M&A・事業買収に関するセミナー情報まとめ【2018年最新版】

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

M&Aや事業買収のような言葉は知っていても、M&A・事業買収の具体的な流れなどを把握されていない方はかなり多く存在しています。最近では国内で急増しているM&Aに関してのセミナーが多く開催されています。今回はそんなM&Aに関するセミナー情報をまとめました。

目次

  1. M&A・事業買収セミナーとは
  2. M&A・事業買収セミナーの主な対象者
  3. M&A・事業買収セミナーに参加する際の主な持ち物
  4. M&A・事業買収セミナーに参加するメリット
  5. M&A・事業買収セミナーの開催情報12選【2018年最新版】
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

1. M&A・事業買収セミナーとは

M&A、事業買収セミナーとは

M&A・事業買収は、規模や業種を問わずにあらゆる企業に有効な経営的戦略として現在では多くのケースでM&Aが活用されています。

そのM&A・事業買収というものは近年のトレンドとも言える経営戦略であり、成長戦略としてオススメされています。

ですが、そのトレンド的な反面でM&A仲介業者やアドバイザーも理解をしっかりしていないままM&Aや事業買収の取引を行なっていたりアドバイスをしていたりすることも否めません。

そのような中途半端な理解で周りの情報に流されて、M&Aや事業買収を行うとトラブルになりかねないため、経営者のためのセミナーを日本M&Aセンターなどの企業が行なっています。

このM&Aセミナーは、初心者から熟知している経営者の方までしっかりとした理解を得るためのプログラムになっていて事業買収から事業承継まで多くのセミナーが開催されています。

2. M&A・事業買収セミナーの主な対象者

M&A・事業買収セミナーの対象者とは?

M&A・事業買収セミナーの主な対象者ですが、中小企業などの経営者の方が多く参加していて後継者問題や事業拡大を考える方が主な対象者となっています。

参加自体は経営者でなくても企業の経営に関わる方や起業家を目指す方まで多くの方が参加できるようになっています。

3. M&A・事業買収セミナーに参加する際の主な持ち物

M&A・事業買収セミナーに参加するときの持ち物は?

M&A・事業買収セミナーの主な持ち物としては「名刺」と「筆記用具」です。

経営者の方が多く参加するM&A・事業買収セミナーでは名刺が必須であることが多く、入場前に渡すことがあるので注意しましょう。

筆記用具はどんなセミナーでもメモなどを取るために必要なものなので忘れることはないと思いますが、名刺はセミナーに行くときに持っていかなくてもいいことが多いので、忘れないようにしましょう。

4. M&A・事業買収セミナーに参加するメリット

M&A・事業買収セミナーに参加するメリットとは?

M&A・事業買収セミナーに参加したときに得られるメリットは多くあります。

M&A・事業買収セミナーでは間違えた情報に惑わされないようにするためにしっかりとした知識を高め合う目的があります。

このセミナーで無駄なく事業を成長させるためのノウハウや、人材不足などの社会問題をどうして解決していくのかなど事業をやる上で必要な資源の獲得をしっかりとできるM&Aを実現するノウハウが得られます。

また現実的でないM&Aをしなければならない状況になってしまわぬようになります。

5. M&A・事業買収セミナーの開催情報12選【2018年最新版】

M&A・事業買収セミナーの開催情報12選を紹介!

M&A・事業買収セミナーも主な情報を知っていただいたところで実際に2018年に行われていたM&A・事業買収のセミナーをまとめましたのでご紹介したいと思います。

このセミナーでは事業買収だけではなく、事業承継や事業譲渡などのM&Aに関すること全般的に行なっているものもあるので事業買収に関心がない方でも参加する価値があるものが多いのでしっかりと見ていきましょう。

①みずほセミナー

みずほセミナーとは、1968年に設立されたセミナー事業で約50年にわたり、教育研修期間として法人や役員向けのセミナーを開催している機関です。

M&A・事業買収や事業承継だけではなく、総務から財務など、従業員の教育の仕方や、雇用条件まで、経営戦略からビジネススキルまで実務で取り上げられる問題点をテーマにして、新入社員、中堅社員、役員にまで役に立つビジネスの基礎や応用をセミナーとして開催しています。

 

セミナーの内容

みずほセミナーでは「グループ内組織再編の手法と法律・会計・税務」といった自社の目的に応じたM&Aの手法の選択から手続き、会計、税務処理の留意点を解説するセミナーの開催が決定しています。

現在国内では、重複事業の統合や事業の分割化、100%子会社化などが多くの企業で行われており、グループ事業の成長や拡大を目的とした経営戦略のためのM&Aや事業承継がとりだたされています。

このグループ内再編などを法務手続きや会計、税務上の留意点を理解していないと成功には導けません。

そこでこのセミナーでしっかりとグループ再編に関わる留意点を理解し成功できるように指導をしようという試みです。

セミナーの対象

みずほセミナーの対象は「親会社または子会社の経営企画、グループ経営関連、事業担当幹部、スタッフ」とされています。

開催日・場所

開催日は2019年1月28日の月曜日で時間は9:30〜17:00です、

開催場所は、「みずほ総合研究所 セミナールーム」となっていて、住所は「東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F」です。

丸一日かけて集中的に指導する日程となっており、何日も通う必要はないので興味のある方は参加申し込みをすると良いかもしれません。

②WiNNOVATION M&Aカンファレンス 2019

日本M&Aセンターが開催している「WiNNOVATION M&Aカンファレンス 2019」は設立以来4500件を超える実績に基づくM&Aのノウハウを伝えていく場として開催されているセミナーです。

2018年に初めて開催された「M&Aカンファレンス」ではビジネスの革新を求める方が2000人以上も参加し大反響を起こしたセミナーでもあります。

現在のM&Aや事業承継の実情やそれによるリアルなもの状況を解説していて16の細かな種類に分けたM&Aの実情をセミナーで学ぶことができます。

セミナーの内容

現在のM&Aや事業承継の実情やそれによるリアルなもの状況を解説していて16の細かな種類に分けたM&Aの実情をセミナーで学ぶことができます。

企業の問題に沿った内容や興味のある内容を学ぶことができるようになっていることから、様々な業種の経営者の方や経営に関わる役職の方も参加いただけるようなセミナーになっています。

また満足度は90%を超えていることもありM&A・事業買収セミナーの中ではかなり大規模なセミナーであることが言えます。

セミナーの対象

参加制限などはなく、上記でも記載の通りこのセミナーはM&A・事業買収、事業承継などに興味を持っていて、これからのビジネスの革新を求める方の参加を対象としています。

開催日・場所

開催日は2019年2月26日火曜日の10:00〜17:00となっています。

会場は「グランドニッコー東京 台場」で住所は「東京都港区2-6-1」です。

アクセスもゆりかもめの台場駅から直通となっているので参加しやすく、大型の開催場所で行われるものなので、M&Aのこの先の未来や事業承継などに興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

③建設・不動産業界の事業承継/M&A戦略2019

こちらも日本M&Aセンターが開催しているセミナーの一つです。

建設業界は過当競争が激化していて、それから脱却するために建設業や不動産業界も業界再編の時代に突入して来ています。

この業界はもっともM&Aや事業承継などが盛んに行われている業界とも言えるでしょう。

従業員の雇用問題や地域など選ばれる企業になるためのM&A戦略を事例とともに解説し学ぶことができるような内容となっています。

セミナーの内容

2015年に上場企業とM&Aをして、上場子会社として4年間経営者として経営の関与をしてきた森田氏が講師として演説をし、リアルな建設・不動産業界のM&Aの実情を解説し、M&Aによって改善されたことや、苦労していることなどを学ぶことができます。

セミナーの対象

セミナー対象は建設・不動産業界の経営に関わる方や、事業主の方が対象となっており、電気工事会社なども含まれています。

開催日・場所

開催は複数予定されており

  • 博多 2019年1月29日火曜日 ANAクラウンプラザホテル福岡 福岡市博多区博多駅前3-3-3(JR博多駅 博多口 徒歩5分)
  • 名古屋 2019年1月30日水曜日 名古屋マリオットアソシアホテル 名古屋市中村区名駅1-1-4(JR名古屋駅直結)
  • 大阪 2019年1月31日水曜日 日本M&Aセンター大阪支社 大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー36階(JR大阪駅 徒歩4分)
  • 東京 2019年2月5日火曜日 日本M&Aセンター東京本社 千代田区丸の内1-8-2 鉃鋼ビルディング(JR東京駅 八重洲北口 徒歩2分)
  • 札幌 2019年2月13日水曜日 札幌グランドホテル 札幌市中央区北1西4(JR札幌駅 徒歩10分)

上記の通りになっています。

④事例から読み解くM&Aセミナー by M&Aサポート倶楽部

M&Aサポート倶楽部は日本M&Aセンターが培ってきたM&A関連サービスをよりタイムリーに気軽に利用できるように要望を受け創設された機関です。

M&A・事業買収戦略のミーティングや専任の譲渡案件の提案などをしてセミナーだけではなく、M&Aに」悩みを持つ方々へのサポートをしていて、年に何度かセミナーを開催し、よりよいM&Aの環境作りを目的としています。

セミナーの内容

「事例から読み解くM&Aセミナー」は少人数制のセミナーで毎回参加人数は30名程度となっています。

M&A・事業買収を検討したとき、手元資金範囲ですぐに買収を決めていきたいと考えている方が多く存在していてそれが事業買収をするときに足かせになっている現状を見かけることから、それを自社株を対価として活用する欧米流の方法でM&Aをしていこうという試みです。

今後主流となるこの自社株を活用したM&Aの手法を事例から読み解き、自社株活用のM&Aを考えてみるというのがこのセミナーの醍醐味であります。

セミナーの対象

セミナーの対象としては、実際に事業戦略として他社の事業買収を考えている上場企業の経営者の方や、それに関わる役員の方などが対象となっています。

開催日・場所

開催日は1月23日水曜日の18:00〜19:15までとなっており、1時間程度の短いセミナーになります。

開催場所は「日本M&Aセンター 東京本社セミナールーム」
東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング (JR東京駅 八重洲北口 徒歩2分)です。

日本M&Aセンターのセミナーに参加したことがある方は、わかるかと思いますが東京駅からアクセスがよく、地方からでも参加しやすい場所であると言えます。

⑤【無料】誰にでもわかるM&A入門セミナー

JMAA日本M&Aアドバイザー協会が開催するこのセミナーは、定期的に行われているM&A入門のためのセミナーです。

JMAAはM&A専門の資格なども発行しており、M&Aの実践的な業務からサポートまで行なっている協会です。

セミナーの内容

M&Aや事業承継などそれに関する言葉は知っていても実際に基本的な流れや契約方法、手法などを知っている方はまだまだ少ない世の中であり、そのような具体的な流れや手法を学ぶためのセミナーになっています。

M&Aの実務をアドバイスしている講師が直接セミナーを開いているのでM&Aの現状や展望など時系列別に解説してくれます。

セミナーの対象

タイトルにもある通り、このセミナーはM&A入門のためのものなので、M&Aに関わる仕事をしようと考えている方や、将来の会社のためにM&Aの知識を身についたい方、一般の方でも参加できるようになっています。

開催日・場所

開催日は2019年は1月22日火曜日が最初の開催です。

開催場所は(財)日本M&Aアドバイザー協会 セミナールームとなっています。

またこのセミナーは定期的に行われており、開催場所も開催日によって異なりますので、参加を希望する方はJMAA日本M&Aアドバイザー協会のホームページにて確認をしておくと良いでしょう。

⑥譲渡企業オーナーは知らないと損をする「M&Aの価格形成、税金、社会保険」セミナー

M&A仲介のコーポレート・アドバイザーズが開催するセミナーとなっており、M&A後のPMIの実施についてや、M&Aにかかるお金の事情や事業承継などにかかるお金の事情などを基本としてセミナーを毎年開催しています。

【関連】M&Aの税務を解説!税制適格・非適格って何?

セミナーの内容

M&Aや事業承継は、企業問題の解決や事業拡大への企業戦略として活用されています。

このセミナーは譲渡企業のオーナーの方が一番気になる譲渡金額の設定や、知っておかないと損をする税金や社会保険のあり方についてM&Aアドバイザーや専門の税理士が解説をしていき、理解を深めていくものとなっています。

セミナーの対象

このセミナーの対象は、基本的に事業買収をする側ではなく、譲渡側企業のオーナー向けのセミナーとなっています。

開催日・場所

開催日は、2019年1月25日金曜日 16:00〜18:00の2時間です。

開催場所は、「コーポレート・アドバイザーズ セミナールーム」
東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階となっています。

⑦事業拡大・事業承継のためのM&A活用セミナー~次世代に会社を引き継ぎ、事業を拡大させていくためには~

事業拡大・事業承継のためにM&Aを活用することが増えています。

日経のイベント&セミナーはそのM&Aの悩みや現在増加傾向にあるM&Aをする時に向けたセミナーを多数開催しており、ビジネスをしている方向けのイベントなども開催しております。

セミナーの内容

中小・中堅企業の最大の問題とされている事業承継問題ですが、これは経営者だけではなく、従業員や取引先にも関わる問題です。

事業承継は単に事業を後継者に引継ぐだけではなく、今後の事業展望が望めるようにしていくことが必要であり、そのために資本と経営を承継に関する選択枠を理解し、計画的で慎重に進める必要があります。

このセミナーではM&Aを一つの事業承継の選択肢として、事業の引き継ぎや発展を考える経営者のM&Aに対する考え方や想いを解説していくものとなっています。

セミナーの対象

このセミナーは中小企業の経営者の方で後継者に悩まれている方や、事業承継をM&Aによる手法で検討中の 方向けのセミナーとなっています。

開催日・場所

開催日は2019年2月4日月曜日 13:30〜16:50です。

開催場所は「名古屋マリオットアソシアホテル」
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4となっています。

⑧実践M&Aマネージメント 《 中・上級者向け、“罠”に対する嗅覚を 》

株式会社 経営調査研究会が行うセミナーで、ビジネスの調査や研究を行い様々なセミナーを開催している経営調査研究会が経営戦略として重要なポイントとなるM&Aについて考えるセミナーを開催します。

セミナーの内容

会社にとって重要なプロジェクトとなるM&Aですが、どのように進めていき、どのように管理をすればいいのかノウハウがあまり無いことが多い現状です。

この実務上の「相場感」を知らないままM&Aを行うと陥りがちな罠に気づかないことが多く、このような事態をさけるために、M&Aの留意点などを細かく解説し、実践で役に立つポイントを学べるようなセミナーとなっています。

【関連】M&Aの企業価値評価とは?算出方法を詳しく解説!

セミナーの対象

セミナーの対象としては、企業の経営に関わる担当者の方や経営者本人、M&Aに関わるアドバイザーなどを対象して行われています。

開催日・場所

開催日は1月23日水曜日 14:00〜17:00です。

開催場所は「茅場町・グリンヒルビル 金融財務研究会本社 セミナールーム」
東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビルとなっています。

⑨【 中・上級者向け 】 米国M&Aの最新実務《米国独禁法対応、CFIUS対応含む》 ~ アップデートして再演!

ビジネスに特化してクオリティの高いセミナーを行なっているビジネスクラスセミナーの中級者上級者向けM&Aセミナーです。

様々なセミナーの中でもM&Aを深掘りして解説をするビジネスクラスは少人数セミナーを中心として研修なども行なっています。

セミナーの内容

日本企業のクロスボーダーM&Aで行う実務を中級者・上級者向けに検討していく内容です。

今年の特徴として入札案件が増加している背景にファンドの売り手、買い手候補の中で入札(ビット)に勝つ方法を解説します。

また、流行している日本企業のアメリカM&Aのトピックを取り上げて追求していく内容となっています。

セミナーの対象

このセミナーは、M&A実務に関係する方で中級者・上級者向けになっており、実務経験やM&A・事業承継名度を経験したことのある方が、もっと様々な場面で対応できるようになるためのセミナーです。

開催日・場所

開催日は2019年2月1日金曜日 9:30〜12:30の3時間での講演となります。

開催場所は「茅場・グリンヒルビル 金融財務研究会本社 セミナールーム」
東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビルとなっています。

⑩企業担当者が押さえておくべきM&A法務の全体像と留意点

こちらも株式会社 経営調査研究会の開催するセミナーです。

企業の経営計画を考えるためにM&Aの活用は必須となってきている世の中でM&Aの法務を知っておくことは大切なことです。

セミナーの内容

M&Aを成功させるためには、企業の担当者が円滑でスムーズに動けるようにしておかなければいけません。

そのために、M&Aの進め方や留意点を把握して、弁護士やアドバイザーとコミュニケーションを取り合うのが必要になり、その際の適切な意思決定を行えるようにしていくのがこのセミナーの目的です。

このセミナーではその適切な意思決定や法務に関するポイントを徹底解説していきます。

セミナーの対象

このセミナーでは、企業の法務部、総務部、監査部など経営そのものに関わる方、経営企画部や経営管理部など事業の拡大や方針を決めていく方が対象となっています。

開催日・場所

開催日は2019年2月5日 火曜日 14:00〜17:00です。

開催場所は「茅場町・グリンヒルビル金融財務研究会本社 セミナールーム」
東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビルとなっています。

⑪M&Aで失敗しないビジネス・デューデリジェンス《基礎編》- 好評再演15回目

M&Aで事業買収をするとき、一番重要なのがデューデリジェンスです。

このデューデリジェンスを怠るとM&Aはトラブルが起こり、失敗に繋がります。

デューデリジェンスをしっかり理解し、適切に行う事がM&Aの成功への道になるのでM&Aを検討している方は必ず学んでおいたほうがいい内容となっています。

【関連】M&Aにおける人事DD(デューデリジェンス)からPMIまでを徹底解説!

セミナーの内容

このセミナーでは中小企業から上場企業まで数多くのM&Aに関わった講師の経験に基づき、M&Aで一番重要なデューデリジェンスの大切さ、企業性の評価の仕方を学ぶ事ができるようになっています。

セミナーの対象

セミナーの対象としては、M&Aの基礎を学びたい方や、M&Aの時の企業監査をする方が対象となっています。

またM&Aの基礎的な事になっているので、M&Aをより深く理解したい方にもおすすめです。

開催日・場所

開催日は2019年2月7日木曜日 14:00〜17:00です。

開催場所は「茅場町・グリンヒルビル金融財務研究会本社 セミナールーム」
東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビルとなっています。

⑫M&Aと企業結合届出の基本と実務

国内では組織再編のためのM&Aが多く執り行われており、企業統合届出を提出しなければならない事案が多数存在しています。

M&Aを進めていく上で、企業統合審査への対応や知識を持っておく事は、非常に重要な事です。

セミナーの内容

このセミナーでは事業者の代理人として、企業統合審査の案件を担当してきた経験を元に、M&Aの企業統合審査の基礎的なことと、効率的に審査を進めるコツなどを解説していきます

また国外の競争当局へのファイリングなどについても追求しその過程で生じる幅広いテーマに沿って実務的観点から講演をします。

セミナーの対象

このセミナーでは、M&Aの実務に関係する方や、それに関連する業者の方が対象となっており、よりよいM&A環境や、M&Aの業務を円滑に進めるために学びたい方が対象となっています。

開催日・場所

開催日は2019年2月14日木曜日 13:30〜16:30です。

開催場所は、「茅場町・グリンヒルビル金融財務研究会本社 セミナールーム」
東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビルとなっています。

6. まとめ

M&A・事業買収のまとめ

近年ではM&Aの増加に伴い、それに関わる仕事も増えてきております。

またM&Aに関係する法的な面でも改正が行われており、毎年調べておかないといけない事も増えていますので、セミナーに参加したり、コミュニティーに入る事でトレンドや状況を把握することが必要です。

まだまだM&Aの基本的なことしかわからない方や、もっと詳しくM&Aのことを知りたい方はぜひセミナーに参加することをおすすめします。

そして、これからM&Aを検討している方は、このような情報を持っているM&Aアドバイザーの専任が必須になります。

M&A総合研究所ではM&Aの専門家が多数在籍しており、豊富な経験から適切なアドバイスを行うことができます。

また無料相談も行なっているのでお気軽にお問い合わせください。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談WEBから無料相談

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ