【2018年最新】住宅建設業界のM&A動向〜M&A事例20選【ハウスメーカー/ビルダー/工務店】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

ハウスメーカーなどの住宅建設業界では最近M&Aが頻繁に行われているいいます。業界的にM&Aを行いにくいとされていた住宅建設業界ですが、どういった要因から活発になったのでしょうか。ここではそうした業界の動向やM&Aの実例を開設します。

目次

  1. 住宅建設業界とは
  2. 住宅建設業界の市場動向
  3. 住宅建設業界は今『再編』の時
  4. 住宅建設業界の受注の変化
  5. 住宅建設業界のM&A事例20選
  6. 住宅建設業界M&Aのまとめ
  • 建設・土木会社のM&A・事業承継

1. 住宅建設業界とは

住宅建設業

私たちの生活に密着している業種の一つである住宅建設業界。建設会社やビルダー、工務店など住宅建設業界のM&Aが最近は増加しているといいます。ここでは住宅建設業界のM&Aの状況を把握するまえに住宅建設業界の定義などについて解説します。

住宅建設業界の定義

ここで住宅建設業界が係る建設業界の定義を解説します。建設業界や住宅建設業界の定義を知る事はM&Aを行う上でも非常に重要なことと言えます。また住宅建設業界でのM&Aを成功させるには知っておくべき事項といえます。

総合建設業(ゼネコン)

住宅建設業界の枠を超えた建設業である建設会社に総合建設業と言われるものがあります。いわゆるゼネコンと言われている建設会社です。

総合建設業と呼ばれる建設会社は土木工事や建築工事、電気工事など多種工事を手掛ける許可を保有しています。そのため、ハウスメーカーやビルダー、工務店などはゼネコンには分類されません。

職別工事業(サブコン)

識別工事業と呼ばれるいわゆるサブコンは、それぞれの工事に合わせた工事業許可をもつ専門工事を行う建設会社となります。ハウスメーカーやビルダー、工務店などはサブコンに分類されるわけです。

住宅建設業界の取引流通

ここでハウスメーカーやビルダー、工務店などの建設会社における住宅建設業界の取引流通について見てみましょう。

発注者・元請業者の契約

住宅建設業界は住宅やビル、道路など構造物の構築を依頼する発注者と依頼された工事を請け負う建設会社である元請業者において工事請負契約が締結されます。この契約に基づき建設工事が行われるわけです。

元請業者・下請業者の契約

住宅建設業界の契約は発注者と請負業者の契約だけではありません。多くの場合はゼネコンなどの総合建設業を担っている建設会社が下請けとされる建設会社に業務を請け負わせます

また、工事の内容や工程によってはサブコンと呼ばれる専門工事業者に工事を請け負わせます。その為には元請業者と下請業者の間で下請契約を締結します。この契約に基づいて工事の請け負いが行われます。

住宅建設業界の事業

建設会社やハウスメーカー、ビルダー、工務店はどういった受注形態をとっているのでしょうか。ここでは住宅建設業界における主な事業を4つに絞り解説します。

  1. 公共工事への入札
  2. 営業による受注
  3. 元請けからの受注
  4. 受注生産

公共工事への入札

道路や橋、それに護岸工事や港湾工事など公共に係る工事を行う場合は各発注機関に入札を行います。入札は参加資格申請をそれぞれの公共団体に提出している建設会社のみが参加する事ができます。

入札には、一般競争入札や指名競争入札、公募型、プロポーザルなどさまざまです。業種も土木、建築、管、電気、設計など多岐に渡ります。入札に参加した建設会社などの中から基本的には一番低い価格で入札した建設会社に業務を請け負わせます

営業による受注

民間工事の多くは営業による受注から請け負っています。マンションやアパートなどの営業は一度は受けた事があるかと思います。特に、住宅建設業界に係るハウスメーカーやビルダー、工務店は営業による獲得が大半を占めています。

ハウスメーカーやビルダー、工務店は住宅展示場などで営業展開を図るほか、最近では街角住宅展示場などを開設するなど営業方法は多岐に渡ります。

元請けからの受注

元請けから工事を受注している建設会社も数多く存在します。下請けは一次下請けから始まり二次下請け、三次下請けなど階層は深くあります

また、ハウスメーカーやビルダー、工務店の場合は、住宅の受注は自社で行うものの、建設や設備工事などはすべて下請けへ委託している建設会社がほとんどです。

受注生産

建設業界・住宅建設業界で作り出す構造物は現地で構築される受注生産型です。壁や床など工場などでプレカットが行われていますが組み立ては現地で行います。

また、土地や風土などその状況にあった工法や手法を取り入れるため、似た状態はあるものの全く同じ状態での工事が施される事はほとんどありません。特に地元に根付いた工務店であればなおの事です。

こうした受注生産型である業界特性は、M&Aでもたらせられる大規模化による効率化によるコスト削減の恩恵が受けにくい物と認識されています。

住宅建設業界のM&AならM&A総合研究所へ

住宅建設業界のM&AならM&A総合研究所にお任せください。住宅建設のM&A知識豊富な担当者が親身になってご対応させていただきます。まずはお気軽に無料相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

2. 住宅建設業界の市場動向

市場動向

建設業界は公共工事の予算はピーク時より大幅に削られているという動向の中、住宅建設業界の市場動向はどのようになっているのでしょうか。

住宅建設業許可業者は年々減少

建設業界の動向や住宅建設業界市場の動向を知るには、建設業許可業者数の動向に目を向ける必要があります。

国交省が発表している建設業許可業者数調査によると、一般建設業許可を所持している業者数は2018年3月末の時点で44万2,292社となっています。この数はピーク時であった2000年3月末と比べると13万5,417社の減少となっています。

このうち住宅建設業界に関わる建築工事業は2018年3月末時点で15万4,808社となっていますが、実は建設許可業種の中で、建築工事業種の減少率が一番高くなっています。住宅建設業界の動向は淘汰の時期に差し掛かっているように思えます。

住宅建設業界の売上は上昇中

住宅建設業界の動向ですが新築着工の動向は芳しくないものの売り上げの動向は2009年からは右肩上がりで推移、2015年度の主要企業28社の売上高合計は10兆2,162億円となっています。

こうした動向からハウスメーカーなどの住宅建設業界の動向は他の建設業種に比べて順調だといえる部分でもあります。

 

住宅建設業界が抱えている問題

住宅建設業界が抱えている問題とはどのような所にあるのでしょうか。以下の3項目について考えてみました。

  • 廃業が増えている
  • 人材不足による問題
  • 住宅着工率の減少

廃業が増えている

住宅建設業界というよりも建設業界で言える事なのですが、廃業が多い状況が長らく続いています。先にも上げた通り、建設業許可業者がピーク時から見て大幅に減少しているのは廃業しているからです。

これは公共工事の減少や金融機関の貸し渋り、さらには民間工事の縮小など多くの要因が考えられています。

【関連】事業承継と廃業(清算)を比較!どちらが得する?

人材不足による問題

建設業界全般に言える事ですが人材不足が深刻化しています。これは住宅建設業界でも言える事です。長時間労働による疲労や3Kと呼ばれる労働環境から就労者離れが深刻化しています。

こうした人材不足の動向は担い手不足にまで発展しており、地方では事業を廃業する小さな工務店が後を絶ちません。

【関連】事業承継がわかる本のおすすめランキングTOP20

住宅着工率の減少

新築の住宅着工率が年々減少してきました。2016年度には97万戸あった住宅着工数は2020年度には74万戸にそして2030年度には2016年度の約半分となる55万戸に減少していくと見られています。

3. 住宅建設業界は今『再編』の時

再編を迎えている業界

こうした住宅建設業界の動向を見ると住宅建設業界が再編の時期に到達していることが見て取れます。しかし、住宅建設業界は今まであまりM&Aが進みませんでした。住宅建設業界でM&Aが促進されなかった理由、そしてM&Aのメリットなどについて解説します。

M&Aが進んでいなかった理由

他の産業に比べて住宅建設業界でM&Aが進まなかった理由には、住宅建設業界特有の問題があるとされています。M&Aを受け入れ難いとされる特性について解説します。

入札参加への制限がかかる

これは住宅建設業界というよりも建設業界に係る事になりますが、入札参加への制限がかかってしまう問題があります。

多くの日本の建設会社は公共工事に依存していました。入札は会社の規模に合わせたランクで入札が行われるのが一般的です。工事の分量はランクが低いほど多いが低価格で、ランクが高いほど受注金額は高いが工事量は少なくなります。

M&Aにより建設会社が大規模になり完工高が上がると入札ランクが上がる可能性があります。すると、今まで入札参加できていた工事に参加できなくなるなど入札参加への制限がかかってしまうのです。

また、M&Aを行う事により2社でそれぞれ入札に参加できていた状態から1社のみの参加になってしまうため、こちらも受注機会が減ってしまうという訳です。

規模の拡大=業績UPにはならない

一般的にM&Aなどによって会社の規模が拡大すると業務の効率化が図れ、経費が抑えられる「規模の経済」が働くため業績が上がるとされています。しかしハウスメーカーやビルダー、工務店などの建設会社は「規模の経済」が働きにくいとされています。

それは先にも特性であげましたが、受注生産型による業界形態にあります。受注生産型では業務の効率化を図ろうとしても技術者ごとに図るまでにとどまりますので、規模が大きくても小さくてもあまり変わらないという事がわかると思います。

また、M&Aなどにより建設会社の規模が拡大したとしても業績が上がるとはなりません。それは先の入札参加への制限もそうですが、工事受注量が影響しています。

工事受注量が少ないとそれだけ儲けが少なくなるのは確かですが、逆に工事受注量が多くなると現場管理人の不足などを招いてしまい、本来受注したい工事などが請け負えなくなる可能性があります。

また、建設工事中に労働災害が起こってしまうと現場はストップしていまいますし、台風などの災害が行った場合の損失もバカになりません。

さらには、工事は順調に受注が出来たとしても警備員の不足などを招いたり、運送業の人材不足から資材調達が間に合わないなど工事が滞る事も数多くあり、計画なき経営規模の拡大はリスクがあるのです。

年々増加する住宅建設業界のM&A

そうした状況下にありながら、最近では住宅建設業界のM&Aが増加しています。それはどういった事からなのでしょうか。住宅建設業界のM&Aについて迫ります。

有効的なM&Aが主流

建設業や住宅建設業界は先に述べた通りM&Aが進んではいませんでした。しかし、最近では人材不足や受注エリア拡大など業界が抱えていた問題を解決する手段としてM&Aを活用する例が増えてきているといいます。この動きにより住宅建設業界はM&Aによる再編を迎えている訳です。

海外からのM&Aの増加

特徴的なのが海外の資本がM&Aにより国内の住宅建設業界に参入してくる傾向がある事です。欧州や欧米などの建築技術をM&Aにより国内に輸入する事で、今までの国内でのハウスメーカーやビルダー、工務店の住宅と差別化を図っています。

住宅建設業界M&Aのメリット

それでは住宅建設業界におけるM&Aとは一体どのような部分があるのでしょうか。さまざまな効果が見込めるM&Aですが、ここでは以下の3点について解説します。

  1. 継承者問題の解消によるM&A
  2. 他社の技術共有
  3. 人材の確保

継承者問題の解消によるM&A

まずは建設業界および住宅建設業界で大きな問題となっている後継者です。特に地方の建設会社にとっては非常に深刻な問題で、後継者が存在しないために技術があるのに廃業を強いられている状況です。

また、受注高もあり地域で唯一の建設会社が廃業に追い込まれる事もあります。こういった状況を招くと地域で災害などの緊急事態が起こった場合に対処できなくなってしまうなど地域社会へも大きな損失となります。

こうした状況を防ぐためにM&Aを活用して自社を売却するなどして事業を継続する事は大変有効であり、建設会社がM&Aを行うメリットとも言えます。

また、M&Aにより技術者などの従業員も安定して地域で生活が続けられるという所もM&Aメリットとしてとらえられています。

他社の技術共有

建設会社同士のM&Aにおけるメリットの一つに他社の技術共有が存在します。一様に建設会社といってもそれぞれに得意分野や専門分野があります。そうした技術を一から構築するよりもM&Aによる買収は効率的と言えます。

住宅建設業界においては特に、それぞれに研究を行ってきた技術などを有するハウスメーカーやビルダー、工務店は非常に多く、そうした技術をM&Aを活用し組み合わせる事により、より高品質なサービスを提供する事が可能となります。

材料などのメーカーとのM&Aを実現できれば材料生産から受注、販売まで一気通貫で請け負う事ができ企業ブランドが高まる事もあります。自社で開発してきた技術と資材メーカーとの技術を融合する事で今まで以上のブランド力を持つこともM&Aなら可能です。

人材の確保

建設業界・住宅建設業界の人材不足は深刻化を辿っています。特に地方の建設会社では新入社員を募集してもなかなか集まらないなど苦しい現状があります。さらには、採用した人材も数年や場合によっては数カ月でやめてしまう事も少なくありません

そうした人材を育成するよりもM&Aによって事業を買収したり売却する事が効率的な手段です。すでに教育された技術者が多く確保できるM&Aは、教育する時間も節約できるわけです。

特に現場代理人などの資格をもった技術者はどの建設会社においても人材不足であり、流出を防止する策を考えているようです。こうした現場代理人などの技術者を一気に確保できるのもM&Aのメリットといえます。

加えて、宮大工など名工と呼ばれる技術は限られた財産です。こうした限られた財産を後世まで引き継ぎそして継承させることも建設業界・住宅建設業界のM&Aにおける大きな使命といえるわけです。

4. 住宅建設業界の受注の変化

受注に変化が見受けられる

実は最近の住宅建設業界での受注体系に変化がみられて来ています。これは時代を背景とした変化となっており、今後も引き続き期待できる良い変化です。ここでは2点の変化について解説します。

  • インバウンド効果
  • ストック

インバウンド効果

昨今のインバウンドにおける建設業の状況ですが、大都市圏を中心にホテル需要が高まっています。特にオリンピックが開催される2020年までは多くのインバウンド効果が見込めるとしています。一方で、オリンピック後の建設業界の先行きは不透明なのも確かです。

ストック

実は、住宅建設業界は新築の個数は落ちている物のリフォームなどのストックでは売り上げが堅調に推移しています。これは高度成長期などで建設された戸建て住宅やマンション、アパートなどが改修・改築の時期を迎えているからです。

そのため、リフォーム市場は2030年までは横ばいの売り上げの年間6兆円台が予想されています。さらに空き家数や空き家率は上昇する傾向があり、今後もリフォーム市場は安定した伸びを見せると予想されています。

5. 住宅建設業界のM&A事例20選

住宅建設業界のM&A事例

それではここで、実際に住宅建設業界で行われたM&Aの事例について紹介させて頂きます。地場の建設会社や大手ビルダー、工務店、電気業などさまざまな業種で売却や買収が進んでいるようすがM&Aの事例を見る事で理解できると思います。

戸田建設が佐藤工業を子会社化(2018年10月)

準大手ゼネコンの戸田建設は福島県の地場ゼネコンである佐藤工業の株式を取得し子会社化すると発表しました。佐藤工業は福島県で総合建設会社を経営しています。このM&Aにより戸田建設による東北エリアの者絵拡大を見込んだ事例となります。

土木管理総合試験所がアイ・エス・ピーを子会社化(2018年10月)

土木・建築工事を手掛けている土木管理総合試験所は、土木測量設計プログラムの開発・販売を行っている北海道のアイ・エス・ピーの全株式を買収し完全子会社化しました。

このM&Aの事例は土木管理総合試験所が既に所有している土木測量などの技術に、新たにソフト開発の技術を融合させる事で生産性の向上や業務の拡大を狙っています。

淺沼組がシンガポールのSINGAPOREPAINTSを子会社化(2018年10月)


中堅ゼネコンの淺沼組は、シンガポールにあるSINGAPORE PAINTS & CONTRACTOR PTE. LTD.の株式を買収し子会社化しました。

淺沼組では中期計画において海外事業の強化などを掲げており、中期計画にのっとりM&Aを活用してアセアンエリアでリニューアル事業を手掛けるとしています。

積水化学工業がフクビ化学工業へ事業譲渡(2018年9月)

積水化学工業は自社の事業部門である環境・ライフラインカンパニー事業をフクビ化学工業に売却しました。これは積水化学工業が住宅向けに展開していた高性能フェノールフォーム断熱材「フェノバボード」の事業をフクビ化学工業に引き渡したM&Aの事例となります。

大盛工業が井口建設を子会社化(2018年8月)

大盛工業は山梨県にある井口建設の全ての株式を買い取り子会社化として買収しました。取得価額は2億3100万円です。井口建設は山梨県内の公共工事で実績がある会社で、大盛工業はM&Aによる子会社化でグループの収益力の確保を図りました。

日成ビルド工業がアーバン・スタッフを子会社化(2018年7月)

日成ビルド工業は、太陽光発電事業にも強い栃木県にあるアーバン・スタッフを全株取得する形で買収し完全子会社化をしました。太陽光発電事業の分野に進出しサービス充実とビジネスモデルの拡大を目指したM&Aの事例となります。

ヒノキヤグループがハウジーホームズを子会社化(2018年3月)

ヒノキヤホールディングスは、静岡県の地場ビルダーであるハウジーホームズを子会社化しました。ヒノキヤHDはM&Aを取り入れた戦略で成長を見せているビルダーです。

地場ビルダーを傘下に入れた事により、東海地方での営業展開をより一層強固な物とするとともに情報網も網羅するという、事業拡大を目指したM&Aの事例と言えそうです。

飛鳥建設がノダックと関連会社の子会社化(2018年2月)

飛島建設は、潜水工事や上下水道のメンテナンス事業を手掛けている大阪府のノダックの株式を79.9%と関連会社となる滋賀県のジャパンレイクアンドキャピタルの株式75.2%を取得し子会社化しました。

この事例では飛島建設はノダックらが培った専門業種であるノウハウと人材を、M&Aによる買収で獲得した形となります。

積水化学工業がソフランウイズを完全子会社化(2017年12月)

ソフランウイズの発行済となっている全株式を積水化学工業に譲渡し売却しました。ソフランウイズは、硬質ウレタン原液やそれに伴う商品を製造し販売を手掛けています。

積水化学工業はこのM&Aによる売却で、耐火材料や不燃材料などの各種製品の開発や販売などの事業拡大を目指していくとしています。

大盛工業が山栄テクノを子会社化(2017年12月)

大盛工業は、小口径推進工事を手掛けている千葉県にある山栄テクノの全株式を買い取り完全子会社化として買収しました。このM&Aの事例はグループの事業拡大を目指した買収となります。株式の取得価額は6500万円でした。

住友林業が熊谷組を業務資本提携(2017年11月)

住友林業と熊谷組は事業拡大を見込む形で業務・資本提携しました。これにより新市場となっている木化・緑化関連の建設事業での地位確立を目指しています。このM&Aの事例では国内だけではなく海外事業においても共同販売を行っていくとしています。

飛鳥建設が杉田建設興業を買収(2017年7月)

飛島建設は千葉県および東京都を主要エリアとしている総合建設業の杉田建設興業を買収しました。全株式を買い取る形で完全子会社化しています。新たな営業エリア拡大とサービスの向上を目指すM&Aの事例となります。

旭化成ホームズが中央ビルト工業を業務・資本提携(2017年3月)

旭化成ホームズと中央ビルト工業は、首都圏での需要拡大に対応するために業務・資本提携を行いました。元々両社は業務上で取り引きのある関係でありましたが、このM&Aによりお互いの企業価値をさらに高めるとしています。

徳倉建設が九州建設を子会社化(2017年2月)

徳倉建設は福岡県にある九州建設の株式の84.78%を取得する形で買収し子会社化しました。九州建設は古くから地元で実績を残している信頼がある建設会社です。このM&Aの事例により徳倉建設は九州地区における技術協力や人材交流などを図るとしています。

トヨタホームがミサワホームを子会社化(2016年11月)

ハウスメーカーのトヨタホームは、同じくハウスメーカーであるミサワホームを連結子会社化しました。これは、人口の減少に備え、今後の住宅ストックへの対策や高齢者住宅などへ対応するためとしています。

M&Aの後においてもミサワホームは社名やブランド名などは売却されずに今まで通りに継続していますが、技術や商品などの開発や資材の調達などは統合化するとしています。

積水ハウスが鴻池組と業務提携・持株会社鳳HDを傘下に(2015年11月)

ハウスメーカーの大手である積水ハウスは鴻池組と業務提携を行い、さらに鴻池組の持ち株会社であった大阪府の鳳ホールディングスを傘下にしました。両社は主力としている営業エリアが異なっていたため、今回のM&Aによる業務提携でお互いのシェア拡大を目指します。

長谷工コーポがジョイント・コーポを子会社化(2015年11月)

大手ゼネコンである長谷工コーポレーションは、ジョイント・コーポレーションの全株式取得を行い子会社化しました

長谷工コーポレーションはマンション関連の事業を手掛けており、M&Aで獲得したジョイント・コーポレ-ショングループのノウハウを融合させることにより、相乗効果が期待できるとしています。

美樹工業が下村建設より建設事業を事業譲受(2015年10月)

美樹工業は大阪府を主力とした不動産賃貸業などを行う、建設業者である下村建設が売却した建設事業を買収しました。この建設事業をM&Aで売却した事により、美樹工業は営業エリアを拡大するとともに事業競争力が強化されています。

タカラレーベンの日興建設を買収(2014年12月)

タカラレーベンは神奈川県にある不動産管理業者・日興建設の全株式を取得し買収しました。このM&Aの事例によりタカラレーベンは横浜エリアでの事業強化と不動産管理事業の拡大を目指しています。

コムシスホールディングスが川中島建設を完全子会社化(2014年8月)

総合電気通信事業を手掛けているコムシスホールディングスは、土木工事業の長野県の川中島建設と株式交換による完全子会社化を行いました。このM&Aの事例では施工技術力の向上や施工体制の再構築などを目指したとしています。

【関連】M&A成功事例25選!【2018年最新版】

6. 住宅建設業界M&Aのまとめ

まとめ

住宅建設業界のM&Aなどについて色々と解説しました。住宅建設業界は売り上げの低迷や担い手不足などに嘆いています。これは住宅建設業界がもっている特有の体質からくるものです。

しかし現在では会社を存続するためにM&Aで売却する建設会社も多くなりました。建設会社がM&Aによって売却される事により後継者問題が解決します。またM&Aによる売却は地域社会へも大きな恩恵をもたらすわけです。

M&Aなどによる事業の売却はあまり良いイメージがありませんでしたが、こうした観点から現在ではM&Aなどで事業を売却するメリットが多く認められている状況です。

また、住宅建設業界は最近の動向から見てもストックの時代に移ろうとしています。ストック住宅と新築着工で技術力を発揮して確実に成長をする業者こそが今後は生き残る事でしょう。M&Aによる買収も売却もタイミングが非常に重要というわけです。

ここであげた買収・売却のM&Aの事例などを参考にして、住宅建設業界の動向をリサーチしながらハウスメーカーやビルダー、工務店などの建設会社の技術力を良く見極めてM&Aを進めていくとよいでしょう。

関連記事

【関連】建設業界・ゼネコン業界のM&A動向〜M&A事例20選【2018年最新】

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
建設・土木会社のM&A・事業承継