果樹園の事業承継!メリットは?後継者募集案件が多発?

Medium
企業情報第二部 部長
向井 崇

銀行系M&A仲介・アドバイザリー会社にて、上場企業から中小企業まで業種問わず20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、不動産業、建設・設備工事業、運送業を始め、幅広い業種のM&A・事業承継に対応。

近年、農家の後継者不足が深刻化しており、事業承継を進められないというケースが増えています。果樹園もそのひとつであり、事業引継ぎのために後継者募集を行っているところもあります。本記事では、果樹園の後継者募集や事業承継を行うメリットについて解説します。

目次

  1. 果樹園の事業承継とは
  2. 果樹園の事業承継を行うメリット
  3. 後継者募集案件が多発すると果樹園の事業承継は難しくなる?
  4. 果樹園の第三者継承・事業承継の主な流れ
  5. 果樹園の事業承継を成功させる相談先
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 果樹園の事業承継とは

事業承継とは、事業の経営権や事業用資産を次の世代に引き継ぐことをいいます。経営者の高齢化により体力的な限界を迎えるため、事業を存続させるためには適切なタイミングで事業承継する必要があります。

しかし、果樹園は後継者問題が深刻化していて、事業承継できない事態も珍しくありません。果樹園や農家としてのノウハウを引き継ぐためには、後継者募集して引継ぎ先を探さなくてはなりません。

果樹園業界の現状

果樹園業界は、圧倒的な人手不足に悩まされています。現在の技術ではどうしても人力のよる収穫が必要であり、さらに収穫期は収穫と加工の作業を並行することもあるため、作業者の負担が大きい問題を抱えています。

人手不足は後継者も同様であり、事業承継は親族への引継ぎが一般的ですが、少子高齢化や人口の都市部集中の影響により、家業を継ぐ子どもが減少していて事業承継が滞っている現状があります。

果樹園の事業承継動向

前述の通り、果樹園の後継者不足は深刻化しているため、従来の親から子への世襲による経営継承では、果樹園の維持・発展は難しくなりつつあります。

解決策として期待されているのは、第三者から後継者募集して事業承継を行う方法であり、果樹園をやめる人が後継者募集して、新しく事業参入する人に経営やノウハウを継承します。

後継者募集は広範囲から行う必要があるので、基本的にM&A・事業承継の専門家を頼る傾向があります。M&A仲介会社などであれば業種に合わせたサポートを受けることができるので、果樹園の後継者募集も円滑に進めやすくなります。

【関連】農業・林業のM&A・売却・譲渡!業界動向・相場・ポイントを解説【成功事例あり】

2. 果樹園の事業承継を行うメリット

果樹園が後継者募集して事業承継を行うと、複数のメリットを得ることができます。後継者募集による事業承継で、特に影響の大きなものは以下の3点です。

【果樹園の事業承継を行うメリット】

  1. 事業の存続
  2. 従業員の雇用維持
  3. 売却益の獲得

1.事業の存続

後継者不在で廃業すると果樹園のノウハウが失われ、地域農業の維持・発展が難しくなってしまいます。しかし、後継者募集して引継ぎ先をみつけることができれば、事業を存続させる可能性が高くなります。

果樹園の後継者は引き継いだ経営資源を活用して、新たな取り組みを行えるでしょう。経営者としての視点が変わるので、果物の品種改良や販売方法の多様化などの形で成長を目指すこともできます。

2.従業員の雇用維持

比較的規模が大きい果樹園の場合、従業員数が10名以上になることも珍しくありません。果樹園を廃業すると従業員は失業するので、従業員やその家族に与える影響も大きくなります。

後継者募集して事業承継することができれば、従業員の雇用を維持することができます。廃業はデメリットが多いので、事業承継や後継者募集を検討して廃業回避に努めたいところです。

3.売却益の獲得

果樹園が第三者から後継者募集する事業承継の場合、有償譲渡になることが多いので売り手側の経営者や事業者は売却益の獲得も目指せます。

獲得した売却益は自由に使うことができるので、引退後のセカンドライフの満喫や新規事業の立ち上げなど、さまざまな選択肢があります。

【関連】M&Aと事業承継の違いは?メリット・デメリットを解説!

3. 後継者募集案件が多発すると果樹園の事業承継は難しくなる?

後継者問題の深刻化の影響で、後継者募集する果樹園が急増しています。好条件の果樹園が後継者募集していると、後継者志望者がそちらに流れてしまう可能性も高いですが、特段難しくなることはないでしょう。

果樹園を含めた農家の数は年々減少していますが、農作業に対して興味を持つ人は増えています。国産食材への揺るぎない安心感や、農業とテクノロジーを組み合わせたアグリテックの浸透などで、将来性を見出して異業種から参入する人も少なくありません。

果樹園の事業承継需要自体は決して低くないので、後継者の探し方を誤らなければ事業承継の可能性も高くなります。

その際はM&A・事業承継の専門家に依頼すると、広範囲から後継者募集して好条件の後継者をみつけやすくなるでしょう。

4. 果樹園の第三者継承・事業承継の主な流れ

果樹園の事業承継は引き継ぐ物が多いので、一定の手続きに沿って計画的に進める必要があります。大まかな流れは以下のようになります。

【果樹園の第三者継承・事業承継の主な流れ】

  1. マッチング
  2. 事前研修
  3. 研修の開始
  4. 第三者継承・事業承継の準備
  5. 合意書の作成
  6. 経営方針の決定
  7. 第三者継承・事業承継の実行

1.マッチング

果樹園の事業承継では後継者をみつける必要があるので、まずは後継者募集してマッチングに努めます。

近年は第三者に承継する方法が一般化してきているので、事業承継のマッチングに関してノウハウを持つ専門家も増えています。

早期に専門家に相談して後継者に求める条件などを共有しておくと、マッチングを円滑に進めやすくなります。

2.事前研修

後継者募集して後継者候補をみつけたら事前研修を行います。この後は本格的な研修を行うことになるので、事前に後継者の適正・相性を見極めるため、数週間程度を目安にして研修を実施します。

果樹園を含めた農業は異業種からの参入も多いので適性判断は重要であり、後継者としての適性が低い場合は今後の研修で是正できるように計画を策定する必要があります。

3.研修の開始

事前研修で大きな問題がなければ、果樹園の経営ノウハウを引き継ぐために1年程度を目安に研修を実施します。

果樹園の技術指導・経営指導のほか、地域の関係者・取引先への紹介なども行います。一朝一夕で身につけられるものではないので、時間をかけてじっくりと進めていく流れになります。

4.第三者継承・事業承継の準備

事業承継の実行に向けて、継承方法の検討に入ります。経営者交代のタイミングや資産の移転方法の検討や、有形資産・無形資産の資産評価を行います。

同時に後継者の就農準備を進めます。事業承継後の経営方針・事業展開などの経営計画や、金融機関等の融資による事業資金の調達について計画を策定します。

5.合意書の作成

当事者双方の準備が完了したら、事業承継についての合意書を作成します。契約書ほどの法的効力は持ちませんが、事業承継の合意をしたという証拠として機能させる役割があります。

6.経営方針の決定

事前に策定した事業承継計画に基づいて経営方針を決定します。事業承継は共同経営を行う場合と継承して経営者交代する場合があるので、どちらにするかを決めておかなくてはなりません。

個人事業として果樹園を行っていた場合は、法人化させて共同運営するという選択肢もあります。家計と経営の分離による経営管理の徹底や、法人からの給与で生活の安定化などのメリットがあります。

7.第三者継承・事業承継の実行

全ての準備が完了したら、果樹園の事業承継を実行します。前行程で決定した経営方針に移行して、早期の平常化に努めます。

5. 果樹園の事業承継を成功させる相談先

果樹園の事業承継手続きは、農業のノウハウや有形・無形の各種資産などの引継ぎすべきものが多くあります。全ての手続きを正しく進めるには、専門家に相談することをおすすめします。

M&A総合研究所はM&A・事業承継の仲介を手掛けており、幅広い業種で成約実績がございます。案件ごとにM&Aアドバイザーがつき、丁寧にサポートいたします。

当社は完全成功報酬制(※譲渡企業のみ)となっております。無料相談はお電話・Webより随時お受けしておりますので、果樹園の事業承継・M&Aをご検討の際はお気軽にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

6. まとめ

果樹園は後継者不足が深刻化しており、第三者からの後継者募集で事業存続を図るケースが増えています。

果樹園の事業承継は、後継者募集などを計画的に取り組む必要があるので、自力で進めるのは難しい部分もあります。その際は専門家にサポートを依頼すると後継者募集もしやすくなります。

【果樹園の事業承継まとめ】

  1. 果樹園業界の現状は人手・後継者不足が深刻化
  2. 果樹園の事業承継は第三者からの後継者募集が増加している
  3. 果樹園を含めた農業引継ぎに興味を持つ人は増えている

【果樹園の事業承継を行うメリット】
  1. 事業の存続
  2. 従業員の雇用維持
  3. 売却益の獲得

【果樹園の第三者継承・事業承継の主な流れ】
  1. マッチング
  2. 事前研修
  3. 研修の開始
  4. 第三者継承・事業承継の準備
  5. 合意書の作成
  6. 経営方針の決定
  7. 第三者継承・事業承継の実行

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事