【2019年最新】組織再編のおすすめ本・書籍30選!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

組織再編を考えた時、税務やスキームなどさまざまな課題や問題に直面します。このような場合、組織再編に関する本・書籍から解決のヒントを得ることもおすすめです。当記事では、組織再編に関する本・書籍の中からおすすめ30選をご紹介します。

目次

  1. 組織再編とは
  2. 組織再編におすすめの本・書籍30選
  3. 目的別で選ぶ2019年最新の企業再編の本・書籍まとめ
  4. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 組織再編とは

組織再編とは

組織再編とは、合併や分割などをの手法を取り入れて、事業の見直しや強化を図ることを表しています。組織再編には以下のような手法が主に取り入れられます。

  • 合併
  • 分割
  • 株式交換
  • 株式移転
合併は2つ以上の会社を一つの企業体に統合する手法です。一方で分割は一つの企業体を事業を切り出したりすることで、新たな企業を構築することをさしています。

また、株式交換や株式移転は、株式の取引により組織を再編する方法です。多額な現金を用意しなくて良いと言ったメリットが存在しています。

ただし、合併にも吸収合併や新設合併が、分割にも吸収分割や新設分割などがありますので、詳しい内容をより知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

【関連】組織再編とは?種類や各々のメリット・目的を解説【事例あり】

組織再編にはM&A専門家へ相談を

組織再編の本・書籍を参考にして自身で知識を構築するのは大切ですが、現実的にはさまざまなパターンがあり容易に組織再編を進められない場合がほとんどです。

そのため、安全で安心に組織再編を進めるためには、M&A仲介会社など専門家のアドバイス・サポートっが不可欠です。

M&A総合研究所では、事業再編に精通した会計士が専任につき、親身になって一括サポートいたします。

無料で組織再編についてのご相談をお受けしていますので、組織再編・M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

2. 組織再編におすすめの本・書籍30選

組織再編におすすめの本・書籍30選

組織再編を考えた時に、書籍などを利用することは非常に有用です。ここでは、おすすめしたい本・書籍について30選として紹介します。

2019年~2018年後半刊行の組織再編におすすめの本・書籍

2019年~2018年後半に刊行された組織再編におすすめの本・書籍を中心に紹介していきます。

  1. M&A・企業組織再編のスキームと税務
  2. 中小企業のM&A実務必携 M&A手法選択の実務
  3. 戦略的株式活用の手法と実践
  4. プレステップ会社法
  5. 株式会社との対比でみる 合同会社の法務・登記・税務
  6. Q&A企業組織再編の会計と税務
  7. 組織再編:一新か、修正か DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文
  8. 改訂版 法務・税務のすべてがわかる! 事業承継実務全書
  9. 組織再編における債権者保護: 詐害的会社分割における「詐害性」の考察
  10. 図解 組織再編税制 平成30年版

①M&A・企業組織再編のスキームと税務

第4版となった今回は、平成29年度税制改正や30年度税制改正による課税繰延特例の導入などが記述されています。価格は4,800円、頁数が978頁となっています。

②中小企業のM&A実務必携 M&A手法選択の実務

日本M&Aセンターが抱えているさまざまなノウハウや事例を知ることができます。価格は3,888円、頁数が332頁となっています。

③戦略的株式活用の手法と実践

戦略的な視点に立って、運営や支配、そして株主管理といった活用法と具体例について紹介しています。価格は4,320円、頁数が366頁となっています。

④プレステップ会社法

「考えてみよう」や「課題」といった読者に疑問を投げかけることで、コンプライアンスやガバナンスについて理解できる内容になっています。価格は1,944円、頁数が176頁となっています。

⑤株式会社との対比でみる 合同会社の法務・登記・税務

合同会社における法務・登記・税務について、株式会社と対比しながら理解を深められる内容です。価格は4,968円、頁数が380頁となっています。

⑥Q&A企業組織再編の会計と税務

企業における組織再編の税制に対する概要や税務上・会計上の処理を解説した書籍となります。価格は5,292円、頁数が542頁となっています。

⑦組織再編:一新か、修正か DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

組織再編についての手法の選び方と効果について解説しています。価格は540円(kindle版)、頁数が20頁となっています。

⑧改訂版 法務・税務のすべてがわかる! 事業承継実務全書

事業承継に関わる全ての実務を習得できます。また平成30年の税制改正にも対応しています。価格は4,968円、頁数が760頁となっています。

⑨組織再編における債権者保護: 詐害的会社分割における「詐害性」の考察

ドイツ法と日本法の債権者保護制度などを比較し、考え方やあり方について解説しています。価格は4,212円、頁数が164頁となっています。

⑩図解 組織再編税制 平成30年版

組織再編税制を図表やチャートを使うことで分かりやすく解説しています。価格は3,200円、頁数が529頁となっています。

300ページ以下で読める組織再編におすすめの本・書籍

ここでは、300ページ以下という手軽に読むにはおすすめの本・書籍を紹介します。

  1. SOS! 弱点強化 司法書士 会社法・組織再編とその登記
  2. 会社法の仕組み
  3. ベーシック会社法入門
  4. 企業グループの税務戦略―グループ法人税制・連結納税制度の戦略的活用
  5. 組織再編におけるのれんの税務
  6. 全図解 「省庁再編」のすべて―行政のしくみ利権の構図はこう変わる
  7. 論点整理で見落としを防ぐ 組織再編の税務リスク発見ガイド
  8. これだけ! 組織再編税制

①SOS! 弱点強化 司法書士 会社法・組織再編とその登記

講義を再現したかのような解説は、分かりやすいと評判です。価格は1,296円、頁数が224頁となっています。

②会社法の仕組み

株式会社の中でも、ある程度の会社規模に絞って解説されています。価格は929円、頁数が215頁となっています。

③ベーシック会社法入門

手っ取り早く会社法の全体像を知りたいのであれば、こちらの書籍がおすすめです。価格は1,080円、頁数が240頁となっています。

④企業グループの税務戦略―グループ法人税制・連結納税制度の戦略的活用

グループ体制の構築にも言及しているところが特徴となっています。価格は8,424円、頁数が156頁となっています。

⑤組織再編におけるのれんの税務

合併や会社分割など資産調整感情を中心とした、「のれん」について解説しています。価格は448円、頁数が225頁となっています。

⑥全図解 「省庁再編」のすべて―行政のしくみ利権の構図はこう変わる

省庁再編において、各省庁の業務とはどのようなものかを解説しています。価格は106円(中古価格)、頁数が190頁となっています。

⑦論点整理で見落としを防ぐ 組織再編の税務リスク発見ガイド

組織再編における税務のリスクを軽減させるため、32の論点を取り上げて解説しています。価格は3,672円、頁数が296頁となっています。

⑧これだけ! 組織再編税制

レアケースを除いた抑えるべきケースだけを解説しているので、入門書としては最適です。価格は6,350円、頁数が184頁となっています。

600ページ以下で読める組織再編におすすめの本・書籍

ここでは、600ページ以下で読める、濃い内容が売りのおすすめ本・書籍を紹介します。

  1. 図解+ケースでわかる M&A・組織再編の会計と税務
  2. 組織再編における繰越欠損金の税務詳解
  3. 持株会社の実務 ―ホールディングカンパニーの経営・法務・税務・会計
  4. Q&A事業承継をめぐる非上場株式の評価と相続対策
  5. 目的別 組織再編の最適スキーム (法務・会計・税務)
  6. 第7巻 組織再編の手続―法務企画から登記まで
  7. 組織再編における繰越欠損金の税務詳解
  8. 最新/組織再編の法律・会計・税務ハンドブック

①図解+ケースでわかる M&A・組織再編の会計と税務

手法の違いによるポイントを分かりやすく比較しています。価格は6,912円、頁数が624頁(付録込)となっています。

②組織再編における繰越欠損金の税務詳解

組織再編の税実務として最も関心が高い、繰越欠損金について詳しく解説しています。価格は4,104円、頁数が352頁となっています。

③持株会社の実務 ―ホールディングカンパニーの経営・法務・税務・会計

経営・法務・税務・会計などを最新実例とともに分かりやすく解説しています。価格は3,240円、頁数が328頁となっています。

④Q&A事業承継をめぐる非上場株式の評価と相続対策

最新の事例が充実していますので、新たな知識を蓄積できます。価格は3,888円、頁数が600頁となっています。

⑤目的別 組織再編の最適スキーム (法務・会計・税務)

事案ごとにスキームを検討できるように編集されています。価格は7,598円、頁数が368頁となっています。

⑥第7巻 組織再編の手続―法務企画から登記まで

平成28年4月公布の「商業登記規則等の一部を改正する省令」までを、ベテラン司法書士による編集で解説しています。価格は5,832円、頁数が520頁となっています。

⑦組織再編における繰越欠損金の税務詳解

組織再編における繰越欠損金および特定資産譲渡等損失額について、留意点や記載例を解説しています。価格は4,104円、頁数が352頁となっています。

⑧最新/組織再編の法律・会計・税務ハンドブック

実務上での疑問や要点についてQ&A形式で解説しています。価格は2,808円、頁数が521頁となっています。

600ページ以上で読める組織再編におすすめの本・書籍

より詳しくそして詳細まで知りたいのであれば、ボリュームある本・書籍がおすすめです。

  1. M&Aと組織再編のすべて
  2. 会社法の計算詳解―株式会社の計算書類から組織再編行為まで
  3. 親子会社の税務詳解
  4. 企業再編 法律・会計・税務と評価

①M&Aと組織再編のすべて

アメリカにおいてビジネススクールで評価が高い教科書の日本語版です。価格は10,800円、頁数が872頁となっています。

②会社法の計算詳解―株式会社の計算書類から組織再編行為まで

会社法や会社計算規則の条文などを理解しやすいように解説しています。価格は14,352円、頁数が679頁となっています。

③親子会社の税務詳解

年々複雑化している税務上の各種規定を、簡潔に分かりやすく説明しています。価格は3,888円、頁数が640頁となっています。

④企業再編 法律・会計・税務と評価

法律・会計・税務を全て盛り込んだ、ボリュームのある一冊となっています。価格は8,424円、頁数が1480頁となっています。

3. 目的別で選ぶ2019年最新の企業再編の本・書籍まとめ

目的別で選ぶ2019年最新の企業再編の本・書籍まとめ

ここまで紹介したおすすめの本・書籍の中で、「企業再編」、「税務・法務・会計など」、「会社法」、「その他」という区分で再度まとめます。

企業再編について知るには

まずは企業再編を知るためにおすすめの本・書籍の紹介です。

  1. M&A・企業組織再編のスキームと税務
  2. 中小企業のM&A実務必携 M&A手法選択の実務
  3. 戦略的株式活用の手法と実践
  4. 組織再編:一新か、修正か DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

①M&A・企業組織再編のスキームと税務

本・書籍内容 価格(円/税込) 頁数
課税繰延特例の導入などを記述 4,800 978

②中小企業のM&A実務必携 M&A手法選択の実務

本・書籍内容 価格(円/税込) 頁数
ノウハウや事例を紹介 3,888 332

③戦略的株式活用の手法と実践

本・書籍内容 価格(円/税込) 頁数
戦略的な視点に立って具体例を紹介 4,320 366

④組織再編:一新か、修正か DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

本・書籍内容 価格(円/税込) 頁数
組織再編についての解説・Kindle版のみ 540 20

税務・法務・会計などについて知るには

次に紹介するのは、税務・法務・会計などについて知ることができるおすすめの本・書籍です。

  1. 株式会社との対比でみる 合同会社の法務・登記・税務
  2. Q&A企業組織再編の会計と税務
  3. 改訂版 法務・税務のすべてがわかる! 事業承継実務全書
  4. 図解 組織再編税制 平成30年版

①株式会社との対比でみる 合同会社の法務・登記・税務

本・書籍内容 価格(円/税込) 頁数
合同会社における法務・登記・税務に理解を深められる 4,968 380

②Q&A企業組織再編の会計と税務

本・書籍内容 価格(円/税込) 頁数
税制の概要や税務上・会計上の処理を解説 5,292 542

③改訂版 法務・税務のすべてがわかる! 事業承継実務全書

本・書籍内容 価格(円/税込) 頁数
事業承継に関わる全ての実務を習得 4,968 760

④図解 組織再編税制 平成30年版

本・書籍内容 価格(円/税込) 頁数
図表やチャートで解説 3,200 529

会社法について知るには

会社法を知るには、こちらの本・書籍がおすすめです。

プレステップ会社法

本・書籍内容 価格(円/税込) 頁数
読者に疑問を投げかける形で解説 1,944 176

その他

その他に多角的に知りたいのであれば、こちらの本・書籍がおすすめと言えるでしょう。

組織再編における債権者保護: 詐害的会社分割における「詐害性」の考察

本・書籍内容 価格(円/税込) 頁数
ドイツと日本を比較 4,212 164

4. まとめ

まとめ

当記事では、組織再編におすすめの本・書籍を紹介しました。まずは、サイトなどで内容を確認し、目的に合ったものを選ぶとよいでしょう。

【2019年~2018年後半刊行の組織再編におすすめの本・書籍】

  1. M&A・企業組織再編のスキームと税務
  2. 中小企業のM&A実務必携 M&A手法選択の実務
  3. 戦略的株式活用の手法と実践
  4. プレステップ会社法
  5. 株式会社との対比でみる 合同会社の法務・登記・税務
  6. Q&A企業組織再編の会計と税務
  7. 組織再編:一新か、修正か DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文
  8. 改訂版 法務・税務のすべてがわかる! 事業承継実務全書
  9. 組織再編における債権者保護: 詐害的会社分割における「詐害性」の考察
  10. 図解 組織再編税制 平成30年版

【300ページ以下で読める組織再編におすすめの本・書籍】

  1. SOS! 弱点強化 司法書士 会社法・組織再編とその登記
  2. 会社法の仕組み
  3. ベーシック会社法入門
  4. 企業グループの税務戦略―グループ法人税制・連結納税制度の戦略的活用
  5. 組織再編におけるのれんの税務
  6. 全図解 「省庁再編」のすべて―行政のしくみ利権の構図はこう変わる
  7. 論点整理で見落としを防ぐ 組織再編の税務リスク発見ガイド
  8. これだけ! 組織再編税制

【600ページ以上で読める組織再編におすすめの本・書籍】

  1. M&Aと組織再編のすべて
  2. 会社法の計算詳解―株式会社の計算書類から組織再編行為まで
  3. 親子会社の税務詳解
  4. 企業再編 法律・会計・税務と評価

組織再編については、本・書籍である程度の知識を得るできますが、自社の目的に合った最適なスキームを判断するには、専門的な知識・見解が必要となるためM&A仲介会社など専門家に相談して進めていくことをおすすめします。

M&A総合研究所では、組織再編に精通したM&A専門の会計士が親身になって一括サポートいたします。着手金・中間報酬は無料の完全成功報酬型を採用、手数料も業界最安値水準に設定しております。


ご相談は無料ですので、組織再編・M&Aをご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ