翻訳会社・通訳会社のM&A・買収・売却の完全マニュアル【相場/成功事例あり】

Medium
M&Aシニアマネージャー
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

今回は、翻訳会社・通訳会社のM&A・買収・売却について解説しています。翻訳会社・通訳会社のM&A動向やM&A事例や、M&Aによる「買収側のメリット」「売却・譲渡側のメリット」について知りたい方は、ぜひ当記事を参考にしてください。

目次

  1. 通訳・翻訳業界とは?現状を知ろう
  2. 通訳会社・翻訳会社のM&A動向
  3. 通訳会社・翻訳会社におけるM&A・売却・買収の相場
  4. 通訳会社・翻訳会社がM&Aするメリット
  5. 通訳会社・翻訳会社のM&Aが成功するためのポイント
  6. 通訳会社・翻訳会社のM&Aの成功事例
  7. 通訳会社・翻訳会社のM&A・売却・買収は専門家に相談しよう
  8. まとめ
  • 通訳・翻訳会社のM&A・事業承継
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 通訳・翻訳業界とは?現状を知ろう

通訳・翻訳業界とは?現状を知ろう

そもそも通訳会社・翻訳会社とはどのような会社なのでしょうか。

「通訳」とは、異なる言語を扱う人同士が円滑にコミュニケーションをとれるように、言語上のサポートを提供することです。「通訳会社」はその名の通り、通訳サービスを提供する会社です。

ビジネスの場で通訳サービスを提供する「ビジネス通訳」や、報道番組・ニュースなどで通訳サービスを提供する「放送通訳」、国際会議等の場面で貢献する「会議通訳」など、提供できるサービスは多岐に渡ります。

「翻訳」とは、ある言語で表現されたものを、他の言語に変換することで、翻訳サービスを提供する会社が「翻訳会社」です。翻訳には、「映像翻訳」や「出版翻訳」、「産業翻訳」などがあります。

1-1.通訳会社の業務内容

通訳の業務は大きく分けると以下の3つです。

  1. 同時通訳
  2. 逐次(ちくじ)通訳
  3. ウィスパリング通訳

それぞれ簡単に説明していきます。

同時通訳

「同時通訳」は、ある発言者が話した内容を、数秒で違う言語に訳して伝える業務です。

通訳の主な業務の1つで、テレビやインターネットなどで外国人の方の近くに通訳する人がいるのを見たことがある人も多いでしょう。

逐次通訳

「逐次通訳」は、ある発言者が話している内容のメモを取りながら聞き、話が一区切りついたタイミングで通訳する業務になります。

同時通訳に比べると、聞き取る時間があるため、通訳の正確性が上がるのが特徴です。

ウィスパリング通訳

「ウィスパリング通訳」は、同時通訳と流れは似ていますが、通訳する側は話の聞き手のそばにいて、発言者が話している内容を聞き手にささやくように伝える業務のことです。

これらの業務が通訳会社の基本となります。次に、翻訳会社についても見ていきましょう。

1-2.翻訳会社の業務内容

翻訳の業務のイメージは、翻訳者が社内で黙々と翻訳作業をするものと考える人も多いです。

しかし実際には、社内に何人もの翻訳者を在籍させひたすら翻訳作業をさせているという会社は少なくなっています。翻訳会社のほとんどは翻訳業務を外部委託しているため、翻訳会社が直接業務を行うケースは多くないのです。

つまり、翻訳会社は「翻訳仲介会社」と言うこともできます。「翻訳仲介会社」は、翻訳業務を受注し、それを外部の翻訳者に発注している会社のことです。

翻訳仲介会社は外部発注業務のほか、翻訳者が翻訳した内容をチェックする業務などを行うことがほとんどです。

1-3.それぞれの市場規模

2017年度の翻訳業界・通訳業界の市場規模は「約2500億円」前後と算出されています。

この市場の中で、売上高が10億円を超えるような大手企業は全体の5%程度にとどまることから、中堅・中小企業が多くひしめく業界と言えるでしょう。

ここで、通訳・翻訳業界で活躍する大手企業を表にまとめます。ちなみに、大手翻訳会社の多くが「産業翻訳」を得意としていることは覚えておいてみてください。

大手通訳・翻訳会社 事業内容
ブレインウッズ株式会社

翻訳サービス

通訳サービス

映像翻訳事業

外国語人材派遣・紹介事業

など

ライオンブリッジジャパン株式会社

産業翻訳サービス

海外展開のコンサル

デジタルマーケティングサポート

など

株式会社サン・フレア

翻訳サービス

テクニカルライティングサービス

など

SDLジャパン株式会社

機械翻訳

翻訳ソフトウェア

翻訳サービス

など

株式会社翻訳センター

翻訳サービス(特許翻訳・医療翻訳等)

機械翻訳

ビザ申請書類翻訳

など

株式会社サイマル・インターナショナル

通訳サービス

翻訳サービス

通訳・翻訳の人材派遣・紹介サービス

など

1-4.業界の現状

通訳会社・翻訳会社業界の現状はどのようになっているのでしょうか。業界の現状を知ることは、M&A・会社売買を検討する上で重要な要素です。

現状が分からないままM&A・会社売買を進めてしまうと、目的とは全く異なる企業を買ってしまったり、相場からかけ離れた金額での売買が実行されてしまうかもしれません。

そのような事態を避けるためにも、以下の見出しで通訳会社・翻訳会社の現状をしっかり把握しておきましょう。

自動翻訳機以上のスキルが必要

近年では、Google翻訳をはじめとした「自動翻訳機」の性能が上がってきています。自動翻訳機は、手軽に・無料で利用できるツールであるため、簡単な通訳・翻訳が必要な場面では非常に重宝します。

一方で、通訳会社・翻訳会社には、この自動翻訳機以上のスキルが求められるようになってきています。もし、自動翻訳機で事足りるような質のサービスしか提供できなければ、通訳会社・翻訳会社の仕事が自動翻訳機に代替されてしまうからです。

海外展開する企業の増加に伴う需要

「グローバル化」が叫ばれ始めてから数年経過した現在では、多くの企業が「海外展開」を視野に入れています。海外展開を目指す企業の増加に伴って、通訳会社・翻訳会社の需要も増えてきているのが現状です。

東京オリンピックまでの需要増加

「東京オリンピック」が開催されるということもあり、海外からの観光客の増加が期待されています。

海外からの観光客の増加を見越して、日本語以外の言語での「表記」や、翻訳ソフト・ウェアラブル音声翻訳機能の開発などの需要が高まっていることで、通訳会社・翻訳会社の需要も増えています

英語以外の言葉への需要増

近年では、アジア圏からのインバウンドの増加などが要因となって、「英語」以外の言語の「通訳・翻訳」需要が高まってきています。通訳会社・翻訳会社は、英語以外の言語の通訳・翻訳サービスを質向上が求められているのです。

2. 通訳会社・翻訳会社のM&A動向

通訳会社・翻訳会社のM&A動向

ここからは、通訳会社・翻訳会社のM&A動向についてまとめていきます。

通訳会社や翻訳会社をM&Aによって買収したい・売却したいと考えている方は、現在の通訳会社・翻訳会社業界のM&A動向をしっかり把握しておきましょう。

通訳会社・翻訳会社のM&Aは、以下3つのパターンから理解できます。
 

  1. 同業他社とのM&A
  2. 大手業者による買収
  3. 異業種からの参入

それぞれの特徴を知り、自社が売買先としてどんなパートナーを選ぶべきか考えてみましょう。

動向1.同業他社とのM&A

通訳会社・翻訳会社業界のM&A動向として、「同業他社とのM&Aが増えている」というものがあります。

というのも、通訳・翻訳サービスに対する需要の増加や、自動翻訳機の台頭などに伴って、業界では競争が激化しているのです。

通訳会社・翻訳会社業界は、中堅・中小企業が多いですが、競争が激化している市況において、中堅・中小企業にとっては経営環境が非常に厳しいという現実があります。この状況を打破するために、大手の通訳会社・翻訳会社に会社売却・事業譲渡をする中堅・中小企業が多くいるというわけです。

また、中堅・中小企業では、後継者不足に伴う「事業承継問題」に悩まされているケースもあります。

後継者不足は通訳会社・翻訳会社以外でも広く問題となっており、経営者の高齢化や少子化を理由に事業承継ができず廃業を選択する会社は少なくありません。

この事業承継問題を解消するために、大手企業に会社売却・事業譲渡をする中堅・中小企業も増えてきています。

動向2.大手業者による買収

大手通訳会社・翻訳会社が中堅・中小企業を買収するケースも増えています。

上記で説明したように、通訳会社・翻訳会社業界は競争が激化しているのです。そして、今後も需要が増加していくと予測されています。

すると、大手通訳会社・翻訳会社は、中堅・中小企業を買収することによって、買収した会社が持つ経営資源・顧客網などを活用しようという動きが強まるのです。

そうすることにより、競合他社の大手通訳会社・翻訳会社との競争で優位に立つためにM&Aが活発化します。特に専門性のある中小企業を積極的に買収し、より幅広い範囲の顧客を獲得しようと考える大手通訳会社・翻訳会社は少なくありません。

こうした大手企業による買収も動向の1つとして知っておかなくてはならないのです。

動向3.異業種からの参入

人材派遣会社などがM&Aを実施して、通訳会社・翻訳会社を買収するケースも増加しています。

インバウンド需要の増加、事業の海外展開などを考える異業種の企業が、通訳会社・翻訳会社が持つ「通訳スキル・翻訳スキル」を求めて、通訳会社・翻訳会社を買収するのです。

例えば、以降の「M&A事例」でも紹介していますが、実際に、ある人材派遣会社は通訳・翻訳会社を買収しています。買収側の人材派遣会社は、自社のサービス拡大・充実を目指し、M&Aを実施しました。

このように異業種からの参入もあり、市場の激化はさらに続いていくと予想できるでしょう。

※例として紹介した人材派遣会社のM&Aについては以下の記事が参考になります。

【関連】人材派遣・紹介会社のM&A・買収・売却・事業譲渡について解説!【事例あり】

3. 通訳会社・翻訳会社におけるM&A・売却・買収の相場

通訳会社・翻訳会社におけるM&A・売却・買収の相場

M&A・売却・買収の価格は会社の業績や経営者の考え方によっても変わりますので、明確な相場は存在しません。もちろん会社を買収するのであれば最低でも数百万円は必要になりますが、細かな金額は売り手と買い手との話し合いで決まっていきます。

実際にどれくらいの金額で売却希望が出されているのか知りたいという場合、多数の案件を持つM&A仲介会社に相談した方が良いでしょう。

ある程度の目安とするために傾向については確認してみてください。

3-1.通訳会社・翻訳会社におけるM&A相場の傾向

通訳会社・翻訳会社は東京オリンピックを前にして様々な業界から注目されており、他の業種のM&Aに比べて買収金額は高めになる傾向があります。

また売り手市場にあり会社の売却事例が少ない通訳会社・翻訳会社では、少数の売り手に多数の買い手が殺到しており売り手の取り合いが激しい状況です。

通訳会社・翻訳会社を買収したい方は、予算を多めに用意し早めにM&A仲介会社などに相談しましょう。

早く動き出すことで、希望に合ったパートナーを見つけられる可能性が高まります

  • 通訳・翻訳会社のM&A・事業承継

4. 通訳会社・翻訳会社がM&Aするメリット

通訳会社・翻訳会社がM&Aするメリット

ここからは、通訳会社・翻訳会社がM&Aを実施することで得られるメリットについてお話していきます。

通訳会社・翻訳会社の買収を検討されている方、または自分の通訳会社・翻訳会社を売却しようと考えている方は、参考にしてみてください。

売却・譲渡側のメリット

まずは、M&Aによって通訳会社・翻訳会社を売却・譲渡する側のメリットは以下の5つです

  1. 後継者問題が解決する
  2. 雇用の維持が可能になる
  3. 負債を解消できる
  4. 買い手のリソースで経営基盤を整えられる
  5. まとまった売却利益が得られる

ここからはそれぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

後継者問題が解決する

M&A・会社売買によって、通訳会社・翻訳会社を売却・譲渡するメリットの一つが「後継者問題を解決できる」点です。「M&A動向」の部分でも解説しましたが、近年は、中堅・中小企業が「後継者問題」に悩まされるケースが増えてきています。

後継者がなかなか見つからないことで、廃業を余儀なくされる中堅・中小企業も多く存在します。後継者問題に悩まされる中堅・中小企業は、M&A・会社売買によって大手企業に会社を売却・譲渡することによって、「後継者問題」を解決することができるのです。

大手企業の傘下に入ることができれば、大手企業が持つ経営資源を活用して、自社の収益を改善することもできますし、従業員の雇用を守ることもできます。

雇用の維持が可能になる

中堅・中小企業の通訳会社・翻訳会社は、後継者が見つからず廃業を余儀なくされると、従業員の雇用を維持することができなくなってしまいます。

M&A・会社売買によって大手企業のグループ会社になることができれば、自社の従業員の雇用を維持することができます

負債を解消できる

メリットとして、「負債を解消できる」という点も見逃せません。

M&A・会社売買を実施すると、売却・譲渡側企業が抱える負債は、買収・譲受側企業が引き継ぐことになります。

すると、M&A・会社売買によって買収・譲受側の企業に「負債が移転」されることで「負債から解消される」のです。

必ずしも負債を引き継いでもらえるとは限りませんが、売却の内容に負債も含めるように交渉するようにしてみてください。

買い手のリソースで経営基盤を整えられる

M&Aや会社売却により大手企業の傘下に入ることで、経営基盤が安定します。今後通訳会社・翻訳会社が経営を続けていくためには、十分なお金が必要です。

しかし中小企業の場合十分な資本金がなく、経営が不安定になってしまうことも少なくありません。M&Aを行うことで大手の傘下に入れば、経営体制が変わり大手企業の安定した資本力を活かせます

まとまった売却利益が得られる

M&Aを実施して会社や事業を売却すれば、まとまった利益を得られます。売却のタイミングや会社の規模によっても異なりますが、売り手市場の今であれば売却利益が数千万円に上ることも少なくありません。

会社が売却で大きな利益を得ることで、経営を安定させ新たな事業を行うことも可能になります。また売却利益を老後の生活資金とする経営者も非常に多いです。

お金のことを考えるなら、廃業よりもM&Aによる売買を選択する方が良いでしょう。

買収側のメリット

続いて、M&A・会社売買の買収側のメリットについてまとめていきます。

買収側のメリットは、以下の通りです。
 

  1. 専門性を強化できる
  2. 経験ある通訳者・翻訳者を得られる
  3. スケールメリットを拡大できる
  4. エリア・事業の拡大で経営基盤を強化できる

通訳会社・翻訳会社を買収するメリットにはどのようなものがあるか知りたい方は、チェックしてみてください。

専門性を強化できる

通訳会社・翻訳会社を買収するメリットの一つに、「専門性を強化できる」というものがあります。業界の現状やM&A動向の部分で説明したように、競争が激化する通訳会社・翻訳会社業界において、「専門性の強化」は差別化戦略です。

例えば、近年需要が高まってきている「中国語・韓国語・ベトナム語・タイ語」といった言語の通訳・翻訳を得意とする会社を買収できれば、専門性の強化が実現し、他社との差別化が可能となります。

経験ある通訳者・翻訳者を得られる

M&A・会社売買によって通訳会社・翻訳会社を買収できれば、「経験ある通訳者・翻訳者を獲得できる」というメリットを得ることができます。

M&A動向の部分で「大手通訳会社・翻訳会社による買収が増えている」と説明しました。この理由の一つが、「人材確保」を実現することで、自社の事業拡大を図っているからです。

スケールメリットを拡大できる

M&A・会社売買をするメリットの一つに「スケールメリットの拡大」というものが挙げられます。

例えば、M&A・会社売買を実施して、会社の規模が大きくなると、「販売網を拡大」したり、「自社の通訳・翻訳ノウハウ」と「買収した会社の通訳・翻訳ノウハウ」を組み合わせ、活用することで、コスト削減・コストパフォーマンスの向上を実現できます。

エリア・事業の拡大で経営基盤を強化できる

売り手だけでなく、買い手もM&Aや会社売買を行うことで経営基盤を安定させることが可能です。業界の現状・M&A動向でも触れているように、近年は通訳会社・翻訳会社業界の競争が激しくなっています。

M&A・会社売買によって、他の通訳会社・翻訳会社を買収することができれば、ライバル会社を減らすことができ、顧客網の拡大・事業展開などを「短い時間・少ない費用」で実現できるため、自社の「経営基盤」を安定させることができます。

5. 通訳会社・翻訳会社のM&Aが成功するためのポイント

通訳会社・翻訳会社のM&Aが成功するためのポイント

ここからは、通訳会社・翻訳会社のM&Aを成功させるための以下3つのポイントについて説明していきます。

  1. タイミングを逃さない
  2. 相場を調べておく
  3. 手法を正しく選ぶ

紹介するポイントは通訳会社・翻訳会社のM&Aに限った話ではなく、他業界のM&Aの際にも当てはまるポイントと言えるのでM&Aを検討している方はぜひチェックしてください。

ポイント1.タイミングを逃さない

M&A成功のポイントの一つとして「タイミング」が挙げられます。M&Aを「誤ったタイミング」で実施したり、「タイミングを逸したり」することで、希望の条件でM&Aができないケースがしばしば見られます。

タイミングを間違えてしまうと、相場価格よりも「高い金額で買収・低い金額で売却」しなければいけなくなったり、後継者獲得のチャンスを逃してしまう可能性があります。

特に売り手市場の通訳会社・翻訳会社においては、タイミングを逃し希望にあったパートナーを見つけられないという状況に陥りやすいです。

M&Aを決定するタイミングは、業界の景況・業界のM&A動向などによっても異なってきます。M&Aを検討されている方は、M&A対象企業の業界景況・M&A動向をしっかりと調べておく必要があると言えます。

ポイント2.相場を調べておく

M&Aを成功させるためには、「相場」をしっかりと調べて理解しておくことが重要です。相場価格を調べないままM&Aを進めてしまうと、「相場よりも高い価格で買収」してしまったり、反対に「相場よりも低い価格で売却」してしまったりする可能性があります。

また、M&Aの相場価格自体は、対象の業界や会社の規模によって異なってくるのも特徴です。

そのため、通訳会社・翻訳会社のM&A事例、同規模のM&A事例をあらかじめ確認して、適切な相場価格をある程度理解することが、M&Aを成功させるためのポイントと言えます。

相場に関してはM&A仲介会社が多数の事例を持っていますので、近い規模のM&Aでどれくらいの売買価格になったか聞いてみると良いでしょう。

ポイント3.手法を正しく選ぶ

M&Aを成功させるためには、「適切なM&A手法」を利用することが大切です。「M&Aの手法」とは、「合併」「株式取得」「事業譲渡」「会社分割」などのことを言います。

それぞれの手法によって売買する範囲や目的が異なりますから、自社に合ったものを選ばなくてはなりません。

ですから、M&A仲介会社などの専門家に依頼し、どの手法でどのように進めるべきかなどの相談をするのがおすすめです。

もしそれぞれの手法について知ってから選びたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

【関連】M&Aの手法と特徴をどこよりも詳しく解説!

それぞれの手法にはメリットとデメリットがあり、会社の状況によってもベストな手法は異なってきます。M&Aや会社売買を実施する際には、M&A仲介会社などの専門家に相談した上、目的に合った手法を選びましょう。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

6. 通訳会社・翻訳会社のM&Aの成功事例

通訳会社・翻訳会社のM&Aの成功事例

ここからは、通訳会社・翻訳会社のM&Aの成功事例について紹介していきます。

M&Aの事例を見ることで、通訳会社・翻訳会社業界の具体的なイメージを持つ参考にしてみてください。

M&A事例:同業他社のM&A

最初に紹介するM&A事例は、通訳会社・翻訳会社同士のM&Aです。売却側・買収側の情報やM&Aスキーム、M&Aによる双方のメリットについて説明していきます。

売却側と買収側

この事例の売却側企業は、「翻訳サービス」を主な事業内容とする企業です。売上高はおよそ1億円です。後継者不在による廃業を防ぐために売却を希望しました。

一方、買い手企業も「翻訳サービス」を主な事業内容としている企業です。売上高は「数十億円」を超えており、事業規模を拡大する目的でM&Aを実施しました。

スキーム:株式譲渡

売却側の企業は、後継者不足を解消するために売却を検討していました。買い手企業は、売却側企業が持つ顧客網や翻訳者人材に魅力を感じ、「株式譲渡」によって、M&Aを実施したのです。

双方のメリット

このM&A事例による売却側のメリットは、後継者不足問題を解消できたことです。従業員の雇用も守ることができました。一方、買い手側は、売り手企業が持つ「顧客網」や「スキル・ノウハウを持つ翻訳者」を獲得できたというメリットを得ることができたのです。

M&Aは、こうした双方にメリットがあることが大きな特徴と言えます。

では、次の事例も見ていきましょう。

M&A事例:人材派遣会社によるM&A

続いて紹介する事例は、人材派遣会社による通訳・翻訳会社のM&Aです。近年では、人材派遣会社をはじめとした異業種による通訳・翻訳会社のM&Aが増えてきています。

例えば、人材派遣会社は通訳・翻訳会社を買収することで、サービス内容の拡大・充実を目指すことなどが可能です。

売却側と買収側

売却側の企業は、「通訳・翻訳サービス」を提供する企業でした。売上高は約10億円で、業界での実績も十分です。買収企業は、上場している人材派遣会社です。売上高は約2,000億円にも及びます。

スキーム:株式譲渡

売却側の企業は、業界でも実績が豊富で、ブランド力も高い通訳・翻訳会社でした。そこに魅力を感じた「買い手の人材派遣会社」は、「株式譲渡」のスキームを利用して、M&Aを実施したのです。

双方のメリット

人材派遣会社が通訳・翻訳会社を買収したこの事例では、両社にM&Aのメリットがありました。

売却側の通訳・翻訳会社は、後継者不足に悩まされていましたが、売却することで後継者を選出してもらうことができたのです。これにより、会社は今後も存続していくことになります。

一方、買収側の人材派遣会社は、売却側企業の「スキル・ノウハウを持った翻訳者」の獲得に成功し、サービスの拡大・充実が実現しました。

ここで紹介した事例以外にも、まだ多くの企業がM&Aを実施しています。

しかし、必ずしも成功するとは断言できません。M&Aには専門知識を必要とすることから、失敗するとトラブルが起きてしまうことがあるからです。

ですから、予想外のトラブルなどを未然に防ぐためにも専門家への相談はするべきでしょう。

7. 通訳会社・翻訳会社のM&A・売却・買収は専門家に相談しよう

通訳会社・翻訳会社のM&A・売却・買収は専門家に相談しよう

M&Aを検討したならM&A仲介会社に相談するようにしてみましょう。

特に、通訳会社・翻訳会社は事業の種類も豊富ですから、しっかりと相手企業を見極める必要があります。自社だけで売買する相手を見つける方法でも問題はないですが、お互いの相乗効果をうまく得られない可能性もあるのです。

相談をすることで複数の企業を紹介してもらうことができ、自社にとってメリットの多いM&Aに近づけることができます。

こうしたメリットはM&A仲介会社が持つ専門知識があるからこそのものですから、不安を感じる場合やより満足度の高いM&Aを目指すなら相談すべきと言えるでしょう。

【関連】M&A仲介会社・企業ランキングTOP25!大手上場企業あり!

もし、M&A仲介会社をお探しならM&A総合研究所にご依頼ください。

完全成功報酬型を採用しておりますので、M&Aが成立するまで料金は必要ありません。そのため、通訳・翻訳会社の売買に集中し、自社をより伸ばしてリタイア後の生活を考える余裕もできるでしょう。

もちろん、相談料も無料となっておりますのでお気軽にお声掛けください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
【関連】事業承継の失敗事例10選!失敗要因は?

8. まとめ

まとめ

今回は、通訳会社・翻訳会社のM&Aについてまとめてきました。

通訳会社・翻訳会社のM&Aを検討されている方は、M&A仲介会社の利用を検討してみましょう。より安心・スピーディーにM&A手続きを進めることができます。

もし、相談先をお探しでしたら『M&A総合研究所』へご相談ください。

M&A総合研究所は、「M&Aの専門家集団」です。経験も豊富でトータルサポートが可能ですので、安心してM&A仲介業務をお任せください。

まずは、お気軽なお声掛けをお待ちしております。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連する記事

関連するキーワード

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事
通訳・翻訳会社のM&A・事業承継