M&Aの優先交渉権とは?独占交渉権との違いや適応期間・法的拘束力についても解説

Medium
取締役
矢吹 明大

株式会社日本M&Aセンターにて製造業を中心に、建設業・サービス業・情報通信業・運輸業・不動産業・卸売業等で20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、アドバイザーを統括。ディールマネージャーとして全案件に携わる。

M&Aを進めるにあたり、売り手は買い手に優先交渉権や独占交渉権を付与することがありますが、2つの権利はどのように違うのでしょうか。この記事では、M&Aの優先交渉権とはどのようなものか、適用期間や法的拘束力の有無、独占交渉権との違いを解説します。

目次

  1. M&Aの優先交渉権とは
  2. M&Aの優先交渉権の適用期間・法的拘束力
  3. M&Aの優先交渉権と独占交渉権の違い
  4. M&Aではどちらの権利を選択すべき?
  5. M&Aにおすすめの相談先
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. M&Aの優先交渉権とは

M&Aを進めるにあたり、売り手と買い手候補の間で条件や価格の交渉を行います。このとき、売り手は多くの買い手候補と交渉して、よりよい条件での成約を目指したいと考えるものですが、買い手候補としては競合相手が少ないことを望みます。

優先交渉権とは、M&Aの交渉に際して1社または数社の買い手候補がほかの競合相手(優先交渉権を持たない候補)より優先して売り手と交渉できる権利です。

一般的には、M&Aの基本合意書を締結したタイミングで付与され、権利が生じるのは取り決めた一定期間です。

優先交渉権は、権利を付与されていない買い手候補よりも優先して売主と交渉できるものなので、売主は優先交渉権を付与した後でも、ほかの買主候補と交渉することが可能です。

また、優先交渉権を複数の買主候補に付与することもでき、この場合、優先交渉権を付与された買主候補のなかでの優劣はありません。

【関連】M&Aの流れ・手順を解説!進め方、手続きのポイントは?

2. M&Aの優先交渉権の適用期間・法的拘束力

M&Aの優先交渉権の適用期間はどれくらいなのか、優先交渉権に法的拘束力はあるのかなどについては、交渉する当事者にとって気になるところではないでしょうか。

ここでは、M&Aの優先交渉権の適用期間はどれくらいなのか、優先交渉権に法的拘束力はあるのかなどをみていきます。

適用期間

M&Aの優先交渉権は、一般的に基本合意書が締結されたタイミングで付与されるため、優先交渉権の適用期間はどの程度が妥当なのかがポイントになります。

優先交渉権の適用期間は法律で決まっているわけではないので、当事者間で自由に決めることができます。

M&Aの優先交渉権の適用期間は一般的には2か月間~3か月間程度ですが、短いケースでは1か月間程度、長いケースでは半年程度ということもあります。

法的拘束力の有無

先に述べたように、M&Aの優先交渉権については当事者間で自由に内容を決めることができ、M&Aの基本合意書に記載するケースが一般的です。

M&Aの基本合意書はそれ自体に法的拘束力を持ちませんが、通常は独占交渉権などの一部内容には法的拘束力を持たせることが多いです。

実際のところ、基本合意の優先交渉または独占交渉に対して義務違反した場合、違約金などのペナルティを取り決めているケースもありますが、必ずしもすべてのケースで違約金などを定めているというわけでもありません。

優先交渉権や独占交渉権の内容や適用期間は、売り手と買い手で争点にもなり得るので、しっかり検討する必要があるでしょう。

【関連】M&AのMOU(Memorandum of Understanding)とは?基本合意書の効力について解説

3. M&Aの優先交渉権と独占交渉権の違い

M&Aの交渉において、売り手が買い手に対して付与する権利には、独占交渉権というものもあります。混同されやすい2つの権利にはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、M&Aの優先交渉権と独占交渉権との違いについて解説していきます。

M&Aの独占交渉権とは

M&Aの独占交渉権は、一定期間、独占交渉権を付与された買い手候補のみが売り手と交渉できる権利です。

独占交渉権を付与すると、売り手は独占交渉権を付与した買い手主候補との交渉が終わるまで、ほかの候補と交渉することはできません

また、独占交渉権は1社にしか付与することができず、複数の買い手候補に付与することはできません。

独占交渉権も優先交渉権と同様、基本合意書に盛り込まれ、法的拘束力を持たせることが一般的です。

優先交渉権と独占交渉権との違い

優先交渉権がほかの買い手候補より優先して交渉できる権利であるのに対して、独占交渉権は付与された買い手候補だけが独占的に交渉できる権利です。

売り手側からみると、優先交渉権は複数の買い手候補と交渉できますが、独占交渉権は1社の買い手候補としか交渉できません。

買い手候補側からすれば、独占交渉権は競合相手となり得るほかの買い手候補を排除して自社のみが交渉できるので、優先交渉権に比べるとメリットが大きいといえます。

【関連】M&Aの独占交渉権とは?優先交渉権との違いや法的な拘束力について解説!

4. M&Aではどちらの権利を選択すべき?

M&Aの交渉においては、優先交渉権と独占交渉権のどちらを選択すべきかは、自社が売り手と買い手のどちらであるかで変わってきます。

ここでは、優先交渉権と独占交渉権のメリット・デメリットについて、売り手・買い手それぞれの立場からみていきます。

優先交渉権を選ぶメリット・デメリット

売り手にとっては、優先交渉権を付与してもほかの買い手候補と交渉を平行して進めていくことができるので、より条件のよい買い手を探すことができる点がメリットです。

また、ほかにも買い手候補がいることを匂わせることで、買い手候補からよい条件を引き出せる可能性もでくるので、売り手のデメリットは特にないといってよいでしょう。

買い手候補からすれば、優先交渉権を付与されるに越したことはありませんが、あくまでも優先的に交渉できるだけなので、競合相手がいることに変わりはないため独占交渉権に比べるとメリットは少ないといえます。

独占交渉権を選ぶメリット・デメリット

独占交渉権を1社に付与すれば、売り手はほかの買い手候補と並行して交渉することができなくなるので、もし条件がもっとよい買い手が現れた場合は対応することができなくなります。

また、もし権利を付与した買い手候補とM&Aが成約に至らなかった場合は、売り手は新たに相手先を探さなければならないため、この場合は自社がM&Aに適したタイミングを逃してしまう可能性もあり、独占交渉権を付与することは売り手にとってはデメリットのほうが大きいといえます。

買い手候補からすれば、優先交渉権の場合は複数社のなかから自社が選ばれるように条件や価格を提示しなければなりませんが、独占交渉権であれば売り手とじっくり交渉を進めていくことができる点が大きなメリットです。

また、買い手候補は基本合意締結後にデューデリジェンスを行いますが、もし売り手がほかの候補とM&Aを成約させてしまうような事態が起これば、この費用はすべて無駄になってしまいます。

買い手候補にとっては、独占交渉権を選択することでこのようなリスクを回避できるだけでなく、万一義務違反があった場合は基本合意内容に則った損害賠償請求することも可能になります。

【関連】買収とは?意味や流れ、メリット・デメリットを解説!2021年買収事例・ニーズ30選!

5. M&Aにおすすめの相談先

M&Aにおいて優先交渉権または独占交渉権のどちらを選択すべきか、またどのような内容にすべきかは自社が売り手・買い手のどちらであるかによっても変わってきます。

適用期間をどの程度にするのがよいかの判断も難しい部分があるので、M&Aの専門家に相談して進めていくことをおすすめします。

M&A総合研究所では、M&Aに精通した専門のアドバイザーが、ご相談からクロージングまで親身になってフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

6. まとめ

優先交渉権と独占交渉権には大きな違いがあるので、適用期間や法的拘束力、メリット・デメリットなどを理解したうえで選択することが大切です。

適用期間などはトラブルがあった場合に争点になりやすいので、よく検討したうえで内容を取り決める必要があるでしょう。

【M&Aの優先交渉権と独占交渉権】

  • 優先交渉権・・・M&Aの交渉に際して1社または数社の買い手候補がほかの競合相手(優先交渉権を持たない候補)より優先して売り手と交渉できる権利
  • M&Aの独占交渉権・・・一定期間、権利を付与された買い手候補のみが売り手と交渉できる権利

【M&Aの優先交渉権の適用期間】
  • 一般的には2か月間~3か月間程度、短いケースでは1か月間程度、長いケースでは半年間程度

【優先交渉権を選ぶメリット・デメリット】 
  売り手側 買い手候補側
メリット ・権利付与後もほかの買い手候補と交渉可能
・他の買い手候補の存在を匂わせることでよい条件を引き出すことに期待できる
・ほかの買い手候補(権利を付与されていない)より優先的に交渉できる 
デメリット    交渉権を一切付与しないケースと比べると交渉の選択肢が減る可能性もある 売り手はほかの買主候補とも交渉できてしまう

【独占渉権を選ぶメリット・デメリット 】
  売り手側 買い手候補側
メリット 特になし 売主と排他独占的に交渉することができる
デメリット   ・権利付与後、条件のよい相手が現れたとしても対応できない
・権利付与した買い手候補と成約に至らなかった場合は新たに相手を探す必要がある
特になし

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事