事業承継に強い司法書士おすすめ10選!報酬体系や相談内容も解説

Medium
企業情報第二部 部長
向井 崇

銀行系M&A仲介・アドバイザリー会社にて、上場企業から中小企業まで業種問わず20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、不動産業、建設・設備工事業、運送業を始め、幅広い業種のM&A・事業承継に対応。

事業承継における司法書士の主な支援内容は法的書面の作成・登記変更・相続対策などです。事業承継に力を入れている司法書士事務所の紹介とともに、司法書士の手数料、寄せられる相談内容、相談先選びのポイントなどについて解説します。

目次

  1. 事業承継とは
  2. 司法書士とは
  3. 事業承継に強い司法書士おすすめ10選
  4. 事業承継を相談する司法書士選びのポイント
  5. 司法書士に事業承継を相談するメリット
  6. 事業承継を司法書士に相談する際の報酬体系
  7. 司法書士に寄せられる事業承継の相談内容
  8. 事業承継の相談はM&A仲介会社がおすすめ
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 経験豊富なM&AアドバイザーがM&Aをフルサポート まずは無料相談
    プレミアム案件・お役立ち情報

1. 事業承継とは

事業承継とは

事業承継とは、後継者に事業を引き継ぐことです。つまり、その会社の経営権を、資産など含めて全て譲り渡すことを意味します。

事業承継をすると事業の継続が可能になるため、廃業による関係者(取引先・従業員など)への悪影響も生じません。

誰を後継者にするかによって、事業承継は以下の3種に分類されます。

親族内事業承継 経営者の子供など親族を後継者とする事業承継
社内事業承継 社内の役員や従業員を後継者とする事業承継
M&Aによる事業承継 事業・会社を売却し第三者を後継者とする事業承継

従来、日本の中小企業では親族内事業承継が最も広く行われてきました。しかし、昨今は、少子化と価値観の多様化を主原因として、後継者となる親族が減少してしまっています。

その場合、社内事業承継が有力な手段となりますが、親族ではない役員や従業員が経営権を得るには、会社の株式を取得するための多額の資金が必要になることがネックです。

そこで、近年では、M&Aによって事業・会社を売却し、その買収者に経営を引き継いでいってもらう事業承継が注目を集めるようになっています。

こうした背景により、事業承継を目的としたM&Aの相談が、各種専門家に寄せられるようになりました。その専門家である士業のなかの1つが、司法書士です。

【関連】事業承継の目的とは?事例から解説!

2. 司法書士とは

司法書士とは

司法書士とは、司法書士の資格を持つ者のことをいい、相談者からの依頼に応じて法務局などに差し出す書面を作ったり、供託・登記といった専門性の高い手続きを相談者に代わって行ったりします。

事業承継では、役員・不動産などの登記事項が変わるため、登記変更が行える司法書士の協力が欠かせない場面も多いです。

そのほか、株式相続税・贈与税・遺留分への対策や、株主の整理、経営承継円滑化法への対応など、事業承継において司法書士は重要な役割を担います。

【関連】M&Aの資格・種類まとめ!仲介とアドバイザーの資格って?

3. 事業承継に強い司法書士おすすめ10選

事業承継に強い司法書士おすすめ10選

ここでは、事業承継に力を入れている司法書士事務所を厳選して紹介します。
 

  1. ゆう司法書士事務所
  2. イーグル司法書士事務所
  3. 中村司法書士事務所
  4. 司法書士法人ハートトラスト
  5. 司法書士・行政書士山下尚事務所
  6. 司法書士なごやか法務事務所
  7. 河村慈高司法書士事務所
  8. 司法書士法人カルペ・ディエム
  9. かなえLaw-ing司法書士事務所
  10. 中島法務司法書士事務所

①ゆう司法書士事務所

ゆう司法書士事務所

出典:https://www.you-legal.com/

東京都渋谷区に拠点を構える司法書士事務所で、企業法務に力を入れ、M&A・株式譲渡・事業承継の支援に対応しています。

M&Aと株式譲渡に向けた支援で行っているのは、商号をはじめとした登記変更や不動産の承継に付帯する名義変更などの代行などです。

また、事業承継に対する支援では、遺言書や各種書類の作成・登記変更の手続きなどを行っています。そのほか、定款の変更・種類発行株式や民事信託を用いた承継対策・事業承継のコンサルも手掛けており、事業承継に関する総合的な支援が受けられるでしょう。
 

会社名 ゆう司法書士事務所
問い合わせ先 03-6803-8512
サイトURL https://www.you-legal.com/
費用 商業登記 役員の変更 申請(1.5万円)、登録免許税(資本金額により1万円または3万円)
商号・目的の変更など 報酬(1~3.5万円)、登録免許税(0.9~6万円)
書類の作成・証明書の取得 1,000円~
事業承継 定款の変更 5万円
種類株式の利用 30万円~
民事信託の利用
コンサルティング 案件に応じて(別途費用の発生あり)

②イーグル司法書士事務所

イーグル司法書士事務所

出典:https://www.eagle-office.jp/

東京都千代田区に事務所を構えている司法書士事務所です。法人向けに会社登記・定款の変更や、個人向けに遺言書の作成・種類株式と民事信託の利用支援不動産に関する売買・贈与登記などに対応しています。
 

会社名 イーグル司法書士事務所
問い合わせ先 03-6272-3780
サイトURL https://www.eagle-office.jp/
費用 不動産登記 所有権の移転 不動産の価格に応じて
相続登記 3.8万円~
名前・住所の変更 1万円~
商業登記 商号・役員の変更など 2万円~
定款の整備 1万円~
新株予約権の発行 15万円~
相続と遺言の手続き 自筆証書による遺言の支援 5万円~
公正証書遺言をつくる 9万円~
相続手続きパック 20万円~

③中村司法書士事務所

中村司法書士事務所

出典:http://office-ny.jp/

神奈川県相模原市にオフィスがある司法書士事務所です。売却・譲渡の支援や、資産の譲り渡し・相続に関する手続き各種登記(不動産・商業・相続・贈与など)の申請・関連書類の作成などに対応しています。
 

会社名 中村司法書士事務所
問い合わせ先 042-740-9660
サイトURL http://office-ny.jp/

④司法書士法人ハートトラスト

司法書士法人ハートトラスト

出典:http://www.hearttrust.co/

佐賀県の伊万里市に2つの拠点を設けている司法書士法人です。相続や遺言書の作成・生前相続(相続時精算課税など)・遺留分割・不動産や商業登記に関する支援などを行っています。

週末でも相談に応じており、法務・税務の士業とのつながりを持つため、事業承継の手続き・書類の作成以外のサポートも可能です。
 

会社名 司法書士法人ハートトラスト
問い合わせ先 伊万里オフィス 0955-25-9355
山代オフィス 0955-25-8423
サイトURL http://www.hearttrust.co/
費用 相続人調査 2万円~
相続登記 節約 4.8万円~
おまかせ 9.5万円から
遺言の執行 遺産の1%
生前贈与 登記 3万円
契約書の作成 2万円~
裁判関連の書類作成 遺産分割調停の申立書 6万円
遺言書の検認申立書 5万円~
家族信託 財産評価の0.1~1%(最低30万円)

⑤司法書士・行政書士山下尚事務所

司法書士・行政書士 山下尚 事務所

出典:http://www.yamashita-hisashi.com/

東京都北区に拠点を設けている司法書士・行政書士事務所です。事業承継に付帯する株式譲渡や債務減額計画の作成・遺言の作成・遺留分や株式などの生前処分・資金調達の支援などを行っています。

そのほかにも、不動産・商業登記や許認可の届出などもサポートし、関東圏であれば相談可能です。
 

会社名 司法書士・行政書士山下尚事務所
問い合わせ先 03-6323-0552
サイトURL http://www.yamashita-hisashi.com/

⑥司法書士なごやか法務事務所

司法書士なごやか法務事務所

出典:https://www.s-nagoyaka.com/

愛知県名古屋市西区に拠点を構える司法書士事務所です。生前に行う相続税の対策や、公正証書遺言の作成、不動産・株式相続の手続き、遺留分割の相談、不動産売買・贈与の登記への対応、事業承継で求められる会社登記の変更などを支援しています。

対応時間は月~土曜の10時~20時まで、対応エリアは名古屋をはじめ、三重・岐阜県などの近隣の地域からの相談も可能です。
 

会社名 司法書士なごやか法務事務所
問い合わせ先 052-325-3171
サイトURL https://www.s-nagoyaka.com/
費用 会社登記 定款の変更 2.8万円
(別途登録免許税3万円・登録事項証明書500円)
新株予約権の発行 9万円
役員の変更 2.8万円
(別途登録免許税1万または3万円・登録事項証明書500円)

⑦河村慈高司法書士事務所

河村慈高司法書士事務所

出典:http://www.kawamura-touki.com/index.html

京都府向日市に拠点を構える司法書士事務所です。遺言・生前贈与を用いた承継や、課税による負担を軽減する種類株式・属人的株式の発行、不動産・商業登記などの支援を行っています。対応は平日のみとしているものの、予約をすれば週末でも相談可能です。
 

会社名 河村慈高司法書士事務所
問い合わせ先 075-934-0600
サイトURL http://www.kawamura-touki.com/index.html

⑧司法書士法人カルペ・ディエム

司法書士法人カルペ・ディエム

出典:https://shiho-carpediem.jp/

石川県金沢市と東京都武蔵野市に事務所を構える司法書士法人です。種類株式の発行や定款の変更、役員・目的・商号などの変更登記、遺言・生前贈与による株式の承継といった事業承継に関するサポートを手掛けています。
 

会社名 司法書士法人カルペ・ディエム
問い合わせ先 金沢 076-255-0842
東京 0422-27-5316
サイトURL https://shiho-carpediem.jp/
費用 役員変更 2.5万円
目的・商号変更 相談に応じた額+登録免許税3万円

⑨かなえLaw-ing司法書士事務所

かなえLaw-ing司法書士事務所

出典:http://www.kanae-lawing.jp/

東京都新宿区に拠点を設けている司法書士事務所です。事業承継で必要となる役員の変更登記や、贈与・相続の名義変更、新株予約権・種類株式の発行、相続における公正証書・遺産分割協議書の作成などを支援しています。
 

会社名 かなえLaw-ing司法書士事務所
問い合わせ先 03-5369-9117
サイトURL http://www.kanae-lawing.jp/

⑩中島法務司法書士事務所

中島法務司法書士事務所

出典:http://sakado-nakajima.jp/

埼玉県坂戸市に拠点を構える司法書士事務所です。2名の司法書士による支援体制により、相続税への対応(株式の承継)や、種類株式の発行と定款の変更、経営承継円滑化法への対応など、事業承継に付帯する支援を行っています。

そのほかにも、役員・商号・目的などの会社登記変更や、公正証書による遺言の作成、生前贈与に対するサポートなどを行っており、事業承継に伴う税制への対応・各種手続き・書類の作成を任せることが可能です。
 

会社名 中島法務司法書士事務所
問い合わせ先 049-299-7960
サイトURL http://sakado-nakajima.jp/
費用 不動産登記 贈与 5.25万円~+登録免許税(固定資産税の評価額×1または2%)
相続登記 相続 5.25万円~+登録免許税(固定資産税の評価額×0.4%)
遺留分割協議書の作成 3.15万円~
遺言書の作成 公正証書遺言の作成 8.4万円~+手数料3万円~
商業登記 商号の変更 2.94万円~+登録免許税3万円
役員の変更 2.25万円~+登録免許税1万円

【関連】M&Aの相談先はどこがおすすめ?【徹底解説】

4. 事業承継を相談する司法書士選びのポイント

事業承継を相談する司法書士選びのポイント

事業承継の相談先を決める際は、以下3つの点を押さえて、司法書士を選ぶとよいでしょう。
 

  • 各専門分野のある士業とのネットワークがある
  • M&A・事業承継の実績がある
  • 手数料などがわかりやすい

各専門分野のある士業とのネットワークがある

事業承継を進めるには、税務や法務に精通する士業の力を借りる場面も出てきます。司法書士事務所ではまかないきれない分野を、提携する専門家に任せる際、各専門分野の士業とネットワークがあれば、手続きの段階ごとに専門家を探す手間を省くことが可能です。

M&A・事業承継の実績がある

M&A・事業承継の実績がある司法書士であれば、安心して事業承継のサポートを受けられます。実績を公開している事務所もあるので、まずはHPを閲覧して過去の実績や利用者の声を確認するとよいでしょう。

だいたいの司法書士事務所は、書類の作成・登記変更の手続きなどは行うものの、事業承継先の紹介(第三者への承継)までは行っていません。

第三者を後継者候補に考えている場合は、M&Aによるサポートも手掛ける司法書士事務所を選ぶようにしましょう。

手数料などがわかりやすい

司法書士事務所は、おおむねHPに手数料を載せていますが、一部の事務所では相談時に報酬額を知らせているため、その場合は事前にどの程度の費用がかかるのかは把握できません。

おおよその費用を知り必要な資金を用意しておきたい方は、手数料を掲載している司法書士事務所への相談をおすすめします。

【関連】事業承継の手続きを解説!事業承継の方法と相談先も紹介

5. 司法書士に事業承継を相談するメリット

司法書士に事業承継を相談するメリット

仲介会社・各士業・公的機関など、事業承継の相談先にはいくつかの候補がありますが、司法書士に相談すると以下のようなメリットがあります。
 

  • 各手法での事業承継をサポート
  • 事業承継対策への強み
  • 書類作成に強み
  • 将来に懸念される紛争対策ができる

各手法での事業承継をサポート

司法書士事務所は、親族内事業承継・社内事業承継承継にとどまらず、第三者を対象としたM&Aによる事業承継にも対応しているので、各相談者に適した事業承継をサポートしてくれます。

事業承継計画に対するアドバイスやスキーム実施への支援、保有する財産・親族関係の把握などにも対応しているので、さまざまな手続きを必要とする事業承継を任せることが可能です。

事業承継対策への強み

司法書士事務所・法人は、税務対策や相続・遺言の支援、株式の発行などの手段を提供して、経営と所有の譲渡をサポートしています。

司法書士は、相続・贈与税に対する納付猶予や、後継者に事業資産を譲渡する際の遺言書作成にも精通しているため、的確なアドバイスが受けられるでしょう。

さらに、事業承継後の経営と所有に見合った種類株式を発行することで後継者にのみ経営権を与えたり、拒否権をつけることで後継者の経営を見張ったりと、各事業者に適した事業承継対策をアドバイス・サポートします。

書類作成に強み

司法書士は、遺言書などの書類作成に精通する専門家で、自筆・公正証書をはじめ、生前贈与・民事信託契約書や、遺産分割調停申立書、遺言書の検認申立書などの作成を業務としています。

司法書士の力を借りることで、事業承継に欠かせない書類を見落としなく作成できるのです。

将来に懸念される紛争対策ができる

司法書士に書類の作成を依頼し、アドバイスを受けながら必要な手続きをすれば、親族間の争いを回避することも可能です。

具体的には、遺言書を作って事業用の資産を後継者に引き継がせたり、種類株式の発行により後継者に株式を集めて経営権を与えたり、といった対策を提案してくれます。

【関連】中小企業の事業承継スキームを解説【持株会社/資産管理会社】

6. 事業承継を司法書士に相談する際の報酬体系

事業承継を司法書士に相談する際の報酬体系

司法書士に事業承継の支援を依頼すると、一般的には以下のような手数料が提示されます。司法書士では、依頼する内容ごとに手数料を設定しているケースがほとんどです。

【商業登記】

  • 役員の変更:1.5~2.8万円+登録免許税(1万円または3万円)+登録事項証明書500円
  • 商号・目的の変更:1~3.5万円+登録免許税0.9~6万円
  • 定款の確認・整備・変更:1万円~5万円+登録免許税3万円+登録事項証明書500円
  • 種類株式の発行:9万円~

【不動産・相続登記】
  • 所有の移転:5~6万円~+登録免許税(固定資産税の評価額×0.4または2%)+書類の発行費1~2万円
  • 遺留分割協議書の作成:3.15万円~
  • 相続のパック料金:4.8万円~

【遺言書の作成】
  • 公正証書遺言:8.4万円~+手数料3万円~
  • 自筆証書遺言:5万円~
 
【裁判関連の書類作成】
  • 遺産分割調停の申立書:6万円
  • 遺言書の検認申立書:5万円~

【民事信託の利用】
  • 30万円~(財産評価の0.1~1%)

遺言・相続に関しては、書類の作成や手続きをまとめたパックサービスも提供されているので、必要なサービスが全て含まれているならパック料金の利用が得といえるでしょう。

そのほかには、不動産の所有移転サービスでは、対象となる資産(土地・建物)によって、登録免許税の金額が変わるので注意が必要です。

また、司法書士事務所・法人によっては、支払う登録免許税・書類の作成費用などを明記していないため、相談を持ち掛ける際に必ず確認するようにしましょう。

【関連】事業承継の費用まとめ【コンサル/弁護士/税理士】

7. 司法書士に寄せられる事業承継の相談内容

司法書士に寄せられる事業承継の相談内容

司法書士に寄せられる事業承継の相談内容には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、事業承継の相談内容として多いものを紹介します。

  • 事業承継に付帯する贈与・相続税の有無
  • 生前贈与についての説明
  • 相続時精算課税制度の利用可否
  • 納付猶予が認められている事業承継税制についての説明
  • 不動産の名義変更
  • 遺言書の作成

事業承継では、資産を引き継がせることで、課税負担を強いられることがあったり、親族間での争いが生じたりするため、後継者の立場を考えて助言とサポートを求めていることがうかがえます。

【関連】事業承継の税金を徹底解説!相続税の節税対策はできる?

8. 事業承継の相談はM&A仲介会社がおすすめ

事業承継の相談はM&A仲介会社がおすすめ

司法書士からは、スキーム提案・各種登記・書類の作成・税制への配慮といった支援を受けられますが、事業承継のトータルな支援は限られた事務所・法人のみが対応しています。

さらに、他分野を専門とする士業との提携を行っていなければ、自社で新たな相談先を探す必要に迫られます。1つの相談先で事業承継を完了させたい方は、総合的な支援を行うM&A仲介会社の利用が最良といえるでしょう。

全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所は、弁護士が在籍し、M&Aと事業承継を支援する仲介会社です。事業承継では最適なスキームを提案し、事業承継先の紹介から成約までトータル支援を行っています。

豊富な経験と知識を持つM&Aアドバイザーと弁護士が専任でフルサポートするとともに、通常は半年~1年以上かかるとされるM&Aを、最短3ヶ月でスピード成約する機動力もM&A総合研究所の大きな特徴です。

料金体系は完全成功報酬制となっており、M&Aが成約するまで一切の費用は発生せず、仮にM&Aが成約しなければ、手数料の請求はありません。また、成功報酬額は国内最安値水準ですから、安心してリーズナブルにM&A・事業承継の実現が目指せます。

無料相談は24時間年中無休でお受けしていますので、M&A・事業承継でお悩みの際には、M&A総合研究所までお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する

9. まとめ

まとめ

事業承継に力を入れている司法書士事務所・法人について、おすすめ10社の概要を取り上げました。司法書士事務所・法人は、おおむね似たような支援を行っているものの、報酬体系・支援の範囲に違いが見られます。

司法書士の利用でメリットを得るには、本記事で取り上げた選び方の注意点を押さえておくことがポイントです。

【司法書士に事業承継を相談するメリット】

  • 各手法での事業承継をサポート
  • 事業承継対策への強み
  • 書類作成に強み
  • 将来に懸念される紛争対策ができる

【事業承継を相談する司法書士選びのポイント】
  • 各専門分野の士業とのネットワークを保有する
  • M&A・事業承継の実績がある
  • 手数料などがわかりやすい

司法書士は得意分野に限った支援を行うことがほとんどであるため、相談から承継完了までのトータルサポートを求めるなら、M&A仲介会社の利用が理想的といえるでしょう。

M&A総合研究所では、M&A・事業承継を丁寧にフルサポートいたします。レーマン方式の完全成功報酬制によるわかりやすい料金体系になっており、成約するまで費用は一切かかりません。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
プレミアム案件・お役立ち情報

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事