会社売却のオススメ本10選!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

会社売却を検討する時にどうしたら良いかわからない場合、まず本で学ぶことが一般的です。しかし会社売却に関しての知識がないと、どの本を選べば良いのか迷ってしまいます。本記事では、事業承継や事業譲渡、株式譲渡を検討している方向けの本をご紹介します。

目次

  1. 会社売却・M&Aのオススメ本10選!
  2. 会社売却・M&Aのオススメ本①まんがでわかる オーナー社長のM&A
  3. 会社売却・M&Aのオススメ本②損をしない会社売却の教科書
  4. 会社売却・M&Aのオススメ本③中小ベンチャー企業経営者のための“超”入門M&A
  5. 会社売却・M&Aのオススメ本④会社売却とバイアウト実務のすべて
  6. 会社売却・M&Aのオススメ本⑤トップM&Aアドバイザーが初めて明かす 中小企業M&A 34の真実
  7. 会社売却・M&Aのオススメ本⑥失敗しない廃業・事業承継のしかた事典
  8. 会社売却・M&Aのオススメ本⑦会社の相続 事業承継のトラブル解決
  9. 会社売却・M&Aのオススメ本⑧100年企業をつくる 親子でM&A 三世代事業承継のコツ
  10. 会社売却・M&Aのオススメ本⑨サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方
  11. 会社売却・M&Aのオススメ本⑩後継者不在の問題はネットで解決!会社は廃業せずに売りなさい
  12. 会社売却についてさらに学ぶには
  13. 会社売却のオススメ本10選!まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 会社売却・M&Aのオススメ本10選!

会社売却・M&Aのオススメ本10選!

M&Aによる会社売却を検討する際に、身近にM&Aに詳しい人がいない場合は、まず本で学ぶことを考えるでしょう。

しかし、M&A関連の本は多く本によって対象読者も違うため、どの本を選べば良いか迷うことも少なくありません。

この記事では、会社売却を考え始めたら読んでおきたいおすすめの本を10冊厳選しました。読み物として楽しめる本から実務を学べる本まで、さまざまな種類の本をご紹介します。

【関連】中小企業の会社売却を解説!中小企業のM&A仲介オススメは?

2. 会社売却・M&Aのオススメ本①まんがでわかる オーナー社長のM&A

まんがでわかる オーナー社長のM&A

「まんがでわかる オーナー社長のM&A」は、中小企業がM&Aによって事業承継を行う流れをストーリー仕立てで漫画にした本です。

著者は日本M&Aセンターの常務取締役であり、小規模ビジネス向けのM&Aサービスを手がける「アンドビズ株式会社」の代表取締役も務める大山敬義さんです。

この本では、会社売却の際によくあるトラブルやオーナー社長の複雑な心境、事業譲渡や株式譲渡の際にありがちな失敗など、実際にM&Aで会社売却をする際に知っておきたいことが描かれています。

会社売却を相手企業との結婚に例えて、会社売却をする際は相手企業との関係や縁が大事ということも描かれています。M&A全体の流れを簡単に理解するための入門書となる本です。

3. 会社売却・M&Aのオススメ本②損をしない会社売却の教科書

損をしない会社売却の教科書

「損をしない会社売却の教科書」は、オーナー社長が事業承継M&Aで事業譲渡や株式譲渡を行う際に、不安に感じる部分を詳しく解説している本です。

この本で、はM&Aで会社売却をする際の進め方だけでなく、経営者としての心構えや会社経営の理念なども語られていて、自己啓発書としても面白く読むことができる本です。

また、M&A仲介業者の問題点にも言及していて、M&A仲介業者を慎重に選ぶことの重要性がよくわかります。オーナー社長だけでなく、若手ビジネスマンが読んでも勉強になる本です。

4. 会社売却・M&Aのオススメ本③中小ベンチャー企業経営者のための“超”入門M&A

中小ベンチャー企業経営者のための“超”入門M&A

「中小ベンチャー企業経営者のための“超”入門M&A」では、会社売却をするタイミングや会社売却しやすい業界、会社の特徴などM&A市場の状況が詳しく書かれています。

また、M&Aアドバイザーの選び方や、M&Aの失敗事例・成功事例、事業譲渡契約書・株式譲渡契約書などの各種契約書のサンプルなど、実際に会社売却の全体像が細かくわかるような構成になっています。

この本は、文章だけでなく図表の説明も多く挿入されているので、視覚的にもイメージしやすくなっていることが特徴です。この本のタイトルには超入門とありますが、M&A実務の細かいところまで解説がされています。

ただし、基本合意契約書や事業譲渡契約書・株式譲渡契約書の書き方など、契約に関する実務的な手続きのやり方は他の実務書との併用が必要です。

5. 会社売却・M&Aのオススメ本④会社売却とバイアウト実務のすべて

会社売却とバイアウト実務のすべて

「会社売却とバイアウト実務のすべて」は、企業のM&A担当者や士業の方など、直接会社売却の実務に携わる人が参考にできる実践的な本となっています。

実務経験がない人でも理解ができるように、ストーリー形式でM&Aの流れを解説している章もあります。

この本だけでもかなりボリュームのある内容となっていますが、本の中で書ききれなかった部分は書籍の関連サイトでさらに詳しく解説しています。

また、株式譲渡契約書や企業価値評価など、実務に必要な資料をダウンロードすることもできます。2018年10月に出版された本なので、情報が新しいこともメリットです。

6. 会社売却・M&Aのオススメ本⑤トップM&Aアドバイザーが初めて明かす 中小企業M&A 34の真実

トップM&Aアドバイザーが初めて明かす 中小企業M&A 34の真実

「トップM&Aアドバイザーが初めて明かす 中小企業M&A 34の真実」は、著者のM&Aアドバイザーの経験から、生々しい現実が書かれています。

事業譲渡や株式譲渡を行う際に、買収側や売却側、M&A仲介業者が何を考えて行動しているのかがわかります。

ただし、著者の経験と主観によって書かれている部分も多いので、フラットな目線で会社売却の実務を学ぶのであれば、他の本も同時に読む必要があります。

7. 会社売却・M&Aのオススメ本⑥失敗しない廃業・事業承継のしかた事典

失敗しない廃業・事業承継のしかた事典

「失敗しない廃業・事業承継のしかた事典」は、大抵の本が事業承継について書かれているか廃業の仕方について書かれているかのどちらかなのに対して、M&A、事業承継、廃業についてバランス良く、詳しく書かれています。

基本的な事柄から手順などの実務的なところまで、オーナー社長目線からも触れています。

事業承継か廃業か、事業譲渡にするか株式譲渡にするかなど、迷っているオーナー社長が専門家に相談する前に読んでおくとスムーズに話が進むようになります。

8. 会社売却・M&Aのオススメ本⑦会社の相続 事業承継のトラブル解決

会社の相続 事業承継のトラブル解決

「会社の相続 事業承継のトラブル解決」は、事業承継の際にオーナー社長が悩むであろう問題や、出会う可能性のあるトラブルについて解説されています。

事業譲渡や株式譲渡を行う際のトラブルの解決法が書かれているだけではなく、事業承継に関わる法律や税金の問題点、法律や税金の今後の見通しなども詳しく解説されています。

事業承継を考えているオーナー社長の場合は、事業承継についてどう行動すれば良いかが見えてきます。

M&Aに携わる専門家の場合は、さまざまなトラブルの事例に対処するための知識を得ることができる本です。

9. 会社売却・M&Aのオススメ本⑧100年企業をつくる 親子でM&A 三世代事業承継のコツ

100年企業をつくる 親子でM&A 三世代事業承継のコツ

「100年企業をつくる 親子でM&A 三世代事業承継のコツ」では、「親子でM&A」をコンセプトに、M&Aによって親から子へ事業承継するメリットや方法が書かれています。

事業承継を親子間のM&Aに絞って解説している本なので、ピンポイントでかなり詳しく説明されています。

親から子へ会社を引き継ぐことによるトラブルは多く、結果として廃業することになってしまう会社も多く存在します。

この本では、そのような問題をM&Aによって解決し、家族で長生きできる会社を作っていく方法を提案しています。

10. 会社売却・M&Aのオススメ本⑨サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方

サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方

「サクッと起業してサクッと売却する 就職でもなく自営業でもない新しい働き方」は、現在ベンチャー企業を中心に増えている、最初から会社売却を目的に起業することを提案している本です。

著者の正田圭さんは、「15歳で起業したぼくが社長になって学んだこと」という本が話題になった起業家です。

本の内容は会社売却の方法ではなく、著者がこれまで経験してきたことを元に会社売却に関する考え方を語っている本です。

これから起業を考えている人やIT系ベンチャー企業で働く人などが、新たな視点を手に入れたりモチベーションを高めたりすることができる本です。

11. 会社売却・M&Aのオススメ本⑩後継者不在の問題はネットで解決!会社は廃業せずに売りなさい

後継者不在の問題はネットで解決!会社は廃業せずに売りなさい

「後継者不在の問題は、ネットで解決!会社は、廃業せずに売りなさい」は、ネットでM&Aのマッチングサービスを運営するTRANBIで代表取締役を務める高橋聡社長の著書です。

TRANBIは、メディアでも度々取り上げられるほど話題になっおり、専門用語や専門的な難しい内容はほとんどなく、M&A入門者でも気軽に読むことができます。

これまでM&Aを考えたこともなかったような小さな会社でも対象になるので、すべての経営者が参考になります。

ただし、ネットでM&Aを行うメリットに対してデメリットにはあまり触れられていないので、違う視点からも判断する必要があります。

【関連】サイト売買(M&A)・M&Aマッチングサイト40選!

12. 会社売却についてさらに学ぶには

会社売却についてさらに学ぶには

本でM&Aについての概要は理解しても、より実践的な内容を学ぶには本では限界があります。この章では、本以外でM&Aを学ぶ方法をご紹介します。

M&A講座を受講する

M&Aを本格的に学ぶために、講座を受講する方法があります。会社売却を検討している場合、講座に参加すると専門家の講師から直接アドバイスがもらえます。また、受講生の中に同じ境遇の人がいることも心強いです。

しかし、M&A講座は実施する会社によって特徴が違うので、自分のレベルや必要性に合った講座を選ぶ必要があります

さらに、講座に参加する場合は場所と日時が限られているため、住んでいる地域や仕事の都合で参加できないこともあります。

M&A仲介会社を選ぶなら

本やM&A講座などによりある程度の知識を得たとしても、本格的に会社売却を検討している場合は、M&A仲介会社など専門家の協力が不可欠です。

M&A総合研究所では、会社売却に経験豊富なM&A専門の会計士が専任に就き、交渉からクロージングまでを一括サポートいたします。

着手金・中間報酬は無料の完全成功報酬型を採用しており、手数料は業界最安値水準となっています。

無料相談を行なっていますので、会社売却をご検討の際は、ぜひお気軽にご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

通信講座で学ぶ

会社売却についてさらに学ぶには②

講座やセミナーに通えない場合は、自宅で通信講座を利用する方法もあります。通信講座の内容は実際に行われた講座の内容を元に作られていることが多いので、自宅でも実践的な内容を学ぶことができます。

M&Aアドバイザーの認定資格を取得するための通信講座もあるので、自身の目的に応じて活用できます。

【関連】M&Aに関する講座10選!基礎〜実務まで

13. 会社売却のオススメ本10選!まとめ

会社売却のオススメ本10選!まとめ

120万社以上の中小企業が事業承継の悩みを抱える中、事業承継に関する本が次々に出版されています。それに伴い、M&Aアドバイザーへの事業承継に関する相談も増加しています。

知識がないままM&A仲介業者に丸投げするのは危険ですが、自分の力だけでなんとかしようとするのは不可能に近いといえるでしょう。

会社売却をスムーズに進め成功させるためには、自ら知識を身につけながら、専門家と協力していくことが重要です。

M&A総合研究所では、会社売却に精通した会計士が一括サポートを行いますので、会社売却でお悩みの場合はお気軽にご相談ください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ