事業承継支援機関・サービス一覧!メリット・デメリット、選び方を解説

企業情報第二部 部長
向井 崇

銀行系M&A仲介・アドバイザリー会社にて、上場企業から中小企業まで業種問わず20件以上のM&Aを成約に導く。M&A総合研究所では、不動産業、建設・設備工事業、運送業を始め、幅広い業種のM&A・事業承継に対応。

事業承継支援機関・サービスは豊富に存在するため、どれを利用するか迷うことも多いでしょう。自社に合う機関・サービスを選ぶためには、それぞれの特徴を知っておく必要があります。本記事では、事業承継支援機関・サービスを利用するメリット・デメリットや選び方を解説します。

目次

  1. 事業承継支援機関・サービス一覧!
  2. 事業承継支援機関・サービスを利用するメリット・デメリット
  3. 事業承継支援機関・サービスの選び方
  4. まとめ

1. 事業承継支援機関・サービス一覧!

帝国データバンクの全国・後継者不在企業動向調査によると、2019年の中小企業の後継者不在率は65.2%であることが判明しました。60歳以上の経営者のうち、50%超えが将来的な廃業を予定しています。後継者不足が与える影響が広がっていることが分かります。

後継者不足による廃業を回避するためには、企業が独自で事業承継に取り組むことも大切でしょう。しかし、外部の支援機関・サービスの支援を受けながら事業承継進める方法もあるのです。

事業承継の支援を受けられる機関・サービスは多数あります。公的・民間の両方が行っているので、各機関・サービスの特徴を押さえておくと、事業承継の選択の幅を広げられるでしょう。

公的な事業承継支援機関・サービス

まずは、公的な事業承継支援機関・サービスの特徴を紹介します。積極的な支援を行っているのは以下のとおりです。

【公的な事業承継支援機関・サービス】

  1. 事業承継・引継ぎ支援センター
  2. 後継者人材バンク
  3. よろず支援拠点
  4. 事業承継ガイドライン
  5. 農林水産省の手引書
  6. 中小企業基盤整備機構ファンド事業

①事業承継・引継ぎ支援センター

事業承継・引継ぎ支援センターは、事業承継に関する無料相談ができる支援機関です。全国47都道府県に設置され、事業承継全般に関する相談・情報提供・助言や、事業承継計画の策定、M&Aのマッチング支援などを、原則無料で行っています。

相談窓口では、事業承継コーディネーターやサブマネージャーが相談を受け付け、さまざまな課題を整理しながらアドバイスします。それ以外にも、税理士や中小企業診断士等の専門家と連携を取り、事業承継計画の策定を支援してくれるため安心です。

事業開始時は設置地域も限定的だったため、相談数も伸び悩んでいました。しかし、現在は全国に拡充されており、地方の中小企業の相談先として認識が広まりつつあります。

中小機構の事業引継ぎポータルサイトの情報によると、令和元年の相談件数は48,000件を超えています。民間の支援機関を利用する際のセカンドオピニオンとして活用されることも多いようです。

②後継者人材バンク

後継者人材バンクは、事業承継・引継ぎ支援センター内に設置されているマッチング支援システムです。後継者不在の事業者と創業希望者を引き合わせることで、廃業を回避させることを目的としています。

後継者に求める情報を登録しておくと、近い条件の創業希望者が現れた時に自動でマッチングしてくれます。登録する創業者も事業に意欲のある人材ばかりなので、経営を任せられる適任者である可能性も高くなるでしょう。

支援範囲はマッチングまでとなっています。後の交渉は当事者同士で進めなくてはなりません。進行に不安がある場合は、センターに相談して、専門家の紹介を受けるなどの対策が必要になります。

③よろず支援拠点

よろず支援拠点は、国が全国に設置する中小企業・小規模事業者の経営相談所です。多様な分野に精通した専門家が在籍しており、経営者の悩みに耳を傾けて、根本的な課題解決を支援しています。

支援範囲は幅広く、チーフコーディネーターによるヒアリング、アドバイザーによるフォローアップなど、充実した内容になっています。相談内容は事業承継に限定されていないため、気軽に相談できるでしょう。

公式サイトに公開されている活動実績では、令和元年の相談件数は326,584件となっています。平成26年の利用件数と比較すると、約5倍の件数になっており、多くの事業者の間で認識が広がっていることが分かります。

④事業承継ガイドライン

事業承継ガイドラインは、中小企業庁が公式サイトで公布している事業承継に関する手引書です。後継者問題が深刻化するなか、各事業者に早期かつ計画的な準備着⼿を促すために公布されています。

全6章で構成されており、事業承継対策の必要性や取り組み方が盛り込まれています。事業承継の大まかな方針を立てる際に役立つので、事業承継計画を立てる前に一度は目を通しておきたい手引書といえるでしょう。

事業承継の類型ごとの解説もあります。親族への承継・従業員承継・M&Aによる事業承継の3タイプの特徴や取り組み方など、目的に合わせた事業承継を選ぶ際にも参考になる情報が載っています。

⑤農林水産省の手引書

農業経営者に向けた事業承継の手引書です。法人経営の事業承継を前提として作成されています。しかし、家族経営や個人事業主でも事業承継のタイミングは訪れるため、参考になる情報は多いでしょう。

農業の事業承継は、農地や農機具などの有形資産や技術・ノウハウなどの無形資産を引き継ぐ必要があります。規模が大きくなる傾向にあり、事業承継の準備に10年前後かかることも珍しくありません。計画的に取り組まなくてはならないでしょう。

⑥中小企業基盤整備機構ファンド事業

ファンドから投資を受け、資金調達を希望する中小企業者に向けて、ファンドの情報提供をしてくれます。そのほかにも、投資を受ける際の交渉のアドバイスや、交渉の際に必要な経営計画・資金計画の作成をサポートする事業です。

ファンドを活用したMBO(Management Buyout)を含む事業承継ができます。投資を受ける際の流れは以下のとおりです。

  • ファンド運営会社による投資の検討
  • 経営計画・事業計画書の策定
  • 投資会社を探す(ファンド検索システムを利用)
  • 投資会社へ問い合わせる
  • 経営計画・事業計画書の提出
  • 投資会社による審査・決定

公的な事業承継支援制度

ここまでの事業承継支援機関・サービス以外にも、複数の公的な事業承継支援制度があります。主な支援制度は以下のとおりです。

  1. 事業承継・引継ぎ補助金
  2. M&A支援機関登録制度
  3. 法人版事業承継税制
  4. 個人版事業承継税制
  5. 経営資源集約化税制
  6. 登録免許税・不動産取得税の特例
  7. 日本政策金融公庫等の融資、信用保証
  8. 事業承継時の経営者保証解除支援
  9. 遺留分に関する民法の特例
  10. 所在不明株主に関する会社法の特例

①事業承継・引継ぎ補助金

事業承継・引継ぎ補助金とは、中小企業・小規模事業者などの事業承継や経営資源引継ぎを支援する制度です。事業の再編や統合などを行う事業承継を積極的に推進し、経営革新を進めたりする場合にかかる経費の一部を補助してくれます。

事業承継を機に新たな取り組みを始めようとする中小企業者は、ぜひこの制度を活用するとよいでしょう。事業承継・引継ぎ補助金には、下記のように大きく3つの種類があります。

  • 事業承継・引継ぎ補助金(経営革新)
  • 事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用)
  • 事業承継・引継ぎ補助金(廃業・再チャレンジ)

経営革新は、さらにⅠ型(創業支援型)・Ⅱ型(経営者交代型)・Ⅲ型(M&A型)に、専門家活用は、Ⅰ型(買い手支援型)・Ⅱ型(売り手支援型)に分かれます。

それぞれの類型ごとに補助金額や条件が異なるため、自社に合ったものを申請しましょう。

②M&A支援機関登録制度

M&Aを支援する機関には、M&A仲介会社・金融機関・士業等専門家(公認会計士や弁護士など)・M&Aプラットフォーマー・事業承継・引継ぎ支援センターなどがあります。昨今、M&Aのニーズが高まるにつれ、M&Aを支援する事業者が急激に増えつつあります。

M&A支援機関登録制度とは、一定の基準を満たした支援機関を登録し、中小企業者が安心して支援機関を選べるようにした制度です。事業承継・引継ぎ補助金の専門家活用型を申請する際、このM&A支援機関登録制度に登録した業者の支援のみが対象となります。

③法人版事業承継税制

事業承継税制とは、非上場の中小企業において、後継者に会社を引き継ぐ際に相続税や贈与税が発生する場合、その負担を軽減させることを目的とした制度です。事業承継税制には、法人版と個人版があります。

具体的には、後継者である相続人等が、非上場株式等に係る相続税や贈与税について、一定の要件を満たした場合に納税を猶予されます。さらにその後継者が死亡した場合、猶予されている相続税や贈与税が免除される制度です。

一般措置と特例措置とは、平成30年度の税制改正後を特例措置と呼び、それ以前を一般措置としています。この制度を活用するには、次のような要件を満たさなければなりません。

  • 経営者:会社の代表者であった、贈与(相続)直前に、親族内で議決権数の過半数を保有、親族内で筆頭株主など
  • 後継者:会社の代表者である、生前贈与で親族内で議決権数の過半数を保有、18歳以上(贈与)、役員就任後3年経過している(贈与)
  • 会社が満たすべき要件:主に中小企業者であること

それ以外にも、細かい要件が設定されています。詳細は、中小企業庁のホームページをご確認ください。

④個人版事業承継税制

個人事業主の特定事業用資産の承継に伴う相続税・贈与税の負担を100%ゼロにする制度です。令和元年度の税制改正で新たに創設されました。

申請時に条件があり、2024年3月までに個人事業承継計画を策定し提出しなければなりません。そして、2028年までに事業承継を実施する必要があります。

認定申請時は、贈与税・相続税とも、先代から後継者へ贈与・生計一親族等から後継者へ贈与する場合によって、申請様式が異なります。中小企業庁のホームページをよく確認のうえ、この制度を活用するとよいでしょう。

⑤経営資源集約化税制

経営資源集約化税制とは、経営力向上計画の認定を受けた中小企業者がM&Aを実施した場合、経営を安定しやすくするために、2020年12月に制定されました。具体的には、次のような税制措置を活用できます。

  • 設備投資減税:経営力向上計画に基づき設備等を取得した場合、投資額の10%を税額控除、または全額即時償却する。
  • 準備金の積立:経営力向上計画に沿ってM&Aを実施した後に発生し得るリスクに備え、投資額の70%以下の金額を準備金として積立できる。株式譲渡の際に適用。

⑥登録免許税・不動産取得税の特例

経営力向上計画に認定を受けた中小企業者がM&Aを実施する際に、不動産の権利移転にかかる登録免許税と不動産取得税を軽減する制度です。具体的には、他の中小企業者から事業承継を行うために合併、会社分割、事業承継を行う際、不動産権利移転がある場合に適用となります。

⑦日本政策金融公庫等の融資、信用保証

中小企業の事業承継を支援する目的で、「経営承継円滑化法」が制定されています。その中の金融支援に、融資と信用保証があります。

融資に関しては、日本政策金融公庫と沖縄振興開発金融公庫の融資制度の利用が可能です。株式の買い取りや相続税・贈与税納付などの承継時に必要な資金として、会社の代表者が融資を受けられる制度です。

融資支援の対象者は、中小企業の代表者と、これから他の中小企業者の経営を承継する予定の事業を営んでいない個人となります。それ以外にも、都道府県知事の認定が必要です。

信用保証に関しては、経営承継円滑化法に基づく認定の後、金融機関から資金を借り入れる際、信用保証協会の通常枠とは別に枠が用意されています。支援の対象者は、中小企業者、中小企業の代表者、他者から経営を承継する予定の中小企業者、他者から経営を承継する予定の事業を営んでいない個人です。

⑧事業承継時の経営者保証解除支援

事業承継時の経営者保証に関する支援もあります。具体的には、「経営者保証に関するガイドライン」の特則の適用と、経営者保証解除に向けた、「経営者保証コーディネーター」による支援、経営者保証が不要の「事業承継特別保証」です。

「経営者保証に関するガイドライン」の特則の適用は、原則として、経営者と後継者の双方から二重に保証を求めないことです。「経営者保証コーディネーター」による支援は、経営者保証解除に向けた、中小企業者と金融機関との目線合わせをサポートします。

「事業承継特別保証制度」は、経営者保証不要の保証制度です。既存の個人保証ありの借入からの借り換えもできます。

⑨遺留分に関する民法の特例

株式の集約から中小企業を支援する施策もあります。後継者が「遺留分に関する民法の特例」の適用を受けられます。これには前提条件があり、相続遺留分の権利がある者全員と合意があることや、所要の手続きをすることを行わなければなりません。

遺留分とは、民法で定められている決まりです。遺族の生活安定や平等などの点から、相続人に最低限の相続の権利を保障することをいいます。

後継者に自社株や資産を集中させたくても、ほかの相続人からこの遺留分を主張されると、事業承継がスムーズに進みません。トラブルに発展することもあるでしょう。この特例の適用を受けると、相続による親族との紛争や、自社株・事業資産の分散を回避できます。

経営承継円滑化法で定められており、中小企業庁で確認を行っています。後継者への承継をスムーズに行うために有効といえるでしょう。

⑩所在不明株主に関する会社法の特例

先の「遺留分に関する民法の特例」と同様、「経営承継円滑化法」の中に、「所在不明株主に関する会社法の特例」があります。所在不明株主の株式取得にかかる手続きの期間を短縮できるのです。

現行の会社法では、所在不明株主に対して行う通知や手続きに要する期間は5年と定められています。これでは事業承継がスムーズに進まないため、1年に短縮する特例が創設されました。

経営承継円滑化法におけるこの会社法特例を利用するには、中小企業者が経営困難であることや、円滑な承継が困難である一定の要件を満たさなければなりません。詳細は、中小企業庁のホームページをご確認ください。

民間の事業承継支援機関・サービス

続いて、民間の事業承継支援機関・サービスの特徴を紹介します。公的の支援機関と比較すると、事業者数が多いため選択肢が広がるでしょう。特に精力的に活動している民間の支援機関・サービスは以下の3つです。

【民間の事業承継支援機関・サービス】

  1. M&A仲介会社
  2. 弁護士・公認会計士・税理士など
  3. M&Aマッチングサイト

①M&A仲介会社

M&A仲介会社は、M&Aの専門家による仲介支援を提供している支援機関です。譲渡企業と譲受企業の間に入り、中立的な立場から情報提供・助言等を行い、M&Aの成約を目指します。

アドバイザリー型とよばれる、依頼者の利益最大化を優先するタイプもあります。一般的な仲介型と比較すると、手数料が高くなる傾向です。事業承継に求める条件を通しやすくなるメリットがあるでしょう。

特徴としては、相談から成約までの一貫した支援が挙げられます。多くの仲介会社は、幅広い分野の専門家が在籍していて、一貫した支援体制を確立しています。依頼者の立場としては、複数の支援機関を介さなくても成約しやすい点がメリットといえるでしょう。

仲介会社は事業承継支援も手掛けていることが多いです。M&Aの仲介支援で培われたノウハウは、事業承継の後継者探しにも活用されています。

②弁護士・公認会計士・税理士など

弁護士・公認会計士・税理士などの士業も事業承継支援を手掛けています。事業承継を進めるためには幅広い分野の知識が必要になるので、各士業の支援を受けるのがおすすめです。

弁護士は、法務リスクの調査や各種契約書のチェックなどの役割を持ちます。法務面のチェックを怠ると事業承継の正当性が失われてしまうこともあるため、大変重要な役割といえるでしょう。

公認会計士は、財務デューデリジェンスや企業価値評価を担当します。適正な価格を算定するために、客観的な視点からの調査や評価が求められます。

税理士は、税金対策や確定申告処理などを行います。親族への事業承継の場合は相続税・贈与税、M&Aによる事業承継の場合は法人税が課せられるので、税務の知識が必要になります。

③M&Aマッチングサイト

M&Aマッチングサイトは、オンライン上でM&A・事業承継案件をチェックできる支援サービスです。譲渡・譲受の双方が気軽にチェックできるので、事業承継の第一歩として活用されています。

支援範囲はマッチングする場の提供に留めているサービスが多いため、手数料が比較的割安になることが多いでしょう。費用面の負担が心配な事業者も利用しやすく、小規模事業者や個人事業主も積極的に活用しています。

詳細な支援範囲はサイトによって違いがみられます。利用の際は、複数のサイトを比較検討するとよいでしょう。

【関連】後継者人材バンクとは?使い方やメリットを解説!
【関連】【M&Aマッチングサイト一覧】サイト売買(M&A)・M&Aマッチングサイト40選!

2. 事業承継支援機関・サービスを利用するメリット・デメリット

事業承継の支援機関・サービスは、得られる効果に着目しながら決めることが大切です。この章では、公的・民間の事業承継支援機関のメリット・デメリットを解説します。

公的な事業承継支援機関・サービスを利用するメリット・デメリット

後継者問題を解消して日本経済の健全化を図るために、公的な支援機関・サービスが充実しています。まずは、公的であることから生じるメリットとデメリットを解説します。

公的な事業承継支援機関・サービスを利用するメリット

公的な事業承継支援機関・サービスを利用するメリットは、費用負担を軽くできることです。公的な支援機関は、利益をあげることを目的としていないため、ほとんどのサービスを無料で受けられます。

事業承継では、計画策定や税金、専門家の相談費用等で出費が多くなる傾向が強いでしょう。無料で助言を受けられて、大まかな方針を立てられることは、大きな利点といえます。

情報流出リスクが限りなく低い利点もあります。円滑な事業承継の実現を活動目的としているため、利益目的で情報がやり取りされる可能性はほとんどゼロに近いといえるでしょう。

公的な事業承継支援機関・サービスを利用するデメリット

公的な事業承継支援機関・サービスを利用するデメリットは、認知度の広がりが限定的であることです。事業開始から数年が経ち利用者数・相談件数は飛躍的に増加しています。しかし、依然として支援機関の存在や支援内容を知らない事業者も多いです。

地域によっては利用者が限定的になり、後継者探しが全くマッチングしない事態も起こり得ます。そもそも、相手が見つからないと事業承継を進められないでしょう。

事業承継における一貫したサポートを受けられない点もデメリットの一つといえるでしょう。支援内容は助言・マッチング・専門家の紹介などに留まっているので、直接的な交渉や契約書の締結は自社で進めるか、ほかの専門家に相談・依頼する必要があります。

民間の事業承継支援機関・サービスを利用するメリット・デメリット

M&A・事業承継の需要の高まりに応じて、民間の事業承継支援機関・サービスも充実してきています。民間の支援機関を利用することで生じるメリットとデメリットを紹介します。

民間の事業承継支援機関・サービスを利用するメリット

民間の事業承継支援機関・サービスを利用するメリットは、全体的に支援内容の質が高いことでしょう。民間の支援機関は利益を出すことを目的としています。質の高い支援を提供して高い成約率を維持しなければ、業績を向上させられません。

事業承継の交渉が途中で破談にでもなると、支援機関が受ける被害が大きくなってしまいます。成約に向けた支援や努力を惜しまない傾向が強いといえるでしょう。

民間ならではのネットワークも魅力的です。早期の事業承継成約が実現することも珍しくありません。

民間の事業承継支援機関・サービスを利用するデメリット

民間の事業承継支援機関・サービスを利用するデメリットは、高額の仲介手数料がかかることでしょう。民間の支援機関の仲介により成約した場合、事業承継の譲渡価格をベースにした成功報酬が発生します。

事業承継対象の規模に応じて高くなるものです。小規模事業者は数十万円で済むこともありますが、中小企業の場合は数千万以上かかることもあります。事業承継後の資金運用に支障が出る恐れもあるので、事前に大まかに試算しておく必要があるでしょう。

支援機関によっては中立性を欠いた支援を行うことがあります。仲介を謳いながら、片方に利益を集中させるように交渉を進行させる場合があるので、自分自身で判断する力が求められるでしょう。

【関連】会社売却・M&A仲介会社おすすめ15選!会社譲渡・事業譲渡を検討の方へ!

3. 事業承継支援機関・サービスの選び方

複数の事業承継支援機関・サービスがある中で、自社に合う支援機関・サービスを見つけるためには、選び方を押さえておくことが大切です。特に重要なポイントは以下の5つです。

【事業承継支援機関・サービスの選び方】

  • まず事業承継の目的を明確にする
  • 事業の分野が得意所を選ぶ
  • 実績や経験などをよく聞く
  • 手数料・相談料などの費用
  • 担当した人間との相性

まず事業承継の目的を明確にする

事業承継の目的は事業者によってさまざまです。「親族に引き継がせたい」「事業の存続を最優先にしたい」など、初期段階で目的を明確化することで、事業承継の方向性を定められるでしょう。

親族への引継ぎであれば、後継者候補に経営者のスキルを身につけさせておく必要があります。経験を積ませるために数年以上かかることも珍しくありません。早期に後継者育成を支援してくる支援機関・サービスに相談して、取り組んでおかなければならないでしょう。

後継者不在の状態で事業存続を優先する場合は、M&Aの専門家のサポートを依頼するのがおすすめです。後継者の選定・交渉や契約書の締結などを行うので、計画策定段階からM&Aの専門家に相談しておくことが望ましいでしょう。

事業の分野が得意所を選ぶ

事業承継の支援機関・サービスは、それぞれに得意とする事業分野があります。特定の業種に特化して事業承継支援を行っている機関・サービスもあるので、相談の前に確認しておくようにしましょう。

得意な事業分野を確認する方法は、過去の実績確認が手早く済みます。民間の事業承継支援機関・サービスは、自社サイト上で実績を公開していることが多いので、参考にするとよいでしょう。

実績や経験などをよく聞く

事業承継という大掛かりな取引を支援してもらうことになるので、支援機関・サービスの実績や経験は重要なポイントといえるでしょう。実績や経験が多いほど、多くの事業者から信頼を獲得していることを意味するので、安心して相談できます。

支援機関・サービスの実績や経験は、直接尋ねて確認する方法があります。相談の際に、自社の規模・業種と類似する実績や経験などを質問しておくとよいでしょう。

手数料・相談料などの費用

事業承継支援機関・サービスは、公的は無料で利用できるところが多いです。しかし、民間は手数料・相談料が必要になることが一般的です。

近年はレーマン方式を用いた完全成功報酬制の業者が多くなりました。しかし、一般的とされる1~5%から大きく乖離した料率を設定しているところもあります。

着手金や中間金などの料金体系は、支援機関・サービスによって異なります。事前確認を怠ると思わぬ箇所で高額の手数料が発生することもあるので、アドバイザリー契約を締結する前に確認しておくことよいでしょう。

担当した人間との相性

事業承継の支援機関・サービスに支援を依頼すると専属の担当者がつきます。事業承継の準備から成約まで一貫してサポートしてもらうことになるので、担当者との相性のよさも重要なポイントです。

M&A・事業承継の経験が豊富でサポート力の高い担当者であっても、相性が悪いと事業承継に求める条件や要望に耳を傾けてくれないなどの事態も起こり得ます。事業承継が成約するまで付き合うことになるので、事業承継全体の進行に支障が出る可能性もあります。

相性が悪いと感じたら、担当者の交代を申し出るか、ほかの支援機関・サービスの利用も検討したほうがよい結果に繋がることもあるでしょう。

事業承継のご相談はM&A総合研究所へ

事業承継を進めるうえでは各所で幅広い分野の知識が必要になるので、M&A・事業承継の専門家に相談することをおすすめします。

M&A総合研究所は、M&A・事業承継の仲介事業を手掛けているM&A仲介会社です。特に中堅・中小規模の案件を得意としており、幅広い業種における事業承継の仲介実績を保有しています。

M&A・事業承継の経験豊富なアドバイザーが、丁寧にフルサポートします。事業承継に関してお悩みの際は、お気軽にM&A総合研究所までご連絡ください。

過去のM&A仲介で培ったノウハウをフル活用することで、円滑な事業承継の実現に向けて全力でサポートいたします。

【関連】M&A・事業承継ならM&A総合研究所
電話で無料相談
0120-401-970
WEBから無料相談
M&Aのプロに相談する
【関連】レーマン方式とは?M&A仲介会社の成功報酬や手数料の算出方法を徹底解説!

4. まとめ

公的・民間の事業承継支援機関・サービスのメリット・デメリットや選び方を解説しました。複数存在する支援機関・サービスにはそれぞれ特徴があるため、事業承継の目的に合わせて相談先を選ぶことが大切です。

円滑な事業承継を実現するためには、入念な準備が必要となります。綿密な計画が求められるので、早期から相談先を選定しておき、準備を進めておくことが望ましいでしょう。

【公的な事業承継支援機関・サービス】

  1. 事業引継ぎ相談窓口・事業引継ぎ支援センター
  2. 後継者人材バンク
  3. よろず支援拠点
  4. 事業承継ガイドライン
  5. 農林水産省の手引書
  6. 中小企業基盤整備機構ファンド事業

【公的な事業承継支援制度】
  1. 事業承継・引継ぎ補助金
  2. M&A支援機関登録制度
  3. 法人版事業承継税制
  4. 個人版事業承継税制
  5. 経営資源集約化税制
  6. 登録免許税・不動産取得税の特例
  7. 日本政策金融公庫等の融資、信用保証
  8. 事業承継時の経営者保証解除支援
  9. 遺留分に関する民法の特例
  10. 所在不明株主に関する会社法の特例

【民間の事業承継支援機関・サービス】
  1. M&A仲介会社
  2. 弁護士・公認会計士・税理士など
  3. M&Aマッチングサイト

【公的な事業承継支援機関・サービスを利用するメリット】
  • 費用負担を軽くできる
  • 情報流出リスクが限りなく低い

【公的な事業承継支援機関・サービスを利用するデメリット】
  • 認知度の広がりが限定的
  • 事業承継における一貫したサポートを受けられない

【民間の事業承継支援機関・サービスを利用するメリット】
  • 全体的に支援内容の質が高いこと
  • 民間ならではのネットワークが魅力的

【民間の事業承継支援機関・サービスを利用するデメリット】
  • 高額の仲介手数料がかかること
  • 支援機関によっては中立性を欠いた支援を行うことがある

【事業承継支援機関・サービスの選び方・ポイント】
  • まず事業承継の目的を明確にする
  • 事業の分野が得意所を選ぶ
  • 実績や経験などをよく聞く
  • 手数料・相談料などの費用
  • 担当した人間との相性

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

>>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

関連する記事

新着一覧

最近公開された記事