仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収!業界動向・相場・ポイントを解説【成功事例あり】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

当記事では、仮設足場工事・足場施工会社のM&A・買収・売却・事業譲渡についてまとめています。仮設足場工事・足場施工会社のM&A動向やM&A事例、買収・売却・事業譲渡にかかる売買価格、M&A成功のポイントなどについて、成功事例を交えて詳しく解説しています。


目次

  1. 仮設足場工事・足場施工会社の定義
  2. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の業界動向
  3. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の相場
  4. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡のポイント
  5. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の成功事例
  6. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡のメリット
  7. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡におすすめの仲介会社
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 仮設足場工事・足場施工会社の定義

仮設足場工事・足場施工会社の定義

今回は、仮設足場工事・足場施工会社のM&A・買収・売却・譲渡について解説していきます。「仮設足場工事」とは、外壁や屋根など、手が届かない場所の工事・作業を行う際に利用する足場を設置する工事のことで、その事業を提供するのが仮設足場工事会社です。

そして「足場施工会社」は、仮設の足場を設置するための工事がスムーズに進められるように、工事をマネジメントする会社です。具体的には、工事の見積もりや工程表の作成、資材の手配や現場の管理などを行います。

2. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の業界動向

仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の業界動向

M&Aの実施を検討している場合、事前に対象業界の動向を確認しておく必要があります。業界の現状・動向を知らずに、市況が悪いタイミングでM&Aを実施してしまうと、なかなか買い手が見つからなかったり、本来の価値よりも過小評価される可能性があるからです。

仮設足場工事・足場施工会社を含めた「建設関連業界」の現状・動向を以下で解説するので、M&A手続きを進める前に確認しておきましょう。

【業界の現状・動向】

  1. 建設関連業界のM&Aは活発
  2. 中小企業全体にM&Aは増加傾向
  3. 建設関連業界は人材不足が深刻
  4. 後継者問題を抱える企業も多い
  5. 周辺事業によるM&Aも増加

①建設関連業界のM&Aは活発

仮設足場工事・足場施工会社を含む「建設関連業界」では、M&Aが活発化しています。近年は、大手企業による中小企業の買収などが積極的になっており、業界再編が進んでいます。建設関連業界でみると、過去最高のM&A件数を更新しています。

②中小企業全体のM&Aは増加傾向

業界全体が抱える「人材不足」の解消や業界再編などの目的で、中小企業全体のM&A件数が増加傾向にあります。今後も、M&Aによる中小企業の売却が進んでいくと見られています。

③建設関連業界は人材不足が深刻

建設関連業界は「人材不足」が深刻化しています。労働環境に対する負のイメージなどによって、地方の中小企業では特に人材不足が進んでいます。人材不足を解消することを目的にM&Aを実施するケースも増加しています。

④後継者問題を抱える企業も多い

人材不足に加え、建設関連業界では「経営者の高年齢化」も進んでいます。その結果、「後継者問題」を抱える企業が増えてきています。後継者問題が影響して、スムーズに事業承継することができず、廃業を余儀なくされる中小企業が多くあります。

⑤周辺事業によるM&Aも増加

仮設足場工事・足場施工会社を含めた建設関連業界では、周辺事業によるM&Aも増加しています。近年の建設事業の需要の確保や、業界ごとの強みを活かした「シナジー効果の創出」を目的に行われるM&Aが多いです。
 

【関連】建設・土木業界、施工管理会社のM&A・買収・売却!業界動向・相場・ポイントを解説【成功事例あり】

3. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の相場

仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の相場

仮設足場工事・足場施工会社のM&Aを検討されている方が気になるのが、「買収・売却の相場価格」ではないでしょうか。

あるM&Aマッチングサイトを確認してみると、「売上高:およそ1億円~2億円 / 営業利益:1,000万円~5,000万円」の仮設足場工事・足場施工会社が、「売却希望価格:およそ1億円~2億円」でM&Aを希望していることが確認できます。

ただし、M&Aの売買価格は、「対象企業の規模・保有する経営資源」などの企業価値によって、各会社ごとに違いがでてきます。そのため、一概に「相場価格はいくら」と断言することは難しいといえます。

自社がM&Aで売却する場合に「どのくらいの価格になるのか」気になる会社経営者の方は、「企業価値評価を算定」して、適正価格を判断するようにしてみましょう。

【関連】M&Aの企業価値評価とは?算出方法を詳しく解説!
電話で無料相談WEBから無料相談

4. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡のポイント

仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡のポイント

仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡を検討されている方は、M&A実施時に「意識すべきポイント」があります。M&Aを検討されている方は、以下のポイントを確認しておきましょう。

【M&Aのポイント】

  1. 他社には無い強み・アピールポイントを持つこと
  2. 事前準備を入念に行う・タイミングを誤らないこと
  3. 企業価値評価を行い適正価格を知ること
  4. 簿外債務などを事前に把握すること
  5. 会社売却の専門家に相談すること

①他社には無い強み・アピールポイントを持つこと

M&Aを実施して会社売却・事業譲渡を検討されている場合、「他社には無い強み・アピールポイントを持つ」必要があります。他社との差別化を図れるような特徴を持っておくことで、優良な買い手を見つけやすくなります。

②事前準備を入念に行う・タイミングを誤らないこと

M&Aを成功させるためには、「事前準備」を入念に行い、M&A実施の「タイミング」を誤らないようにすることが大切です。

特に何も用意せずにM&A手続きを進めてしまうと、売却側は「悪質な買い手との交渉」・「安い価格での売却」、買い手は「簿外債務の引継ぎ」といったリスクが伴ってしまいます。

③企業価値評価を行い適正価格を知ること

これは売却側に言えることですが、M&Aを実施する前に、「企業価値評価を行い、自社の適正価格を知ること」が大切です。

自社の適正価格を事前に知っておかないと、本来の売却価値よりも低い価格でM&Aの交渉が進められてしまう危険性があります。

④簿外債務などを事前に把握すること

M&Aの買い手は、M&Aの手続きを完了させる前に、対象企業(売却側の企業)の「簿外債務などを事前に把握すること」が大切です。M&A専門家に依頼をして、デューデリジェンスを徹底することで、買収後のリスクを抑えることができます。

【関連】M&AにおけるDD(デューデリジェンス)項目別の目的・業務フローを徹底解説!

⑤M&Aの専門家に相談すること

M&A成功させるために最も重要なことは、M&A仲介会社やM&Aアドバイザリーなどの「M&A専門家に相談する」ことです。

M&A専門家を利用することで、自社にとって適切な対象企業を見つけることができたり、デューデリジェンスの実施によって、M&A後のリスクを抑えたりすることが可能となります。

M&A仲介会社の一つであるM&A総合研究所は、無料で相談を受け付けています。また、無料の「企業価値算定サービス」を提供しているので、M&A前に自社の適正価格を知りたいという会社経営者の方にもおすすめの仲介会社です。

電話で無料相談WEBから無料相談

5. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の成功事例

仮設足場工事・足場施工会社のM&Aの成功事例

ここでは、仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡の成功事例をご紹介していきます。

どのような目的で仮設足場工事・足場施工会社のM&Aが行われているのか、とられているM&A手法はどのようなものかをみていきましょう。

①杉孝グループHDによるナカキンリース株式会社のM&A

建設作業現場における仮設足場工事におけるレンタル事業を中心とした事業を展開する「杉孝グループホールディングス」は、軽仮設機材レンタル事業を行う「ナカキンリース株式会社」を「株式取得」によって完全子会社化しています。

杉孝グループホールディングスはナカキンリースの営業圏である首都圏西側地域での競争力強化を目的として、当M&Aを実施しました。

②キムラによるテクノ興国のM&A

住宅資材などの卸売やホームセンター経営、仮設足場工事に関するレンタル事業などを展開する「株式会社キムラ」が、住宅用足場の施工サービスや仮設材のリース業務などを展開する足場施工会社の「株式会社テクノ興国」を「株式取得」によって子会社化しています。

株式会社キムラは、株式会社テクノ興国の営業圏である帯広市を中心とした十勝地区での事業成長のスピードアップを目的に、当M&Aを実施しました。

③クワザワによる原木屋産業ほかのM&A

建設資材の総合商社である「株式会社クワザワ」は、栃木県を中心に土木建築資材の卸売・小売事業を展開する「原木屋産業株式会社」を「株式取得」によって完全子会社化しています。

株式会社クワザワは、原木屋産業が保有する広範囲の販売網や顧客層などの資源を獲得して、継続的な事業の発展やシナジー効果の創出を目的に、当M&Aを実施しました。

④東京海上キャピタルによる旭ハウス工業への出資

バイアウト投資ファンドの管理・運営を行っている「東京海上キャピタル株式会社」は、住宅建築現場・イベント現場などの仮設資材販売などを行う「旭ハウス工業株式会社」への「資本参加」を行いました。

この資本参加は、東京海上キャピタルが保有する投資実績や経営ノウハウ、人的サポート、M&A立案等を提供することで、旭ハウス工業をさらに成長させることを目的として実施されました。

⑤エスアールジータカミヤによるナカヤ機材のM&A

仮設機材の開発や販売及びレンタル、仮設工事の計画などの事業を展開している「エスアールジータカミヤ株式会社」は、建設現場用足場等のレンタル・販売事業を行う「株式会社ナカヤ機材」を「株式取得」によって子会社化しています。

エスアールジータカミヤは、ナカヤ機材の営業圏である中国地方での営業力及び仮設機材の供給体制の強化と市場開拓を目的として、当M&Aを実施しました。

⑥アルインコ株式会社による双福鋼器のM&A

仮設機材の開発・製造・販売や仮設足場の総合レンタルサービス等を展開する仮設足場工事・足場施工会社の「アルインコ株式会社」は、物流倉庫向けの物流補完設備機器製造を行う「双福鋼器株式会社」を「株式取得」によって子会社化しています。

アルインコは、新しい事業分野を自社グループに加えることで、事業基盤の拡充やシナジー効果の創出を目的に、当M&Aを実施しました。

6. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡のメリット

仮設足場工事・足場施工会社のM&Aのメリット

仮設足場工事・足場施工会社をM&Aによって買収・売却・事業譲渡することで得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、仮設足場工事・足場施工会社の売却側と買収側に分けて、それぞれのメリットを解説します。

売却側

M&Aによって仮設足場工事・足場施工会社を売却・事業譲渡する側のメリットとしては、以下の5種類が挙げられます。

【売却側のメリット】

  1. 従業員の雇用確保
  2. 後継者問題の解決
  3. 売却・譲渡益の獲得
  4. 大手資本の下で安定した経営
  5. 個人保証・債務・担保などの解消

①従業員の雇用確保

仮設足場工事・足場施工会社を売却するメリットとしては、「従業員の雇用確保」があります。

仮設足場工事・足場施工会社を含めた「建設業界」では、人材不足や経営者の高年齢化に伴う「後継者問題」に直面している会社が多くあります。

後継者問題に直面しスムーズに事業承継ができないことが原因で、廃業を余儀なくされる中小企業も多いです。

しかし、M&Aを実施して仮設足場工事・足場施工会社を売却することができれば、廃業を避けることが可能です。同時に、廃業によって従業員が雇用を失ってしまう事態を防ぐこともできます

②後継者問題の解決

M&Aによって仮設足場工事・足場施工会社を売却・事業譲渡できれば、多くの中小企業が直面している「後継者問題」を解決することができます

後継者が不在の中小企業にとって、後継者候補を見つけることは非常に困難です。

しかし、M&A仲介会社などのM&A専門家に相談・仲介依頼することで、後継者をスムーズに見つけることができ、後継者問題を解消することが可能となります。

③売却・譲渡益の獲得

仮設足場工事・足場施工会社を売却・事業譲渡することができれば、売却側の経営者は「売却・譲渡益」を獲得することができます

このような売却・譲渡益は「創業者利益」と表現されることもあります。

④大手資本の下で安定した経営

株式譲渡などのM&A手法によって、大手企業の子会社になることができれば、大手資本を活用して「安定した経営」を実現することができます。

また、売却側企業の従業員にとっても、大手資本による給料上昇や、雇用が安定したりするというメリットがあります。

⑤個人保証・債務・担保などの解消

「株式譲渡」によるM&Aを実施して、仮設足場工事・足場施工会社を売却することができれば、売却側企業が抱える債務や担保、売却側の経営者が抱える個人保証などをすべて解消できるというメリットがあります。

株式譲渡によるM&Aが行われると、売却側は債務や個人保証などを買収側に引き継ぐことができます。そのため、売却側企業の経営者は、負債や保証などの負担から解放されます。

【関連】事業承継を株式譲渡で行う方法!メリット・デメリットを解説!税金が安い?

買収側

続いて、仮設足場工事・足場施工会社をM&Aによって買収する側のメリットについて説明します。買収側のメリットには、以下のようなものが挙げられます。

【買収側のメリット】

  1. 人材の確保
  2. 必要な事業を低コストで獲得
  3. 新規事業へ低コストで参入
  4. 顧客・取引先・ノウハウなどの獲得
  5. 事業エリアの拡大

①人材の確保

仮設足場工事・足場施工会社を買収する側のメリットとしては、「人材を確保することができる」ことが挙げられます。

すでに説明している通り、仮設足場工事・足場施工会社を始めとした「建設業界」は、人材を確保することが難しいという問題に直面しています。

M&Aによって仮設足場工事・足場施工会社を買収できれば、対象企業に在籍する従業員を獲得できるので、人材不足解消の方法として考えることができます。

②必要な事業を低コストで獲得

事業譲渡によるM&Aを実施すれば、自社に必要な事業(仮設足場工事・足場施工会社が展開する事業)を低コストで獲得できるチャンスがあります。

M&A仲介会社などのM&A専門家に仲介を依頼することで、資金面や時間といったコストをなるべく安くすることが可能となります。

③新規事業へ低コストで参入

仮設足場工事・足場施工会社が提供するような事業を「自社の新しい事業として展開したい」と考えている場合、仮設足場工事・足場施工会社をM&Aによって買収することで、低コストで新規事業に参入することができます

通常、新規事業・新規市場への参入は、「人材の確保や教育・必要な知識や経験の獲得」などのために、多額の資金や多くの時間を必要とします。

しかし、M&Aによって、すでに当該事業を展開している仮設足場工事・足場施工会社を買収することで、人材育成やノウハウ獲得のために必要なコストを抑えることができます

④顧客・取引先・ノウハウなどの獲得

仮設足場工事・足場施工会社を買収することで、対象企業が抱える顧客や取引先、ノウハウなどを獲得することができます。このメリットによって、新規事業・新規市場への参入が容易になり、事業規模の拡大やシナジー効果の創出も期待できます。

⑤事業エリアの拡大

自社とは異なる地域で事業展開している仮設足場工事・足場施工会社を買収することで、事業エリアを拡大することが可能となります。

事業エリアの拡大を自社のみで行うには多くの時間や資金が必要となるため、事業エリア拡大を目的に、M&Aによる会社買収を実施する事例も多くみられます。

【関連】M&A・会社売却のメリット・デメリットを徹底分析!リスクはある?

7. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡におすすめの仲介会社

仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収・譲渡におすすめの仲介会社

仮設足場工事・足場施工会社のM&Aを成功させるためには、M&A専門家のサポートが必要不可欠です。

M&A仲介会社のM&A総合研究所は、豊富な実績・知識を持つ専任スタッフが、依頼者のM&Aを一から徹底的にサポートしてくれます。

M&A総合研究所は、「独自のAIシステム」と「全国各地の金融機関・公認会計士・税理士事務所との提携」を活かして、依頼者に適した買い手企業をスムーズに探し出してくれます。

そのため、人材不足による後継者問題に悩まされている中小企業の経営者の方にもおすすめできます。

また、業界最低水準の仲介手数料で仲介サービスを提供しているため、できるだけ低コストでM&Aを成功させたい方にもおすすめできます。

M&A総合研究所への相談は無料となっているので、仮設足場工事・足場施工会社のM&Aを検討されている方は、お気軽にご相談ください。

電話で無料相談WEBから無料相談

8. まとめ

まとめ

今回は、仮設足場工事・足場施工会社のM&Aについて解説してきました。仮設足場工事・足場施工会社のM&A実施を検討されている方は、メリット・デメリットを把握したうえで、M&Aへ臨むことが大切です。

【業界の現状・動向】

  1. 建設関連業界のM&Aは活発
  2. 中小企業全体にM&Aは増加傾向
  3. 建設関連業界は人材不足が深刻
  4. 後継者問題を抱える企業も多い
  5. 周辺事業によるM&Aも増加

【M&Aのポイント】

  1. 他社には無い強み・アピールポイントを持つこと
  2. 事前準備を入念に行う・タイミングを誤らないこと
  3. 企業価値評価を行い適正価格を知ること
  4. 簿外債務などを事前に把握すること
  5. 会社売却の専門家に相談すること

【売却側のメリット】

  1. 従業員の雇用確保
  2. 後継者問題の解決
  3. 売却・譲渡益の獲得
  4. 大手資本の下で安定した経営
  5. 個人保証・債務・担保などの解消

【買収側のメリット】

  1. 人材の確保
  2. 必要な事業を低コストで獲得
  3. 新規事業へ低コストで参入
  4. 顧客・取引先・ノウハウなどの獲得
  5. 事業エリアの拡大

以上が仮設足場工事・足場施工会社のM&Aのポイントですが、「M&A・事業承継を成功させたい」「不安なことや疑問に感じることが多い」という方は、M&A総合研究】へお気軽にご相談ください。

電話で無料相談WEBから無料相談

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ