実施時に「意識すべきポイント」があります。M&Aを検討されている方は、以下のポイントを確認しておきましょう。

【M&Aのポイント】

  1. 他社には無い強み・アピールポイントを持つこと
  2. 事前準備を入念に行う・タイミングを誤らないこと
  3. 企業価値評価を行い適正価格を知ること
  4. 簿外債務などを事前に把握すること
  5. 会社売却の専門家に相談すること

しっかりと、意識すべきポイントを確認していきましょう。

①他社には無い強み・アピールポイントを持つこと

M&Aを実施して会社売却・事業譲渡を検討されている場合、「他社には無い強み・アピールポイントを持つ」必要があります。他社との差別化を図れるような特徴を持っておくことで、優良な買い手を見つけやすくなります。

②事前準備を入念に行う・タイミングを誤らないこと

M&Aを成功させるためには、「事前準備」を入念に行い、M&A実施の「タイミング」を誤らないようにすることが大切です。

特に何も用意せずにM&A手続きを進めてしまうと、売却側は「悪質な買い手との交渉」・「安い価格での売却」、買い手は「簿外債務の引継ぎ」といったリスクが伴ってしまいます。

③企業価値評価を行い適正価格を知ること

これは売却側に言えることですが、M&Aを実施する前に、「企業価値評価を行い、自社の適正価格を知ること」が大切です。

自社の適正価格を事前に知っておかないと、本来の売却価値よりも低い価格でM&Aの交渉が進められてしまう危険性があります。

④簿外債務などを事前に把握すること

M&Aの買い手は、M&Aの手続きを完了させる前に、対象企業(売却側の企業)の「簿外債務などを事前に把握すること」が大切です。M&A専門家に依頼をして、デューデリジェンスを徹底することで、買収後のリスクを抑えることができます。

【関連】M&AにおけるDD(デューデリジェンス)項目別の目的・業務フローを徹底解説!

⑤M&Aの専門家に相談すること

M&A成功させるために最も重要なことは、M&A仲介会社やM&Aアドバイザリーなどの「M&A専門家に相談する」ことです。

M&A専門家を利用することで、自社にとって適切な対象企業を見つけることができたり、デューデリジェンスの実施によって、M&A後のリスクを抑えたりすることが可能となります。

M&A仲介会社の一つであるM&A総合研究所は、無料で相談を受け付けています。また、無料の「企業価値算定サービス」を提供しているので、M&A前に自社の適正価格を知りたいという会社経営者の方にもおすすめの仲介会社です。

M&A総合研究所ならM&Aに強い会計士がサポートいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

電話で無料相談WEBから無料相談

5. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の成功事例

仮設足場工事・足場施工会社のM&Aの成功事例

ここでは、仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の成功事例をご紹介していきます。

どのような目的で仮設足場工事・足場施工会社のM&Aが行われているのか、とられているM&A手法はどのようなものかをみていきましょう。

①杉孝グループHDによるナカキンリース株式会社のM&A

建設作業現場における仮設足場工事におけるレンタル事業を中心とした事業を展開する「杉孝グループホールディングス」は、軽仮設機材レンタル事業を行う「ナカキンリース株式会社」を「株式取得」によって完全子会社化しています。

杉孝グループホールディングスはナカキンリースの営業圏である首都圏西側地域での競争力強化を目的として、当M&Aを実施しました。

②キムラによるテクノ興国のM&A

住宅資材などの卸売やホームセンター経営、仮設足場工事に関するレンタル事業などを展開する「株式会社キムラ」が、住宅用足場の施工サービスや仮設材のリース業務などを展開する足場施工会社の「株式会社テクノ興国」を「株式取得」によって子会社化しています。

株式会社キムラは、株式会社テクノ興国の営業圏である帯広市を中心とした十勝地区での事業成長のスピードアップを目的に、当M&Aを実施しました。

③クワザワによる原木屋産業ほかのM&A

建設資材の総合商社である「株式会社クワザワ」は、栃木県を中心に土木建築資材の卸売・小売事業を展開する「原木屋産業株式会社」を「株式取得」によって完全子会社化しています。

株式会社クワザワは、原木屋産業が保有する広範囲の販売網や顧客層などの資源を獲得して、継続的な事業の発展やシナジー効果の創出を目的に、当M&Aを実施しました。

④東京海上キャピタルによる旭ハウス工業への出資

バイアウト投資ファンドの管理・運営を行っている「東京海上キャピタル株式会社」は、住宅建築現場・イベント現場などの仮設資材販売などを行う「旭ハウス工業株式会社」への「資本参加」を行いました。

この資本参加は、東京海上キャピタルが保有する投資実績や経営ノウハウ、人的サポート、M&A立案等を提供することで、旭ハウス工業をさらに成長させることを目的として実施されました。

⑤エスアールジータカミヤによるナカヤ機材のM&A

仮設機材の開発や販売及びレンタル、仮設工事の計画などの事業を展開している「エスアールジータカミヤ株式会社」は、建設現場用足場等のレンタル・販売事業を行う「株式会社ナカヤ機材」を「株式取得」によって子会社化しています。

エスアールジータカミヤは、ナカヤ機材の営業圏である中国地方での営業力及び仮設機材の供給体制の強化と市場開拓を目的として、当M&Aを実施しました。

⑥アルインコ株式会社による双福鋼器のM&A

仮設機材の開発・製造・販売や仮設足場の総合レンタルサービス等を展開する仮設足場工事・足場施工会社の「アルインコ株式会社」は、物流倉庫向けの物流補完設備機器製造を行う「双福鋼器株式会社」を「株式取得」によって子会社化しています。

アルインコは、新しい事業分野を自社グループに加えることで、事業基盤の拡充やシナジー効果の創出を目的に、当M&Aを実施しました。

【関連】仮設足場工事・足場施工会社の株式譲渡/会社譲渡を解説!業界動向・事例・詳しい流れまで

6. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡のメリット

仮設足場工事・足場施工会社のM&Aのメリット

仮設足場工事・足場施工会社をM&Aによって買収・売却・事業譲渡することで得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、仮設足場工事・足場施工会社の売却側と買収側に分けて、それぞれのメリットを解説します。

売却側

M&Aによって仮設足場工事・足場施工会社を売却・事業譲渡する側のメリットとしては、以下の5種類が挙げられます。

【売却側のメリット】

  1. 従業員の雇用確保
  2. 後継者問題の解決
  3. 売却・譲渡益の獲得
  4. 大手資本の下で安定した経営
  5. 個人保証・債務・担保などの解消

①従業員の雇用確保

仮設足場工事・足場施工会社を売却するメリットとしては、「従業員の雇用確保」があります。

仮設足場工事・足場施工会社を含めた「建設業界」では、人材不足や経営者の高年齢化に伴う「後継者問題」に直面している会社が多くあります。

後継者問題に直面しスムーズに事業承継ができないことが原因で、廃業を余儀なくされる中小企業も多いです。

しかし、M&Aを実施して仮設足場工事・足場施工会社を売却することができれば、廃業を避けることが可能です。同時に、廃業によって従業員が雇用を失ってしまう事態を防ぐこともできます

②後継者問題の解決

M&Aによって仮設足場工事・足場施工会社を売却・事業譲渡できれば、多くの中小企業が直面している「後継者問題」を解決することができます

後継者が不在の中小企業にとって、後継者候補を見つけることは非常に困難です。

しかし、M&A仲介会社などのM&A専門家に相談・仲介依頼することで、後継者をスムーズに見つけることができ、後継者問題を解消することが可能となります。

③売却・譲渡益の獲得

仮設足場工事・足場施工会社を売却・事業譲渡することができれば、売却側の経営者は「売却・譲渡益」を獲得することができます

このような売却・譲渡益は「創業者利益」と表現されることもあります。

④大手資本の下で安定した経営

株式譲渡などのM&A手法によって、大手企業の子会社になることができれば、大手資本を活用して「安定した経営」を実現することができます。

また、売却側企業の従業員にとっても、大手資本による給料上昇や、雇用が安定したりするというメリットがあります。

⑤個人保証・債務・担保などの解消

「株式譲渡」によるM&Aを実施して、仮設足場工事・足場施工会社を売却することができれば、売却側企業が抱える債務や担保、売却側の経営者が抱える個人保証などをすべて解消できるというメリットがあります。

株式譲渡によるM&Aが行われると、売却側は債務や個人保証などを買収側に引き継ぐことができます。そのため、売却側企業の経営者は、負債や保証などの負担から解放されます。

【関連】事業承継を株式譲渡で行う方法!メリット・デメリットを解説!税金が安い?

買収側

続いて、仮設足場工事・足場施工会社をM&Aによって買収する側のメリットについて説明します。買収側のメリットには、以下のようなものが挙げられます。

【買収側のメリット】

  1. 人材の確保
  2. 必要な事業を低コストで獲得
  3. 新規事業へ低コストで参入
  4. 顧客・取引先・ノウハウなどの獲得
  5. 事業エリアの拡大

①人材の確保

仮設足場工事・足場施工会社を買収する側のメリットとしては、「人材を確保することができる」ことが挙げられます。

すでに説明している通り、仮設足場工事・足場施工会社を始めとした「建設業界」は、人材を確保することが難しいという問題に直面しています。

M&Aによって仮設足場工事・足場施工会社を買収できれば、対象企業に在籍する従業員を獲得できるので、人材不足解消の方法として考えることができます。

②必要な事業を低コストで獲得

事業譲渡によるM&Aを実施すれば、自社に必要な事業(仮設足場工事・足場施工会社が展開する事業)を低コストで獲得できるチャンスがあります。

M&A仲介会社などのM&A専門家に仲介を依頼することで、資金面や時間といったコストをなるべく安くすることが可能となります。

③新規事業へ低コストで参入

仮設足場工事・足場施工会社が提供するような事業を「自社の新しい事業として展開したい」と考えている場合、仮設足場工事・足場施工会社をM&Aによって買収することで、低コストで新規事業に参入することができます

通常、新規事業・新規市場への参入は、「人材の確保や教育・必要な知識や経験の獲得」などのために、多額の資金や多くの時間を必要とします。

しかし、M&Aによって、すでに当該事業を展開している仮設足場工事・足場施工会社を買収することで、人材育成やノウハウ獲得のために必要なコストを抑えることができます

④顧客・取引先・ノウハウなどの獲得

仮設足場工事・足場施工会社を買収することで、対象企業が抱える顧客や取引先、ノウハウなどを獲得することができます。このメリットによって、新規事業・新規市場への参入が容易になり、事業規模の拡大やシナジー効果の創出も期待できます。

⑤事業エリアの拡大

自社とは異なる地域で事業展開している仮設足場工事・足場施工会社を買収することで、事業エリアを拡大することが可能となります。

事業エリアの拡大を自社のみで行うには多くの時間や資金が必要となるため、事業エリア拡大を目的に、M&Aによる会社買収を実施する事例も多くみられます。

【関連】M&A・会社売却のメリット・デメリットを徹底分析!リスクはある?

7. 仮設足場工事・足場施工会社がM&Aをするときの流れ

仮設足場工事・足場施工会社がM&Aをするときの流れ

続いて、実際にM&Aを実施するときの流れを確認していきましょう。M&Aをする時には、大きく8つのステップに分けることが出来ます。

  1. 社内で検討する
  2. M&A仲介会社に相談する
  3. 買い手候補を選定する
  4. トップ面談を行う
  5. 基本合意契約を交わす
  6. デューデリジェンスを行う
  7. 最終合意契約を交わす
  8. 統合作業を行う

今回は売り手企業の立場から、詳しく解説していきます。詳しく確認しましょう。

社内で検討する

まずは、M&Aについて社内で十分に検討しましょう。特に以下の3つについては、方針を固める必要があります。

  1. 会社売却が最善の経営判断か
  2. どんな企業に会社を売却するか
  3. いつまでに会社売却を完了させるか

この3つの方針が固まっていないと、M&Aに成功はありません。社内の経営陣としっかりと検討し、具体的に会社売却を進めていきましょう。

流れ2.M&A仲介会社に相談する

M&Aを実施することが決まれば、M&A仲介会社に相談をしましょう。

M&A仲介会社には、M&Aアドバイザーが在籍しています。M&Aアドバイザーとは、M&Aを総合的にコンサルタントしてくれる存在です。

M&Aは法律・会計・税務・ビジネスなどの専門知識が必要なので、M&Aアドバイザーの存在が欠かせません。また、自分だけで実行しようとすると、機密情報が漏れたり思いがけないトラブルに発展する可能性があります。

経験と実績のある信頼できるM&Aアドバイザーと契約し、具体的な戦略とスケジュールを立てていきましょう。

流れ3.買い手候補を選定する

M&Aアドバイザーから買い手候補を提案してもらいましょう。このとき、ハッキリと会社売却の目的やどんな企業に売却したいかを伝えるようにしてください。

買い手候補が決まったら、提案資料を作成して買い手候補へ打診します。打診はM&Aアドバイザーが匿名で行ってくれるので安心しましょう。

提案資料を見た買い手候補企業が興味を示したら秘密保持契約を両社で締結します。その後、社名を出し、さらに詳しい情報が買い手候補へ開示されるのです。

流れ4.トップ面談を行う

秘密保持契約締結後は、会社の事業内容・財務情報などを詳細に記載したIM(インフォメーション・メモランダム)という資料が買い手候補へ開示されます。

両者ともに売却・買収を進めたいという意志表示があれば、経営者同士のトップ面談を行いましょう。トップ面談では、M&Aアドバイザーが間に入って進行してくれます。

売却・買収に至った経緯やお互いの経営方針を話したり、IMだけでは分からなかった疑問点を解消する場です。疑問や不安が解消するまで、何度もトップ面談を行いましょう。

この相手と交渉を本格的に進めたいと思ったら条件の交渉を行い、基本合意契約を交わします。

流れ5.基本合意契約を交わす

基本合意契約とは、買い手候補企業が買収の意思を固めたことを証明する契約のことです。

まず、両社ともに売却・買収をしたいと意思が固まれば、買い手候補企業側から意向証明書が提出されます。意向証明書とは、買収方法・買収価格・買収条件などの提案が書かれた資料です。

意向証明書に売り手企業が同意すれば、基本合意契約の締結に進みます。基本合意契約を締結すれば、デューデリジェンスで問題がない限り最終契約を結ぶことになるのです。

もし、この時点でM&Aの条件に納得がいっていないのであれば、M&Aアドバイザーを通じて再度交渉するようにしましょう。

流れ6.デューデリジェンスを行う

基本合意契約の締結後、買い手候補はデューデリジェンスを行います。デューデリジェンスとは、買い手企業が対象企業の資産やリスクを調査することです。

具体的には、法務・税務・会計などの詳細な資料の提出を求められたり、専門家が会社や工場などに訪問されたり、企業調査が行われます。

デューデリジェンスを行うことで、買い手企業が売り手企業の実態を詳細に知り、リスク予防・対策をすることが出来るのです。

このとき、売り手企業は出来るだけデューデリジェンスがスムーズに行えるよう、サポートをしましょう。資料の準備や訪問の立会いなどに協力して下さい。

また、法務的な質問をされることもあります。頼れる弁護士と一緒に受け答えできる体制を作っておくと安心です。

流れ7.最終合意契約を交わす

デューデリジェンスで問題がなければ最終合意契約を交わします。最終合意契約書締結までに、以下の条件を決定しましょう。

  • 買収価格
  • 買収価格の支払い方法
  • 従業員の処遇
  • 最終契約までのスケジュール

デューデリジェンスの結果を受けて、最終的な売却価格はこの時に決定することになります。両社納得のいく条件が決定したら、その内容を最終合意契約書に記載しましょう。

最終合意契約の締結をもってM&Aの契約は無事締結したことになります。しかし、実際にはさまざまな実務的な作業が残っていることが多いです。

譲渡対価の受け取りや株式名簿の書き換え、不動産の所有者変更など、やらなければならいことが残っています。それぞれの日程を両社でしっかり確認しておきましょう。

流れ8.統合作業を行う

最終合意契約の締結後、クロージングと統合作業を行います。

まずは、クロージングを済ませましょう。クロージングとは、譲渡対価の決済や各契約や権利の譲渡などの細やかな手続きを完了させることです。

その後、統合作業も行っていきましょう。統合作業とは、譲渡した会社に属する従業員を買収会社のシステムに統合することを指します。

M&Aの締結後、最低3ヶ月は統合作業に協力をしましょう。そうすることで、従業員が働きやすい環境を作れたり、買い手企業とのシナジー効果を十分に発揮することができます。

【関連】会社売却とは?高値で会社売却をして多くの資金を手に入れよう!

8. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡におすすめの仲介会社

仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡におすすめの仲介会社

仮設足場工事・足場施工会社のM&Aを成功させるためには、M&A専門家のサポートが必要不可欠です。

M&A仲介会社のM&A総合研究所は、豊富な実績・知識を持つ専任スタッフが、依頼者のM&Aを一から徹底的にサポートしてくれます。

M&A総合研究所は、「独自のAIシステム」と「全国各地の金融機関・公認会計士・税理士事務所との提携」を活かして、依頼者に適した買い手企業をスムーズに探し出してくれます。

そのため、人材不足による後継者問題に悩まされている中小企業の経営者の方にもおすすめできます。

また、業界最低水準の仲介手数料で仲介サービスを提供しているため、できるだけ低コストでM&Aを成功させたい方にもおすすめできます。

M&A総合研究所への相談は無料となっているので、仮設足場工事・足場施工会社のM&Aを検討されている方は、お気軽にご相談ください。

電話で無料相談WEBから無料相談

9. まとめ

まとめ

仮設足場工事・足場施工会社のM&Aはさまざまな理由から、増加傾向にあります。実際に建設関連業界のM&Aの件数は過去最高の件数を記録しています。

仮設足場工事・足場施工会社のM&A実施を検討されている方は、メリット・デメリットを把握したうえで、M&Aへ臨むことが大切です。

【業界の現状・動向】

  1. 建設関連業界のM&Aは活発
  2. 中小企業全体にM&Aは増加傾向
  3. 建設関連業界は人材不足が深刻
  4. 後継者問題を抱える企業も多い
  5. 周辺事業によるM&Aも増加

【M&Aのポイント】

  1. 他社には無い強み・アピールポイントを持つこと
  2. 事前準備を入念に行う・タイミングを誤らないこと
  3. 企業価値評価を行い適正価格を知ること
  4. 簿外債務などを事前に把握すること
  5. 会社売却の専門家に相談すること

【売却側のメリット】

  1. 従業員の雇用確保
  2. 後継者問題の解決
  3. 売却・譲渡益の獲得
  4. 大手資本の下で安定した経営
  5. 個人保証・債務・担保などの解消

【買収側のメリット】

  1. 人材の確保
  2. 必要な事業を低コストで獲得
  3. 新規事業へ低コストで参入
  4. 顧客・取引先・ノウハウなどの獲得
  5. 事業エリアの拡大

以上が仮設足場工事・足場施工会社のM&Aのポイントです。もし、「M&A・事業承継を成功させたい」「不安なことや疑問に感じることが多い」という方は、M&A総合研究へお気軽にご相談ください。

M&A総合研究所なら相談料・着手金・中間報酬無料です。少額のM&Aにも対応します。M&A総合研究所に相談し、高い価格で取引できるようM&Aを実施しましょう。

電話で無料相談WEBから無料相談

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ