仮設足場工事・足場施工会社が事業承継する方法!成功事例・準備のポイントとは

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

需要の高い仮設足場工事・足場施工業界ですが、技術者不足、経営陣の高齢化などから経営に課題を抱えている会社は多いです。この記事では、仮設足場工事・足場施工会社が事業承継で会社を残す方法とポイントを解説します。どうやって事業承継するか分からないという方はぜひ参考にしてください。

目次

  1. 仮設足場工事・足場施工会社が事業承継を行う方法
  2. 仮設足場工事・足場施工会社がM&Aで事業承継するメリット
  3. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A事業承継事例
  4. 仮設足場工事・足場施工会社がM&A前にしておきたい準備6つ
  5. 仮設足場工事・足場施工会社の事業承継を相談できる仲介会社5選
  6. まとめ
  • 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・事業承継
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

1. 仮設足場工事・足場施工会社が事業承継を行う方法

仮設足場工事・足場施工会社が事業承継を行う方法

仮設足場工事・足場施工会社が事業承継を行う方法は以下の4つです。

  1. 親族への承継
  2. 自社の従業員へ承継
  3. 外部から呼んできた人材へ承継
  4. M&Aで承継

自身の年齢、健康状態などから経営を続けるのが難しいと感じている方は少なくありません。しかし会社を廃業すれば、従業員や関係者に多大な影響を及ぼしてしまいます。

経営者自身が退職した後も仮設足場工事・足場施工会社を残せるよう、事業承継の方法について知っておきましょう。

方法1.親族へ承継

中小企業の事業承継方法として最も広く知られているのが、親族への承継です。仮設足場工事・足場施工会社の場合、伝統的に親族に経営を任せているという会社も多いはずです。

親族への事業承継には、かなり早い段階から後継者教育を行える、経営者の理念を引き継いでもらいやすい等のメリットがあります。

しかし昨今は少子化が進んでいることもあり、後継者として適切な親族がいない仮設足場工事・足場施工会社も少なくありません。また、会社の業績が落ちている場合、後継者候補だった親族から引継ぎを拒否されてしまうこともあります。
 

  • 会社を継げる年齢の親族がいない
  • 親族に承継を拒否されている
  • 経営に適する親族がいない
  • 親族内で後継者をめぐる派閥争いが起きている

以上のような方は、親族以外の事業承継方法を検討してみましょう。

方法2.自社の従業員へ承継

親族の中に後継者がいない場合、自社の従業員に事業承継するのも良いでしょう。同じ会社の社員であれば、会社の事情にも詳しいため比較的短い期間で経営者として活躍してもらうことができます

しかし経営者になりたいと感じている従業員が社内に1人もいないという可能性もあります。また優秀な従業員であっても、経営をするより工事の現場に出ている方が良いと感じているタイプであれば後継者になるのを断られるかもしれません。

従業員から後継者を探したい場合は、まず候補となる人物に1人ずつ声を掛け、意思確認をするところから始めましょう。

後継者候補として検討すべき人物の特徴は、以下の通りです。
 

  • 会社の事情を理解している
  • 経営に前向きである
  • 他の社員から信頼されている
  • 普段からスキルアップに務めている

候補として思いつく人には、早めに声を掛けましょう。

方法3.外部から呼んできた人材へ承継

身近な所で後継者候補が見つけられない場合、外部から人材を呼んできて会社を承継してもらうという方法もあります。

取引先や知人などの中に仮設足場工事・足場施工会社の経営に向いていそうな人材がいれば、声を掛けてみると良いでしょう。

また、良い人材が思い当たらない場合、後継者マッチングサービスを利用するのもおすすめです。後継者マッチングサービスとは、後継者を探す企業と、起業を目指す人材をマッチングするサービスのことです。

無料で登録できるものも多いので、気になる方は利用してみましょう。中小の仮設足場工事・足場施工会社にぴったりの後継者募集サービスは、以下の記事で詳しく紹介しています。
 

【関連】【中小企業】後継者不足の求人募集におすすめのマッチングサイト16選

こうした民間のサービスで後継者が見つからない場合、行政が運営する「後継者人材バンク」の利用も考えましょう。後継者人材バンクでは、経営者になりたい人材と企業を専門家がマッチングしてくれます。

後継者人材バンクについて詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もチェックしてみてください。
 

【関連】後継者人材バンクとは?使い方やメリットを解説!

後継者バンクで人物を選ぶ際は以下の点に注目しましょう。
 

  • 会社の経営に前向きか
  • 管理職経験などマネジメントの実績を持っているか
  • 経営の苦境を乗り越えた経験があるか
  • 建設業の事情、ビジネスモデルを知っているか

自社に合う人材を見つけ、会社を後の世代まで残しましょう。

方法4.M&Aで承継

「いろんなサービスを使ったものの、やはり自社に合う後継者が見つからない」という場合、M&Aで事業承継を行いましょう。

【関連】仮設足場工事・足場施工会社のM&A・売却・買収!業界動向・相場・ポイントを解説【成功事例あり】

M&Aとは合併・買収という意味で、複数の会社が1つになったり、他の会社を買ったりすることを指します。

昨今、仮設足場工事・足場施工会社が属する建設業界では、後継者問題の解消、効率的な事業展開などを目的とするM&Aが増加中です。

後継者が見つからない場合でもM&Aを行い経営権を他の企業に渡すことで、大切な会社を残すことができます。これまで一緒に働いてきた従業員、会社の業績を守るため、承継方法に困ったらM&Aを検討しましょう。

次は、仮設足場工事・足場施工会社がM&Aを行うメリットについて詳しく解説していきます。「後継者が見つからないけれど、M&Aをするのは不安」という方は、M&Aのメリットを確認していきましょう。
 

2. 仮設足場工事・足場施工会社がM&Aで事業承継するメリット

仮設足場工事・足場施工会社がM&Aで事業承継するメリット

仮設足場工事・足場施工会社がM&Aで事業承継するメリットは、以下の5つです。

  1. 設備の廃業コストを支払わなくてよい
  2. 債務を渡し安心して生活できる
  3. 従業員がより多くの現場で働ける
  4. シナジー効果で会社の技術をさらに高められる
  5. 工事が忙しくても手続きしやすい

M&Aに良くないイメージを持つ方もいますが、建設業で多く行われている友好的なM&Aであれば会社同士の争いやトラブルは少ないです。

後継者がなかなか見つからず、事業承継で悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。
 

メリット1.設備の廃棄コストを支払わなくてよい

M&Aで事業承継を行うことで、廃棄コストの負担を回避できます。

後継者が見つからない場合、廃業を検討しているという仮設足場工事・足場施工会社は少なく無いでしょう。

しかし廃業をする際、手続きだけで5万円、廃棄コストを合わせ数百万円のコストがかかってしまうこともあります。特に仮設足場工事・足場施工会社の場合、車両など大型の設備を使うことも多く、廃棄コストは他の業界と比べ高額になりがちです。

一方、M&Aによる承継をすれば、設備を買い手に譲渡することができるので廃棄コストを負担する必要はなくなります。そのため、後継者が見つからない場合でも廃業せず、M&Aで設備を引き継ぎましょう。

メリット2.債務を渡し安心して生活できる

株式譲渡など会社全体を売却するM&Aなら、会社の資産、事業とともに買い手に会社の負債を渡すことができます。

仮設足場工事・足場施工会社では、資材や設備への投資にお金がかかることから負債を負っているという方は少なく無いはずです。また、仮設足場工事・足場施工会社を開業するときに個人保証を行い、自宅など所有している不動産を担保にしたという方もいるでしょう。

後継者に会社を渡しただけでは、負債が解消されません。退職後にも支払いの義務が発生するため、なかなか安心して生活できないでしょう。

しかしM&Aなら買い手に対し、会社の経営権とともに負債を渡すこともできます。負債が解消されれば、リタイア後の暮らしも楽になるはずです。

ただし、M&Aの手法によっては買い手に負債の引継ぎを断られるケースもあります。また、負債の大きい会社はM&Aで会社譲渡できる可能性が減ってしまいます。担保などを確実に解消したい場合は、事業再生などの手法を含めあらかじめ専門家と相談しておきましょう。

メリット3.従業員がより多くの現場で働ける

同じ建設会社とM&Aを行うことで、従業員の働き先が増え会社が成長するチャンスを残せます。

せっかく優秀な従業員が揃っていても、取引先が少なく十分な仕事を社員に回せていないという仮設足場工事・足場施工会社は少なくありません。

しかし資本力や知名度のある買い手とM&Aを行えば、買い手の持つ取引先でも仕事ができるようになるため、継続して売上アップできる機会も多くなります

リタイアした後も従業員の働き先はあるのか、無事に仕事を得られているかどうしても不安という方は、大手企業の傘下に入ることを考えた方が良いでしょう。

メリット4.シナジー効果で会社の技術をさらに高められる

近い業種の会社とM&Aを行えば、シナジー効果が高まり今以上に会社の技術力をアップさせることもできます。

シナジー効果とは、複数の企業が協力することで得られる相乗効果のことです。仮設足場工事・足場施工会社の場合、売り手と買い手がお互いの実績やノウハウを学びあうことで、社員の技術力、サービスの質をさらに向上させることが可能になります

また、異業種が相手のM&Aであっても、買い手の導入しているシステムを利用するなどしてより効率の良い経営が実現できることもあります。

リタイア後も今まで経営してきた会社には成長を続けて欲しいと感じている経営者は少なくありません。M&Aで得られるシナジー効果があれば、リタイア後も会社発展のチャンスを残せるので従業員にとってもメリットは大きいでしょう。

メリット5.工事が忙しくても手続きしやすい

後継者を1から育成するよりM&Aの方が短期間で手続きできるケースが多いため、工事が忙しくても手続きしやすくなります。

後継者に事業承継をしてもらう場合、後継者を探すところから会社内での育成、事業の引継ぎを全て行わなければいけないので事業承継には手間がかかりがちです。

会社の状況にもよりますが後継者を育成し事業承継を行うまで、5~10年ほどの時間が必要だと言われています。

一方M&Aなら、最短3カ月ほどで買い手探し~会社引継ぎの手続きを済ませることも可能です。工事の予定が詰まっており、なかなか事業承継について考える機会が無いという方も、M&Aなら従業員への負担も少なく承継を終えられるでしょう。

ここまで仮設足場工事・足場施工会社がM&Aで事業承継を行うメリットを解説しました。後継者として会社を任せたい人材がいない場合、廃業ではなくM&Aの実現に向け行動を起こすのが良いです。

次は、仮設足場工事・足場施工会社がM&Aで事業承継をした事例を紹介していきます。実際のM&Aがどのように行われているのか、具体的な事例を見て確認してきましょう。

3. 仮設足場工事・足場施工会社のM&A事業承継事例

仮設足場工事・足場施工会社のM&A事業承継事例

仮設足場工事・足場施工会社がM&Aで事象承継に成功した事例は、以下の通りです。

  1. テクノ興国とキムラ
  2. ナカキンリースと杉孝ホールディングス
  3. ナカヤ機材とエスアールジータカミヤ

建設業界のM&Aは、2019年11月の段階で2018年の83件を22%以上上回っています。経営者の高齢化が深刻になっていることもあり、今後も建設業界内の再編はさらに拡大していくはずです。

事業承継でトラブルを抱えている方、事業を引き継ぐだけでなく会社のさらなる成長を目指している方はM&A成功事例をチェックし、改めて自社の置かれた状況を見直してみましょう。

事例1.テクノ興国とキムラ

最初に紹介するのは、テクノ興国(現株式会社キムラリース帯広営業所)キムラの事業承継事例です。

2018年3月、住宅用足場の施工サービス・仮設材のリース事業を営むテクノ興国は、住宅資材の卸売業、ホームセンター経営などを行うキムラにグループの傘下に入りました。譲渡価格は、非公開となっています。

この事業承継により、テクノ興国は600名を超える従業員を擁するキムラグループの傘下として、安定した経営基盤を得ることに成功しました。

またキムラグループは、テクノ興国が強みを持つ帯広・十勝地方の事業を得て事業成長のスピードアップを目指すとしています。

この事例のように、建設業界では事業拡大を目指し同じ建設業を営む会社を積極的に買収する買い手が増えてきています。どのエリアで事業を展開している会社であっても、M&Aが活発な今なら十分事業承継のチャンスがあると言えるでしょう。

事例2.ナカキンリースと杉孝ホールディングス

次に紹介するのは、ナカキンリース杉孝ホールディングスの事業承継事例です。

2019年1月、関東圏で軽仮設機器レンタル事業を行うナカキンリースは全国で足場・仮設機材のレンタル事業を展開する杉孝ホールディングスに株式譲渡を行いました。譲渡価格は、非公開となっています。

この事業承継により、ナカキンリースはより経営基盤の安定した企業と共にレンタル事業をさらに成長させるきっかけを得ました

また杉孝ホールディングスはナカキンリースの持つレンタルネットワークを得て、さらなる事業エリアの拡大に成功しています。

この事例のように、似た業種同士でM&Aを行うことで事業基盤を安定させることができます。事業承継後も会社の売上を伸ばしていきたいと考えている方は、近い業種でのM&Aを検討しましょう。

事例3.ナカヤ機材とエスアールジータカミヤ

最後は、ナカヤ機材エスアールジータカミヤ(現タカミヤ)の事業承継成功事例を紹介します。

2018年2月、ナカヤ機材は同業のエスアールジータカミヤの完全子会社となりました。ナカヤ機材は、鳥取で建設用仮設機材のレンタル・販売事業を行う会社です。譲渡価格は、非公開となっています。

このM&Aにより、ナカヤ機材はエスアールジータカミヤの持つ販売ネットワークを得て、事業成長の可能性を手に入れました。

またエスアールジータカミヤは中国地方の営業・生産体制に強みを持つナカヤ機材を買収したことで、事業エリアの強化を実現しています。

この事例のように、エリアの拡大・強化を狙ってM&Aを行う買い手は少なくありません。M&Aなら近い業種の買い手と協力し、さらに多くのエリアで事業展開を行うことも可能になるでしょう。

仮設足場工事・足場施工会社M&Aを行う目的は様々です。M&Aで事業承継を行いたい場合には、会社を今後どのようにしたいのか、社内で話し合い方針を決めましょう。

次は、仮設足場工事・足場施工会社がM&A前にすべき準備事項について解説します。M&Aについてあまり知らないという方も、まずは必要な準備を行い適切な専門家とM&Aを進めていきましょう。

  • 仮設足場工事・足場施工会社のM&A・事業承継

4. 仮設足場工事・足場施工会社がM&A前にしておきたい準備6つ

後継者の見つからない仮設足場工事・足場施工会社にとって、M&Aは事業承継を実行するための大切な手段です。しかし「M&Aで事業承継できることは分かったけれど、まず何をしたらいいの?」と疑問を持っている方は多いでしょう。

そこでここからは、事業承継の実現に向け、あらかじめやっておきたい準備を解説していきます。M&Aに興味を持っている方、まずは準備を始めたい方はぜひ参考にしてください。
 

準備1.仮設足場工事・足場施工会社のM&A動向を掴んでおく

M&Aに向けて具体的な行動を起こす前に、建設業界M&Aニュースなどをチェックして業界動向を掴むことで適切なM&Aのタイミングを見極めることが可能です。

特に同じエリアの建設会社の中でM&Aが活発な場合、業界内の再編が進んでおり売却のチャンスも高まります。どんな会社がどんな目的でM&Aを行っているのか把握し、自社を取り巻く環境を理解しましょう。

また、M&Aしたいと考えている周辺企業の情報なども仕入れておくとM&Aがスムーズに進みます。M&Aや事業承継について理解するためにも、関連した情報にはなるべく注意を払っておくのがおすすめです。

準備2.会社の価値を正しく把握しておく

仮設足場工事・足場施工会社がM&Aを行うに当たって、自社の正しい価値を把握しておくことが重要です。

M&Aでは、相場価格よりも基本的に買い手と売り手の交渉が重視されて価格が決定します。そのため、買い手との交渉次第では相場より高い額での売却に成功することもあるのです。

一方、売り手が自社の正しい価値を知らなければ買い手から安い値段を付けられて買い叩かれてしまうこともあります。特にM&Aの事情について詳しく知らないという仮設足場工事・足場施工会社は、本来需要が高いのに安く買われてしまうかもしれません。

そのような事態を防ぐため、売り手はM&Aの具体的な交渉に入る前に自社の企業価値を算出しておく必要があります。企業価値算出や、売却価格の相場に関しては、M&A仲介会社などの専門家に依頼しましょう。

準備3.設備・システムのメンテナンスをしておく

仮設足場工事、足場施工会社に必要な設備、システムなどは買い手がM&A後にすぐ使えるよう、メンテナンスをしておきましょう。

買い手はM&A直後から、すぐに業務を行いシナジー効果を高めたいと思っています。しかし設備のメンテナンスや引き継ぎが不十分な状態だと、思っていた効果が出ず現場の技術者も混乱していしまいます

しかし人材不足の今、こうした設備のメンテナンスに割ける時間は少ないです。そのためM&A交渉に入る前、時間を確保して少しずつ整えていきましょう。

メンテナンスにお金がかかった場合でも、売却価格が高くなればメンテナンス費以上の利益に繋がる可能性もあります。不安ならメンテナンス費用も含め専門家に相談してみましょう。

準備4.資材の在庫状況を確認しておく

M&Aの具体的な話に入る前に、会社が持つ資材の在庫状況を正しく把握しておきましょう。

仮設足場工事、足場施工管理会社の場合、買い手が関連事業として資材のレンタルを行っているケースが多いです。そのため買い手が、できれば売り手の持つ資材も利用してレンタル業の拡大を行いたいと考えていることも少なくありません

仮設足場工事会社における基本的な資材は、
 

  • くさび足場
  • 次世代足場
  • 単管
  • クランプ
  • 鉄製仮囲い
  • メッシュシート
  • 壁繋ぎアンカー

などです。

こうした基本的な資材は工事ですぐ使える量を用意しておくとどんな工事の場合でも安心ですから、買い手からの需要も高くなります。さらにレンタル業を行う会社に買収して欲しい場合、多くの発注がきても使える十分な量を用意しておくと良いでしょう。

工事を行うのにあたって資材が足りない状況では、買い手が不安を感じるかもしれません。

また、買い手の事業とは関係なく、会社の持つ資産について申告した在庫と実際の状況が違えば、買い手からの信頼を失ってしまいます。もし誤った量で申告してしまうと、売却価格が下がったり、破談になってしまうケースもあるのです。

M&A前には資材だけでなく、会社が持っているものを正しく把握するところから始めましょう。

準備5.車両などの名義を確認しておく

買い手に引き継ぎが必要な車両などの設備については、事前に名義を確認しておきましょう。

小規模な仮設足場工事・足場施工会社の場合、車両が会社名義ではなく経営者個人や役員の名前になっている可能性もあります。

どの設備が誰のものか把握しておかなければ、譲渡の手続きに時間がかかってしまいます。また経営者や役員名義の車両などであれば、そもそもM&Aで引き継ぐかどうかも決めておく必要があるでしょう。

買い手は、少しでも早く買収した事業をスタートさせ利益を出したいと考えているものです。手続きに余計な時間がかかると売り手企業の業務にも影響が出てしまうので、名義や権利書などはM&A前に整理しておきましょう。

準備6.仮設足場工事・足場施工会社を知る専門家を探しておく

仮設足場工事・足場施工会社の事業承継、M&Aには専門知識が必要です。そのため専門家を選ぶときは、仮設足場工事・足場施工会社の事業承継サポート実績があるかどうかを必ずチェックしましょう。

仮設足場工事・足場施工会社では、技術者の持つ資格や建設業許可の確認、工事の日程調整など業界に詳しい専門家の知識が無ければ話し合いが進まない部分がたくさんあります。

実績の無い専門家に相談すると、会社に合わない後継者や買い手ばかり紹介され事業承継に時間がかかってしまうケースも少なくありません。仮設足場工事・足場施工会社の事業承継を成功させるため、少なくとも建設業でのサポート実績を持つ会社に相談しましょう。

以上が、仮設足場工事・足場施工会社がM&Aを行う前にしておいた方が良い準備でした。事前に準備を進めることで、事業承継の手続きはさらにスムーズになります。何をしたらよいか分からず不安な方は、まず決算報告書など資産状況の分かるものを持って専門家に相談してみましょう。

次は、仮設足場工事・足場施工会社の事業承継について相談できる仲介会社を5つ紹介していきます。相談先にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

5. 仮設足場工事・足場施工会社の事業承継を相談できる仲介会社5選

仮設足場工事・足場施工会社が事業承継を行う際は、
 

  • 建設業の事業承継に詳しいか
  • 丁寧なサポートを行ってくれるか
  • 買い手の案件を多数持っているか

という点で仲介会社を選ぶ必要があります。

自社に合う専門家を見つけるためにも、ぜひ以下で紹介する仲介会社から気になるところを見つけてください。

(1)M&A総合研究所

仮設足場工事・足場施工会社の事業承継は、まずM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、建設業界の事業承継・M&A実績を持つアドバイザーと公認会計士が専任で会社の承継をサポートします。

また、M&A総合研究所は会社の高額売却にも確かな実績を持っています。2020年の最新実績では、希望価格より実際の売却価格が平均で124%も上昇。少しでも高い金額で買い取ってくれる相手企業を、独自のネットワークでスピーディに探します。

さらにM&A総合研究所には起業を希望する人材とのマッチングサービスも提供しています。まずは自社に合う後継者を探したいという方もぜひご相談ください。

M&A総合研究所の料金は完全成功報酬制となっており、着手金、中間金なども無いので事業承継に充てられる資金を用意していない方も安心です。完全成功報酬制だからこそ、アドバイザーが全力でサポートするので成約率は高いと言えます。

M&A総合研究所は秘密厳守でご相談をお待ちしております。WEB、電話ともにM&Aや事業承継を検討中であることが外部に漏れることはありませんので、従業員や取引先への影響を不安に思っている方もまずはご連絡ください。

会社名 M&A総合研究所
URL https://masouken.com/lp/scaffold
電話番号 0120-401-970
特徴 ・足場業界に詳しい専門家が2名体制でサポート
・希望価格以上の売却を実現
・完全成功報酬制

(2)建設M&A

建設M&Aは、名前の通り建設業界のM&Aに特化したM&A仲介会社です。建設業を売りたい方、建設業を買いたい方だけを仲介するサービスですから、業界内で買い手を決めたいという方にぴったりです。

また、建設M&Aでは、M&Aや事業承継を検討する建設業経営者に向けたセミナーも開催しています。開催場所は東京など主要都市に限られてしまいますが、建設業とM&Aについてまず知識を得たいという方はぜひ参加してみましょう。

建設M&Aの料金は、問い合わせてからの見積もりとなりますが、相談は無料です。WEB、電話で問い合わせができるので、気になる方はぜひ相談してください。

会社名 建設M&A
URL http://kensetsuma.com/
電話番号 03-6869-4434
特徴 ・建設業のM&Aに特化
・経営者向けセミナーを開催
・相談無料

(3)バトンズ

バトンズは事業承継を目的としたM&Aマッチングに強みを持つサービスです。バトンズでは専任のアドバイザーが仲介を行うのではなく、M&Aマッチングサイトに登録し買い手とのマッチング~交渉を基本的に当事者同士で行います。

買い手との直接交渉が不安な方にはM&Aアドバイザーを紹介するサービスもあるので、まずはどんな買い手が現れるか知りたいという方にぴったりです。またバトンズでは地方自治体と協力し地域ごとの特性に沿った承継のサポートを行っています。

「拠点が地方にあり、買い手が現れるか不安」という方は登録無料のバトンズで相談してみましょう。

バトンズの料金は成功報酬制となっていますが、料金が発生するのは買い手だけです。売り手はアドバイザーに依頼した場合も、基本料金無料ですから安心して買い手探しを行うことができます。

会社名 バトンズ
URL https://batonz.jp/
電話番号 03-5218-5088
特徴 ・交渉は基本的に当事者同士
・地域ごとの特性に合わせたサポート
・成功報酬制

(4)トランビ

トランビは国内最大級の事業承継・M&A仲介サイトです。建設業だけでなく多様な業界でM&Aを希望する会社の情報が集まっているため、いろんな会社と出会って成長の可能性を掴みたいという方にぴったりです。

トランビではM&Aに詳しい専門家を紹介してくれるサービスがあり、買い手探しや面談を代行してもらうこともできます

通常の工事などが忙しくてなかなか事業承継を進められないという方は、こうした代行サービスを利用すると良いでしょう。

トランビの料金は成功報酬制となっており、トランビに成約報告を行えば売り手の支払い額は無料となります。登録料などは無料ですから、気になる方はサイトから登録を行いましょう。

会社名 トランビ
URL https://www.tranbi.com/
電話番号 03-6808-6252
特徴 ・国内最大級の仲介サイト
・専門家紹介サービスあり
・成功報酬制

(5)日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、建設業だけでなく様々な業種のM&A実績を持つ大手M&A仲介会社です。成約累計約5,000件、年間成約数770件という豊富な実績で仮設足場工事・足場施工会社の事業承継を丁寧にサポートします。

日本M&Aセンターでは、M&Aの仲介、サポートだけでなく事業承継全般のコンサルティングを行う「事業承継ナビゲーター」というサービスがあります。事業承継の方法やタイミング、従業員等への承継でお悩みなら、事業承継ナビゲーターを利用しましょう。

日本M&Aセンターの料金体系は、着手金+成功報酬となっており、売り手側もM&A成約前に着手金を支払う必要があります。着手金の金額については見積もりが必要ですから、気になる方は日本M&Aセンターまで直接問い合わせてみましょう。

会社名 日本M&Aセンター
URL https://www.nihon-ma.co.jp/
電話番号 0120-03-4150
特徴 ・豊富な成約実績
・事業承継専門の相談先あり
・料金は着手金・成功報酬

6. まとめ

エリアによっては需要の縮小が見られる仮設足場工事・足場施工業界では今後の売上に不安を感じている方が多いでしょう。また、自身の健康問題、年齢などを理由に事業承継を検討されている方もいるはずです。

事業承継でお悩みの方は、まず承継の方法を知りそれぞれのメリットとデメリットを理解しましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
  • 02
  • 04
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
仮設足場工事・足場施工会社のM&A・事業承継