会社売却の戦略まとめ!手順や成功のポイントを解説!相場より高く売るには?

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

会社売却のメリットを最大限に得るためには対策と戦略はか欠かせません。会社売却には相場があり、手続きや手順のポイントを押さえておくことでメリットは大きくなります。今回はその会社売却の戦略と手順や成功のポイントを解説していきたいと思います。

目次

  1. 会社売却の戦略とは
  2. 会社売却戦略の主な内容
  3. 会社売却を成功させる戦略・ポイント5選!
  4. 会社売却の際で相場より高く売る戦略
  5. 会社売却の戦略手順
  6. 会社売却の戦略を立てる際におすすめの書籍
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. 会社売却の戦略とは

会社売却の戦略とは

会社売却の戦略とは、会社売却のメリットを最大限に得たり会社売却を成功させるために手順や手続きの対策や計画を練ることです。

戦略は会社売却への準備段階で行うものや会社売却の交渉、クロージング時まで手続きにしたがって、一つ一つ戦略を練って行かなかければなりません。

自社の競合他社や業界動向を把握し、会社売却の目的や方法を定めていき、その後に会社売却のメリットを最大限にできる対策や実現性を高くするための戦略を、M&A仲介会社やアドバイザリーと相談しながら戦略を絞り込んでいきます。

【関連】 会社売却とは?会社を売るメリット・デメリット10選!

会社売却が持つ意味

まず会社売却とは、会社が有するあらゆる権利や資産、契約等の所有権を売却することです。

事業のための資産や株式や取引先、従業員との契約などと、ノウハウやブランド力などの無形資産に加えて対価を受け取る代わりに他者に会社を丸ごと譲渡することになります。

ここでは、会社売却が持つ意味を経営者と会社サイドで分けて解説していきます。

経営者

現在では、後継者不足などにより経営者の高齢化が理由となり、廃業を余儀なくされている会社が多く存在します。

後継者問題の対策や、解決のための戦略としても会社売却は大きな意味をもち、経営者が廃業にかける時間とコストを削減することができ、事業を存続させることが可能になります。

また大きな資金を一気に獲得できるため、他の事業に集中することもでき、経営者としては会社売却をすることでメリットを得られます。

会社

会社全体としては、会社売却で大きな企業の参加グループとして入ることができれば、事業を拡大することができて安定的な財務状況を作ることができます。

中小企業は規模の都合上、財務基盤が安定しなかったり、販路の拡大が難しいために事業が成長しなかったりと、事業によっては限界値が低くなってしまうこともありますが、会社売却はこのような問題の対策にも繋がり、問題解決の方法としても大きな企業戦略となります。

会社売却は戦略が重要

会社売却は、経営者からしても会社全体からみても大きな意味を持つ取引ですが、この会社売却という方法は戦略や対策をしっかり行わないと失敗してしまいます。

会社売却はまず買い取ってもらう相手を探すことや、雇用契約などの各手続きも多いために戦略を立てリスクに対してしっかりと対策をしておかなければ、後々トラブルが起こる可能性もあります。

また、会社売却の相場なども把握していないとメリットを得ることが難しくなってしまうので、M&A仲介やアドバイザリーと相談をして戦略を練り、その戦略を実行できるようにして行く必要があります。

2. 会社売却戦略の主な内容

会社売却戦略の主な内容

会社売却は今後の会社の行方を左右する重要な取引なので、業者や会社内でも相談し合い念密に戦略や対策を行う必要があります。

ここでは、会社売却の戦略の主な内容を解説していきます。

①自社分析・価値評価

会社売却の戦略を策定していくには、まず最初に自社分析を行って価値評価をする必要があります。

自社分析には様々な方法があり、自社商品やサービスの売り上げやシェアの把握・人材・営業力・技術力・ブランド力などの項目を、設定して強みと弱みを洗い出していきます。

この方法で算出した自社の企業価値や、売却予定の企業価値相場を基準にして、会社売却を検討していくので、自社分析も戦略のひとつともいえるでしょう。

②会社売却の目的

会社売却の目的を明確化して戦略を立て、その目的を達成できるように対策をしていく必要があります。

経営者が会社売却を検討するときの目的としては、「後継者問題の解決」「一つの事業に集中し利益拡大」「事業拡大のための資金調達」など様々なものが考えられます。

目的を明確にすることで、会社売却で得られるメリットを最大化させるための戦略を立てることも可能になります。


また、会社売却をする対象企業の選定などが行いやすくなるため、重要な会社売却の戦略の一つといえるでしょう。

③市場調査

事業の市場調査をすることで、自社だけではなく他社の動向を知ることができます。

市場調査では業界全体の状況を把握して、自社の需要や業界の成長性や顧客ニーズを知り、事前に会社売却によるリスクや成功・失敗を想定することができます。

また、会社売却の目的では想定していなかったメリットなどにも、気づくことができるので、市場調査は会社売却の戦略としても重要なポイントとなります。

④戦略オプション案

戦略オプション案とは、M&Aを行う時にあらゆる可能性に備えて、戦略パターンをいくつか用意しておくことです。

いくつかの戦略を用意したら、中心となる戦略を基準にして進めていき会社売却で対象となる相手のニーズなどを想定し、状況に応じて対応できるように戦略オプション案をまとめていきます。

⑤財務・会計の不備確認

会社売却は、売却益に応じて課税されることがあります。

会社売却による税金は、対象企業両社にとっても大きいものとなるので、会社売却をスムーズに進めるためにも財務・会計に関してしっかりと把握しておく必要があります。

戦略を練り会社売却ができたとしても、後に会計の不備が発覚するようなことがあれば、成功したとは言い切れません。

このようなリスクを回避するためにも、財務状況を見直して財務・会計の不備をしっかりと確認しておきましょう。

⑥会社売却の手法

会社売却にはいくつかの手法があり、どの方法で会社売却をするのかは目的によって異なるので、戦略を練る際に考えておかなければなりません。

会社売却の方法としては主に以下のようなものがあります。

  • 株式譲渡
  • 事業譲渡
  • 会社分割
基本的にはこの3つの方法で会社売却をすることになりますが、メリットや手続きが異なるうえ対策法も様々なので、あらかじめ会社売却の手法を決めておき、その手法に合わせて戦略や対策を練っていくのが大切です。

⑦M&Aの専門家を選択

会社売却は自身のみで行うことは困難であるため、必ずM&Aの仲介業者やアドバイザリーなどの専門家に依頼するケースは多いです。

M&Aの専門家は、会社売却に関する手続きなどのサポートや、会社売却の対象相手探しなどを行ってくれるので、会社売却成功のためには専門家への依頼は必須ともいえます。

また会社売却を検討したときに、どのような戦略で進めていくのかなどの相談することも可能で、会社売却の目的確認も一緒に行い、戦略をたてることができます。

3. 会社売却を成功させる戦略・ポイント5選!

会社売却を成功させる戦略・ポイント5選!

会社売却は、しっかりと対策して戦略を練らなければ、成功させることが困難となります。

ここでは、会社売却を成功させる戦略とポイントを5つご紹介していきます。

①他社にはない強み・アピールポイントを持つこと

会社売却を検討したときは、戦略を立てる前にまず自社のアピールポイントを持つことが大切です。

会社売却を成功させるためには、売却先を見つけることが最重要事項となり、売却先がなければ様々な対策や戦略を練っていても意味を成しません。

売却先を見つけるためには、自社の強みやアピールポイントを持ち、そのアピールポイントを売り出すことが重要な戦略となります。

②事前準備を入念に行うこと

会社売却やM&Aをするときには、事前準備を入念に行い戦略を立てることが成功させるポイントとなります。

会社売却には様々な手続きがあり、柔軟に対応できるように準備し対策をしておかなければ、取引が途中で止まってしまったり、最悪の場合には中止となってしまったりする可能性もあります 。

会社売却は時期やタイミングが重要なポイントでもあるので、準備不足による失敗は好ましくありません。

トラブルなども視野にいれ、入念な準備と戦略を練っておくのが、会社売却を成功させるための重要なポイントとなります。

【関連】会社売却・企業売却に必要な準備と準備期間まとめ!

③企業価値評価を行い適正価格を知ること

企業価値評価の相場や適正価格を知っていないと、かなり安い条件で会社売却をしてしまったり、高値を望みすぎて会社売却のタイミングを逃してしまったり、という事態にもなりかねません。

このような失敗をしないためにも会社売却を検討している方は、自社の企業価値評価の相場や適正価格を把握しておくことが大切です。

④簿外債務などを事前に把握すること

会社売却を成功させるためには、トラブルになる要因について、未然に対策しておくことが大切です。

M&Aや会社売却で、後々トラブルになるものとして代表的なものは、簿外債務などの見落としがちな財務状況の部分です。

会社売却をする時には、必ず自社の財務表などに記載のない簿外債務の有無を確認し、事前に把握しておきましょう。

【関連】会社売却・M&Aで問題になる簿外債務とは?粉飾発見方法と対処方法

⑤会社売却の専門家に相談すること

M&Aや会社売却を成功させるためには、必ず必要となるのが専門家のサポートです。

会社売却は手続きなど困難なものが多く、専門家の協力が欠かせません。

会計、財務、法務などの専門知識を持った方に相談することで手続きが容易に行えたり、会社売却の手順もわかっているのでスムーズに行うことができます。

会社売却の戦略を専門家に相談することはトラブル対策にも繋がるため、大切なポイントともいえます。

会社売却のことならM&A総合研究所にご相談を!

M&A総合研究所は、会社売却・M&Aに関しての幅広い知識と豊富な経験をもった会計士が、会社売却の戦略や対策を徹底サポートします。

会社売却の手順や手続きを相談内容によってまとめるほか、会社売却先とのマッチングまで行なっており、手数料は業界最安値水準です。

無料相談も行なっているので、会社売却を検討している方はぜひお気軽にご連絡ください。

電話で無料相談WEBから無料相談
【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所

4. 会社売却の際で相場より高く売る戦略

会社売却の際で相場より高く売る戦略

会社売却を検討した時、誰しも相場よりも高く売ることを考えるはずです。

ここでは、会社売却で相場より高く売る戦略や対策を解説していきます。

①業界全体の株価や需要が高い時に売却する

会社売却の時相場よりも高く売りたいのであれば、業界全体の株価相場や需要が高い時に売却するこも、戦略のひとつです。

事業や会社売却は需要がない時には、全く売却まで辿り着けなかったり、会社売却そのものを諦めたりすることにもなりかねません。

結果として好ましくない状態になってしまわぬように、会社売却を検討したら業界全体の株価や需要が高い時に、なるべく早く会社売却するのことが大切です。

時期や事業が好調だからと言って会社売却のタイミングを遅らせると業界全体が落ち目になったとき売れなくなってしまうケースも少なくないので気をつけましょう。

②会社を精算しない

会社の精算をしてしまうと、事実上の解散を意味することになるので、企業価値が落ちてしまいます。

会社売却を検討している時に、会社の精算を行うのは好ましくないので、会社売却で少しでも相場より高く売るためにも、会社の精算はしないようにしましょう。

5. 会社売却の戦略手順

会社売却の戦略手順

この章では、会社売却の戦略や対策の手順を解説していきます。

会社売却をするときの重要なトラブル対策にも繋がることなので、しっかりと理解をしていきましょう。

①会社売却の専門家に相談する

会社売却の戦略やトラブル対策には、専門家に相談することが一番大切です。

会社売却の専門家は、M&Aに関わる業務などのサポートしてくれたり、アドバイスをしくれたりし、様々な企業があります。

①M&A仲介会社

M&A仲介会社は、会社売却や事業譲渡などの業務をサポートしてくれる仲介業者です。

会社売却のときには、買い手と売り手の両方の立場にたち、両者の利益が最大限になるように戦略立案や交渉、手続きなどを行います。

【関連】中小企業の会社売却を解説!中小企業のM&A仲介オススメは?

②M&Aアドバイザリー

M&Aアドバイザリーとは、会社売却などのM&Aを行う時、専属的に業務をサポートしてくれる会社です

M&Aに関する専門的な知識を持っているので、様々な角度から経営者の悩みを把握し、最も良い形で会社売却ができるように戦略を練ってくれます。

③マッチングサイト

マッチングサイトの活用も、会社売却の戦略の一つです。

中にはマッチングサイトを運営しながら、アドバイザーとしても業務を行っている業者もあり、そのようなM&Aや会社売却に特化した専門家に相談することで、会社売却の成功に繋がります。

マッチングサイトでは、買い手と売り手が興味をもった相手にアプローチができるので、売却の機会が増えやすくなります。

④金融機関・証券会社

金融機関や証券会社も、会社売却の専門家として相談を受け付けています。

大型案件を主に取り扱っていることが多く、中小企業の会社売却は扱っていない場合もありますが、M&Aの専門家であるため、相談先として活用できることを覚えておきましょう。

⑤公的機関・事業引継ぎセンター

各地方の公的機関や事業承継センターへ相談することで、会社売却の相手先を見つけたり手続きのサポートをしてもらったりすることができます。

中小規模の案件などは費用が安いた、めこのような専門家に相談するのも一つの戦略として覚えておきましょう。

⑥税理・会計・法務事務所

税理士や会計士や法務事務所は、会社経営に携わるプロの集団です。

M&Aはもちろん、会社売却にも豊富な知識をもった専門家が多く存在するので、会社売却の戦略として相談先に望ましいとされています。

②会社売却について専門家と戦略を練る

会社売却をするにあたって専門の業者を決めたら、その専門家と実際に会社売却の戦略を練っていきます。

このとき、どのような目的があって会社売却をするのかや、どのような相手に会社を売却したいのかなどを相談し決めていきます。

③会社売却に関する委託契約

会社売却の戦略を専門家と練り、会社売却を決行していくことになったら、委託契約を結ぶことになります。

M&AではM&Aアドバイザリー契約などと呼ばれるもので、自社の情報を共有することになるので秘密保持契約や委託料についての契約を締結し、会社売却をしていくことになります。

④会社情報の提供

会社売却の専門業者などと委託契約が済んだところで、自社の財務状況や事業情報などを共有していきます。

この情報提供により、これから先会社売却を進めていく上での戦略の立て直しなどを行います。

⑤自社の企業評価算定

会社の情報を専門家に提供したら企業価値の算定をしてもらい、実際に売却する代金を決めていきます。

相場や経営状況などを判断して、適切でより売却しやすい価格となるよう、専門家と相談していきます。

【関連】会社売却、M&Aの相場を解説!企業評価とは?

⑥会社売却先の選定

企業価値の算定が終わると、それに適した会社売却先を選定していくことになります。

M&A仲介会社などと契約している場合には、ノンネームシートという匿名の企業概要書などを送り、興味をもっている相手にアプローチをしていきます。

⑦企業概要書の作成

会社売却の候補が見つかれば、会社名や詳細情報の入った企業概要書の作成をします。

そして会社売却先候補は、企業概要書を見て取引を進めていくかどうかを決めていきます。

⑧候補先への打診

会社売却先候補に企業概要書を提出したら、その候補先にアプローチをします。

M&A仲介会社などの専門家に依頼して行うことが通常で、自社の強みや買収のメリットを説明し、会社売却を進めていくのかお互いに検討をしていきます。

⑨自社の会社情報の作成及び、提示

候補先への打診をして会社売却の話がまとまってきたら、自社の財務状況などが載った会社情報を相手側に提示します。

ここまで話が進んでいる場合、相手側とも秘密保持契約書を締結する必要があるため、M&A仲介業者と相談しながら、細かな手続きも進めていく流れとなります。

⑩トップによる会談

M&Aや会社売却では必ず一度はトップ同士の面談の機会があります。

ここでは、自社への思いや事業の行方などをお互いに話し、書類上ではわからない部分まで理解しあうようにしていくことが大切です。

またトップ同士の面談の機会は、クロージングまでこの一度きりの場合が多いので、しっかりと考えを伝え合うようにしなければなりません。

⑪意向表明書の提示

意向表明書とは、会社売却にあたっての売却代金や約束事項を誓約する書類のことで、これまでトップ面談などを通して決めたことを文書として残しておきます。

意向表明書の提示段階では、独占交渉権を設けるなどの手続きが行われることが一般的です。

⑫会社売却の価額等の交渉

会社売却先候補への意向表明を終えたら、最終的な売却代金の価格などの交渉をしていきます。

買い手は少しでも安くしたいと考えているので、交渉に対しての対策を考えておき、少しでも高値で売却できるように戦略を練りましょう。

⑬基本合意書の締結

会社売却についての基本的な内容に対象企業が合意をし、それぞれが社内での承認を得たら基本合意契約を締結し契約の手続きをしていきます。

基本合意書では、手法や対象事業・売却代金や支払い方法・タイミングを記載しデューデリジェンスに関する合意や秘密保持契約などについても契約をします。

⑭会社売却先によるデューデリジェンス

M&Aや会社売却のとき、必ず手順の中に入るのがデューデリジェンスです。

デューデリジェンスとは、買収監査と同じで書類上に記載のない簿外債務や、書類上ではわからない会社の現状を調査を行うことです。

売り手はこの時、虚偽の報告などをしてしまうと後々のトラブルになりかねませんので、誠実に対応していくことが大切です。

【関連】M&AにおけるビジネスDD(デューデリジェンス)とは?手法と目的を解説!

⑮最終条件の交渉

買い手側のデューデリジェンスが終わると、最終的な条件交渉に移り、書類上ではわからなかった状況なども含めて買い手側との売却代金の交渉をしていきます。

ここでは、ほぼ売却は決まっている状態にあると言えるので、交渉を長引かせずにおとしどころをつけて交渉をしていく戦略をとることが大切です。

⑯会社売却の最終契約書の締結

会社売却の契約上の手順で一番最後となるのが、この最終契約書の締結です。

これまで解説してきた内容を細かなところまでひとまとめにして、最終的な会社売却に関する取り決めを契約書で締結します。

この最終契約書の締結の時の戦略としては、これまで条件交渉や面談で話し合ってきた内容の締めくくりになるので、互いに虚偽の報告などがないことを再確認していくことが重要です。

⑰クロージング

最終契約書の締結が終わり、売却代金の支払日や支払いが終えると会社の引き渡しとなります。

このときにトラブルをなくす対策としては、スケジュールや手続きの手順をしっかりと把握し計画的に引き継いでいくことが大切です。

6. 会社売却の戦略を立てる際におすすめの書籍

会社売却の戦略を立てる際におすすめの書籍

会社売却の戦略についてここまで解説していきましたが、このような会社売却の戦略を立てるのに必要なことがまとめてある書籍を紹介させていただきます。

この書籍で会社売却の戦略を学び、実際に会社売却をするときに成功に少しでも近づける準備をすることができます。

【関連】会社売却のオススメ本10選!

損をしない会社売却の教科書~中小企業のためのM&A戦略~

この書籍はM&Aの正しい知識をつけ、しっかりと戦略を練り最大限のメリットを得られるようになるためのM&A戦略本です。

オーナー経営者にとって会社は人生の半分ともいえ、その会社を手放すことを全て業者に投げやりにするのではなく、経営者自身もM&Aを理解し大切な会社の売却が最大限成功するように戦略を練れるようになるために作られています。

経営者側に注目して会社売却の戦略だけではなく、基礎知識まで解説しています。

損をしない会社売却の教科書~中小企業のためのM&A戦略~ | 江野澤 哲也 |本 | 通販 | Amazon

7. まとめ

まとめ

会社売却の戦略についてまとめてきましたが、会社売却は経営者としてその会社での最後の大仕事であり、それ以降の人生にも関わって来るものです。

この戦略などを立てずに行うと、会社売却に失敗したり後々トラブルになってしまい大きな損失になりかねません。

会社売却を検討しているかたは、手順や手続きなどをしっかり理解して専門家と相談し合い、最大限の利益やメリットを得られるように戦略を練っていくことが大切です。

M&A仲介会社は、会社売却のサポートとして、買い手と売り手の両方の立場にたち、両者の利益が最大限になるように戦略立案や交渉手続きなどを行います。


無料相談も行っていますので、会社売却をご検討の方は、お気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ