電気通信工事・管工事業界の動向や M&A事情を分かりやすく解説!最新の事例まで

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 M&Aアドバイザー
矢吹 明大

電気通信工事・管工事業界ではM&Aが活発に行われています。なぜなら、オリンピック需要で仕事が増えているものの、人材不足や後継者不足によって倒産を余儀なくされている会社が増えてるからです。今回は電気通信工事・管工事業界の業界動向やM&Aについて徹底的に解説!できるだけ高い価格で売却し、M&Aを成功させましょう。

目次

  1. 近年の電気通信工事・管工事業界の動向
  2. 電気通信工事・管工事業界の特性
  3. 電気通信工事・管工事業界におけるM&Aの事例
  4. 電気通信工事・管工事業界のM&Aの特徴
  5. 電気通信工事・管工事業界のM&Aのメリット
  6. 電気通信工事・管工事業界でM&Aをするときの相場
  7. 電気通信工事・管工事業界のM&Aで売却価格を上げる条件
  8. まとめ
  • 電気工事・管工事会社のM&A・事業承継
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 近年の電気通信工事・管工事業界の動向

近年の電気通信工事・管工事業界の動向

電気通信工事・管工事業界ではM&Aが活発に行われています。なぜなら、オリンピック需要で仕事が増えているものの、人材不足や後継者不足によって倒産を余儀なくされている会社が増えてるからです。

M&Aの動向を見る前に、電気通信工事・管工事業界がどのような業界なのか、詳しく確認しましょう。

電気通信工事とは

「電気通信工事」とは、「情報通信設備に関する工事」のことで、電話・テレビ・インターネットなどを、建物内や施設内でしっかりと利用できるように整備する工事のことです。

具体的に電気通信工事会社では以下のような事業を行っています。

  • 電気通信線路設備工事
  • 電気通信機械設置工事
  • 空中線設備工事
  • 放送機械設置工事
  • 情報制御設備工事
  • データ通信設備工事
  • TV電波障害防除設備工事

このように、電気通信工事業者は、情報を伝達するために「電気を使用する設備」の設置や整備を専門的に行っているのです。

電話やテレビの他にも、防犯カメラや火災報知器なども取り扱っています。非常に幅広い電気を使用する設備の工事を行っている業者です。

管工事とは

「管工事」とは、空気調和・給排水・冷暖房・冷凍冷蔵・衛生に関する設備などを設置したり、水・ガス・水蒸気等を配送するための「管」を設置する工事のことです。

具体的な例としては、以下のような工事が挙げられます。

  • 冷暖房設備工事
  • 空気調和設備工事
  • 給排水・給湯設備工事
  • 衛生設備工事
  • 浄化槽工事
  • ガス管配管工事
  • ダクト工事

電気通信工事との違いは、インターネット関係の工事なのか、管関係の工事なのかという点です。

このように、電気通信工事と管工事には違いがあります。ここからは、電気通信工事と管工事業界の現状や動向を見ていきましょう。

電気通信工事・管工事業界の現状・動向

2011年の東日本大震災の復興に向けた需要の高まりや、東京オリンピックに向けた設備投資の高まりによって、電気通信工事・管工事業界は拡大傾向にあります。

電気通信工事・管工事業界は、基本的に「公共工事」と「民間の設備工事」が収益源となっており、景気の影響を受けやすい業界と言えるでしょう。

しかし、長時間労働や休日の少なさ、作業がきつくて危険といった雇用環境の悪いイメージが影響して、人材の確保が難しくなっています

その結果、業界全体の高齢化が進んでいるのです。

人材を確保することが難しくなっているため、ICT(情報通信技術)やロボットを導入して、作業効率を上げ、人材不足問題を解消しようという動きも出てきています。

また、M&Aによる同業他社の買収なども活発化しており、業界を再編する動きも活発です。

電気工事業界・管工事業界では後継者不足が大きな課題となっています。特に中小企業ほど後継者を見つけられず、会社を残す手段として株式譲渡を使ったM&Aを選ぶ経営者は多いでしょう。

一方、後継者を見つけやすい大企業では、取引先や従業員を増やす目的で株式譲渡による買収を選択することが多いです。そのため、自社を売ろうと思っていた時に大企業に買われるという可能性もあります。

電気工事会社の株式譲渡や会社譲渡についてもっと詳しく知りたいなら、『電気工事会社の会社譲渡(株式譲渡)は可能?成功の秘訣も解説!』を参考にしてください。

2. 電気通信工事・管工事業界の特性

電気通信工事・管工事業界の特性

続いて電気通信工事・管工事業界の特性について確認しましょう。電気通信工事・管工事業界の特性を押さえておけば、M&Aの際にも役立つはずです。

この業界では、「元請け・下請け形式」「自己建設形式」といった特性があります。それぞれの特性がどのようなものなのかについて、具体的に見ていきましょう。

(1)元請け・下請け形式

電気通信工事・管工事業界は「元請け形式」が中心です。業界全体のうち、半数以上がこの元請け形式を採用しています。

「元請け」であるゼネコンが工事依頼者から発注を受け、その工事を「下請け」のサブコンが請け負う形になっているのです。つまり、元請けであるゼネコンは仕事をサブコンに流しています。

(2)自己建設形式

電気通信工事・管工事業界の中には、「自己建設形式」を採用している会社もあります。「自己建設形式」とは、設備設置工事の計画立案から工程管理、品質管理や現場の安全管理などを、すべて自分たちの会社で請け負う形式です。

先ほどの「元請け・下請け形式」では発注を受けた会社が仕事を請け負うことはありませんでした。しかし、自己建設形式の会社はすべてを自社でまかなっている方法をとっています。

3. 電気通信工事・管工事業界におけるM&Aの事例

電気通信工事・管工事業界におけるM&Aの事例

電気通信工事・管工事業界の動向や特性について確認しましたが、「本当にM&Aが行われているの?」と疑問が残る人もいるかもしれません。

結論からいうと、電気通信工事・管工事業界においてM&Aは活発に行われています

どのようなM&Aが行われているのか、10の事例を確認していきましょう。各事例では、手法や目的についても解説しています。

しっかり確認することで、より具体的にM&Aをイメージすることができるでしょう。

事例1.コムシスホールディングスとNDS株式会社

2018年5月、コムシスホールディングス株式会社は、「株式交換」を実施することで、NDS株式会社を完全子会社化しました。

コムシスホールディングス株式会社はNTTグループ向けの通信インフラネットワーク構築事業や電線類の構築事業等を展開している会社です。

一方、NDS株式会社は、東海・北陸地方でのNTTグループ向けサービスや電気通信工事等を展開している会社でした。

電気通信工事業においてNDS株式会社と連携することで、対応エリアの拡大・事業分野の拡大を図っています。

事例2.ミライト・テクノロジーズと西日本電工

2017年8月、ミライト・テクノロジーズは、「株式取得」を実施して、西日本電工を子会社化しました。

ミライト・テクノロジーズは、情報通信機器・設備の建設、保守点検を行う西日本の会社です。

一方、西日本電工は熊本の太陽光発電・電気設備を行っていました。

ミライトテクノロジーズは、電気通信工事や空調設備工事、太陽光発電設備工事といった新規事業の展開を目的としています。

事例3.エア・ウォーターと丸電三浦電機

2018年7月、北海道エア・ウォーターは、丸電三浦電機が発行する全株式を「株式取得」することで、M&Aを実施しました。

エア・ウォーターは、総合ガス企業です。

一方、丸電三浦電機は札幌を中心に電気通信工事等を展開する会社でした。

北海道エア・ウォーターは、病院設備の総合監視業務や、広範囲な各種設備工事の受注が見込まれるとしています。

事例4.TTKと塚田電気工事

TKKは、M&A手法の一つである「株式交換」を実施することによって、塚田電気工事を完全子会社化しました。

TKKは、情報通信設備工事を中心事業とする会社でミライトホールディングスの子会社です。

TTKは、電気工事事業の拡大・展開を目指しており、塚田電気工事を完全子会社化することによって、シナジー効果創出や事業領域の拡大を目的に、このM&Aを実施しました。

事例5.関電工と佐藤建設工業

2016年9月、関電工は佐藤建設工業が発行する全株式を「株式取得」することで、このM&Aを行っています。

関電工は、電気設備工事をはじめとした設備工事業を行う会社です。

同領域で強みを発揮している佐藤建設工業を子会社化することで、技術と優秀な人材の獲得を目的にM&Aを実施。関電工では人材不足が深刻化していました。特に「送電線工事に従事する作業員」が減少していたことからM&Aに至ったのです。

事例6.中電工と杉山管工設備

2016年8月、中電工は、杉山管工設備と株式譲渡契約を締結し、全株式を「株式取得」することで、M&Aを実施しました。

中電工は、電気・空調・情報通信などのさまざまな設備を提供する工事会社です。

中電工は、杉山管工設備を子会社化することで、関東圏における電気工事や管工事事業の拡大を図りました。

事例7.四電工とアイ電気通信株式会社

2018年7月、四電工は「株式取得」によって、アイ電気通信が発行する全株式を取得することで、M&Aを実施しました。

四電工は、電力通信工事や建設設備工事事業を展開する会社です。

四電工は、電気通信工事分野で高い技術力や安定した収益基盤を保有しているアイ電気通信を子会社化することで、グループ全体の技術力や施工力の向上、より付加価値の高いサービスの提供を目的にM&Aを実施しました。

事例8.九電工とエルゴテック

2018年2月、九電工は、エルゴテックが発行する株式を「株式取得」することで、M&Aを実施しました。この株式取得によって、九電工はエルゴテックが発行する株式の「約76%」を保有することになりました。

その後、さらに株式を追加取得しています。

九電工は、九州地方を中心に総合設備業を展開している福岡の会社です。

九電工は、エルゴテックが持つ全国各地での工事実績に魅力を感じ、営業範囲の拡大や、実績のある人材の獲得を目的としてM&Aを実施しました。

事例9.きんでんとアンテレック社

2016年6月、きんでんは、アンテレック社が発行する株式の51%を「株式取得」することでM&Aを実施しました。

きんでんは、大阪に本社を置く関西電力グループの総合設備エンジニアリング企業です。

アンテレック社傘下にあるインド国内の企業や国外の企業が所有する顧客網を獲得して、海外における事業体制を構築することを目的にM&Aを実施しました。

事例10.協和エクシオとレング エイクエンジニアリンググループ

2018年11月、協和エクシオは、レング エイクエンジニアリンググループが発行している全株式を「株式取得」することでM&Aを実施しました。

協和エクシオは、ネットワーク・通信、電気・土木環境インフラ事業を展開する企業です。

協和エクシオは、シンガポール市場へ参入し、既に参入していたフィリピン・タイとともに、アジアでの都市インフラ事業やシステムソリューション事業の拡大を目的に当M&Aを実施しました。

以上が、電気通信工事・管工事業界でのM&Aの成功事例でした。非常に多くのM&Aが行われていることが分かっていただけたはずです。

事例によってM&Aの目的も異なるので、自社の叶えたい目的がどのようなものかを明確にしておくことが大切だと言えます。

「もっと多くの電気通信工事・管工事業界でのM&Aの成功事例を知りたい」と思うなら、専門家であるM&A総合研究所にご相談ください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 電気工事・管工事会社のM&A・事業承継

4. 電気通信工事・管工事業界のM&Aの特徴

電気通信工事・管工事業界のM&Aの特徴

続いて電気通信工事・管工事業界のM&Aの特徴について確認していきましょう。M&Aを実施する前に特徴を知っておくことで、どのような企業が買い手となるのか想定することができます

電気通信工事・管工事業界のM&Aの特徴としては、以下の4点が代表的です。

  • 特徴1.関連する隣接業界によるM&Aが多い
  • 特徴2.異業種・他業種へのM&Aも増加している
  • 特徴3.国内需要低下に備えた海外M&Aを視野に入れる
  • 特徴4.後継者・跡継ぎ問題を踏まえた事業承継が増えている

これら4つの電気通信工事・管工事業界のM&Aの特徴を把握し、自社のM&Aに役立てましょう。

特徴1.関連する隣接業界によるM&Aが多い

電気通信工事・管工事業界では、関連する隣接業界によるM&Aが活発化しています。

例えば、株式会社中電工が杉山観光設備株式会社をM&Aによって子会社化した事例が挙げられます。電気工事会社が管工事会社を子会社化することで、首都圏における営業基盤強化を図っているのです。

このように、設備工事として関連のある企業同士のM&Aによって、顧客の拡大や事業の強化をしようとする動向が見られます。

特徴2.異業種・他業種へのM&Aも増加している

電気通信工事・管工事業界では、異業種・他業種へのM&Aも増加しています。

例えば、業界最大手のきんでんによる白馬ウインドファーム・白滝山ウインドファームのM&Aが挙げられます。きんでんは、2020年の東京オリンピック終了後の市場縮小に備えて、「風力発電事業」に参入しているのです。

このように、電気通信工事・管工事業界では異業種・他業種へのM&Aも増加しています。

特徴3.国内需要低下に備えた海外M&Aを視野に入れる

電気通信工事・管工事業界でM&Aをするのであれば、海外M&Aも視野に入れましょう。

なぜなら、電気通信工事・管工事業界は、東京オリンピックが終了した後、国内需要が低下していくと考えられているからです。

そのため、国内需要低下に備えて海外市場に商機を見出そうとしている企業も増えてくるでしょう。一方で、新興国では日本の電気工事技術を取得したいと考える会社が多いです。

海外の企業とM&Aすることによって、海外市場での開拓につなげることができるようになります。

特徴4.後継者・跡継ぎ問題を踏まえた事業承継が増えている

電気通信工事・管工事業界では人材不足・後継者不足により事業承継のためにM&Aを行う会社が増えています。

残念ながら、新しく業界に入ってくる若い人材が少なく、業界全体が高齢化しているため、後継者問題・跡継ぎ問題に悩まされる企業が増えているのです。

この後継者問題・跡継ぎ問題を解消するために、M&Aによる事業承継を実施しようという動きが増えてきています。電気通信工事会社や管工事会社などが含まれる建設業界は、オリンピックを前に好調です。

しかし、業界内では人手不足が深刻化しており、大手企業は人材の囲い込みを始めています。そのため、知名度の低い中小企業は人材の確保ができず、経営状況が苦しくなるケースも少なくありません。

また帝国データバンクの調査によると、建設業界全体で後継者不在の企業は71,2%(2017年)となっており、後継者問題については全業界の中で最も高い数値になっています。

そのため経営者の高齢化や病気に伴い事業承継を行おうと思っても、後継者候補が見つからず廃業を選択せざるを得ないケースも多いです。しかし、どうにかして会社を残そうと事業承継を検討する経営者もたくさんいます。

電気通信工事・管工事業界の事業承継については、電気工事会社の事業承継の方法は?後継者がいなくても会社を残そう!を参考にしてください。

5. 電気通信工事・管工事業界のM&Aのメリット

電気通信工事・管工事業界のM&Aのメリット

ここまでは電気通信工事・管工事業界の動向やM&Aの特徴を見てきました。実際にM&Aを行うとどのようなメリットがあるのか気になりますよね。

電気通信工事・管工事業界のM&Aのメリットは、以下の4つを挙げることができます。

  • メリット1.廃業せずに経営を続けられる
  • メリット2.大手傘下で経営を安定させられる
  • メリット3.ブランド力アップにより雇用につながる
  • メリット4.相乗効果により売り上げアップにつながる

順番に確認していきましょう。

メリット1.廃業せずに経営を続けられる

M&Aの最大のメリットは、廃業せずに経営を続けられることです。

M&Aを実施すれば現在の経営者から買い手へと経営権が移ります。経営者はそのまま引退することも役員として残ることも可能です。

特に、電気通信工事・管工事業界では後継者不足によって廃業を余儀なくされる企業は少なくありません。しかし、M&Aを実施すれば会社の経営を安心して買い手に任せることができるのです。

会社経営が続けば、従業員の雇用や取引先との取引も継続することができます

また、大企業とM&Aを実施すれば従業員の待遇はよくなることもあるため、メリットは大きいでしょう。このように、M&Aを実施することで廃業を避けることができるのです。

メリット2.大手傘下で経営を安定させられる

大手企業とM&Aを実施すれば、大手傘下(グループ会社や子会社)として経営基盤を安定させることができます。

中小企業の電気通信工事・管工事会社には、人材不足の影響で売り上げが伸びず資金繰りに困っている会社も多いでしょう。しかし、親会社の資金力をうまく使えば、効率的な事業運営ができるようになります

また、負債や個人保証がある場合もM&Aを実施することで買い手に引き継いでもらえるかもしれません。確実に引き継いでもらうには、株式譲渡という手法を活用しましょう

このように、大手企業とM&Aを実施することで経営を安定させることができます。

メリット3.ブランド力アップにより雇用につながる

有名企業・優良企業とM&Aを実施することでブランド力がアップし、雇用につなげることができます。

雇用ができれば人材不足を解消することができ、受注の量も増やすことができるでしょう。結果的に売り上げアップを目指すことができるのです。

電気通信工事・管工事業界では、若い人材が不足しています。というのも、電気通信工事・管工事業界で勤めたいという若い人が少ないのです。

わずかに就職希望者がいても有名企業や優良企業が人気なため、中小企業での採用は簡単なことではありません。

しかし、M&Aによってブランド力をつけると、雇用につなげることができるのです。

メリット4.相乗効果により売り上げアップにつながる

電気通信工事・管工事業界と同業界・関連業界とM&Aすることで、相乗効果が期待できます。

相乗効果とは、2社の持つ強みを掛け合わせることで1+1以上の結果が出ることです。例えば、電気工事を請け負っているA社と通信工事を請け負っているB社がM&Aしたとしましょう。

そうすると、A社の顧客にB社のサービスを提供したり、B社の顧客にA社のサービスを提供したりできるようになります。M&Aを実施するだけで、一度に顧客をより多く獲得することができるのです。

このようにM&Aを実施することで相乗効果が生まれます。売り手企業だけでなく、買い手企業もメリットが享受できるのです。

6. 電気通信工事・管工事業界でM&Aをするときの相場

電気通信工事・管工事業界でM&Aをするときの相場

電気通信工事・管工事業界の中小企業がM&Aをするときの相場は、3,000万円〜5,000万円程度です。

しかし、企業の規模や譲り渡す資産・負債、有資格者数などによって大きく売却価格は変動します。

目安を知りたいなら、時価純資産+2〜5年分の利益で計算しましょう。あくまでも目安として計算をしてください。

詳しく自社の売却価格を調べたい時は、専門家に相談することをおすすめします。M&A仲介会社に相談すれば、無料で試算してくれるケースも多いです。

M&A仲介会社に思い当たる会社がない場合は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所であれば、M&Aの相談や売却価格を無料で試算いたします。

M&A総合研究所には電気通信工事・管工事業界に精通した公認会計士が在籍しているので、安心してお任せいただけます。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

7. 電気通信工事・管工事業界のM&Aで売却価格を上げる条件

電気通信工事・管工事業界のM&Aで売却価格を上げる条件

電気通信工事・管工事会社をM&Aで取引するなら、できるだけ売却価格を上げたいですよね。

そこで、どうすれば売却価格を上げられるのか、代表的な条件を確認しましょう。

  • 条件1.若手人材や有資格者が多い
  • 条件2.工事実績が豊富にある
  • 条件3.魅力的な取引先がある
  • 条件4.同業界か関連業界から買い手を選ぶ
  • 条件5.電気通信工事・管工事業界に詳しいM&A仲介会社へ相談する

順番に確認していきましょう。

条件1.若手人材や有資格者が多い

若手人材や有資格者が多いと、売却価格が上昇する傾向にあります。

なぜなら、電気通信工事・管工事業界全体の課題として人材不足が挙げられるからです。とくに、有資格者の高齢化は深刻となっています。

できるだけ若手人材を確保し事業継続させたい、有資格者を確保して受注量を上げたいと考えている会社が多くいます。そのため、20代の若手従業員や有資格者が多ければ多いほど売却価格は高まると言えるのです。

買い手企業へアピールする時は従業員のリストを作っておくと分かりやすく魅力を伝えることができます。年齢や所有資格、工事の経験などを書いておくと良いでしょう。

特に以下の資格は、買い手にとって魅力的にうつります。

  • 一級電気工事施工管理技師
  • 第一種電気工事士
  • 一級管工事施工管理技士
  • 電気通信工事施工管理技士

電気通信工事施工管理技士は、2019年に新たに設置された施工管理技師です。携帯電話やインターネットを繋ぐための工事を監理するための資格となっています。

現代の社会のニーズに合った資格ですから、持っている従業員がいる場合、会社の魅力はさらに高まるでしょう。

条件2.工事実績が豊富にある

電気通信工事・管工事会社のM&Aでは工事実績数がアピールポイントとなります。とくに、難易度の高い工事実績や官公庁の工事実績があれば、売却価格を押し上げることができるでしょう。

  • 学校
  • 美術館
  • 病院
  • 鉄道関係

このような建物の工事は難しいとされており、アピールできるポイントです。難しい工事ができるのは、優秀な技術者が社内にいることの証明となります。

技術力やノウハウ・経験をアピールするためにも、過去の工事実績もリストにしておくと良いでしょう。

条件3.魅力的な取引先がある

魅力的な取引先があると、売却価格は高くなる傾向にあります。というのも、電気通信工事・管工事の数は限られています。

確かに建物はたくさん建てられていますが、実際に取引するのはゼネコンや設計事務所、官公庁です。

1つ大きな取引先があれば継続的な売り上げが見込めます。M&Aで買収した後も売り上げが見込めるため、M&Aでの売却価格は高くなる傾向にあるのです。

また、魅力的な取引先との継続的な取引は、会社の信用を高めてくれます。買い手企業がその取引先に新しいサービスを売り込むこともできるため、売却価格は高くなるのです。

条件4.同業界か関連業界から買い手を選ぶ

電気通信工事・管工事業界か関連業界である建設業界から買い手を選ぶと、売却価格が高くなりやすいです。

なぜなら、同業界や関連業界から買い手を選ぶことで相乗効果の期待が高まるからです。例えば、建設会社が電気通信工事・管工事会社を買収することで、一貫した建設・工事サービスを提供することができます。

顧客へのサービスを充実し、顧客に抱き合わせでサービスを販売することで売り上げ拡大が見込めるのです。

このような理由から、同業界か関連業界から買い手を選ぶことをおすすめします。

条件5.電気通信工事・管工事業界に詳しいM&A仲介会社へ相談する

電気通信工事・管工事業界に詳しいM&A仲介会社へ相談することで、売却価格が高くなります。

なぜなら、電気通信工事・管工事業界に詳しいM&A仲介会社であれば、あなたの会社をしっかり分析し、魅力を的確に買い手企業に伝えてくれるからです。

あなたの会社の魅力を「多額のお金を出してでも買いたい」と思ってくれるような買い手企業を選定してくれるでしょう。そのため、電気通信工事・管工事業界に詳しいM&A仲介会社へ相談することをおすすめします。

もし、思い当たるM&A仲介会社がなければ、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所には電気通信工事・管工事業界に詳しいM&Aコンサルタントが在籍しています。

公認会計士や弁護士も在籍しており、難しい専門的な話も分かりやすく解説し、安心してご相談いただける体制を整えています。

また、M&A総合研究所は完全成功報酬を採用!相談や企業価値算定、買い手企業の紹介、交渉のサポートなど無料で行います。M&Aが成立したときに初めて費用が発生するため、出費を抑えられるはずです。

まずは無料相談お待ちしております。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

まとめ

電気通信工事・管工事業界ではM&Aが活発に行われています。なぜなら、オリンピック需要で仕事が増えているものの、人材不足や後継者不足によって倒産を余儀なくされている会社が増えてるからです。

オリンピックが終了すれば仕事は減るとされており、中小企業では経営難となることが予測されています。

人材不足や後継者不足、経営の不安を解消するためにもM&Aは賢い経営選択です。専門家の力を借り、できるだけ高い価格で売却し、M&Aを成功させましょう。

もし、初めてのM&Aを不安に思うのであればM&A総合研究所にご相談ください。電気通信工事・管工事業界に詳しいM&Aコンサルタントや公認会計士、弁護士が一丸となってあなたのM&Aをサポートいたします。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
電気工事・管工事会社のM&A・事業承継