金融・リース・レンタル業界の事業承継とは?事例やメリット、節税方法について解説

Medium
M&Aシニアアドバイザー
向井 崇

銀行系M&A仲介・アドバイザリー会社にて、上場企業から中小企業まで業種問わず20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、不動産業、建設・設備工事業、運送業を始め、幅広い業種のM&A・事業承継に対応。

金融・リース・レンタル業界の経営者がリタイアしたいなら、事業承継をしましょう。事業承継をすれば今後も会社は継続し、従業員を守ることができます。今回は金融・リース・レンタル業界の事業承継方法を解説!事業承継方法を確認し、円満リタイアを目指しましょう。

目次

  1. 金融・リース・レンタル業界の事業承継を急ぐべき理由
  2. 金融・リース・レンタル業界における事業承継の事例
  3. 金融・リース・レンタル業界で使える事業承継の方法について
  4. 金融・リース・レンタル業界のM&Aを活用して事業承継した場合のメリットとは
  5. 金融・リース・レンタル業界の事業承継にある注意点
  6. 金融・リース・レンタル業界の事業承継M&Aを成功させるポイント
  7. 金融・リース・レンタル業界の事業承継はM&A総合研究所に相談ください!
  8. まとめ
  • リース・レンタル会社のM&A・事業承継
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 金融・リース・レンタル業界の事業承継を急ぐべき理由

金融・リース・レンタル業界の事業承継を急ぐべき理由

初めに、金融・リース・レンタル業界の事業承継を急ぐべき理由について説明します。事業を実行に移さないままだと、思ったような買い手が見つけられなかったり会社を廃業せざるを得ない状態になってしまうのです。

金融・リース・レンタル業界の事業承継を急ぐべき理由は、以下の2つがあります。
 

  • 国内市場がこれ以上伸びにくい状況だから
  • 後継者を探しにくい状況だから

1つずつ、見ていきましょう。

理由1.国内市場がこれ以上伸びにくい状況だから

国内における金融・リース・レンタル業界市場はこれ以上伸びにくいと言われています。金融業界はゆるやかに伸びているものの、リース業界は国内需要の限界を迎えており、レンタル業界も一部の大手企業が市場を独占しているからです。

つまり、これからの国内金融・リース・レンタル業界が伸びるとは言いづらく、中小企業にとっては芳しくない状況と言えます。

そんな国内の金融・リース・レンタル業界の事業承継に悩む経営者も多いでしょう。実際に後継者問題に悩んでいる中小企業は多いので、M&Aを活用した第三者への事業承継が増加しています。

ですので、リタイアを検討しているのであれば、事業規模に関わらず事業承継について早めに考えておくべきです。

理由2.後継者を探しにくい状況だから

現在、国内の金融・リース・レンタル業界は後継者を探しにくい状況と言えます。市場が伸びることが見込めない業界の会社を引き継ぎたいという人はなかなか現れないからです。

また、事業承継には「親族内承継」「親族外承継」「第三者への外部事業承継」があります。しかし、親族内や従業員に事業承継をしても、教育機関や引き継ぎまでの期間を考えると5~10年ほど必要であるため、早めに事業承継をするべきなのです。

もし、今の段階で後継者が決定していなければ、M&Aを活用した第三者への外部承継も検討しましょう。本記事では、外部承継に関する内容を中心に解説していきます。

また、以下の記事では金融・リース・レンタル業界のM&Aについて紹介しています。詳しく知りたい人は、ぜひ確認してみてください。

【関連】【2020年最新】金融・リース・レンタル業界の動向やM&A・売却・買収の事例、ポイントを解説!

2. 金融・リース・レンタル業界における事業承継の事例

金融・リース・レンタル業界における事業承継の事例

これまで、金融・リース・レンタル業界の事業承継を急ぐべき理由を紹介しました。しかし、「実際にはどんな事例があるのか知りたい」という人もいるでしょう。

こちらでは、国内の金融・リース・レンタル業界の事業承継にある事例を紹介します。親族や従業員へ行う事業承継は、各社の内部事情があるので事例として参考にしづらいです。

そのため、今回はM&Aによる事業承継の事例を紹介します。M&Aとは、企業の合併と買収のことです。第三者へ事業承継をする場合は、M&Aを利用します。

今回紹介する事例は、以下の3つです。
 

  • 東岳証券によるOakキャピタルへの事業承継
  • ナカキンリースによる杉孝グループHDへの事業承継
  • マイムによるベルーナへの事業承継

1つずつ、見ていきましょう。

事例1.東岳証券によるOakキャピタルへの事業承継

  売り手企業 買い手企業
会社名 東岳証券 Oakキャピタル
事業内容 証券事業 独立系投資銀行
従業員数 14名 21人
目的 Oakキャピタルを通じた顧客拡大 証券事業の取得による事業拡大
譲渡価格 非公開

2019年3月に、東岳証券はOakキャピタルに対しての事業承継を発表しました。東岳証券は台湾や香港などの顧客にのみ証券業務をしていましたが、今後はOakキャピタルを通じて事業の強化及び顧客の拡大を狙っています

一方、Oakキャピタルは国内外の上場企業に向けたエクイティファイナンス引受業務や事業再生投資などの企業への投資コンサルタントをしている会社です。今回のM&Aによる事業承継を行うことで、Oakキャピタルは金融事業の多角化に成功しました

事例2.ナカキンリースによる杉孝グループHDへの事業承継

  売り手企業 買い手企業
会社名 ナカキンリース 杉孝グループHD
事業内容 軽仮設機材レンタル事業 足場・仮設機材のレンタル事業
従業員数 68名 647名(連結)
目的 非公開 競争力強化と事業成長
譲渡価格 非公開

2019年1月、神奈川・群馬・山梨で軽仮設機材レンタル事業を展開するナカキンリースは、杉孝グループホールディングスへ株式譲渡を発表しました。

一方、杉孝グループホールディングスは、首都圏・東北圏・中京圏・関西圏で足場・仮設機材のレンタル事業を手掛ける会社です。杉孝グループホールディングスは、今回のM&Aでエリア拡大による競争力の強化と事業の成長を狙っています

事例3.マイムによるベルーナへの事業承継

  売り手企業 買い手企業
会社名 マイム ベルーナ
事業内容 和装・洋装の
フォーマルウェアのレンタル事業
衣料・家具・生活雑貨などの通販事業
従業員数 125名 1,742名(連結)
目的 資本強化 ノウハウ共有・顧客基盤活用
譲渡価格 非公開

フォーマルウェアのレンタル事業を展開するマイムは、2016年の5月にベルーナの子会社となることを発表しました。マイムは、関東・関西・北海道の百貨店や大学生協協同組合と連携して、顧客数を確保しています。

一方でベルーナは、衣服・家具・生活雑貨などの通販サイトを運営しつつも、今後は店舗販売も注力する方針です。今回の事業承継では、店舗販売事業の強化を狙ってマイムを子会社化しました。

ノウハウの共有、顧客基盤の相互活用をして、和装関連事業の飛躍を狙っているのです。

3. 金融・リース・レンタル業界で使える事業承継の方法について

金融・リース・レンタル業界で使える事業承継の方法について

金融・リース・レンタル業界で使える事業承継の方法は、以下の3つです。
 

  • 親族に対して行う親族内承継
  • 従業員や役員へ行う親族外承継
  • M&Aを使って第三者への事業承継

これまで経営してきた会社にとってベストな選択を取るためには、事業承継の方法を間違えないことを重要です。それぞれの方法について、メリットやデメリットを確認していきましょう。

方法1.親族に対して行う親族内承継

金融・リース・レンタル業界の事業承継で、最も使われているのは親族内承継と言えます。承継先が親族のため、信頼関係が構築されており、リタイア後にも渡ってアドバイスがしやすいからです。

親族への事業承継を打診するにあたり、決算書や会社の将来性を論理的に説明できるようにしてください。「なんとなくこの人に任せる」といった選び方では、しっかりと引き継ぎが行われず、事業承継後の経営が傾いてしまう恐れがあるからです。

リタイア後にもアドバイスがしやすいからといって、曖昧な引き継ぎをしないようにしましょう。

また、親族内承継の場合、生前贈与の形で事業承継をするケースが増えています。生前贈与は毎年110万円まで控除があるので、徐々に会社の資産を譲渡することで節税に繋がるのです。

もし、後継者候補である親族が他社で働いて入れば、早めに入社してもらい事業の理解を深めて経営ノウハウを習得してもらわなければなりません。

後継者教育の期間は5~10年ほど必要なので、早めに打診をしましょう。
 

方法2.従業員や役員へ行う親族外承継

従業員や役員へ行う親族外承継を選択する経営者もいます。すでに会社に勤めており自社のことをよく理解しているので、良い点を伸ばしながら悪い点を改善する経営が期待できるのです。

また、承継に際して、他の従業員や取引先、株主からも理解が得られやすいのもメリットと言えます。社風が大きく転換する可能性が少ないので、社内外への影響が小さくなるのです。

もし、社内に後継者候補となり得る人がいなければ、社外の人への事業承継も可能です。ですが、知名度が低い中小企業では、後継者候補を見つけることは難しいでしょう。

親族や従業員に後継者候補が見つからなければ、M&Aを活用した第三者への事業承継を検討するべきです。

方法3.M&Aを使って第三者への事業承継

親族や従業員の中に後継者候補が見つからなければ、M&Aを活用して第三者への事業承継を行いましょう。金融・リース・レンタル業界では、競争力の強化や事業拡大のために同業社を買収したいと考えている企業が多いからです。

ですから、例え小さい会社であっても売却先を見つけられる可能性は十分にあると言えます。

M&A最大のメリットは、会社を承継する対価としてまとまったキャッシュが得られることです。そして、上場企業の傘下へ入ることで、事業の多様化や従業員の雇用条件を改善することに繋がる可能性もあります。

一方、会社を全く別の経営者に引き継ぐので、社風が大きく変わってしまう可能性があるというデメリットもあるのです。

もし、M&Aを活用した事業承継を行うのであれば、専門家がいるM&A仲介会社に相談しましょう。専門的な視点から具体的な事業承継の戦略を立てたり、買い手企業を紹介することが可能です。

依頼するM&A仲介会社が決まっていなければ、金融・リース・レンタル業界における事業承継の経験があるM&A総合研究所にお声がけください。経験と知識が豊富な公認会計士などの専門家が事業承継のサポートをさせて頂きます。
 

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • リース・レンタル会社のM&A・事業承継

4. 金融・リース・レンタル業界のM&Aを活用して事業承継した場合のメリットとは

金融・リース・レンタル業界のM&Aを活用して事業承継した場合のメリットとは

金融・リース・レンタル業界の中で、業績悪化や後継者の不在が原因で廃業する会社は多いです。しかし、今まで経営してきた会社を廃業するのはもったいないと言えるでしょう。

こちらでは、M&Aを活用して事業承継をした場合のメリットについて紹介します。メリットは、以下の3つです。
 

  • 事業承継に関わる贈与税の問題を気にしなくてよくなる
  • キャッシュが得られる
  • 会社のことを心配しなくて良い

1つずつ、見ていきましょう。

メリット1.事業承継に関わる贈与税の問題を気にしなくてよくなる

M&Aを活用して事業承継を行うと、贈与税の問題を気にしなくて済むようになります。通常、親族内や従業員への事業承継は、株式を譲渡するため贈与税が発生してしまうのです。

しかし、実際には株式の権利を譲り渡すだけで現金をもらったわけではありません。ですから、どのように贈与税を支払うのかという問題が発生します。

しかし、第三者に事業承継を行えば、贈与税を支払う必要はありません。ですから、M&Aで事業承継を行えば、贈与税に関する問題を気にせずに済むのです。
 

メリット2.キャッシュが得られる

M&Aによる事業承継を行うと、まとまったキャッシュが得られます。承継する事業が買い手企業とシナジー効果が見込める場合などに、売却金額が大きくなるからです。

具体的な売却金額はケースによって変わりますが、数千万円から数億円と言われています。

ですから、M&Aによる事業承継を行うとまとまったキャッシュが得られるので、あなたが引退した後の生活資金として利用することもできるのです。

メリット3.会社のことを心配しなくて良い

M&Aによる事業承継を行ったあとに、会社のことを心配しなくて良いこともメリットの1つです。もし、親族に事業承継をすると、承継後も「会社の売上は上がっているのかな?」「従業員は問題なく働けているのか?」と心配になってしまうでしょう。

しかし、第三者へ行う事業承継では、会社のことを心配しなくて済むようになります。また、承継先が同業であれば、経営ノウハウや顧客情報などのリソースも共有できるので、より会社が安定するようになるため、安心できるのです。
 

5. 金融・リース・レンタル業界の事業承継にある注意点

金融・リース・レンタル業界の事業承継にある注意点

これまで、金融・リース・レンタル業界の事業承継における事例やメリットを紹介してきました。しかし、「事業承継の前に注意点を知って不安を解消したい」という人もいるでしょう。

事業承継を成功させるには、以下3つの注意点を押さえなければなりません。
 

  • リース契約を見直さないといけない可能性がある
  • 贈与税などの税金を納めなければならない
  • 目に見えない財産を引き継がなければならない

1つずつ、紹介していきます。

注意点1.リース契約を見直さないといけない可能性がある

金融・リース・レンタル業界の事業承継を行う際は、リース契約を見直さなければならない可能性があります。

通常、事業承継は株主や代表が変わるだけなので既存の契約にはほとんど影響はありません。しかし、契約形態によっては名義変更などの手続きをしなければならないので、改めて契約を確認しておきましょう。

注意点2.贈与税などの税金を納めなければならない

事業承継をすることで、贈与税などの税金を納める義務が生じます。事業承継で発生する可能性がある税金は、以下の3つです。
 

  • 贈与税
  • 法人税
  • 所得税・住民税

親族内承継と親族外承継をした場合は、後継者に対して贈与税が発生することがあります。ですが、毎年110万円までの控除があるので徐々に資産を承継させていくことが理想的です。贈与税は現在の経営者ではなく、後継者が支払わなければなりませんので、注意しましょう。

また、M&Aを活用した事業承継であれば、譲渡益に対して法人税や所得税・住民税が発生します。譲渡益は、会社を売却した際に発生した利益のことです。

株主が法人であれば、会社の利益となるので法人税の支払い義務が発生します。一方で、株主が経営者個人であれば、所得税・住民税の支払い義務が発生するのです。

以上のように、事業承継をすることによって税金が発生します。節税や申告方法などについては、専門家である税理士に相談するべきです。

ですが、もし贈与税や相続税が支払いきれないという場合には、事業承継税制の特例措置を活用すれば、納税を猶予してもらえます。以下の記事で詳しく紹介しているので、気になる人は確認してみてください。

【関連】事業承継特例とは?特例の内容と要件、申請の注意点を解説

注意点3.後継者が目に見えない財産も引き継がなければならない

事業承継を行った際に、目に見えない財産も後継者が引き継ぐことになります。具体的には、経営ノウハウや会社理念、社風の作り方です。

事業承継をする際に、目に見える資産や負債の引き継ぎに気を取られてしまうのは仕方ありません。ですが、目に見えない財産をどれだけ引き継げるかが、事業承継が成功するポイントと言っても過言ではないのです。

特に、金融・リース・レンタル業界の企業であれば、今の経営者であるからこそ従業員や取引先がついてきている場合があります。ですので、経営者の経営によって社風や経営方針が変わってしまえば、従業員や取引先が離れてしまう可能性があるのです。

事業承継を実施する前後の期間で、目に見えない財産をできるだけ多く引き継げるようにしましょう。
 

6. 金融・リース・レンタル業界の事業承継M&Aを成功させるポイント

金融・リース・レンタル業界の事業承継を成功させるポイント

金融・リース・レンタル業界の事業承継M&Aを成功させるポイントは、以下の2つがあります。
 

  • 買い手のニーズに合わせたリース実績やビジネスプランを伝える
  • リース業界のM&Aに精通した仲介会社からサポートを受ける

1つずつチェックして、事業承継を成功させましょう。

ポイント1.買い手のニーズに合わせたリース実績やビジネスプランを伝える

金融・リース・レンタル業界の事業承継をする際は、買い手のニーズに合わせたリース実績やビジネスプランを伝えましょう

リース事業には、オペレーティングリースとファイナンスリースがあります。さらに、ファイナンスリースは所有権移転ファイナンスリースと所有権移転外ファイナンスリースの2種類に分けられます。

様々なリース方法がある中、複数の方法を使ってリース業を行っている会社も多いでしょう。その場合は、どの方法のリース実績が多いのか買い手に伝えるべきです。

自社のアピールポイントを考えながら、交渉を進めていきましょう。

ポイント2.リース業界のM&Aに精通した仲介会社のサポートを受ける

事業承継を行うなら、必ずM&Aに精通した仲介会社からのサポートを受けましょう。事業承継をスムーズに進めるためには、税務・法務・会計・経営に関する知識が必要だからです。

M&Aを活用した事業承継は、幅広い知識が無ければ成功させることは困難と言えます。ですから、税理士・会計士・弁護士などともネットワークがある仲介会社に相談するべきなのです。

経営者一人だけでは事業承継を進めることは出来ません。相談は早めに行って、適切なアドバイスを貰うようにしましょう。

7. 金融・リース・レンタル業界の事業承継はM&A総合研究所に相談ください!

金融・リース・レンタル業界の事業承継はM&A総合研究所に相談ください!

出典:https://masouken.com/

事業承継を考えているけど、どの仲介会社にサポートを依頼すれば良いかわからなければ、M&A総合研究所にお声がけ下さい。

M&A総合研究所は、金融・リース・レンタル業界における事業承継の経験がある専任のアドバイザーと公認会計士が、最適な承継プランをご提案致します。

また、M&A総合研究所は完全成功報酬制を採用しており、相談料・着手金・中間金は不要で、成功報酬のみで事業承継が可能です。成約までの期間は平均して3ヶ月であり、「なるべく早く事業承継をしたい!」といったニーズにも応えられます。

さらに、譲渡価格を上げられるように経営改善に関するアドバイスを行うことが可能です。できるだけ早く、高額で事業承継をしたければ、ぜひM&A総合研究所にご連絡ください。

8. まとめ

まとめ

金融・リース・レンタル業界の会社を廃業するか悩んでいるなら、事業承継を検討しましょう。もし。後継者候補が見つからなければ、M&Aを活用した事業承継も考えるべきです。
その際は、M&A仲介会社などの専門家と相談しながら、事業承継やその後の経営に関して話し合って下さい。

もし、相談するM&A仲介会社が決まっていなければ、M&A総合研究所にお声がけ下さい。相談料や着手金、中間報酬は無料で事業承継をサポートさせて頂きます。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連する記事

人気の記事

人気の記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事
リース・レンタル会社のM&A・事業承継