製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&A動向!売却理由、相場、手法も解説【成功事例一覧】

執行役員 企業情報部 部長 兼 企業情報第一部 部長
辻 亮人

大手M&A仲介会社にて、事業承継や戦略的な成長を目指すM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、経営者が抱える業界特有のお悩みに寄り添いながら、設備工事業や建設コンサルタント、製造業、医療法人など幅広い業種を担当。

近年、医薬品製造業界では、大手製薬会社によるM&A・大型買収で海外製薬会社が売却され話題となりました。注目を集める医薬品製造業界のM&A動向について、買収・売却・合併などの実態を事例の紹介も交えて解説します。

目次

  1. 製薬会社・医薬品製造業界とは?
  2. 製薬会社・医薬品製造業界の現状
  3. 製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&A動向
  4. 製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&A成功事例一覧
  5. 製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&A相場
  6. 製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&Aで着目すべき点
  7. 製薬会社・医薬品製造業界が買収・M&Aを行う理由
  8. 製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&Aまとめ
    • 製薬会社のM&A・事業承継

    1. 製薬会社・医薬品製造業界とは?

    製薬会社・医薬品製造業界では、M&Aによる買収や売却、合併、事業売却が盛んに行われています。小規模の譲渡などの事例から、最近では大型のM&Aによる買収や売却の事例が増えました。

    製薬会社・医薬品製造業界のM&Aを検討する場合には、製薬会社・医薬品製造業界のM&Aの知識がなければ、買収や売却、合併などといった手段選びから悩むことでしょう。M&Aといえば買収や売却を考える方も多いですが、時には合併を選択すべきケースもあります。

    本章では製薬会社・医薬品製造業界の定義や特徴を解説します。製薬会社・医薬品製造業界のM&Aについて理解を深めましょう。

    製薬会社・医薬品製造業界の定義

    製薬会社とは、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に基づき厚生労働大臣からの許可を得たうえで、医薬品の製造を事業としている会社のことです。その製薬会社が属するのが、医薬品製造業界になります。

    医薬品製造業界とは、新薬の研究・開発や効果の確認、販売などに携わる業界です。医薬品は処方せんが必要な「医療用医薬品」と、ドラッグストアなどで購入できる「一般医薬品」に分かれます。「一般医薬品」は個別ブランドでの販売も可能です。

    医療用医薬品の定義

    処方せんがないと入手できない医薬品が医療用医薬品です。処方せんとは、患者を診察した医師が、患者の病状の治療・回復のために薬を選定し、その服用・投与方法などを記したものをいいます。患者は処方せんを調剤薬局に持ち込み、薬剤師が調剤した薬を受け取れるでしょう。

    医療用医薬品は、抗生物質など効き目が強い反面、副作用などのリスクもあります。一般医薬品とは区別され、簡単に入手できない制度です。

    医療用医薬品の価格は薬価制度により定められています。製薬会社は自由に価格を設定できません。

    一般医薬品の定義

    一般医薬品は処方せんのいらない医薬品です。一般の薬局やドラッグストアの店頭で販売されています。医薬品の効き目の強さを3段階で区分けしており、第1類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品という分類です。

    最も強い効き目のある第1類医薬品の場合は、販売にあたって薬剤師が対応しなければいけないでしょう。一般医薬品の販売価格は、医療用医薬品と違って自由に設定できるのが特徴です。

    製薬会社・医薬品製造業界の特徴

    新たに開発した医薬品は、特許により保護ができます。これにより製造・販売の独占が可能です。製薬会社・医薬品製造業界では、特許で保護された医薬品を販売し利益を得ています。市場における割合では、販売される医薬品の90%以上が「医療用医薬品」です。

    「医療用医薬品」は新薬とジェネリック医薬品に分けられます。これまでは市場の多くを新薬が占めてきました。しかし、新薬の研究・開発には莫大(ばくだい)な費用がかかるため、大手製薬会社でないと実施が困難といわざるを得ません。

    ジェネリック医薬品は、特許期間の過ぎた、新薬と成分が等しく安価な医薬品です。近年は医療費抑制のために、政府主導でジェネリック医薬品の促進が行われています。

    製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&Aとは

    M&Aとは、Mergers and Acquisitionsの略称です。直訳するとMergersが合併、Acquisitionsが買収の意味を持ちます。実際のM&Aには、さまざまなスキーム(手法)があります。単に合併・買収だけではありません。

    M&Aとは、合併や買収などの手法を用いて、企業・事業を売買したり企業間で組織再編を行ったりする総称です。買収の場合の目的には、事業規模・市場シェアの拡大、事業領域の拡張、新規事業参入、海外進出、技術・ノウハウ・人材の獲得などがあります。

    【関連】医薬品卸のM&A動向や売却・買収の事例や相場、成功ポイントを解説

    2. 製薬会社・医薬品製造業界の現状

    製薬会社・医薬品製造業界の動向が、M&Aによる買収・売却などの相場の価格を決定します。製薬会社・医薬品製造業界のM&Aを知る前に、現状における製薬会社の業界動向を見ておきましょう。

    1. 売上高規模は12兆円超(2020年度統計)
    2. ジェネリック医薬品製造の市場拡大
    3. 新薬開発の難易度は年々増加傾向
    4. 今後は技術の進歩でM&A活性化が見込まれる

    ①売上高規模は12兆円超(2020年度統計)

    情報サイト「業界動向サーチ」(運営:デジタル&ワークス)によると、国内の製薬会社・医薬品製造業界の売上高(主要74社の売上高の合計)は、2020年度で12兆3,594億円(前年比+6.2%)でした。

    製薬会社・医薬品製造業界の市場は非常に大きく、今後も増加する見込みです。ただし、国内市場に限ってみると、超高齢化による医療費の高騰傾向があることから、国は薬価引き下げ政策を行っています。

    つまり、製薬会社・医薬品製造業界では、医薬品の国内出荷数が大幅に伸びない限り、国内売上高は減少してしまう環境にあります。

    ②ジェネリック医薬品製造の市場拡大

    医薬品の現場では、ジェネリック医薬品の市場が拡大しています。その理由は、政府がジェネリック医薬品のシェア率80%以上を目標としているからです。

    2017年9月に発表されたジェネリック医薬品のシェア率は約56%でした。現在のジェネリック医薬品の数量シェアは、79.0%(令和3年9月薬価調査)です。

    2021年6月の閣議決定において、2023年度末までに全ての都道府県で80%以上といった目標が定められました。厚生労働省は、目標の実現に向け、後発医薬品の使用促進のための施策に取り組んでいます。

    参照:厚生労働省「後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について

    ジェネリックとは?

    ジェネリック医薬品は、日本語で後発医薬品と呼ばれています。医薬品の成分は特許に守られていますが、特許切れをした医薬品と同様の成分により製造した医薬品がジェネリックです。ジェネリック医薬品は、従来の医薬品より価格が安く設定されます。

    同じ効果が見込める医薬品の価格が安く提供できるため、需要が伸びています。したがって、ジェネリック医薬品の製造に対応できる製薬会社は、需要が見込めるといえるでしょう。

    ③新薬開発の難易度は年々増加傾向

    新薬開発の難易度は年々高まっているのが、製薬会社・医薬品製造業界の現状です。難易度が高まるとそれだけ開発コストが上がり、価格にも反映されます。

    加えて、ジェネリック薬品や薬品価格の改定で売上が下がっている状況です。新薬の開発がなかなか進んでいない製薬会社が非常に多く見られます。開発コストや人材の確保が難しい状況になり、製薬会社・医薬品製造業界ではM&Aを繰り返しているともいわれています。

    こうした状況を解決するには、自社の課題や業界全体を見渡した再検討が必要です。仮に自社の経営課題と対策が明確にならないなら、専門家に相談するのがよいでしょう。客観的な意見を聞くことで、経営戦略と方針が定まるはずです。

    ④今後は技術の進歩でM&A活性化が見込まれる

    製薬会社・医薬品製造業界では、AIやIoT技術を用いた新薬開発が注目されています。これにより製薬会社・医薬品製造業界における、M&Aのさらなる活性化が見込まれる状況です。

    後発の製薬会社はジェネリック医薬品が追い風となるでしょう。一方で、競合の多さから大手からの買収リスクは避けられません。新薬の研究・開発費は年々増加傾向にあることから、今後は技術の進歩による成功率向上や、ジェネリック医薬品市場でのシェアが重要になります。

    【関連】調剤報酬改定の変更点とポイントは?注意点なども解説| M&A・事業承継ならM&A総合研究所

    M&A総合研究所は、中小・中堅規模企業のM&A案件を主に扱っている仲介会社です。案件ごとに専任アドバイザーがつき、親身になってフルサポートします。

    M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談はお電話・Webより随時お受けしていますので、M&Aをご検討の際はお気軽にご連絡ください。

    【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
    電話で無料相談
    0120-401-970
    WEBから無料相談
    M&Aのプロに相談する

    3. 製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&A動向

    製薬会社・医薬品製造業界では、M&Aによる買収や売却、合併がたびたび行われています。近年の製薬会社・医薬品製造業界のM&A動向は、以下のポイントを理解しましょう。

    1. 武田薬品工業による巨額買収が話題を集める
    2. 大手によるM&Aは比較的多い
    3. 別業種からのM&Aもよくある
    4. 創薬コストの高さからM&Aが増加傾向にある
    5. 医薬品製造工場を対象とするM&A件数の増加

    ①武田薬品工業による巨額買収が話題を集める

    製薬会社業界のM&Aでは、武田薬品工業による巨額買収が非常に話題となりました。事例紹介でも述べた、2019年1月の武田薬品工業による7兆円のシャイアー買収です。

    武田薬品工業は、それ以外にも2017年2月に54億ドル(約6,200億円)でアメリカの製薬会社アリアド・ファーマシューティカルズを買収しています。

    ②大手によるM&Aは比較的多い

    製薬会社業界の事業譲渡や合併などは、事例紹介でもわかるとおり、大手製薬会社によるM&Aが増えているのが現状です。紹介事例以外にも、2017年10月に田辺三菱製薬がイスラエルのバイオベンチャー・ニューロダームを、約11億ドル(約1,241億円)で買収しています。

    世界の製薬会社業界の動向に目を向けると、1990年頃から欧米企業の規模拡大や合併などの大型M&Aが進んできました。こうした動きが世界中の製薬会社のM&Aの動向を加速させたと見られています。

    ③別業種からのM&Aもよくある

    近年では、開発コストがかからないジェネリック医薬品が浸透してきたことと、超高齢化による需要の伸びを見込んで、別業種の企業が医薬品製造業界に新規参入するために、製薬会社を買収するケースも見られるようになりました。

    ④創薬コストの高さからM&Aが増加傾向にある

    製薬会社・医薬品製造業界の大規模なM&Aの背景には、創薬コストの高さが挙げられます。日本の大手製薬会社では、新薬の研究・開発に10年以上かけても、成功確率は25,000分の1と非常に低い状況です。1社当たりの新薬の研究・開発にかかる費用は1,400億円を超えます。

    研究・開発費は、製薬会社の規模の大きさを表す指標の一つです。巨額のM&Aを行うことで、資本が増えて研究・開発のための設備や人員の確保が可能になるでしょう。

    近年は、海外の製薬会社・医薬品製造業界で、「医療用医薬品」と「一般医薬品」の切り離しも盛んです。このような事業の選択・集中を目的としたM&Aも製薬会社・医薬品製造業界では行われます。

    ⑤医薬品製造工場を対象とするM&A件数の増加

    新薬開発を目指す製薬会社は、その開発費を捻出するために、特許の切れた医薬品のレシピを積極的に売却する傾向にあります。異業種からの参入企業も含め後発の製薬会社は、そうした経緯でレシピを手に入れたジェネリック医薬品を製造する工場が必要です。

    医薬品製造工場を有する企業に対し、買収を提案する事案が増加傾向にあります。

    【関連】調剤薬局業界のM&A動向!価格相場、必要性も徹底解説【2022年最新事例あり】| M&A・事業承継ならM&A総合研究所
    • 製薬会社のM&A・事業承継

    4. 製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&A成功事例一覧

    本章では製薬会社・医薬品製造業界のM&Aによる成功事例を紹介します。

    1. エーザイによるArteryexの子会社化
    2. メディカルネットによるNU-DENT社など2社の買収
    3. 武田薬品工業によるAdaptate Biotherapeuticsの買収
    4. 科研製薬によるARTham Therapeuticsの買収
    5. 米サノビオンによるラツーダ販売子会社の売却
    6. メディパルHDによる日医工との資本業務提携
    7. ロート製薬によるカフェ・カンパニーとの資本業務提携
    8. ファーマフーズによる明治薬品の買収
    9. 塩野義製薬によるTetra Therapeuticsの子会社化
    10. 米BMS社によるCelgene Corporationの子会社化
    11. 大正製薬によるUPSA SASの子会社化
    12. 小林製薬による梅丹本舗の子会社化
    13. 日医工によるエルメッドエーザイの子会社化
    14. シオノギヘルスケアによる宝ヘルスケアの子会社化およびタカラバイオの健康食品事業の取得
    15. 大塚製薬によるVisterra Inc.の子会社化
    16. 小林製薬によるTrueNatureの子会社化
    17. 武田薬品工業によるシャイアーの子会社化
    18. 杏林製薬によるジェイタスの子会社化

    ①エーザイによるArteryexの子会社化

    エーザイは2022年4月、ソフトウェア企画・開発会社であるArteryexの株式買取ならびに第三者割当増資の引受けの手法にて、株式を取得し、子会社化しました。

    エーザイは、日本の大手製薬会社です。対象会社のArteryexは、医療、ヘルスケア領域におけるシステム・アプリケーションソフトウェアの企画・開発を行う会社です。

    今回のM&Aにより、エーザイは、Arteryexが持つ開発能力ならびに優良なPHRプロダクトの獲得で、デジタルソリューションビジネスの基盤強化と売上拡大を目指します。

    この取り組みにより、エコシステム・プラットフォーム構築における健康維持・改善、予防および疾患啓発に関するソリューションパッケージの創出とデリバリー基盤の強化を図ります。

    ②メディカルネットによるNU-DENT社など2社の買収

    メディカルネットは2022年3月、NU-DENT社および D.D.DENT社の発行済株式の全ての株式を連結子会社である Medical Net Thailand社を通して取得しました。メディカルネットグループは、タイで歯科プラットフォームの構築を推進しています。

    Medical Net Thailand社は、タイのバンコクに拠点を置き、で 2017 年より歯科医院として日本の先進歯科医療の普及、新たなマーケットの拡大を図ってきました。

    2020年10月には、タイでPacific Dental Care社を子会社化するなど、事業拡大を進めています。歯科商社事業を行っているNU-DENT社、D.D.DENT社を子会社化し、タイにおける歯科プラットフォームの構築を推進する予定です。

    今回のM&Aにより、歯科商社事業のDX化の構想を推し進め、歯科商社を目指します。

    ③武田薬品工業によるAdaptate Biotherapeuticsの買収

    武田薬品工業は2022年1月、イギリスのAdaptate Biotherapeuticsを買収しました。

    Adaptate社が保有する新規の抗体ベースのガンマデルタ(γδ)T細胞エンゲージャープラットフォームが武田薬品のがん免疫治療のポートフォリオに加わります。

    武田薬品工業は、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品事業を行っています。対象会社のAdaptate Biotherapeuticsは、GammaDelta Therapeutics Limitedの分離した新会社としてAbingworth LLP社と武田薬品から投資を受け設立しました。

    今回のM&Aにより、革新的なγδT細胞ベースの治療薬の開発の加速を目指します。

    ④科研製薬によるARTham Therapeuticsの買収

    2021年12月、科研製薬はARTham Therapeuticsの株式および新株予約権を取得し、買収しました。これにより、ARThamは連結子会社となりました。売却価格は、総額5,500百万円です。

    科研製薬は、医療用医薬品の研究開発を行い、近年は、皮膚科、整形外科におけるプレゼンスを高めています。今後の中長期における持続的な成長を遂げるために、開発パイプラインの充実は最重要課題とし、新たな開発品の導入も積極的に行っています。

    ARTham Therapeuticsは、国内のバイオベンチャー企業です。形成外科領域の開発品(対象疾患:難治性脈管奇形)や、皮膚科領域の開発品(対象疾患:水疱性類天疱瘡)を有しています。買収後には、この2件に関し、双方協力しながら、第2相臨床試験の成功に向け開発を進める予定です。

    このM&Aにより、皮膚疾患領域における開発パイプラインの強化に加え、ARThamが有するドラッグリポジショニングにかかる技術と経験を、科研製薬が保有する既存化合物に適用するなどのシナジー効果を実現し、さらなる研究開発能力向上を目指します

    ⑤米サノビオンによるラツーダ販売子会社の売却

    2021年8月、米サノビオン・ファーマシューティカルズ・インク(以下、サノビオン)は、子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ・リミテッド(以下、SPE)の全株式を、Inflexion Private Equity Partners LLPの特別買収目的会社に、株式譲渡をしました。

    サノビオンは、大日本住友製薬の米国連結子会社です。SPEは、大日本住友製薬グループの中核製品である非提携抗精神病薬「ラツーダ」を欧州で販売しています。現在の事業環境や今後の事業展開を総合的に検討し、本譲渡を判断しました。

    大日本住友製薬は、SPEとの間で欧州における「ラツーダ」の販売ライセンスおよび供給契約を締結しています。地域戦略として、日本、北米、中国・アジアでの販売に注力し、欧州を含む他地域は他社との連携による成長を目指します

    ⑥メディパルHDによる日医工との資本業務提携

    2021年8月、医薬品卸大手のメディパルHDと日医工は、後発医薬品の計画発注・計画生産、物流営業・体制などに関する資本業務提携を締結しました。同時に、日医工の第三者割当増資をメディパルHDが引き受け、日医工の普通株式622万株を取得します。これにより、メディパルHDの持株比率は9.90%になりました。

    日医工は、2021年3月に、薬剤出荷試験で法令違反があり、富山県から業務停止命令を受けていました。今回の提携により、製造と品質管理体制の改善を行うこととしています。

    今後両社は、医薬品の安定供給のための新たな流通モデルを実現し、効率的な生産体制づくりの構築を目指します。

    ⑦ロート製薬によるカフェ・カンパニーとの資本業務提携

    2021年8月、ロート製薬とカフェ・カンパニーは資本業務提携を締結しました。ロート製薬は、カフェ・カンパニーの株式を取得し、持分法適用会社としました。

    カフェ・カンパニーは、「WIRED CAFE」などの飲食店、サービスエリア、ホテルなど、国内外に延べ100店舗以上を企画・運営してきました。この提携を通じて、両社にとっての事業成長、およびより多くのお客様の心と身体の健康的な生活に貢献していく体制を強化していく姿勢です。

    ⑧ファーマフーズによる明治薬品の買収

    2021年8月、ファーマフーズは医薬品の製造販売を手掛ける明治薬品の発行済み株式の3分の2以上を取得し、子会社化しました。明治薬品は富山県内に3つの工場を持ち、73年にわたる歴史と実績を有しています。

    ファーマフーズは、成長戦略の一つにM&Aを位置付けています。2016年11月には化粧品大手のポーラ・オルビスHDの販売会社を買収しました。

    ファーマフーズは、自社が有する研究・商品開発力、通信販売プラットフォームと、明治薬品が有する経営資源を融合させることで、収益拡大を図ります

    ⑨塩野義製薬によるTetra Therapeuticsの子会社化

    2020年5月、塩野義製薬はアメリカの医薬品研究・開発会社Tetra Therapeuticsの完全子会社化を発表しました。Tetra Therapeuticsは、バイオテクノロジー関連の研究開発型企業です。従来、塩野義製薬とは出資契約をするなど協業関係にありました。

    塩野義製薬としては、中枢神経系の創薬ノウハウを活用し、同分野への進出を図りたい考えです。

    ⑩米BMS社によるCelgene Corporationの子会社化

    2019年11月、米BMS社(Bristol-Myers Squibb)は同国セルジーン社(Celgene Corporation)の完全子会社化を発表しました。BMS社は重点疾患領域の治療薬を中心に研究・開発を行うバイオファーマ企業です。

    現在はライオンに商標を売却していますが、「バファリン」を研究・開発した会社でもあります。セルジーン社はがんや炎症、免疫性疾患の治療薬を中心に研究・開発を行うバイオ医薬品企業です。日本法人では血液疾患領域治療薬や炎症、免疫性疾患領域に力を入れています。

    この買収は、がんや免疫系疾患領域の強化や、年間売上10億ドル以上にもなる9製品を保有しており、さらなる成長を期待して行われました。

    M&A成立後は最初の3年間で450億ドル以上のフリーキャッシュフローが見込まれ、大規模な投資が可能になったため、がんや免疫系疾患領域における主導的地位の確立を狙います。

    ⑪大正製薬によるUPSA SASの子会社化

    2019年7月、大正製薬ホールディングスの連結子会社である大正製薬がフランスのUPSA SASの全株式を取得し、完全子会社化しました。株式取得価額は約1,674億円です。UPSA SASは、創業約80年の製薬会社で複数のトップブランド医薬品を所有しています。

    日本と東南アジアで事業展開している大正製薬としては、UPSA SASのトップブランド医薬品を獲得するとともに、新たに欧州市場で積極的に事業展開していく考えです。

    ⑫小林製薬による梅丹本舗の子会社化

    2019年5月、小林製薬は梅丹本舗の完全子会社化を発表しました。小林製薬は医薬品や医薬部外品などを製造・販売しています。一方の梅丹本舗は、梅肉エキスを用いた健康食品の製造・販売をする企業です。

    小林製薬ではヘルスケア部門を重点領域としており、その強化を狙い子会社化を行いました。小林製薬の持つ研究・開発能力と、90年以上の歴史を持つ梅丹本舗のブランド力を生かし、さらなる成長を目指します。

    ⑬日医工によるエルメッドエーザイの子会社化

    2019年4月、日医工はエルメッドエーザイを子会社化しました。エルメッドエーザイは、ジェネリック医薬品を研究・開発・製造・販売しているエーザイの子会社でした。日医工が段階的に株式を取得し、全株式取得に至ったものです。

    日医工とエーザイは、2018年3月に資本業務提携を締結しており、その一環として決められていた子会社化でした。エルメッドエーザイは商号をエルメッドに変更し、日医工グループの一員としてジェネリック医薬品の製造販売事業を継続していく方針です。

    ⑭シオノギヘルスケアによる宝ヘルスケアの子会社化およびタカラバイオの健康食品事業の取得

    2019年1月、塩野義製薬の子会社シオノギヘルスケアは宝ホールディングスの子会社である宝ヘルスケアの全株式を取得して完全子会社化するとともに、同じく宝ホールディングスの子会社であるタカラバイオの健康食品事業を吸収分割により承継しました。

    シオノギヘルスケアは、一般用医薬品・医薬部外品・管理医療機器などのヘルスケア商品の開発・製造・販売を行っています。宝ヘルスケアは、健康食品の通信販売、原料販売を行ってきた企業です。

    このM&Aは、シオノギヘルスケアにおけるシニア向け健康増進事業強化のために実施されました。

    ⑮大塚製薬によるVisterra Inc.の子会社化

    2018年8月、大塚製薬はビステラ社(Visterra Inc.)の全株式を、大塚製薬の100%子会社である大塚アメリカインクを通して取得し、完全子会社化しました。大塚製薬は医薬品や医療機器、食料品などの製造・販売・輸出入などを行っています。

    一方のビステラ社は、コンピューター上のシミュレーションを用いて、抗体医薬を設計する独自の抗体プラットフォーム技術を有する企業です。大塚製薬では最重点領域の中枢神経、がんに加え、腎・循環器、眼科・皮膚科、感染症領域などを中心に、医薬品の研究・開発を行っています。

    大塚製薬の技術とビステラ社の抗体プラットフォーム技術を用いたさらなる医薬品開発や、ビステラ社の持つ豊富なパイプラインの獲得を目的として、子会社化を行いました。

    ⑯小林製薬によるTrueNatureの子会社化

    2018年6月、小林製薬は神奈川県にある化粧品製造販売会社True Natureの全株式を取得し、完全子会社化しました。この子会社化により、小林製薬は、自社のマーケティング力や販売力にTrue Natureのブランド力を融合し、新たな分野で展開を図るとしています。

    ⑰武田薬品工業によるシャイアーの子会社化

    2018年5月、日本の大手製薬会社である武田薬品工業がアイルランドの製薬会社であるシャイアーを完全子会社化すると発表しました。日本企業が海外企業に行ったクロスボーダーM&Aとしては、過去最大価格の約7兆円の資金調達が必要となり、話題となった事例です。

    このM&Aには賛同の意見が見受けられたものの、価格が巨額なだけに、市場が資金調達に不安を感じ、武田薬品工業の株価は暴落しました。このM&Aは世界的にも大きな話題となった事例なので、成立までの経緯や手法などを細かく見てみましょう。

    武田薬品工業とは?

    日本の大手製薬会社の一つである武田薬品工業は、1781(天明元)年に薬種商として、創業者である武田長兵衛が商売を始めた会社です。1925年には武田長兵衛商店の社名で、日本国内最大規模の製薬会社となりました。

    武田薬品工業はオーナー会社です。新薬の開発力とそれを売り込む営業力で、医薬品製造業界では盤石な地盤を築いてきました。2003年の長谷川閑史社長の就任後、グローバル化を目指して突き進んでいます。

    その方針どおり、M&Aは積極的に行われています。2014年にクリストフ・ウェバー氏をヘッドハンティングすると、さらに武田薬品工業はグローバル化を推進していきました。

    シャイアーとは?

    売却側であるシャイアーは、希少疾患に関わる医薬品の開発や製造などを主力とする製薬バイオテクノロジー企業です。ロンドンの証券取引所とNASDAQに上場しています。シャイアーの歴史は浅く、1986年にバイオベンチャーとして産声を上げました。

    骨粗鬆症の医薬品から始められた事業は、後に希少疾患の治療薬を開発し、事業を広げていきます。シャイアーのシェア率はアメリカでは過半数以上となる64%ですが、日本におけるシェア率は3%しかありません。

    巨額買収が成立した経緯

    2017年度における世界の製薬会社売上高のランキングでは、武田薬品工業が19位、シャイアーは20位です。武田薬品工業が約1兆7,700億円、シャイアーが約1兆7,000億円で、ほぼ同程度の金額でした。

    武田薬品工業は主軸となる「アリナミン」からわかるように、栄養剤や感染予防で国内のシェアを拡大してきた経緯があります。しかし、少子高齢化による人口減少により、日本国内の市場は減少傾向です。

    こうした市場動向を受け、武田薬品工業は既存の展開では事業拡大は困難と判断し、新たな市場を求め海外企業へのM&Aを行っていました。武田薬品工業がM&Aによって買収するメリットは、新薬開発の短縮化や海外市場への進出のほか、ブランドの獲得も含まれます。

    巨額買収が成立した手法

    この買収で一番の問題となったのが資金調達です。買収金額約7兆円といった膨大な資金を調達する必要がありました。そこで武田薬品工業がシャイアーを買収するのに取り入れた手法が、株式交換です。

    シャイアー株主に対して武田薬品工業の新規株式交付を基本とし、希望に応じて現金での支払いにも応じる内容でした。シャイアー株主の賛同を得るため、「スキーム・オブ・アレンジメント」の方法が用いられています。

    イギリスの制度であるこの「スキーム・オブ・アレンジメント」は、「株主の半数以上が買収に賛同し、なおかつ議決権を保有している株主75%以上の賛同」があれば全株式を取得できる方法です。

    この方法であれば、シャイアー株主の中で売却に反対をした株主がいたとしても、武田薬品工業に株式を売却するしかありません。しかし、実際には99.8%と高い賛成率でした。武田薬品工業の株主総会での本件の賛成率は89.1%です。

    武田薬品工業とシャイアーの今後の展開

    武田薬品工業とシャイアーのM&Aは、2019年1月に手続きが完了しました。これにより、2社分の売上高を単純合算すると、2018年ベースで約3兆4,700億円です。武田薬品工業は、世界の製薬会社売上高ランキングで8位に躍進します。

    ただしその後、武田薬品工業は事業の選択と集中を実施し、2019年5月、シャイアーが行っていた眼科用治療薬「シードラ」事業を、スイスのノバルティスに約5,800億円での売却を発表しました。

    武田薬品工業では、シャイアー買収の際に5兆円を超える有利子負債を負ったとされ、それを軽減したい思惑もあっての売却と見られます。

    ⑱杏林製薬によるジェイタスの子会社化

    2017年7月、杏林製薬は東京にある産総研発ベンチャーであるジェイタスの全株式を取得し、完全子会社化しました。ジェイタスは、超高速遺伝子定量装置「GeneSoC(R)」を開発するなど技術的に優れている会社です。

    杏林製薬の親会社であるキョーリン製薬ホールディングスでは、ジェイタスが保有している技術を活用し、感染症の診断などの幅広い事業に展開を図るとしています。

    【関連】M&Aによる巨額企業買収ランキング【2020年最新版】

    5. 製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&A相場

    製薬会社・医薬品製造業界のM&Aの価額相場は、一概にいくらとはいえません。売買価額は、事業規模や所有する設備によって大きく変わるためです。したがって、実際にM&A仲介会社に見積もりを依頼した方がよいでしょう。

    製薬会社・医薬品製造業界は、少子高齢化で国民一人ひとりが、より健康を気遣う時代背景もあり、今後も成長が見込める業界です。製薬会社のM&A相場も、少しの時間経過で変動が起きる可能性があります。

    元来、製薬会社のM&Aは他産業よりも相場は高めの傾向です。そこに新薬の開発能力や人材などの要素が加わることで、より高額となる可能性があります。製薬会社・医薬品製造業界のM&Aは、専門家であるM&A仲介会社への相談がおすすめです。

    M&A総合研究所では、製薬会社・医薬品製造業界のM&Aに豊富な知識と経験を持つM&Aアドバイザー企業価値算定を無料で承っています。随時、無料相談を受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

    【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
    電話で無料相談
    0120-401-970
    WEBから無料相談
    M&Aのプロに相談する

    6. 製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&Aで着目すべき点

    製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&Aの相手選びは、以下の5点に着目し検討するとよいでしょう。

    1. 製造医薬品の特徴・市場
    2. 製造医薬品の競合メーカー
    3. 検査薬・試薬品などの製造事業の展開
    4. 遺伝子解析などの研究分野の展開
    5. AI・IoTなど最先端技術を導入した医薬品製造

    ①製造医薬品の特徴・市場

    医薬品には、対応する症状や病気に無数のカテゴリーがあります。各製薬会社は、全てのカテゴリーには対応しきれないため、自ずと得意分野のすみ分けが行われています。

    対象企業が製造している医薬品の分野・市場と自社のそれとを比較し、シナジー効果を得られるかどうか検討してM&A相手を選ぶとよいでしょう。

    ②製造医薬品の競合メーカー

    医薬品製造分野のすみ分けができているといっても、1分野に1メーカーというわけではありません。そこには競合する製薬会社がいるはずです。

    対象企業が製造している医薬品分野市場では、競合製薬会社とどのような力関係にあるのか、競合会社に実力はどの程度なのかの分析も欠かせません。

    ③検査薬・試薬品などの製造事業の展開

    経営の多角化は、どの企業・産業でも行われることです。全くの異業種を選択するケースと、主力事業の周辺・関連事業を選択するケースがあります。異業種では、これまでの経験が生かせずリスクがあるのは明白です。

    したがって、主力事業の周辺・関連事業による経営多角化が現実的な選択でしょう。製薬会社・医薬品製造業界の場合、それに該当するのが検査薬・試薬品の製造事業です。検査薬・試薬品の製造事業を行っている対象企業の買収は、経営多角化の実現に有益といえます。

    ④遺伝子解析などの研究分野の展開

    昨今は、産学連携が活発化する中で、大学の研究室と共同で遺伝子解析などの研究分野に進出している製薬会社もあります。単に製薬事業にとどまらないこの試みも、経営多角化の一つの姿です。将来的にも期待が持てる企業といえるでしょう。

    ⑤AI・IoTなど最先端技術を導入した医薬品製造

    近年、AI・IoT分野の技術進歩は目覚ましいものがあります。これを新薬の研究開発に導入している製薬会社も増えてきました。新薬研究開発へAIを導入すると、人材不足が補われるだけでなく、研究開発期間の短縮化も望めます。

    AI・IoTなど最先端技術を導入した医薬品の製造体制が構築されている対象企業であれば、M&A相手として申し分ないでしょう。

    【関連】【2020年最新】AIやIoT企業の動向やM&A・売却・買収の事例、ポイントを解説!

    7. 製薬会社・医薬品製造業界が買収・M&Aを行う理由

    本章では製薬会社・医薬品製造業界のM&Aで、買収・売却、合併などを実施する理由を、売却側、買収側それぞれの立場から解説します。

    売却する側の理由

    製薬会社・医薬品製造業界で、売却や事業譲渡が行われる理由は以下のとおりです。

    • 大資本による研究開発が狙える
    • 後継者問題を解決できる
    • 研究員・営業社員の雇用維持が狙える
    • 借入金や担保の解消を狙える
    • 創業者はM&Aによる売却益を得る

    大資本による研究開発が狙える

    製薬会社がM&Aにより売却や事業譲渡などを行った場合、大資本による研究開発の恩恵を受けられる可能性があります。場合によっては想定以上の開発環境を得ることもあり、今まで以上に売上が見込めるはずです。

    現状では資金不足で研究に集中できない場合、M&Aによる売却や事業譲渡を検討してもよいでしょう。必要に応じて合併を検討するのも選択肢の一つです。

    後継者問題を解決できる

    少子高齢化に伴い、製薬会社・医薬品製造業界では後継者問題も大きな課題とされています。良き後継者に恵まれなかった場合でも、M&Aによって事業承継の実現は可能です。身近に後継者がいないようなら、売却や事業譲渡、合併を検討しましょう。

    研究員・営業社員の雇用維持が狙える

    経営不振や後継者不足による廃業で一番の問題となるのが、雇用の維持です。雇用の維持は経営者にとって大きな責任と課題でもあります。事業承継を目的に売却を行うことで、研究員や営業社員などの雇用維持が可能です。

    これは経営者にとって大きなメリットといえます。今まで働いてきた社員たちの雇用を守りたいなら、M&Aによる売却や事業譲渡、合併を検討しましょう。

    借入金や担保の解消を狙える

    中小企業が融資を受ける場合、経営者が個人保証をしたり個人資産を担保に差し入れたりするケースがほとんどです。これは大きな負担といわざるを得ません。

    M&Aを実施した場合、基本的に債務は買い手に引き継がれます。経営者個人が負っていた個人保証や担保差し入れも解消されるでしょう。

    創業者はM&Aによる売却益を得る

    製薬会社の売却で、創業者あるいは経営者は売却益を得られます。仮に廃業を考えていた場合、製薬会社はさまざまな設備を持っているため、廃棄コストが多額になりがちです。

    M&Aで売却が成立すれば廃業コストは発生しません。それだけでなく、老後の生活資金や新たな事業資金などに充てられる売却益を得られるでしょう。

    買収する側の理由

    製薬会社・医薬品製造業界で、買収が行われる理由は以下のとおりです。

    • 有能な研究員・営業人員の確保
    • 新たな知識・新技術の獲得
    • 設備投資の低減
    • 新規事業への参入
    • 事業を大きく拡大

    有能な研究員・営業人員の確保

    製薬会社・医薬品製造業界のM&Aを行う大きなメリットは、有能な研究員や営業スタッフを確保できることです。研究員の教育は時間とコストがかかります。教育にかかる時間とコストを削減するためにも、M&Aによる買収は有効です。

    自社だけで研究員や営業スタッフを確保するのは難しいため、製薬会社の事業の質を高めるためにM&Aでの買収を検討するのは良い選択肢だといえます。

    新たな知識・新技術の獲得

    製薬会社の経営では、新たな知識や新技術の獲得が重要です。ずっと過去の知識や技術のままでは、同業他社に追い抜かれてしまうでしょう。新たな知識・新技術の獲得を狙うとき、M&Aによる買収が有効です。

    製薬会社のM&Aを行えば、現在の自社にはない知識や技術を得られる可能性があります。新技術などの獲得は売上に良い影響を及ぼすことが多く、数々のメリットをもたらすはずです。自社で知識や技術が新たに生まれていない場合は、M&Aを検討してみましょう。

    設備投資の低減

    製薬会社・医薬品製造業界では、設備も重要です。新しい医薬品を開発する場合には、新たな設備投資が必要となる場合もあります。長年経営している製薬会社では、設備の老朽化などによる設備投資が必要です。

    製薬会社・医薬品製造業界でのM&Aで買収先の設備を取得すれば、設備投資に対するコストの低減が見込まれるでしょう。

    新規事業への参入

    新たな分野に進出する際には、社員の教育やノウハウの蓄積が必要です。M&Aによる買収は、社員への教育コストと時間の節約が可能になるでしょう。

    新規事業参入など新たな展開に打って出るときには、市場の変動などに対処するためスピード感が大切になります。M&Aによる買収は、スピード対処の手法として打ってつけといえるでしょう。

    事業を大きく拡大

    M&Aを行うことで、既存の事業を大きく拡大できる可能性が広がります。医療の現場は、今後も広がりを見せていくはずです。そうした状況に対処するためにも、製薬会社のM&Aは有効な手段といえるでしょう。

    【関連】M&Aのメリット・デメリットを買い手・売り手にわけて徹底解説!【大企業/中小企業事例あり】

    8. 製薬会社・医薬品製造業界の買収・M&Aまとめ

    製薬会社・医薬品製造業界では、以前からM&Aによる経営統合などが多く行われています。最近では、特に大手によるM&Aが盛んに行われている業界です。製薬会社は少子高齢化により、今後も成長を見せていく業種だといわれています。

    ここで紹介した事例などを参考に、業界の動向に注視して、相場を把握しながらM&Aを検討するとよいでしょう。製薬会社のM&Aを成功させるには、M&A仲介会社に早めに相談に行くのがおすすめです。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 譲渡企業様完全成功報酬!
    2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
    M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
    また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
    相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

    >>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

    関連する記事

    関連するキーワード

    新着一覧

    最近公開された記事
    製薬会社のM&A・事業承継