自動車整備業のM&A・事業承継!おすすめ仲介会社は?【売却相場/譲渡事例あり】

Medium
M&Aシニアマネージャー
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

本記事では、自動車整備業のM&A・事業承継・譲渡・売却について、メリットや成功させるポイントなどを解説しています。また、実際に行われた自動車整備業の譲渡事例や売却相場、M&A・事業承継におすすめの仲介会社なども紹介しています。

目次

  1. 自動車整備業のM&A・事業承継・譲渡・売却
  2. 自動車整備業のM&A・事業承継を行う際におすすめの仲介会社
  3. 自動車整備業のM&A・事業承継を行う際に仲介会社を使うメリット
  4. 自動車整備業のM&A・事業承継時の売却相場
  5. 自動車整備業のM&A・事業承継・譲渡・売却事例
  6. 自動車整備業のM&A・事業承継を成功させるポイント
  7. 自動車整備業のM&A・事業承継にお悩みなら
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 自動車整備業のM&A・事業承継・譲渡・売却

自動車整備業のM&A・事業承継・譲渡・売却

本記事では、自動車整備業のM&A・事業承継・譲渡・売却について解説します。まずは自動車整備業やM&A・事業承継・譲渡・売却について、これらの用語の基本的な意味を解説していきます。

自動車整備業とは

自動車整備業とは、自動車の修理や診断、車検などのメンテナンス業務を行う業種のことです。

自動車整備業は、運輸局の認証を受けた認証工場または指定工場で営むことができます。普通自動車・小型自動車・軽自動車の3種に分類され、それぞれ必要となる人員や設備が定められています。

M&Aとは

M&Aとは、事業譲渡・株式譲渡・会社分割など、会社や事業を売買したり、合併・分割したりする手法全般をさします。

英語の「Mergers and Acquisitions」の略であり、日本語では「合併と買収」という意味です。

事業譲渡・売却とは

事業譲渡または事業売却とは、会社の事業を切り離して他の会社に譲渡することです。

会社全体を売却するのではなく、必要な事業は譲渡せず残すことができるのが特徴で、不採算事業の整理などで使用されます。

【関連】事業譲渡とは?会社譲渡との違いや手続きの流れを分かりやすく解説!

事業承継とは

事業承継とは、事業の経営を後継者に引き継ぐことです。誰に事業承継するかによって、親族内事業承継・親族外事業承継・M&Aによる事業承継の3種に分類されます。

【事業承継の種類】

  • 親族内事業承継
  • 親族外事業承継
  • M&Aによる事業承継

親族内事業承継

親族内事業承継とは、自分の子供や親族などの身内を後継者とする事業承継をいいます。

親族であれば安心感がありますが、近年は少子化の影響もあり事業承継できる親族がいないケースも多く、事業承継の割合としては減少傾向にあります。

親族外事業承継

親族外事業承継とは、会社の役員や従業員などを後継者とする事業承継をいいます。

自社の従業員や役員を後継者とするのが一般的ですが、取引先など社外の人間を後継者に据えることもあります。

M&Aによる事業承継

M&Aによる事業承継では、M&A仲介会社などをとおして、親族でも社内の人間でもない第三者に事業承継します

M&Aでは多数の承継先候補から、最適な相手を選べるのがメリットですが、相手は今まで面識のなかった第三者なので、交渉は慎重に行う必要があります。

【関連】事業承継とは?事業承継の方法・流れやポイントを徹底解説!

2. 自動車整備業のM&A・事業承継を行う際におすすめの仲介会社

おすすめの仲介会社

この章では、自動車整備業のM&A・事業承継を行う際におすすめの仲介会社を5社ご紹介します。

【自動車整備業のM&A・事業承継を行う際におすすめの仲介会社】

  1. M&A総合研究所
  2. 中小企業M&Aサポート
  3. 絆コーポレーション
  4. ミツキタアドバイザリー
  5. フォーバル

①M&A総合研究所

M&A総合研究所は、専任のM&Aアドバイザーによるフルサポートを提供しているM&A仲介会社です。

独自のAIを使用したマッチングシステムを有しており、自動車整備業の案件も豊富に取り扱っています

手数料はレーマン方式で業界最安値水準を採用しており、着手金・中間金は無料です。

クロージングまで平均3か月というスピードも、M&A総合研究所の強みとなっています。
 

サイトURL https://masouken.com/lp01
手数料 完全成功報酬制
お問合せ先 0120-401-970

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

②中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートは、中小企業のM&Aに特化したM&A仲介会社です。一つひとつの案件と親身に向き合い、高い成約率を実現しています。

成功報酬の最低額が150万円と非常に低く設定されており、小規模な会社の売買で手数料が負担にならないように考慮されています。
 

サイトURL https://www.chusho-ma-support.com/
手数料 中間金・成功報酬
お問合せ先 03-6860-8272

③絆コーポレーション

絆コーポレーションは、関西を拠点とするコンサルティング会社です。「利益増大」「良品率向上」「リーダー育成」をスローガンに、多くの企業を成功に導いています。

M&A以外に、コストダウンや経営戦略など、会社経営に関するあらゆるサポート業務を行っています。
 

サイトURL http://www.kizuna-corp.jp/
手数料 要問合せ
お問合せ先 サイトのメールフォームから

④ミツキタアドバイザリー

ミツキタアドバイザリーは、兵庫県に拠点を置く中小企業専門のM&Aアドバイザリー会社です。

価値のある中小企業が廃業せず事業を継続できるように、友好的なM&Aを提案しています。

中小企業庁の事業承継支援機関である、兵庫県事業引継ぎ支援センターの認定コーディネーターを務めており、行政のお墨付きという安心感があります。
 

サイトURL https://www.mitsukita.com/
手数料 要問合せ
お問合せ先 078-855-8160

⑤フォーバル

フォーバルは、M&Aや経営コンサルティングサービスを総合的に提供している会社です。主に中小企業を対象にM&A仲介業務を行っており、高い成約率を誇っています。

M&Aだけでなく、親族内承継や株式上場など、幅広い選択肢から最適な手法を提案し、大事に育ててきた会社が最良の形で存続できるようにサポートします。
 

サイトURL https://www.forval.co.jp/
手数料 着手金・成功報酬
お問合せ先 0120-37-4086

【関連】中小企業でもM&Aは可能!おすすめの仲介会社20選を紹介

3. 自動車整備業のM&A・事業承継を行う際に仲介会社を使うメリット

仲介会社を使うメリット

自動車整備業のM&A・事業承継を行う際に、仲介会社を使う主なメリットは以下の3つです。

【自動車整備業のM&A・事業承継を行う際に仲介会社を使うメリット】

  1. 交渉や書類作成にかかる手間を軽減する
  2. M&A・事業承継先の選定・仲介を行う
  3. M&A・事業承継の戦略を考える

①交渉や書類作成にかかる手間を軽減する

M&A・事業承継を実行するには、相手との交渉に時間を割かなくてはならないだけでなく、多くの書類を作成するための手間も必要です。

こういった交渉や書類作成をM&A仲介会社に任せることによって、手間を軽減して本業への支障を最小限に抑えることができます

②M&A・事業承継先の選定・仲介を行う

M&A・事業承継先は、マッチングサイトなどを利用して自分で探すことも可能ですが、専門家であるM&A仲介会社に頼んだほうが有利です。

M&A仲介会社は、独自のネットワークで多数の案件を保有しているため経験も豊富なので、最適な承継先を選定できます

③M&A・事業承継の戦略を考える

M&A・事業承継のスキームには、株式譲渡・事業譲渡などの種類があるので、その中から自社に合った戦略を考えなければなりません。

M&A・事業承継の戦略選定には専門的な知識や見解も必要となるため、M&A仲介会社と相談しながら進めていく必要があります。

4. 自動車整備業のM&A・事業承継時の売却相場

売却相場

自動車整備業のM&A・事業承継時の売却相場は、一般的な認証工場・指定工場の場合、数千万円から2億円くらいで売買されることが多いようです

自動車整備業はサービス内容で強い独自性を出すのはやや難しいので、整備士の充実、タクシー会社との連携や地域性などをアピールすると、売却価格が上昇する可能性もあります

売却価格の算定方法

売却価格の算定方法としては、純資産を参考にする方法似た業種の上場企業の株価を参考にする方法割引キャッシュフローを参考にする方法などがあります。

一般的に、市場での株価が存在する上場企業に比べて、非上場企業の算定はやや難しくなります

【関連】M&Aの企業価値評価(バリュエーション)とは?算定方法を解説【事例あり】

5. 自動車整備業のM&A・事業承継・譲渡・売却事例

譲渡・売却事例

この章では、自動車整備業のM&A・事業承継・譲渡・売却事例の中から、最近の事例を10例ご紹介します。

【自動車整備業のM&A・事業承継・譲渡・売却事例】

  1. VTホールディングスが光洋自動車を子会社化
  2. テーオーホールディングスが北見三菱自動車販売を子会社化
  3. グッドスピードがホクトーモータースを子会社化
  4. 伊藤忠商事がヤナセの株式を取得
  5. サン・ガレージがVOLVOディーラー事業をウイルプラスホールディングスに事業譲渡
  6. VTホールディングスがPEUGEOT CITROEN SOUTH AFRICA (PTY) LTDを子会社化
  7. ユー・エス・エスがジェイ・エー・エーを子会社化
  8. オートバックスセブンがKit Loong Tayaria Sdn. Bhd.と業務提携
  9. 三盛自動車販売が全事業をVTホールディングスへ事業譲渡
  10. 北陸電話工事が電通自動車整備を子会社化

①VTホールディングスが光洋自動車を子会社化

2019年に、VTホールディングスが光洋自動車の全株式を取得し、完全子会社化しました。

VTホールディングスは、ホンダ・日産などの自動車ディーラーの持株会社で、光洋自動車は北海道でフォルクスワーゲンとアウディを販売するディーラーです。

今回の買収は、VTホールディングスの北海道でのシェア拡大を目的として行われました。

②テーオーホールディングスが北見三菱自動車販売を子会社化

2019年に、テーオーホールディングスが北見三菱自動車販売の全株式を取得し、完全子会社化しました。

テーオーホールディングスは、日産自動車のディーラーなどを展開する「テーオーグループ」の持株会社で、北見三菱自動車販売は北海道で三菱⾃動⾞の販売や自動車整備業を営む会社です。

今回の買収は、テーオーホールディングスの自動車販売事業の強化を目的として行われました。

③グッドスピードがホクトーモータースを子会社化

2019年に、グッドスピードが、ホクトーモータースの全株式を得て、完全子会社化しました。

中古車小売販売台数の拡大を進めているグッドスピードは、店舗数やカーライフサポートの拡充などの戦略を行っており、ホクトーモータースは、自動車整備業を営む会社です。

今回の買収は、シナジー効果や企業価値の向上を目的として行われています。

④伊藤忠商事がヤナセの株式を取得

2017年に、伊藤忠商事がヤナセの株式を取得し、子会社化しました。

伊藤忠商事はさまざまな事業を展開する総合商社で、ヤナセは自動車整備業や自動車販売などを営む会社です。

伊藤忠商事はもともとヤナセの株式の約40%を保有していましたが、公開買付けにより保有割合を約65%まで増やしました。ヤナセを連結子会社とすることで、より親密な資本関係を構築することが目的です。

⑤サン・ガレージがVOLVOディーラー事業をウイルプラスホールディングスに事業譲渡

2017年に、サン・ガレージが、VOLVOディーラー事業のボルボ・カーズ小田原を、ウイルプラスホールディングスに事業譲渡しました。

サン・ガレージは自動車整備業や販売などを手がける会社で、ウイルプラスホールディングスは自動車整備業や輸入車販売を手がける会社です。

今回の買収により、ウイルプラスホールディングスは神奈川県での事業拡大などを図るとしています

⑥VTホールディングスがPEUGEOT CITROEN SOUTH AFRICA (PTY) LTDを子会社化

2017年に、VTホールディングスがPEUGEOT CITROEN SOUTH AFRICA (PTY) LTDの株式を取得し子会社化しました。

PEUGEOT CITROEN SOUTH AFRICA (PTY) LTDは、南アフリカでプジョーやシトロエンを販売している会社です。

当M&Aにより、VTホールディングスは南アフリカでのプジョーの販路拡大を図るとしています

⑦ユー・エス・エスがジェイ・エー・エーを子会社化

2017年に、ユー・エス・エスがジェイ・エー・エーの株式の約66%を取得し、子会社化しました。

ユー・エス・エスは中古車のオークション運営会社で、ジェイ・エー・エーも中古車オークションを中心とした事業を運営しています。

今回の買収は、ユー・エス・エスがオークション事業を推進する目的で行っています。

⑧オートバックスセブンがKit Tayaria Loong Sdn. Bhd.と業務提携

2016年に、オートバックスセブンがKit Loong Tayaria Sdn. Bhd.の株式の20%を取得し、資本・業務提携を締結しました。

オートバックスセブンはカー用品チェーン「オートバックス」のフランチャイズ事業を展開する企業で、Kit Loong Tayaria Sdn. Bhd.はマレーシアでタイヤの販売を営む企業です。

今回の業務提携は、マレーシアでのオートバックス製品の供給強化が目的となっています。

⑨三盛自動車販売が全事業をVTホールディングスへ事業譲渡

2016年に、三盛自動車販売がVTホールディングスに全事業を事業譲渡しました。

三盛自動車販売は静岡県のBMW正規ディーラーで、VTホールディングスはホンダ・日産などのディーラーを統括する持株会社です。

今回の事業譲渡により、三盛自動車販売は静岡県でのBMWの販売強化を図るとしています

⑩北陸電話工事が電通自動車整備を子会社化

2015年に、北陸電話工事が電通自動車整備の全株式を取得し、完全子会社しました。

北陸電話工事はインフラ整備やシステム開発を営む会社で、電通自動車整備は自動車整備業や自動車販売業などを営む会社です。

以前から北陸電話工事と電通自動車整備は資本・業務提携を締結していましたが、今回の完全子会社化により連結業績の向上とグループ内製化を図るとしています

6. 自動車整備業のM&A・事業承継を成功させるポイント

成功させるポイント

自動車整備業のM&A・事業承継を成功させるためには、以下5つのポイントを意識して行うことが必要です。

【自動車整備業のM&A・事業承継を成功させるポイント】

  1. 事前の準備・計画を練る
  2. 契約成立までは従業員・取引先などに情報を漏らさない
  3. 自社の強み・有資格者の人数などを提供資料用にまとめる
  4. M&A・事業承継の目的を明確にする
  5. 専門家に相談する

①事前の準備・計画を練る

自動車整備業のM&A・事業承継を成功させるには、事前の準備・計画をしっかりと練ることが重要です。

具体的には、会社の現状分析や問題点の洗い出し、後継者教育や事業承継計画書の作成などを行います。

特に後継者教育は数年間かかる場合もあるので、できるだけ早い時期から準備しておくことが、自動車整備業のM&A・事業承継を成功させる秘訣といえるでしょう。

②契約成立までは従業員・取引先などに情報を漏らさない

たとえ会社や社員のためにM&A・事業承継を実行していても、従業員や取引先は不安を感じることもあります

自動車整備業のM&A・事業承継においては、契約成立まで従業員・取引先などに情報を漏らさないほうがよいでしょう。

③自社の強み・有資格者の人数などを提供資料用にまとめる

自動車整備業のM&A・事業承継では、相手に自社の強みをアピールすることが重要になります。言葉で説明するだけでなく、事前に資料を用意しておくと相手が理解しやすくなります

自社の強みや有資格者の人数など、数値的なデータも活用してわかりやすい資料を用意しておきましょう。

④M&A・事業承継の目的を明確にする

自動車整備業のM&A・事業承継では、M&A・事業承継の目的を明確にしておく必要があります。

M&A・事業承継の目的としては、後継者不在・事業の選択と集中・アーリーリタイアなどがあります。

目的を明確にすると、譲れない条件と妥協してもよい条件がはっきりするので、相手との交渉も進めやすくなります

⑤専門家に相談する

自動車整備業のM&A・事業承継には専門的な知識が不可欠であるため、自社のみで行うことは難しいといえます。

そのため、M&A仲介会社などの専門家に相談し、サポートを受けながら進めていくことが一般的であり、成功する確率も高くなります。

相談先にはM&A仲介会社・金融機関・公的機関などの選択肢があるので、自社に合ったところを選ぶようにしましょう。

7. 自動車整備業のM&A・事業承継にお悩みなら

M&A・事業承継にお悩みなら

自動車整備業のM&A・事業承継にお悩みの場合は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所では、自動車整備業のM&A・事業承継の経験が豊富なM&Aアドバイザーが、案件をサポートいたしますので、納得いく条件での成約へと導きます。

全国のネットワーク独自AIのマッチングシステムから最適な売買相手を選択し、クロージングまで平均3か月というスピードで成約することも可能です。

報酬は完全成功報酬制を採用、手数料は業界最安値水準に設定しており、着手金や中間金は無料となっています。

自動車整備業のM&A・事業承継をご検討の際は、お気軽に無料相談をご利用ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

まとめ

自動車整備業のM&A・事業承継は、事前にしっかりと準備をして有資格者の数など強みをアピールすれば、より高い価格での売却も見込めます

後継者不在や経営者の高齢などで廃業に追い込まれないためにも、M&A・事業承継の準備を早い段階から進めておくことが重要です。

【事業承継の種類】

  1. 親族内事業承継
  2. 親族外事業承継
  3. M&Aによる事業承継

【自動車整備業のM&A・事業承継を行う際におすすめの仲介会社】
  1. M&A総合研究所
  2. 中小企業M&Aサポート
  3. 絆コーポレーション
  4. ミツキタアドバイザリー
  5. フォーバル

【自動車整備業のM&A・事業承継を行う際に仲介会社を使うメリット】
  1. 交渉や書類作成にかかる手間を軽減する
  2. M&A・事業承継先の選定・仲介を行う
  3. M&A・事業承継の戦略を考える

【自動車整備業のM&A・事業承継・譲渡・売却事例】
  1. VTホールディングスが光洋自動車を子会社化
  2. テーオーホールディングスが北見三菱自動車販売を子会社化
  3. グッドスピードがホクトーモータースを子会社化
  4. 伊藤忠商事がヤナセの株式を取得
  5. サン・ガレージがVOLVOディーラー事業をウイルプラスホールディングスに事業譲渡
  6. VTホールディングスがPEUGEOT CITROEN SOUTH AFRICA (PTY) LTDを子会社化
  7. ユー・エス・エスがジェイ・エー・エーを子会社化
  8. オートバックスセブンがKit Loong Tayaria Sdn. Bhd.と業務提携
  9. 三盛自動車販売が全事業をVTホールディングスへ事業譲渡
  10. 北陸電話工事が電通自動車整備を子会社化

【自動車整備業のM&A・事業承継を成功させるポイント】
  1. 事前の準備・計画を練る
  2. 契約成立までは従業員・取引先などに情報を漏らさない
  3. 自社の強み・有資格者の人数などを提供資料用にまとめる
  4. M&A・事業承継の目的を明確にする
  5. 専門家に相談する

自動車整備業のM&A・事業承継をお考えの際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&A専門のM&Aアドバイザーによる専任のサポート独自AIのマッチングシステムにより、最適な売買戦略を提案します。

報酬は完全成功報酬制を採用しており、成約するまで料金は一切かかりませんので、まずは無料相談からご利用ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事