マンデートとは?M&A業界における意味を解説!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

マンデートは、英語の直訳では「命令」や「指示」を意味しますが、実際の場面では「権限を委任すること」として使われます。本記事では、M&A業界におけるマンデートの意味や使い方、M&A仲介会社がマンデートを取得した後の業務内容などについて解説します。


目次

  1. マンデートとは
  2. M&A業界におけるマンデートの意味とは
  3. M&A業界におけるマンデート後の主な業務
  4. マンデートの使い方
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. マンデートとは

マンデートとは

マンデートとは、直訳すると「命令」や「指示」などの意味になります。よく使われる意味は「権限」で、実際の使い方としては「誰かから誰かへ与えられた権限」の意味で用いられます。

マンデートという言葉は、政治・金融・裁判など、さまざまな専門分野で使われています。

2. M&A業界におけるマンデートの意味とは

M&A業界におけるマンデートの意味とは

M&A業界ではマンデートは、「仲介契約書」または「業務委託契約書」の意味で使われます。

仲介契約書・業務委託契約書とは、M&Aの専門家へ仲介を依頼する際に、仲介契約・アドバイザリー契約を結ぶための契約書です。

M&A業界でのマンデート獲得の意味

マンデートを獲得するということは、M&A業界ではM&Aの専門家が依頼者から仲介契約を獲得することを意味します。

マンデートを獲得することによって、M&Aの専門家は買収先・売却先の選定や各種書類の作成、企業価値算定、交渉のサポートなど、M&Aに関する手続きの仲介を行います。

M&A業界でのマンデートの効力

M&A業界におけるマンデートの効力は、基本的にはM&Aが成立し効力発生日を迎えるまで有効となります。

契約によっては、M&A成立後の事業統合までマンデートの効力が有効となる場合もあります。

また、特定のM&A専門家との間でマンデートの効力が発生している間は、他のM&A専門家と仲介契約は結べないのが一般的です。

【関連】M&A仲介会社を徹底比較!手数料は?選び方を徹底解説!

3. M&A業界におけるマンデート後の主な業務

M&A業界におけるマンデート後の主な業務

M&A業界におけるマンデート後の業務は、主に以下の内容で行われます。

  1. M&Aに向けての本格的な戦略策定
  2. 会社売却・買収の手続き
  3. 各種契約書の締結
  4. デューデリジェンスや条件交渉
  5. クロージング

①M&Aに向けての本格的な戦略策定

マンデート後は、M&Aの手続きに進む前に、まずは本格的なM&A戦略を策定します。具体的には、M&Aスキームやスケジュールなどを練ります。

他にも、売却側は売却価額の目安を決めたり、企業価値を向上させるための計画を立てたりします。

②会社売却・買収の手続き

事前の戦略が策定できたら、売却・買収の手続きを進めていきます。売却先・買収先が決まっていない場合は、最適な相手探しから始めます。

その後、売却先・買収先が決まったら、交渉や契約書の締結を進めていきます。用いるスキームによっては、株主総会の開催や債権者保護手続き、従業員や取引先からの個別同意なども必要になります。

③各種契約書の締結

売却先・買収先と各種契約書の締結を行う必要もあります。契約書には、M&Aの目的や方法、売買価額、スケジュールなどを記載します。

契約書に不備があると、スケジュールが延期になる場合や、M&A自体が中止になることもあるので、M&Aの専門家に作成を代行してもらいよく確認しておく必要があります。

④デューデリジェンスや条件交渉

M&Aで重要となる手続きが、デューデリジェンスや条件交渉です。デューデリジェンスとは、企業内監査のことです。

デューデリジェンスをしっかり行わないと、買収後に思わぬリスクが発覚する場合があります。また、条件交渉が難航するとM&Aの期間が長くなり、場合によっては頓挫することも少なくありません。

デューデリジェンスや条件交渉には、専門的な知識や豊富な経験が求められるので、M&Aの専門家の協力が必要となります。

M&Aの専門家であるM&A総合研究所では、実務経験豊富な会計士などの専門家がデューデリジェンスや条件交渉を担当するので、的確でスムーズな手続きを行うことができます。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

⑤クロージング

不備なく手続きが進み、M&Aの効力発生日を迎えたら、クロージングへと進みます。

基本的には、この段階でマンデートの効力は終了となりますが、M&A仲介会社によっては、この後の統合プロセスや経営コンサルティングも依頼することができます。

【関連】M&A仲介会社を比較!手数料・サービス・実績を徹底比較!

4. マンデートの使い方

マンデートの使い方

ここでは、以下のケースにおけるマンデートの使い方をご紹介します。

  1. M&A業界の場合
  2. 金融機関の場合
  3. 外交の場合
  4. 霞が関の場合
  5. 英語の場合

M&A業界の場合

M&A業界のマンデートとは、仲介契約書を指します。

使い方例:「あの企業のマンデートは私たちが持っています。

金融機関の場合

金融機関のマンデートとは、企業が株式発行や上場をする際に、金融機関が業務を委託されて代行することを指します。

使い方例:「〇〇会社上場の主幹事のマンデートは〇〇証券が獲得したようです。

外交の場合

外交におけるマンデートとは、交渉の裁量権を任されたことを指します。

使い方例:「彼は外務大臣から貿易交渉のマンデートをもらっています。

霞が関の場合

官僚には、業界用語である霞ヶ関用語というものが存在します。霞ヶ関用語でマンデートとは、権限のことを指します。

使い方例:「イベントに関してのマンデートは課長が持っているので、許可をもらってください。

英語の場合

マンデート(mandate)は、日常会話や普段の会話文で使われることはなく、公的な文章や政治的な場面などでよく使われます。

使い方例:「He has a mandate to decide the budget.(彼は予算を決める権限を持っている)

【関連】M&A仲介会社・企業ランキングTOP21!大手上場企業あり!

5. まとめ

まとめ

本記事では、M&A業界におけるマンデートの意味や使い方、M&A仲介会社がマンデートを取得した後の業務内容などについて解説してきました。

M&A業界におけるマンデートとは、「仲介契約書」または「業務委託契約書」の意味で用いられます。

M&A仲介会社はマンデート後、主に以下の業務をサポートします。

  1. M&Aに向けての本格的な戦略策定
  2. 会社売却・買収の手続き
  3. 各種契約書の締結
  4. デューデリジェンスや条件交渉
  5. クロージング

M&Aは幅広い専門知識や豊富な実務経験が必要となるため、仲介会社と仲介契約を結ぶことで、トラブルを防ぎ円滑な手続きが可能になります。

M&A総合研究所では会計の専門家が専任でサポートするので、丁寧かつ迅速なM&Aが可能です。また完全成功報酬型を採用しており、手数料は業界最安水準となっています。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ