事業譲渡・事業売却の戦略策定方法!目的や注意点も解説!事例あり

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

事業譲渡・事業売却の目的を達成してメリットを最大限得るには、戦略の策定が欠かせません。戦略策定は手間と時間がかかりますが、大きな効果も得られます。本記事では事業譲渡・事業売却の戦略策定方法や手続きの流れ、事業譲渡・事業売却の事例などについて解説します。

目次

  1. 事業譲渡・事業売却の戦略策定とは?
  2. 事業譲渡・事業売却における戦略策定の目的
  3. 事業譲渡・事業売却戦略の策定方法
  4. 事業譲渡・事業売却までに会社の売却価値を高める方法
  5. 事業譲渡・事業売却における戦略策定の注意点
  6. 戦略的事業譲渡・事業売却の流れ
  7. 事業譲渡・事業売却をM&Aコンサルタントに依頼するメリット
  8. 【参考】事業譲渡・事業売却戦略の事例10選
  9. 事業譲渡・事業売却の相談はM&A総合研究所へ
  10. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 事業譲渡・事業売却の戦略策定とは?

事業譲渡・事業売却の戦略策定とは?

事業譲渡・事業売却の戦略策定とは、事業譲渡・事業売却の目的と方向性を定め、求める結果と現状のギャップを埋めるための計画のことです。

自社や競合、業界の現状を分析し、事業譲渡・事業売却をする目的を定めます。その後、自社のメリットを最大化できて、実現可能性が高くなるような、事業譲渡・事業売却の戦略を絞り込んでいくのです。

本記事では事業譲渡・事業売却の戦略を策定する流れや、実際に企業が戦略的に事業譲渡・事業売却を実行している事例、売買価格をアップさせる方法をご紹介します。

まずは、戦略を策定する目的から明確にしていきましょう。

【関連】事業売却とは?会社売却との違いやメリット・デメリットを解説!

2. 事業譲渡・事業売却における戦略策定の目的

事業譲渡・事業売却における戦略策定の目的

事業譲渡・事業売却の戦略を決める目的は、得られるメリットを最大化するためです。

他のM&A手法と比べて、事業譲渡・事業売却の戦略策定には手間と時間がかかります。ですから、戦略の策定をしておくことで、手間と時間を減らして最大限までメリットを得られるようになることを目的とするのです。

事業譲渡・事業売却はメリットがある一方、的確に行わないとリスクもあります。戦略が失敗してしまった場合、事業譲渡・事業売却成立までに長く時間がかかってしまったり、相場より安い金額での売買になってしまうかもしれません。

そのため戦略を策定する際は、公認会計士や税理士、その他M&Aの専門家に相談しリスクを抑えて事業譲渡・事業売却の恩恵を得られるようにしてみてください。

きちんとした戦略を策定すれば、譲渡資金を十分に得ることができる、事業譲渡・事業売却にかかる手間や時間を短縮できる、経営陣や従業員の不安や不満を減らすことができる、などのメリットが得られるはずです。

3. 事業譲渡・事業売却戦略の策定方法

事業譲渡・事業売却戦略の策定方法

事業譲渡・事業売却戦略の策定にはステップがあります。
 

  1. 自社の分析を行う
  2. 事業譲渡・事業売却の目的を明確にする
  3. 市場調査を行う
  4. 事業譲渡・事業売却の戦略オプション案をまとめる
  5. 財務や会計を踏まえて点検する

ここからはそれぞれのステップについて解説しますので、ぜひ戦略作りに役立ててください。

ステップ1.自社の分析を行う

事業譲渡・事業売却の戦略を決める際には、まず自社の分析を行います

なぜなら、自社の状態を正しく把握しなければ、事業譲渡をする目的が明確にならないからです。目的をはっきりさせておかなくては、譲渡先を見つけることができても目的が達成できません。場合によっては最適な譲渡先を見つけることも難しいでしょう。

例えば、自社商品・サービスの売り上げ、シェアなどの現状把握から、人材、営業力、技術力、ブランド力などさまざまな項目を設けて強み・弱みを洗い出してみてください。

こうして算出した自社の企業価値や売却予定の企業価値を基に、本当に事業譲渡が必要な状態であるのかを考えていきます。本当に必要であれば、なぜ必要なのかの目的を考えてみましょう。

ステップ2.事業譲渡・事業売却の目的を明確化

先ほどお話したように自社の洗い出しが済めば、目的を明確にする必要があります。

目的によって戦略も変わってきますから、代表的な目的の参考を例として挙げるので検討してみてください。

買い手側の目的

買い手企業は事業譲渡によってさまざまなメリットが得られます。

例えば、同業種の事業を取得することによって事業規模や販売網の拡大を狙う動きが可能です。海外の事業を取得すればそれをきっかけに海外進出もできるでしょう。

他にも、他業種の事業を取得して新規事業に参入することもできます。また、優秀な人材や高度な技術を手に入れることで人材シナジー、技術シナジーなどのシナジー効果が得られます。

買い手はこのような目的をもって動くことが多いです。

売り手側の目的

売り手側にも事業譲渡・事業売却によって多くのメリットがあります。

例えば、事業譲渡によって残ったコア事業や成長事業に集中投資が可能です。また、事業譲渡で得た売却益による資金調達もできるでしょう。

よくある従業員のリストラは経営者にとって苦しい選択ですが、事業譲渡によって従業員の雇用先を確保できる可能性もあります。他にも、後継者問題を解決するために事業承継の手段として活用することも。

このように、売り手側は抱えている経営課題を解決するためを目的とすることが多いです。

特殊な目的

特殊な目的をもって事業譲渡を検討している場合もあります。

例えば、事業譲渡・事業売却は企業再生やグループ企業内の組織再編として検討している場合などです。不採算事業を切り離して事業譲渡することで、経営を立て直すきっかけになります。

事業譲受側の企業は、事業を立て直すことができれば資金面や時間面にゆとりを得られるのです。

M&Aの繰り返しでグループ企業が肥大化した場合は、子会社間で事業譲渡したり子会社に事業を親会社に事業譲渡したりすることでグループ企業を整理することもできるでしょう。

ここまでお話した通り、目的に応じて選ぶべき事業譲渡のパートナーは変わってきますので、まずは事業譲渡で目指すべきゴールの設定を考えてみてください。

ステップ3.市場調査を行う

事業譲渡・事業売却を検討する際は、自社だけでなく他社や売却する事業の業界自体を調査する必要があります。

例えば、譲渡予定の事業自体に買い手需要があるのかを、業界の成長性や顧客のニーズなどから分析してみてください。また、競合のシェアや特徴、自社のポジションなどを見定めてみるのも良いでしょう。

市場調査を行うことで、事前に事業譲渡・事業売却の成功、失敗リスクを想定することができます。気付いていなかったメリットや戦略方針などが見えてくることもありますので、積極的にリサーチは行うべきです。

ステップ4.事業譲渡・事業売却の戦略オプション案をまとめる

事業譲渡・事業売却の目的が定まり、自社と業界の現状分析が済んだら、戦略オプション案をまとめます。

戦略オプションとは、M&Aを行う際に起こり得るあらゆる可能性に備えて、戦略のパターンをいくつか用意しておくことです。複数用意しておくことで、思わぬシナジー効果やメリットを得られる可能性を高めていきましょう。

そして、いくつかの戦略を用意したら中心となる戦略を基に進めていきます

M&Aでは買い手側と売り手側でメリット・デメリットに違いがあるのです。例えば、売り手はなるべく高く事業を売却したいと考え、買い手はなるべく安く事業を取得したいと考えます。

そうすると、売り手と買い手のメリット・デメリットは対立することが多くなり難航してしまうでしょう。また、買い手が事業を手に入れたいと考える目的や、事業を取得する条件などによっても売り手の対応は変わります。

このような、さまざまな状況に対応するために戦略オプション案をまとめておくと良いです。

ステップ5.財務や会計を踏まえて点検する

事業譲渡・事業売却する側には売却益に応じて法人税が、譲受側には消費税がかかります。

他にも不動産取得税や登録免許税が発生する場合もあるでしょう。

こうした税金の支払いは、譲渡企業、譲受企業両社にとって大きな出費となります。ですから、事業譲渡・事業売却の交渉を円滑に進めるためにも、あらかじめ税金がどのくらいになりそうか把握しておく必要があるでしょう。

税務や法務などに不安を感じるのであれば、専門家に依頼することも検討してみてください。

【関連】事業譲渡・事業売却の際の社員・従業員の待遇まとめ!退職金や給与はどうなる?

ここまで戦略の策定方法についてお話してきました。

ある程度の戦略がまとまれば、事業譲渡に移りたいと考える人も多いかと思います。しかし、現在の状態でいきなり事業譲渡に動き出しても納得のできる利益が得られるとは限りません。

そこで、次の項目で譲渡価格を最大限に引き出すための方法についてお話していきます。

4. 事業譲渡・事業売却までに会社の売却価値を高める方法

「事業譲渡をするならなるべく高い価格で売却したい」と考えている経営者は多いでしょう。

事業譲渡・事業売却において売買価格をアップさせる方法は、以下の通りです。

  1. 様々な買い手と価格について話し合う
  2. 会社の収益性が高い時に売却を行う
  3. 売却対象の事業に最後まで力を入れる
  4. 優秀なM&Aアドバイザーに相談する

売却価格を上げるため、早めに戦略を立てておきましょう。

ポイント1.様々な買い手と価格について話し合う

ある程度の相場はあるものの、買い手の判断によって売買価格は大きく異なってきます。

買い手が売り手を評価するとき、チェックするポイントは以下の通りです。
 

  • 自分の会社とのシナジー効果が見込めるか
  • 事業に将来性はあるか
  • 優秀な人材はいるか
  • 価値の高い設備などを持っているか

買い手の重視するポイントは目的によって様々ですので、様々な買い手に価格の判断をしてもらうことが大切です。買い手Aから500万円だと言われた事業も、別の買い手から1,000万円の価値があると評価されるかもしれません。

可能であれば複数の買い手と話し合い、最も提示価格の高い買い手を有力候補とするのが良いでしょう。

ポイント2.会社の収益性が高い時に売却を行う

買い手が最も重要視するのは、会社や対象事業の収益性です。

収益も出ておらず、改善も見込めない事業をボランティアで買ってくれる企業はほとんどありません。特に多くのお金が動くM&Aにおいて買い手はなるべく失敗したくないと考えているので、収益性が低い場合具体的な話し合いに応じてもらえない恐れもあります。

事業譲渡を円滑に進めるため、早めに経営改善を行い会社の価値をアップさせることが大切です。事業譲渡の具体的な話し合いに入る前に、債務の解消、コスト削減などを行うと良いでしょう。

現時点で収益をアップさせるのが難しい場合、会社の将来性をアピールし事業の魅力を伝えてみてください。将来性のある事業だと買い手に判断されれば、売買価格の大幅アップも見込めます。

ポイント3.売却対象の事業に最後まで力を入れる

社内の話し合いで事業を売却すると決めた後、対象の事業をおざなりにする企業も少なくありません。しかし売却対象となる事業で手を抜いてしまうと、事業の収益性が大きく下がり売買価格も低下してしまいます。

売却価格が決まる前、事業の収益性が下がっている状態だと「将来性がない」「業績が悪化している」と判断され買い手が見つからないかもしれません。

多額の投資や、新たな人材投入を行う必要はありませんが、収益性をキープするため売却を決めた後でも力を抜かず事業を継続させておきましょう。

ポイント4.優秀なM&Aアドバイザーに相談する

売買価格を少しでもアップさせるために有効なのは、M&A専門家からのアドバイスです。

適切なタイミングや買い手の選び方についてアドバイスをもらえれば、会社にとってベストな選択を行えます。小規模の案件であっても、優秀なアドバイザーに相談すれば売買価格の大幅アップを狙うことも可能です。

またアドバイザーによっては買取価格が少しでもアップするよう、経営改善のアドバイスも行ってくれます。買い手から注目されやすい、魅力的な会社作りを行い事業の価値を高めましょう。

もし、アドバイザーがどこにいるかわからない、どこに相談するべきか悩んでいるということであれば『M&A総合研究所』へご相談ください。

知識と経験豊富な専門家が、現在の企業価値を無料で算定し、どうするべきか的確にアドバイスとサポートを致します。相談料も無料となっておりますので、お気軽にお声掛けください。

※売却価格の相場ってどのくらいになるの?と気になる方は以下の記事でまとめています。

【関連】事業売却・会社売却の相場は?金額の決め方と高く売る方法を解説【事例あり】
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

5. 事業譲渡・事業売却における戦略策定の注意点

事業譲渡・事業売却における戦略策定の注意点

事業譲渡・事業売却の戦略策定における注意点は、急ぎすぎて焦らないことです。

戦略を策定することはとても重要ですが、焦りが出てしまうと正しい判断はできなくなります。

例えば、目的は明確になり、これから買い手企業を探したいと考えているとしましょう。確かにこのままいけば買い手企業を見つけて売るだけに見えるかもしれません。

しかし、税金の支払いや手続きのリスクには注目できているでしょうか

事業譲渡はただ手続きをすれば良いものではなく、節税対策から手続きにおけるトラブルを未然に防ぐなどさまざまなことを検討して戦略に盛り込む必要があります。

また、焦らずじっくりと策定できれば、今まで気付いていなかった情報や発想が得られることもあるでしょう。

ですから、本当に事業譲渡をすべきか、目的を明確化したことによりどこに頼るべきかなど細かく検討してください。何度も言いますが、焦っては失敗やトラブルを引き起こしてしまいます。

できる限り専門家に依頼するなど丁寧に策定するよう心がけてみてください。

このように、焦らず決めるためには流れを知っておくことも必要です。わかりやすく解説するので、落ち着いて確認してみてください。

6. 戦略的事業譲渡・事業売却の流れ

戦略的事業譲渡・事業売却の流れ

戦略策定は、法令的には必ずしなくてはならないものではありませんが、納得できる事業譲渡をしたいのであれば必須です。

ですから、事業譲渡・事業売却に関する法令で定められた手続きを知って策定しやすい環境を整えてみましょう。

  1. 事業譲渡・事業売却の戦略策定
  2. 事業譲渡先の選定
  3. 事業譲渡先への提案
  4. 取締役会で検討
  5. 基本合意書の締結
  6. 買い手側のデューデリジェンス
  7. 事業譲渡契約書の締結
  8. 株主への説明
  9. 事業譲渡契約の完了

これら戦略策定を含めた事業譲渡・事業売却の流れを解説します。

流れ1.事業譲渡・事業売却戦略の策定

事業譲渡・事業売却を検討し始めたら、まずは戦略を策定します。

自社の現状を把握し、業界や競合の分析をしましょう。

メリット・デメリットを見極め、他の可能性も洗い出したうえで、事業譲渡が戦略的に最も有効だと判断されれば具体的な手続きに進みます。

流れ2.事業譲渡候補の選定

次に、譲渡先を選び出していきます。

社内にM&Aを行う部署があるのであれば別ですが、基本的にはM&A仲介会社などの専門家に依頼するのが一般的でしょう。なぜなら、自社の価値を正しく把握し、最も効果的な買い手候補を見つけるのは簡単ではないからです。

専門家であれば、独自のプラットフォームや情報網を活用してさまざまな分野から買い手を紹介してもらうことができます。これにより、目的を達成しやすい買い手を見つけることも可能です。

相手企業の現状や事情、これまでのM&Aの実績などを総合的に判断しながら、候補を絞り込んでいきましょう。

流れ3.譲渡先への提案

譲渡先を選定したら、交渉を始めます。

交渉の際は、売却額も重要ですが、事業譲渡後も良い関係を築いていけそうな相手なのか、経営者同士の理念や相性、従業員も譲渡する場合は雇用や待遇をしっかり守ってくれるかなど、さまざまな面から交渉を進めてみてください。

また売買価格アップのため、今までの実績や従業員の優秀さなど、会社にとってプラスになることはどんどんアピールしていきましょう。

流れ4.取締役員会などでの検討

当事会社は、交渉の内容を基に取締役会で承認を得る必要があります。

取締役会で案件を検討し承認が得られれば、契約の手続きに入っていきます。

流れ5.基本合意書締結

両社が基本的な内容に合意し、それぞれ社内で承認を得られれば、基本合意契約を締結して契約の手続きを進めていきます。

基本合意書では、用いられる手法や対象事業、金額、支払いタイミングなどを記載するのです。また、デューデリジェンスに関する合意や秘密保持契約などについても契約しましょう。

流れ6.買い手側によるデューデリジェンス

譲受企業は譲渡企業についてさまざまな面から企業調査を行います。デューデリジェンスは税理士や会計士などの専門家と共に行われるのが一般的です。

専門家であれば、リスクまで丁寧に調査することができます。これにより、譲渡後に知らなかったなどのトラブルを防ぐことができますので、できる限り依頼するようにしてみてください。

売り手企業が事前に公表していなかった重要な要素が出てくることもあります。デューデリジェンスによって合意内容に変更が必要になった場合は、交渉しながら内容を修正していきましょう。

流れ7.最終契約書の締結

デューデリジェンスにより契約を細かいところまで詰めたら、取締役会で承認を得たうえで事業譲渡契約書を締結します。

事業譲渡契約書には、法的拘束力がある事項と、法的拘束力はないものの、両社にとって重要な契約内容として記載するのです。

譲渡企業が虚偽の情報を伝えていたり重要な情報を隠していたりすると、譲受企業に損害が出る可能性があります。裁判などの大きな問題にもなりかねませんから、丁寧に進めていきましょう。

流れ8.株主への説明

事業譲渡契約が締結されたら、株主にから承認を得る必要があります。

そのため、官報広告や電子公告で告知したり、株主に個別通知を送るなど株主総会を開けるように動き出してみてください。この時、反対株主には株式買取請求権があることも伝えます。

株主総会の特別決議は、事業譲渡の効力発生日前日までに行わなければなりません。

流れ9.クロージングにて事業譲渡の成立

効力発生日までに全ての手続きが完了していれば、事業譲渡契約は完了です。

その後は速やかに実際の事業譲渡を進めていきます。譲渡後も引き継ぎなどがあることからすぐに終わるわけではありません。

丁寧に事業を引き継ぎし、今後の経営が問題なくできる状態になるまでは譲渡先に協力しましょう。

ここまで流れをお話してきましたが、不明な点や不安なところもあるかと思います。自信をもって進められるほどしっかりと考えなくては、事業譲渡に失敗してしまう可能性は捨てきれません。

ですから、M&Aの専門家に相談することも検討してみてください。次の項目で依頼することで得られるメリットについてお話しますので、確認しておきましょう。

【関連】経営者がM&A・会社売却・事業譲渡する理由15選!

7. 事業譲渡・事業売却をM&Aコンサルタントに依頼するメリット

事業譲渡・事業売却をM&Aコンサルタントに依頼するメリット

事業譲渡・事業売却を戦略的に進めて目的を達成するには、税理士や会計士、弁護士やM&Aコンサルタントなど、専門家の協力が欠かせません。

なぜなら、専門知識がなければ予測できないトラブルなどもあるからです。

ここで、M&Aコンサルタントに依頼することで得られるメリットを確認していきましょう。

  1. 幅広いネットワークで買い手を見つけられる
  2. 誠実さがあることで交渉を有利に進められる
  3. スピーディに事業譲渡を完了できる

それぞれわかりやすく解説していきます。

メリット1.幅広いネットワークで買い手を見つけられる

M&Aコンサルタントが所属している場所であれば、幅広いネットワークで買い手を見つけることができます。

なぜなら、独自のプラットフォームや情報網を持つことから多くの企業とコンタクトを取っているからです。海外企業まで含めて紹介できるコンサルタントに依頼すれば、海外進出も狙うことができます

戦略で策定した目的に合わせた買い手を見つけるのは簡単なことではありません。

ですから、幅広いネットワークを持つコンサルタントに依頼することで適切な買い手へと売却ができるようにするのです。

自身で買い手を見つけるのに時間がかかれば、それだけ事業譲渡も遅れてしまいます。スピーディに進めたい人からしても大きなメリットとなるでしょう。

メリット2.誠実さがあることで交渉を有利に進められる

M&Aコンサルタントは、専門家ですから誠実に交渉へと向かいます。

そうすると、自社に有利な条件だけを押し付けてしまうことなく、相手にもメリットがあることを伝えられることでスムーズに交渉できるようになるのです。

条件の交渉に失敗してしまうと、せっかく譲渡できても目的を達成できなかったということも十分にあり得ます。ですから誠実に交渉してもらうことのできるコンサルタントが力強い味方となるのです。

自社のアピールを最大限にするためにも効果的ですから、コンサルタントに頼ることも検討してみてください。

メリット3.スピーディに事業譲渡を完了できる

M&Aコンサルタントであればスピーディに事業譲渡を完了できます。

なぜなら、手続きから交渉、法務・税務に至るまで多くの知識を持っていることから失敗が少ないからです。失敗が減るだけでも、やり直ししなくて済みますから時短できます。

それだけではありません。未然にトラブルを防ぎ安全に進めるためにも知識は必要となってくるのです。

ですから、急いでいる人ほどコンサルタントに頼るべきでしょう。報酬は必要となりますが、時間がかかることで無駄な出費をしてしまうよりも有益です。

もし、M&Aコンサルタントはどこに依頼すべきなのかわからないということでしたら『M&A総合研究所』へご相談ください。M&Aコンサルタントに限らず、会計士から弁護士などM&Aをスムーズかつ安全に進められる専門家が揃っております。

相談料は無料、M&Aが成立するまでは費用もかかりませんので手持ちが不安な方でもご利用いただけるのも特徴です。まずはお気軽にお声掛けください。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

8. 【参考】事業譲渡・事業売却戦略の事例10選

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選

ここからは事業譲渡・事業売却を戦略的に行なっている事例を10選としてご紹介します。
 

  1. NTTグループ
  2. 東芝
  3. AKS
  4. サイバーエージェント
  5. ヤマノホールディングス
  6. ニチレイ
  7. ソフトバンクグループ
  8. 楽天
  9. ファウンダー
  10. Peing-質問箱

戦略を策定するときの参考にもなりますので、確認してみてください。

事例1.NTTグループの事業譲渡戦略

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選①

2017年にNTTグループは、人材派遣事業などを行うパソナグループに6社の人材サービス会社を株式譲渡と事業譲渡しました。

これによりNTTグループは人材派遣や業務委託、社員の教育などを切り離し、パソナグループのノウハウによって社員の働き方を効率化することができます。

またパソナグループは、NTTグループに対してこれまで行ってきたサービス提供をさらに拡大できる他、NTTグループのノウハウや営業範囲を拡大することが期待できるでしょう。

事例2.東芝の事業譲渡戦略

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選②

東芝はアメリカでのLNG(液化天然ガス)事業から撤退し、中国の大手ガス会社に売却することを決定しました。東芝のLNG事業は1兆円の損失が出るとも言われていました。

今回の売却で東芝の損失は約930億円に抑えられることになります。従業員も大幅に削減してコスト削減を行い、資金をIoT分野などの成長分野に集中させる中期計画も発表しています。

しかし現在2018年現在中国とアメリカの貿易戦争が続いていることから、中国企業への売却が許可されるか不安視する声もあります。

事例3.AKSの事業譲渡戦略

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選③

総合エンターテインメント事業を手がける株式会社KeyHolderは、芸能プロダクションの経営などを行う株式会社AKSから、アイドルグループSKE48事業を承継する事で合意しました。

KeyHolderはライブ・イベントスペースの開設・運営やテレビ番組制作事業、エンターテインメントコンテンツの企画・開発・制作事業などを展開しています。

AKSはKeyHolderとの接点を持つことで、SKE48事業を始めアイドルグループの運営・管理事業のさらなる発展が見込めるでしょう。

事例4.サイバーエージェントの事業譲渡戦略

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選④

2016年にサイバーエージェントは、テレビ朝日との共同出資で設立した株式会社AbemaTVに、サイバーエージェントが運営していた映像配信事業であるAbemaFRESH!を事業譲渡しました。

サイバーエージェントはAbemaTVを会社の中核事業として、経営資源の多くをAbemaTVに投入しています。多額の赤字を出しながらも他の黒字事業で埋め合わせながら運営し、将来の収益化を目指していく狙いです。

事例5.ヤマノホールディングスの事業譲渡戦略

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選⑤

美容事業や和装宝飾事業などを展開するヤマノホールディングスは、2017年RIZAPにスポーツ事業を事業譲渡しました。

ヤマノホールディングスは積極的なM&Aで事業規模を拡大してきましたが、不採算事業を切り離して既存事業、成長事業に集中投資するために事業譲渡を行ったのです。

しかし同じくM&Aで会社を急拡大させてきたRIZAPは、M&Aによって取得してきた事業を育てることができずに大幅な赤字を計上しています。

事例6.ニチレイの事業譲渡戦略

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選⑥

2009年、加工食品事業などを行うニチレイは、子会社のニチレイフーズが行なっていたアセロラ飲料事業をサントリー食品に事業譲渡しています。

アセロラは需要のある商品ですが、飲料販売は販売網の広さが重要な事業であるため、ニチレイは事業譲渡を決定しました。

2015年にはJTも同じ理由から、桃の天然水などの飲料事業をサントリー食品に譲渡しています。サントリーは国内飲料市場のシェアでトップを目指していて、M&Aなどを活用してトップシェアのコカコーラを追いかけています。

事例7.ソフトバンクグループの事業譲渡戦略

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選⑦

ソフトバンクグループは、一部の商標権や事業分野を子会社のソフトバンク株式会社に事業譲渡しました。

ソフトバンクグループは積極的なM&Aで成長してきましたが、最近では組織の事業再編を行い、子会社であるソフトバンクに資源を集中させ始めています。

2018年12月にソフトバンクが上場するなど、モバイル事業に力を入れていくことになるでしょう。

事例8.楽天の事業譲渡戦略

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選⑧

2018年、楽天はウェディング事業を行う楽天ウェディングを、グループ会社の株式会社オーネットに事業譲渡しました。

オーネットの結婚相手マッチング事業と楽天ウェディングの結婚式情報サービスが融合することによって事業シナジーが期待できます。

さらに、2018年12月に楽天はオーネットを投資ファンドに株式譲渡しました。楽天ウェディングがオーネットに事業譲渡されているので、高い企業価値で売却することができています。

事例10.ファウンダー株式会社の事業譲渡戦略

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選⑨

アフィリエイトサイトを運営していたファウンダー株式会社(旧:株式会社ユービジョン)は、資金調達のポータルサイト「資金調達プロ」を上場企業に6億2000万円で事業譲渡しました。

ファウンダーでは、サイトの事業譲渡経験を基にWEBサービスやサイトに特化したコンサルティング事業とM&A仲介サービスを開始しています。サイトM&Aや個人M&Aなどの小規模M&Aは近年増加していて、マッチングサイトも増えているのです。

ファウンダーのようにサイトM&Aによって資金を得て、さらに収益性の高い事業に投資していくという形は、今後日本でも増えていく傾向にあると言えるでしょう。

事例10.匿名質問箱Peingの事業譲渡戦略

事業譲渡・事業売却戦略の事例10選⑩

匿名質問サービス「Peing-質問箱」の個人運営者は、インターネットサービスの開発運営などを行う株式会社ジラフに「Peing-質問箱」を事業譲渡しました。

「Peing-質問箱」は2017年11月にリリースされてから、月間2億PVを達成するほどのWEBサービスとなりました。しかしこれ以上個人で開発運営していくことに限界を感じ、事業譲渡を決意しています。

9. 事業譲渡・事業売却の相談はM&A総合研究所へ

事業譲渡・事業売却を行いたいと考える会社は多数ありますが、買い手探しから契約まで全て自社で行うのは非常に難しいことです。

M&Aに少しでも興味があるなら、最初にM&A仲介会社に相談するのが良いでしょう。

M&A総合研究所では、中小・中堅企業を中心としたM&A仲介を取り扱っています

案件ごとに専任の会計士が就き、クロージングまでのフルサポートを提供しています。料金体系には完全成果報酬型(レーマン方式)を採用し、着手金や中間金は無料です。

手数料は業界最安値の水準に設定しているため、初期費用を抑えて事業譲渡を行うことが可能となります。

また、独自のAIシステム・ネットワークにより、最適なマッチングを提供し、平均3~6カ月ほどでクロージングを終えられるのも特徴です。

事業譲渡・事業売却をご検討の方は、お気軽にM&A総合研究所への無料相談をご利用ください

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

10. まとめ

事業譲渡・事業売却の戦略策定について解説してきました。

戦略を策定することで事業譲渡・事業売却の目的を達成できるだけでなく、譲渡後の経営にもメリットが得られます

戦略を策定する際は、まず目的を明確にし、自社の現状分析や競合や業界の分析をしましょう。そして最適な戦略をいくつか絞り込んだうえで事業譲渡・事業売却の手続きに進むのです。

経営状態の改善や経営資源の集中、グループ内の事業再編、譲渡先企業との関係構築、イグジット戦略など、ご紹介した事例でもそれぞれの目的達成のために事業譲渡・事業売却が用いられています。

戦略策定は手間と時間がかかりますが、専門家と共に戦略を策定することで、目的をスムーズに達成して大きなメリットを得る可能性が高くなりますので是非策定してみてください。

早めに戦略策定や準備を行い、売り手と買い手がお互い納得できる形での成約を目指しましょう

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ