民事再生とは?会社更生、破産との違いやメリット・デメリットを解説

Medium
企業情報第三部 部長
鎌田 実築

三菱UFJ銀行にて中堅中小企業法人担当として、企業再生支援、事業承継支援、資産活用コンサルティング等幅広く活動。その後M&Aアドバイザーとして複数の業種で成約実績を積み、規模・エリアも問わず幅広い相談に対応。

民事再生とは債務を圧縮して返済することにより、債務超過を解消しながら会社の存続を目指す手段です。本記事では民事再生とはどのようなものなのか、会社更生や破産との違い、一般的な民事再生の流れ、必要な費用、メリットとデメリットなどを解説します。

目次

  1. 民事再生とは
  2. 民事再生と会社更生、破産の違い
  3. 民事再生の流れ
  4. 民事再生にかかる費用
  5. 民事再生のメリット・デメリット
  6. 民事再生を行う際の注意点
  7. 民事再生を成功させるには
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 民事再生とは

民事再生とは

民事再生というと、会社がつぶれるといったマイナスイメージを持たれることが多いですが、破産とは異なり会社を再建するための手続きであり、破産しそうな会社の存続を目指せる有力な手段です。

この記事では、民事再生の流れや必要となる費用、メリット・デメリットなどを解説しますが、まずは民事再生法の内容や目的といった基本事項を説明します。

民事再生法とは

民事再生とは、債務返済ができず経営の行き詰まった会社・個人事業主、または借金返済の目途が立たない個人が、再生計画を裁判所に許可してもらい計画に沿って債務を返済していく手続きをいいます。

民事再生法とは、民事再生に関する規則を定めた法律です。

民事再生手続を規律する法律である民事再生法は倒産法(倒産処理法)に当たり、倒産法には清算型と再建型がありますが、再建型のベースとなっています。

また、民事再生法は民事再生の実体法的な面である再生実体法と、再生手続の手続法的な面である再生手続法を規定しています。

民事再生の目的

民事再生は、債務の弁済ができなくなった会社や個人が、破産をせずに再生を目指すのが最大の目的です。

会社が破産すると法人格が消滅してしまいますが、民事再生に成功すれば会社を存続させられます。

民事再生の内容

民事再生法に基づく再生計画は、自力での再建・スポンサーを得ての再建・清算による再建に分けることが可能です。ここでは、これらの再生計画について解説していきます。

【民事再生の内容】

  • 自力で再建
  • スポンサーを得て再建
  • 清算による再建

自力で再建

財務状況が債務超過の状態にあっても、営業利益がでている場合は自力での再建を目指すことができます。自力再建では、債務を圧縮したうえで残りの債務を再生計画に基づいて自力で返済していきます。

また、事業全体では営業利益がでていなくても、不採算事業を切り離すことで営業利益が出せる場合は、自力再建を選択することが可能です。

スポンサーを得て再建

スポンサー型の民事再生とは、資金を提供してくれるスポンサーのサポート下で経営再建を目指す手法です。自力での再建が困難な場合、スポンサーを得ての再建を模索していくことになります。

スポンサーとなり得るのは、再生ファンド・メインバンク・経営基盤のしっかりした同業他社などです。スポンサー型の民事再生では、スポンサー候補や債権者の同意を得るための交渉力が重要になります。

大手企業をスポンサーにつけることで民事再生のマイナスイメージを軽減できるのも、スポンサー型民事再生のメリットです。

清算による再建

事業譲渡や会社分割により事業を別の会社へ移動し、元の会社は清算してしまう民事再生手法もあります。事業譲渡すれば譲渡益を得られるので、その資金を債務の返済に充てられます。

清算による再建は、自力再建もスポンサーによる再建もできない場合に有効な手段ですが、会社自体は清算することになるのがデメリットです。

個人による民事再生

民事再生は会社だけでなく、個人も行うことができます。自己破産と比べると、個人による民事再生は家などの財産を処分されずに済んだり、特定の職業に就けなくなる「資格制限」を課されたりしないなどのメリットがあります。

一方で、自己破産のように債務の全額が免除されることはなく、債務の一部を分割で返済しなければなりません。

民事再生法では、小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類が規定されており、民事再生を行う個人はどちらかを選択できます。

この節では、個人による民事再生手法である、小規模個人再生と給与所得者等再生について解説します。

【個人による民事再生】

  • 小規模個人再生
  • 給与所得者等再生

小規模個人再生

2種類ある個人の民事再生のうち、比較的よく利用されるのが小規模個人再生です。小規模個人再生は、住宅ローン以外の借金総額が5,000万円以下、かつ継続して収入を得る見込みがある場合に利用できます

残っている財産が少ない場合、弁済する債務の額は法律で定められた「最低弁済額」となります。最低弁済額がいくらになるかは借金総額によって異なりますが、借金総額の5分の1から10分の1程度です。

【小規模個人再生を利用できる条件】

  • 住宅ローン以外の借金総額が5,000万円以下
  • 継続して収入を得る見込みがある

給与所得者等再生

民事再生法では、個人の民事再生の手法として、小規模個人再生のほかに給与所得者等再生が定められています。

給与所得者等再生を利用できるのは、小規模個人再生を利用できる条件を満たしており、かつ変動の小さい安定した収入がある人です。

給与所得者等再生では、返済額自体は小規模個人再生より多くなることが多いですが、債権者の賛成を得なくても実行できる利点があります。

【給与所得者等再生を利用できる条件】

  • 小規模個人再生を利用できる条件を満たしている
  • 給与などの安定した収入がある
  • 収入の変動幅が小さい

2. 民事再生と会社更生、破産の違い

民事再生と会社更生、破産の違い

民事再生と似たような言葉に、会社更生・破産・任意整理があります。これらはそれぞれ意味が違うので、違いを理解しておくことが大切です。この章では、民事再生と会社更生・破産・任意整理の違いについて解説します。

民事再生と会社更生の違い

会社更生は会社更生法に基づく手続きであり、民事再生法に基づく民事再生とは根拠となる法律が違います。

会社更生は主に大企業の再生を想定しており、これも中堅・中小企業を想定している民事再生との違いの一つです。

再生計画を裁判所に認可してもらって会社の再生を目指すという点は民事再生と同じですが、細かい点ではさまざまな違いがあります。

例えば、管財人主導で再生が行われ経営陣は退陣する、担保を特別扱いせず優先的な債権回収ができないなどです。

【関連】企業再生と事業再生の違いとは?条件、手続き、メリットを解説【成功事例あり】

民事再生と破産の違い

破産とは、経営再建の目途が立たない会社を清算して消滅させる手続きで、会社の再生を図る民事再生とは全く異なるものです。また、破産は破産法によって規定されており、民事再生とは根拠となる法律も違います。

破産手続きでは民事再生のような再生計画はなく、資産を全て現金化して返済できる負債を返済し、解散手続きを行って会社の法人格を消滅させます。

民事再生と任意整理の違い

任意整理とは、裁判所をとおさずに債権者との話し合いで借金を整理していく手続きです。裁判所に再生計画を認可してもらって手続きを進めていく民事再生とは全く違う方法です。

債権者と話し合って利息を免除してもらうなどの条件をとりつけ、ある程度負債を圧縮してから分割返済をしていきます。

【関連】廃業とは?閉店、倒産、休業との違いや理由、廃業を回避する方法を解説

3. 民事再生の流れ

民事再生の流れ

民事再生を行うための手続きは非常に多いため、専門家でなければ難しいものがほとんどですが、民事再生は経営者が主導して行う面もあるので、おおまかな流れと必要な手続きを知っておくことが大切です。

この章では、民事再生の手続きを行う際の流れについて、プロセスを一つずつ解説していきます。

【民事再生の流れ】

  1. 債務者による申し立て
  2. 監督委員の選任
  3. 再生手続き開始の決定
  4. 債権者の届け出
  5. 債務者による財産評定・財産状況の報告
  6. 債務者による債権届出の認否
  7. 再生計画案の立案
  8. 債権者の決議
  9. 再生計画の実行

①債務者による申し立て

民事再生をするためには、まず債務者が民事再生の申し立てを行う必要があります。申し立てはほとんどの場合において、代理人の弁護士が行います。

弁護士にはそれぞれ得意分野があり、必ずしも全ての弁護士が民事再生に詳しいとは限らないので、破産や事業再生が得意な弁護士を選ぶことも重要です。

②監督委員の選任

債務者により民事再生の申し立てが行われると、裁判所は監督委員となる弁護士を選定します

民事再生の手続きは監督委員の同意のもとで行われ、同意のないまま行われた手続きはすべて無効です。

③再生手続き開始の決定

債務者および代理人による申し立てが受理されると、再生手続きの開始を決定されます。申し立てから手続き開始までの期間は事例によって多少変わりますが、一週間程度で決定されることが多いです。

ただし、債権者が民事再生に反対した場合は、手続きの開始までに手間取ったり、申し立てが却下されて破産手続が開始されたりするケースもあります

④債権者の届け出

再生手続きの開始にともない、債権者は自身の債権がいくらあるかを確定させるために、指定期間内に債権の届出を行います。

届出の結果、もし債務者が主張する債権額と違いがある場合は、裁判などで正しい債権額を確定させます。

届出しなかったからといって債権を弁済してもらえなくなるわけではありませんが、場合によっては弁済額などの面で不利になることもあるので注意が必要です。

⑤債務者による財産評定・財産状況の報告

民事再生では、債務者の財産がどれくらいあるかを確定させるために、財産評定を行います

民事再生で適切な再生計画を立てるためには、会社にどれくらいの財産があるかを正確に把握しておく必要があります。

また、債権者が再生計画に同意するかを判断するためにも、正確な財産状況を知ることが重要です。

⑥債務者による債権届出の認否

債権者による債権届出がなされたら、債務者はその債権を認めるかどうかについての認否を行います

債務者は指定の期限内に「債権認否一覧表」を作成し、認める債権と認めない債権を分類して確定させます。

⑦再生計画案の立案

財産評定と債権の認否が終わったら、次はどのように民事再生を行っていくかを記した再生計画案を立案します。

再生計画案には弁済義務のある債務をどのように弁済していくかを記し、その計画が履行可能かどうかを監査委員や公認会計士が審査します。

⑧債権者の決議

再生計画案が作成できたら、次は債権者がその内容を吟味して決議します。投票方法は債権者集会によるものが一般的です。しかし、出席できない債権者のために郵送による投票も認められています。

民事再生法によると、可決されるのは「届出債権者の頭数の過半数の賛成」かつ「届出債権者の議決権額の2分の1以上の賛成」が得られた場合と定められています。

さらに民事再生法によって、どちらか1つの条件だけが満たされた場合は再投票を行うこと、両方とも満たさなかった場合は破産手続きに移行することが定められています。

⑨再生計画の実行

債権者に再生計画案が認められたら、実際に再生計画を実行していきます。民事再生法により、再生計画の履行は最大3年間と定められています。

4. 民事再生にかかる費用

民事再生にかかる費用

民事再生にかかる費用は、裁判所への予納金・弁護士費用・収入印紙などその他雑費です。予納金の額は下表に示したとおり、負債総額によって変わります。

弁護士費用がいくらかかるかはどこに依頼するかによって違ってきますが、少なくとも予納金と同程度の額は必要になると考えておきましょう。

【民事再生にかかる費用】

  • 裁判所への予納金
  • 弁護士費用
  • 収入印紙などの雑費

【裁判所への予納金】
負債総額 予納金
5,000万円未満 200万円
5,000万円以上1億円未満 300万円
1億円以上5億円未満 400万円
5億円以上10億円未満 500万円
10億円以上50億円未満 600万円
50億円以上100億円未満 700万円
100億円以上250億円未満 900万円
250億円以上500億円未満 1,000万円
500億円以上1,000億円未満 1,200万円
1,000億円以上 1,300万円

5. 民事再生のメリット・デメリット

民事再生のメリット・デメリット

経営が立ち行かなくなった会社がとるべき選択肢には、民事再生以外にも破産や会社更生などいくつかの種類があります。

その中から民事再生を選ぶべきかどうかを判断するためには、民事再生のメリットとデメリットを理解しておくことが重要です。

民事再生のメリット

まずは、民事再生の主なメリットについて解説します。

【民事再生のメリット】

  • 会社を残すことができる
  • 経営権を残すことができる
  • 手元にある資金を確保できる
  • 借金の減額・分割弁済ができる

会社を残すことができる

民事再生では、弁済不能となった債務を圧縮・整理しながら、会社を再生して存続を目指すことが可能です。

ただし、民事再生に失敗すると破産手続きへと移行するため、失敗しないよう慎重に計画を立てて行う必要があります。

経営権を残すことができる

民事再生と似た面がある会社更生の場合は、管財人が経営権を引き継ぎ旧経営陣は退任します。

一方、民事再生では、基本的に経営陣は退任しないので経営権を残すことが可能です。

手元にある資金を確保できる

民事再生を行った場合、金融機関に預けている預金を、その金融機関から借りている借金と相殺できなくなります。

つまり、民事再生を行うと、預金を再生のための資金として確保・活用できるのです。

借金の減額・分割弁済ができる

民事再生を行うと、以降は借金を減額したうえで残った借金を分割で返済していくことになります。

民事再生を行わなければ債務不履行となってしまうような状態でも、民事再生を利用すれば破産を回避できる可能性があるのです。

民事再生のデメリット

民事再生を利用する際はメリットだけでなくデメリットも把握しておかなければなりません。民事再生の主なデメリットは下記のとおりです。

【民事再生のデメリット】

  • 社会的なブランド力・信用が低下する
  • 担保提供している財産が取られる可能性がある
  • 債務免除益課税が発生する可能性がある
  • 失敗により破産する可能性がある

社会的なブランド力・信用が低下する

民事再生は破産に比べるとややマイナスイメージが小さいですが、それでも社会的なブランド力・信用の低下は免れないでしょう。

経営に詳しくない一般の人からすれば、民事再生と破産の違いはよくわからないことが多いので、会社がつぶれたと勘違いされることもあります。

担保提供している財産が取られる可能性がある

民事再生では会社更生とは異なり、担保権を持つ債権者はその権利を行使できます

担保として提供している資産を失う場合があるのは、会社更生と比較した民事再生のデメリットだといえるでしょう。

債務免除益課税が発生する可能性がある

民事再生を利用して負債を免除した場合、免除額が利益とみなされるため債務免除益課税が発生する可能性があります。

民事再生で債務を免除できても、税金が払えず結局破産してしまうといった事態にならないよう注意が必要です。

失敗により破産する可能性がある

民事再生法では、再生手続きがうまくいかない場合、破産手続きに移行することが定められています

民事再生は債務超過の会社を存続できる手段ですが、失敗すると破産する可能性がある点には十分な注意が必要です。

【関連】事業承継と廃業(清算)を比較!どちらが得する?

6. 民事再生を行う際の注意点

民事再生を行う際の注意点

民事再生は、破産しそうな会社を救う可能性がある非常に有用な手段ですが、成功させるためには注意点を押さえておく必要があります。ここでは、主な注意点について解説します。

【民事再生を行う際の注意点】

  • 民事再生ができない可能性がある
  • 社長が退任をする可能性がある
  • 債権者に一律弁済できない

①民事再生ができない可能性がある

民事再生を行うには債権者の同意を得る必要があり、裁判所への予納金などかなりの費用を負担しなければなりません。

民事再生はこれらの条件を満たさなければ実行できず、必ずしも行えるものではないことを頭に入れておく必要があります。

②社長が退任をする可能性がある

民事再生では基本的に社長は退任しませんが、再生計画の実行中は監督委員の監視下に入ることになります。

もし再生計画中に何か問題のある行為をした場合は、監督委員の判断で破産手続きに切り替えられることもあります。

また、たとえ法律上では社長が退任しなくてもよいとされていても、関係者から退任の圧力があったり、より適切な後継者が存在したりする場合は、社長が退任する可能性もあるのです。

③債権者に一律弁済できない

民事再生を行うと、債権者への弁済ができなくなる弁済禁止の処分がくだされることが一般的です。

民事再生が申請されると、債権者は民事再生の手続きに則って債権を回収することになり、手続き外で一律弁済できなくなります。

7. 民事再生を成功させるには

民事再生を成功させるには

民事再生は失敗すると破産手続きに移行するので、成功の目途をしっかり立てたうえで行う必要があります。民事再生を成功させるには、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

【民事再生を成功させるには】

  • 営業利益が出せること
  • 確実な再生計画・経営戦略の立案をすること
  • スポンサーを見つけること
  • 信頼できる専門家に相談すること

①営業利益が出せること

民事再生は債務を営業利益から返済するので、営業利益がしっかりでていると成功率が高くなります

もし営業利益が出ていない場合は、不採算部門を切り離すなどして営業利益を出すための対策を立てる必要があります。

②確実な再生計画・経営戦略の立案をすること

民事再生は、再生計画を債権者に承認してもらわなければ行うことができません。債権者間に不公平がなく、確実に弁済できる再生計画を立てられるかどうかが、民事再生の成功を左右するといえるでしょう。

さらに、しっかりとした経営戦略を立てることも民事再生では重要です。民事再生は会社を再建することが最終目標なので、債務の弁済が終了した後のプランも練っておく必要があります。

③スポンサーを見つけること

民事再生は営業利益をもとに自力で再生していくのが良いです。しかし、無理な場合はスポンサーを見つけて再建する方法もあります。

自力での再建が難しい状態でも、良いスポンサーが見つかれば民事再生が成功する可能性があります。

④信頼できる専門家に相談すること

民事再生は手続きが難しく、失敗すると破産手続きに移行することになるので、弁護士や公認会計士など信頼できる専門家に相談することが大切です。

民事再生は専門性が高い手続きであるため、全ての弁護士や会計士が詳しいとは限りません。民事再生を担当したことがある、または破産や任意整理の経験が豊富な専門家を選ぶようにしましょう。

債務超過の会社を存続させる手段には、民事再生以外にM&Aによる売却もあります。もちろんM&Aは黒字である会社のほうが有利ですが、赤字でも買い手からみて何らかの魅力があれば成約は可能です。

「M&Aの選択肢を検討してみたい」という場合は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。経験豊富なM&Aアドバイザーが、親身になってフルサポートいたします。

「債務超過の会社がM&Aなどできるのだろうか」と思われるかもしれませんが、実際は赤字でも成約する事例は多いのでまずはご連絡ください。

また、M&A総合研究所では、完全成功報酬制を採用しており、成約しなければ料金はかかりません

無料相談を行っておりますので、M&Aをご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

8. まとめ

まとめ

民事再生は債務超過の会社を再建する手段として非常に有力ですが、失敗すると破産することになるので、メリットとデメリットを理解して失敗しないように準備することが重要です。

また、会社更生や任意整理との違いも正しく理解しておき、最も適した選択肢を選べるようにしておきましょう。

【民事再生のメリット】

  • 会社を残すことができる
  • 経営権を残すことができる
  • 手元にある資金を確保できる
  • 借金の減額・分割弁済ができる

【民事再生のデメリット】
  • 社会的なブランド力・信用が低下する
  • 担保提供している財産が取られる可能性がある
  • 債務免除益課税が発生する可能性がある
  • 失敗により破産する可能性がある

【民事再生を成功させるには】
  • 営業利益が出せること
  • 確実な再生計画・経営戦略の立案をすること
  • スポンサーを見つけること
  • 信頼できる専門家に相談すること

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事