サイト売買(M&A)のサイトを徹底比較【オークション方式あり】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

今回は、サイト売買サイトの特徴やオークション形式等の成約方法の解説、おすすめのサイト売買サイトの紹介・比較をしていきます。サイトを売却したい方やオークション形式が可能なサイト売買サイトを知りたい方、サイト売買専用サイトを比較検討したい方は、参考にしてください。

目次

  1. サイト売買(M&A)のサイトとは
  2. そもそも「サイト売買(M&A)」とは?
  3. サイト売買(M&A)サイトの比較ポイント
  4. サイトを売買するメリット
  5. サイト売買(M&A)サイトの成約方法
  6. サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト10選
  7. サイト売買(M&A)のサイトの欠点
  8. サイト売買(M&A)のサイトまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. サイト売買(M&A)のサイトとは

サイト売買(M&A)のサイトとは

近年、M&Aという言葉は企業の経営者だけでなく、個人事業主やサラリーマンの方にとっても身近な存在となっています。M&Aが身近になっている例が、「サイト売買(M&A)」の活発化です。

みなさんは、アフィリエイトサイトやブログ、ECサイトのようなWebサイトをM&Aできることをご存知でしょうか。

サイトのM&Aでは、「売買相手を探す」「売買相手と交渉をする」「サイトとお金の引き渡し」といった流れが必要になります。

サイト売買

当記事で焦点を当ててご紹介していく「サイト売買(M&A)のサイト」とは、このようなM&Aを進めていく上で必要な流れ・手続きを仲介してくれる「M&Aプラットフォーム」のことです。

Webサイトを運営している方の中には、サラリーマンや個人事業主など、個人の方も多くいます。個人の方がサイトを売却しようと考えた場合、一人で買い手を探したり、買い手と売買価格や条件を交渉したり、契約書を作成したりすることは非常に困難です。

個人でM&Aを進めると、失敗してしまう可能性も非常に高くなります。サイト売買(M&A)を成功させることができれば、非常に儲かるチャンスです。

しかし、失敗した場合には、せっかく手をかけて成長させてきたサイトを「相場よりも安い価格で売却」してしまったり、「金銭が支払われずにサイトの権限だけが移行」してしまったりする可能性もあります。

M&Aの失敗リスクを抑え、「儲かるチャンス」を確実につかむためにも、「サイト売買(M&A)サイト」を利用することは非常に重要と考えられます。

【関連】サイト売買(M&A)・M&Aマッチングサイト40選!

2. そもそも「サイト売買(M&A)」とは?

サイト売買(M&A)とは?

サイト売買(M&A)は、前述している通り、アフィリエイトサイトやECサイト、個人ブログなどを売買することです。今やM&Aは、大企業の合併や買収だけでなく、このような個人が運営しているサイトなどでも行われるようになりました。

サイト売買(M&A)では、個人が運営している人気のサイトを、企業・会社が買収したり、会社が事業として運営しているサイトを、違う会社が買収したりするケースが多いです。

サイト売買(M&A)は儲かるのか?

サイト売買(M&A)では、個人が運営している人気サイトが買収されるケースも多くあります。このような話を聞くと、「サイト売買(M&A)は儲かるのか」について気になる方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、サイトを運営し続けることで獲得できる「広告収入・アフィリエイト収入」よりも、サイトを売却して獲得できる「売却益」のほうが大きいため、サイト売買(M&A)が成功すれば非常に儲かると言えます。

個人ブログやアフィリエイトサイトを運営している場合、収入源となるのは「広告収入」や「アフィリエイト収入」といったものです。サイト訪問者にとって価値のあるサイトを作り、人気を集めることができれば、その分収入も伸ばすことができます。

実は、「サイト売買の相場」はM&A対象となるサイトから獲得できる「月々の収益×1~2年」とされています。そのため、サイトを運営して収入を得るよりも、サイト売買(M&A)によってサイトを売却したほうが、まとまったお金を得ることができるのです。

サイト運営は、初期費用がほとんどかからないため、サラリーマンや主婦など、個人の方が運営しているケースも多くあります。上手く価値・人気のあるサイトを作ることができれば、本業よりも儲かるチャンスとなり得ます。

個人ブログのM&Aを検討している方は注意!

サイト売買(M&A)によって、個人が運営しているサイトも売却できると説明しましたが、「個人ブログ」の売却を検討している方は、注意が必要です。それは、利用しているブログサービスが「無料ブログ」の場合、そもそもご自身にブログの所有権がないという点です。

「Amebaブログ」や「ライブドアブログ」などの無料ブログサービスは、ブログを書いている個人に所有権がないため、サイト売買(M&A)の対象外となっています。

「人気のあるブログだから、儲かる可能性が高い」と思ってサイト売買を検討しても、無料ブログサービスを使っている場合には、サイトを売却することができないので注意です。

3. サイト売買(M&A)サイトの比較ポイント

サイト売買(M&A)サイトの比較ポイント

実は、「M&A仲介会社」や「サイト売買専用サイト」などは、不動産仲介業者のように「公的な資格取得」が必要とされていません。そのため、M&Aに関する専門的な知識がないにもかかわらず、仲介業者やM&A専用サイトを運営しているケースもあります。

よって、「何となく」でM&A仲介会社やM&Aサイトを選んでしまうのは非常に危険です。せっかくの儲かるチャンスが水の泡になってしまう可能性もあります。そこで、ここからは、サイト売買(M&A)サイトの比較ポイントを解説していきます。

サイトM&Aを検討している方は、比較ポイントをしっかりチェックして、失敗のないM&A専用サイトを選ぶようにしましょう。

サポート範囲

サイト売買の専用サイトを選ぶ際には、そのサイトが「どこまでサポートしてくれるのか」をしっかり確認しておくことが大切です。先述している通り、サイト売買の専用サイトは公的な資格がなくても運営することが可能となっています。

そのため、サイト売買専用サイトによって、サポートしてくれる範囲にも差が生じるので注意が必要です。

「売買相手との交渉を仲介」してくれたり、「難しい契約書の作成を代行」してくれたりするサイトもあれば、売買相手を見つけるための「マッチングサイト」の役割だけで、それ以外のM&A続きに関するサポートは一切行ってくれないサイトも存在します。

特に、すべて「無料」で利用できるようなサイト売買専用サイトでは、M&Aに関する専門的サポートは行ってくれないケースが多いです。

サイト売買を成功させて、儲かるチャンスを必ずつかむためにも、多少「仲介手数料」がかかってもサポート範囲がしっかりしているサイトを選ぶことが重要となります。

実績

サイト売買専用サイトを選ぶうえで、非常に重要な比較ポイントが、「どのくらい実績があるのか」という点です。サイト売買を検討していて、M&A専用サイトを利用しようと考えている場合には、必ずそのサイトの「実績」を確認するようにしてください。

多くの場合、ホームページを見ることで「実績」を確認することができます。すでに説明している通り、運営するために公的な資格を必要としない「サイト売買専用サイト」では、良質なサービスを提供するサイトもあれば、そうでないサイトも見受けられます。

M&Aの実績が無い、または少ないサイトは、良質なサービスを提供してくれるとは言い難いです。ユーザーに価値を認められていて、人気のあるサイトなのに、悪徳業者につかまって無駄にしてしまうことは避けたいところです。

利用を検討しているM&A専用サイトがある場合は、必ず「実績」を確認して、自身の大切なサイトをしっかり売却できるような専用サイトかどうか判断することが大切です。

企業情報

「サポート範囲」「実績」と同じく、サイト売買専用サイトを比較するうえで重要なポイントに、「企業情報」があります。企業情報とは、そのサイト売買専用サイトを運営している企業の情報ということです。

サイト売買専用サイトの中には、個人や規模が非常に小さい会社で運営されているものもあります。サイト売買専用サイト・M&Aマッチングサイトを作るだけなら誰でもできてしまうため、企業情報を確かめずに利用してしまうのは非常に危険です。

良質なサイト売買専用サイトには、住所や連絡先などの「企業情報」が必ず記載されています。この企業情報をチェックして、もし住所や連絡先が掲載されていない売買サイトを見つけたら、利用は控えるようにしましょう。

また、連絡先が記載されていないと、M&A手続き中にトラブルが発生した際、しっかり対応してもらえない可能性が高いです。サイト売買を検討している個人の方で、M&Aを経験されている方は非常に少ないはずです。

もしM&Aを進めている中で、うまくいかないことやトラブルが起きた際には、相談・対応してくれないと非常に不安に感じます。そのような観点からも、企業情報がしっかり掲載されているサイト売買専用サイトを選ぶようにしましょう。

4. サイトを売買するメリット

サイトを売買するメリット

ここからは、M&Aによってサイトを売買するメリットについて解説していきます。ここでは、売り手側のメリット・買い手側のメリットを分けてご紹介します。

自分がサイトを売却した場合、どのようなメリットを得られるのか、反対にサイトを買収した場合に得られるメリットは何なのか、気になる方はチェックしてみてください。

売り手側のメリット

まずは、サイト売却側のメリットについて解説していきます。サイトの売り手がサイト売買によって得られるメリットとしては、以下のようなものが考えられます。

  • 高く売ることができる・本業以上に儲かる
  • サイト運営から解放される

高く売ることができる・本業以上に儲かる

サイト売却側の一番のメリットは、なんといっても自分が運営しているサイトを「高く売ることができる」ことです。サイト訪問者にとって、非常に価値のある情報が掲載されているサイトや、訪問者数が多く人気のあるサイトは、高い金額で売買されるケースもあります。

サイト売買の売買価格相場は、「サイト運営に要って得られる月々の収入×1~2年」とされているため、サイトM&Aが成功すればまとまった資金を獲得することができます。

また、最近ではサイト運営が容易になってきていることから、サラリーマンや主婦、学生といった個人の方でも、サイト運営されている方が多くいます。サイト売買が成功すれば、本業以上に儲かる可能性も十分に考えられます。

サイト運営から解放される

ブログやアフィリエイトサイトなどを運営している個人の方は、「自分のサイトを価値のあるものにしたい」「人気のあるサイトを作りたい」という思いから、コンテンツをたくさん追加するなど、日々サイト運営に追われています

また、サイト運営を続けていれば、確実に儲かるかというと、そこまで簡単なことでもありません。

価値のある・人気の高いサイトを作ることで、広告収入やアフィリエイト収入を獲得して儲かることを期待していても、なかなか価値が認められない・人気が出ないことから、サイト運営が継続できなくなってしまうケースも見られます。

しかし、サイト売買によって、自分が運営しているサイトを売却してしまえば、ある程度のまとまったお金を手に入れて、サイト運営からは解放されます。

サイト運営に日々プレッシャーを感じている方も多いため、サイト運営から解放されることは、サイト売買のメリットの一つと考えることができます。

買い手側のメリット

次に、すでに運営されているサイトを買収する側のメリットについて解説します。サイトを買収する側は、基本的に「企業・会社」であることが多いです。

それでは、企業・会社は、何を目的に・どんな効果を期待して、既に存在しているサイトを買収しようとしているのでしょうか。買い手側のメリットとして考えられるのは、以下のようなものです。

  • 新規参入のリスクを比較的少なくできる
  • 既存事業の価値を高めることができる
  • 個人でサイトを作る手間が省ける

新規参入のリスクを比較的少なくできる

サイトの買い手である企業・会社は、これまで自社で事業を行ってこなかった市場への新規参入時に、M&Aによるサイト買収を実施するケースが多いです。

新しい市場で「新規メディア」を立ち上げる時、企業・会社にとって最も大きな問題は、「最初のアクセスが集まりにくい」ことです。サイトは作ればすぐに訪問者が増えていくかというと、そのようなことはありません。

基本的には、サイトの訪問者を増やしていくには、ある程度の時間を必要とします。しかし、すでに人気があって、たくさんの訪問者を集めているサイトを買うことができれば、新規参入時に悩まされる「サイト訪問者の少なさ」という問題を解消することができます。

人気があり、アクセスが集まっているサイトを買収するので、新しい事業のスタートダッシュに成功し、売り上げもスムーズに伸ばすことができます。

さらに、新規メディアを立ち上げるために必要な「人件費」や「メディア立ち上げの時間」といったコストを抑えることも可能となります。

既存事業の価値を高めることができる

「新規参入時のリスクを減らすことができる」というメリットのほかに、サイトを買収する側は「既存事業をより価値の高いものにできる」というメリットの獲得も期待できます。

自社がすでに運営している事業と、新しく買収するサイトがうまくかみ合わさることで、「シナジー効果(相乗効果)」が生まれる可能性があります。

例えば、買収側の企業が「ゴルフに関するECサイト」を運営しているとします。ゴルフグッズを多くの顧客に勝ってほしいのですが、なかなかECサイトに人が集まりません。

そこで、すでに人気があって訪問者が多数存在している「ゴルフサイト」を買収します。このM&Aによって、人気にある「ゴルフサイト」から自社の既存事業である「ゴルフECサイト」に自然なかたちで誘導することができます。

その結果、ECサイトの売り上げを伸ばすことができるかもしれません。このように、既存事業の価値と、新しく買収するサイトの価値がうまくマッチすることで、相乗効果が生まれて、より儲かる事業を確立できる可能性が高まります。

個人でサイトを作る手間が省ける

サイトを買い取る側は、企業や会社であるケースが多いと説明しましたが、もちろん個人がサイトを買収する場合もあります。

個人がサイトを買収するメリットとしては、自分で一からサイトを構築することは多くの時間と労力を必要とするため、その労力を省くことができるというものがあります。

すでに完成されていて、価値があるアフィリエイトサイトを買収すれば、面倒な作業をすることなく、サイト収益によって儲かる可能性もあります。

【関連】M&Aによる買収の目的は?目的別にメリット・課題を分類!

5. サイト売買(M&A)サイトの成約方法

サイト売買(M&A)サイトの成約方法

ここで、サイト売買(M&A)の成約方法について確認しておきましょう。サイト売買に特化した専用サイト・マッチングサイトでサイトM&Aを実施する場合、制約方法は主に「早い者勝ち形式」か、「オークション形式」になります。

早い者勝ち

サイト売買の成約方法の一つは、「早い者勝ち形式」です。これは文字通り、「サイトM&A案件情報」を見て、「問い合わせ」や「案件の交渉」などのような「サイト購入の意思表示」を一番最初にした買い手が、そのままサイトを購入できるという方法です。

価値のあるサイトや人気のあるサイトは、買い手が殺到するため、すぐに誰かに取られてしまう可能性があります。

「早い者勝ち形式」の専用サイト・マッチングサイトを利用する場合は、他の買い手に先を越される前に「案件交渉」や「問い合わせ」などの「購入の意思表示」をする必要があります。

「早い者勝ち形式」は、「オークション形式」と比較すると、より安い価格で価値のあるサイトを買収できる可能性が考えられます。ただし、早い者勝ちなので、良い案件はすぐに買い手が見つかってしまうため、なかなか条件の良いサイトに出会えない可能性があります。

オークション形式

サイト売買の成約方法には、「オークション形式」があります。「オークション形式」では、すぐにサイト売買相手が決まることはありません。

他のオークションと同じように、サイト購入希望者は、決められた期日までに「入札」を行って、最終的に最も高額な売買金額を提示した買い手が、M&Aの交渉権を獲得できます

オークション形式の専用サイトを利用する場合、買い手にとっては、人気のあるジャンル・価値の高いサイトの場合、購入価格が高額になる可能性があります。「早い者勝ち形式」の成約方法と比較して、サイト売買に多額の資金を必要となるケースもあり得ます。

一方、オークション形式を利用する売り手にとっては、自分が作ったサイトを、より高い金額で売却できる可能性が考えられ、「早い者勝ち形式」を利用するよりも「オークション形式」を利用したほうが儲かるケースもあります。

6. サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト10選

サイト売買(M&A)のおすすめサイト10選

ここからは、サイト売買(M&A)に特化したサイトをご紹介していきます。サイト売買を検討している方で、どの専用サイト・マッチングサイトを利用すれば良いか悩んでいるという方は、ぜひここで紹介するおすすめサイトを参考に、比較検討してみてください。

通常のサイト売買専用サイトと、「オークション形式」に特化したサイト売買専用サイトに分けて紹介していきます。

通常のサイト売買のサイト

まずは、通常のサイト売買専用サイト・マッチングサイトからご紹介していきます。上記で解説した「比較ポイント」とも照らし合わせながら、チェックしてみてください。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト1.「Awesome」

Awesome

出典:https://awesome-ma.com/

「Awesome」は、売買金額が1億円以上となる「Webサイト」や「Webサービス」を対象として扱う「サイト売買専用サイト」です。Awesomeの対象となるサイトは、「サイト運営歴が1年以上」で「月間営業利益が300万円以上」のものになります。

取り扱われているサイトの種類は豊富で、アフィリエイトサイトやECサイトはもちろんのこと、会員制サイト、マッチングサイト、メディア、iPhoneやAndroidアプリなども取り扱われています。

Awesomeでのサイト売買の場合は、「1億円~10億円」という大規模なサイト売買が実施されるケースが多いです。

完全審査制となっており、サイトM&Aの戦略立案から、買い手候補の抽出、買い手企業との交渉、M&Aの実行といったサービスを提供してくれるので、M&Aに関する知識がない個人の方でも、安心してM&A手続きを任せることができます。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト2.「サイトキャッチャー」

サイトキャッチャー

出典:http://sitecatcher.net/

「サイトキャッチャー」は、サイト売買に特化したM&Aマッチングサイトで、「株式会社Faber Company」によって運営されています。

サイトの売り手と買い手が直接交渉する「直接交渉プラン」と、仲介担当者が交渉相手との交渉を行う「サイト売買仲介プラン」が用意されています。

M&A手続きを個人的に行うことに不安を感じる方は、「サイト売買仲介プラン」を利用することで、安心してサイト売買を進めることができます。また、M&Aに関する契約書は行政書士が無料で作成してくれ点でも安心です。

サイトキャッチャーは、これまで1000件を超えるサイト売買実績を誇り、売却サイトの登録数は4000件を超えています。このような実績面でも、信頼できるサイト売買専用サイトと言えます。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト3.「プレミアM&A」

プレミアM&A

出典:https://www.premierma.co.jp/

「プレミアM&A」は、サイト売買(M&A)に特化したサイトで、「株式会社トポロジ」が運営しています。会員登録をしないとサイト売買案件を見ることができません。会員登録は無料です。

プレミアM&Aでは、サイトの価値を知りたい方のために、サイトの無料査定サービスも提供しています。登録制のサイトであるため、迷惑なユーザー、悪質な売買相手がいないので、安心して自分の大切なサイトを売却することができます。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト4.「RESITE」

RESITE

出典:https://ai-resite.jp/

「RESITE(リサイト)」は、サイトの買い手と売り手が安心して、効率よくサイト売買を進めていくことができるようなサービスの提供を目指しています。

現在RESITEに登録されているサイト売買案件には、「数十万~数百万円」の売買希望額を提示する売り手・買い手が多数います。RESITEの売却手数料は「3%」と低く、着手金や中間金は一切取られません

運営会社は「AIGATE株式会社」で、上場企業のフィンテックグローバル社と業務提携しているため、安心で充実なサポート体制を整えています。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト5.「サイトレード」

サイトレード

出典:https://site-trade.jp/

「サイトレード」は、Webサイト売買に特化したM&A仲介専門サービスを提供しています。「株式会社ゼスタス」によって運営されています。サイトレードは日本初のサイト売買専門会社であり、サイト売買の実績も非常に豊富です。

サイトレードでは、サイト売買案件を紹介するにとどまらず、サイト売買を検討している方からのヒアリングレポート作成や、サイト売買成立後の「サイトリノベーション」「ビジネスサポート」などのアフターケアもしっかりと行ってくれます。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト6.「サイトマ」

サイトマ

出典:https://saitoma.com/

「サイトマ」は「エベレディア株式会社」によって運営されているサイト売買プラットフォームです。

サイトマを利用すれば、「サイト情報の登録」や「案件の価格交渉」「契約書作成」「サーバー移転」など、サイト売買において必要な業務をすべて行ってくれるので、非常に便利です。

サイトマでは、「完全成果報酬」を採用しており、サイト売却金額の「20%」が手数料として取られます。契約書の作成やサーバー移転は無料で実施しています。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト7.「WEBサイト買取サイノツノ」

WEBサイト買取サイノツノ

出典:http://www.sainotsuno.com/

「WEBサイト買取サイノツノ」は、「株式会社 Easy Communications」によって運営されている、サイト売買に特化したサイトです。

「WEBサイト買取サイノツノ」では、案件の買い手はすべて「株式会社 Easy Communications」であり、サイト売買成立後、サイトの運営は「株式会社 Easy Communications」に引き継がれます。

ブログやポータルサイトの売却はもちろんのこと、Webサービスも売却可能となっています。売却価格は「5万円~5000万円」までとなります。

オークション方式のサイト

次に、オークション方式でのサイト売買に対応しているサイト売買専用サイトをご紹介していきます。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト8.「SiteStock」

SiteStock

出典:http://sitestock.jp/

「SiteStock(サイトストック)」は、「株式会社サイトストック」が運営するサイト売買専用サイトです。サイト売買に特化した専用サイトとしては、比較的規模が大きく、多数の売却案件が登録されています。

SiteStockでは「完全成果報酬」が採用されており、着手金などの手数料は一切発生しないので安心です。また、SiteStockでは、「オークション形式」によるサイト売買も可能となっています。

国内で「オークション形式」を採用しているサイト売買サイト・マッチングサイトはあまり多くありません。そのため、「オークション形式で自分のサイトを売却したい」と考えている方には、非常におすすめです。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト9.「サイトバンク」

サイトバンク

出典:http://sitebank.jp/

「サイトバンク」では、「オークション形式」によるサイト売買が可能となっています。オークション形式でサイト売買を実施できるマッチングサイトは希少なので、オークション形式によるサイト売買を希望する方は要確認です。

「株式会社サイトバンク」が運営するサイト売買マッチングサイトで、日本最大級の売却案件数を誇っており、その数は2000件を超えます。

サイトバンクで取り扱われている案件の売買価格はおよそ「数十万円~数百万円」です。売却希望サイトの掲載や、M&A交渉、サイト売買の成約などを完全無料で行うことができます。

サイト売買(M&A)のサイト比較!おすすめサイト10.「Yahoo!オークション」

Yahoo!オークション

出典:https://auctions.yahoo.co.jp/

日本最大のオークションサイトとしておなじみの「Yahoo!オークション」は、アフィリエイトサイトなどを売買することも可能となっています。

オークション形式でのサイト売買を検討している場合には、Yahoo!オークションは一つの選択肢となり得ます。

ただし、「M&A仲介業務」は提供されていないため、契約書の作成や売買交渉などは、個人で行わなければいけないため、トラブルが発生することも考えられます。そのため、サイト売買でのYahoo!オークションの利用には、注意が必要です。

【関連】M&Aのプロセスまとめ!

7. サイト売買(M&A)のサイトの欠点

サイト売買(M&A)のサイトの欠点

ここまで解説してきた「サイト売買専用サイト」には、ある欠点があります。その欠点とは、サイトを見ている人が少ない・見ている多くの人がIT企業の方ということです。Webサイトは、IT企業が買いそうなイメージですが、非IT企業の買収事例の方が多いです。

また、IT企業はWeb領域に関して詳しいため、売買価格が高く付きづらいです。サイトをできるだけ高い価格で売却したい場合、シナジー効果のある非IT企業に売るのが、最も価格が高く付きます。

「より高い価格でサイトを売却したい」「非IT企業に自分のサイトの存在を知ってもらいたい」という方は、ぜひ「M&A総合研究所」の利用を検討してみてください。

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/lp01

「M&A総合研究所」は、M&A仲介業務を専門とする会社です。サイト売買に特化しているわけでありませんが、M&A総合研究所には10億円弱のWebサイトM&A実績が複数ありIT企業・WebサイトのM&Aを得意としています。

サイトM&Aに関しては代表の佐上が特に得意としているので、まずはお気軽にご連絡ください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

8. サイト売買(M&A)のサイトまとめ

サイト売買(M&A)のサイトまとめ

当記事では、サイト売買(M&A)に特化したサイトについて解説してきました。個人で運営されているWebサイトでも、良質なサイト売買専用サイトを利用することで、高額でサイトを売却することが可能となります。

サイト運営者の方で、サイトを売却してまとまった資金を手にしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ